ポケモン剣盾 ポリゴン2 育成論。 【ポケモン剣盾】ポリゴン2の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

ポケモン剣盾 ポリゴン2 育成論

5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 物理耐久が高く、特性の「さいせいりょく」や「じこさいせい」によって 回復性能も高いので使いまわせる物理受けとして優秀なポケモンです。 受けポケモンとしては火力も高く、様々なタイプの技を覚えるので「こだわりメガネ」を持たせて火力も耐久も高いサイクル用のアタッカーとしても過去には活躍していました。 一方で素の素早さが非常に低く、すぐに素早さを大幅に上昇させる手段が無いので弱点を突いてくる特殊アタッカーなどの ダメージレースで負けている相手は苦手としています。 5倍 0. 25倍 無効 解説 高い攻撃と特性「テクニシャン」による先制技威力の底上げや、攻撃を2段階上昇させる「つるぎのまい」で 安定した火力を出し続ける事の出来るポケモンです。 鋼タイプの先制技「バレットパンチ」を使用出来る事から削れた相手を一掃する スイーパーやストッパーの役割を持つ事が可能です。 得手不得手や役割がハッキリしており、攻撃後後続と交代する「とんぼがえり」も高い攻撃から一致で撃てる為に サイクル性能が高いポケモンでもあります。 一方でダイマックス時にはテクニシャンの効果が活かされず、素の素早さが高くない事から「ダイジェット」も活かしづらいのでダイマックスアタッカーとしての適性はあまり高くないポケモンと考えられます。 また、進化前の「 」も高い素早さと攻撃を持ち、飛行技をタイプ一致で使用出来る事から「しんかのきせき」や火力強化アイテムを持たせてのダイマックスアタッカーとしての活躍が考えられます。 5倍 なし 0. 25倍 なし 無効 解説 「しんかのきせき」を持たせる事で防御特防共に非常に高い数値となり、加えて「じこさいせい」を持つ事から 半端な火力では落とす事が出来ない耐久となります。 耐久ポケモンとしては特攻が高いのも特長で、技範囲も広く特性のどちらも火力を増強させるものなので ダメージレースにおいて有利を取りやすいポケモンです。 高い耐久は「しんかのきせき」に依存している所が大きいので、「はたきおとす」「トリック」など アイテムを無効化すると大きく弱体化します。 5倍 なし 0. 25倍 なし 無効 解説 全ポケモンでもトップクラスのHPを持ち、高い特防を「しんかのきせき」で更に高める事によって 無類の特殊耐久を発揮するポケモンです。 過去には「どくどく」を主なダメージソースとして「タマゴうみ」で回復しつつ相手を削る受けポケモンとして活躍していましたが、今作では「どくどく」を覚えないのでダメージソースは「ちきゅうなげ」に依存してしまいます。 その為ゴーストタイプには無力な点、環境に物理アタッカーが多い点など逆風も多いですが 高いポテンシャル自体は健在です。 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 高い攻撃環境中速程度の素早さに加えて毎ターン素早さが上昇する特性「かそく」を持つ 抜き性能の高いポケモンです。 特攻も一定以上の数値があるので物理防御だけが高いポケモン相手では止まりづらく、覚えるタイプも豊富なので どんな相手にもアタッカーとしての仕事をこなしやすいのが特長です。 一方で耐久面は非常に脆く、 先制技でも大ダメージを受けてしまうので純粋な殴り合いでは力を発揮しづらく、周りで抜き体制を整えてあげる、他の抜きエースの為の削りや役割集中のような運用が強力なポケモンです。 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 特性「ちからもち」によって平時高い物理火力を誇り、「はらだいこ」によって 大幅に抜き性能を高める事が出来るポケモンです。 タイプ一致の先制技である「アクアジェット」も使用できるので自分よりも素早さが高いポケモン相手にも仕事がしやすく、一度積んでしまえば必ず大ダメージを取っていける性能を持っています。 格闘技も覚えるので単体でのタイプ補完も可能で、素の素早さは高くありませんが「とびはねる」を覚える事から 状況さえ整えばダイマックスアタッカーとしての活躍も考えられます。 ゾロアーク HP 60 攻撃 105 防御 60 合計 510 特攻 120 特防 60 素早 105 特性 タイプ相性 4倍 なし 2倍 0. 5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 高い特攻と激戦区を抜けた素早さを持ち、特性の「イリュージョン」によって 相手の選択肢を揺さぶる事が出来るポケモンです。 イリュージョンの仕様は「選出の一番最後のポケモンの姿や名前でフィールドに出る」というもので、ダメージを受けるとこれが解除されます。 ダメージを受けるまではダイマックスをしても解除されないので相手に対応を誤らせる事が出来る可能性があります。 特攻を2段階上昇させる「わるだくみ」や、ダイマックス時に「ダイジェット」として使える「とびはねる」など ダイマックスアタッカーとしての素質、「ふいうち」「はたきおとす」「とんぼがえり」など 通常のアタッカーとしての素質、「トリック」「ちょうはつ」「おきみやげ」などの サポートとしての素質と様々な運用が考えられるのも特長で、特性のイリュージョンと合わせて非常に幅広い可能性が存在します。 イリュージョンをどのように活用するか、ゾロアーク自体をどのように運用するか、相手目線ではどう映るかなど常に意識する事が多く、 上級者向けのポケモンと言えます。 5倍 0. 25倍 無効 なし 解説 高い素早さと特殊に偏ったステータスを持ち、特攻・特防・素早さを一度に上昇させる「ちょうのまい」を使用出来る 強力な積みアタッカーです。 素の特殊火力も非常に高いので一度「ちょうのまい」を使用すれば一気に抜き性能が上がり、「ぼうふう」を覚える事からダイマックスアタッカーとしての適性も高い 特殊のエースアタッカーとなりえるポケモンです。 低い物理耐久から物理アタッカーとの殴り合いでは活躍が見込めず、物理である事が多い先制技にもやや縛られやすいという弱点があります。 5倍 0. 25倍 無効 解説 「HPが最大の時に飛行技を先制技として使用可能」という効果の「はやてのつばさ」を利用したアタッカー運用が考えられるポケモンです。 最大火力となる「ブレイブバード」は反動があるのでアンシナジーですが、「ダイジェット」として使用すれば反動を受けずに高火力を先制して使用出来るので スイーパーとしての役割を安定してこなす性能を持っています。 アタッカー性能以外にも「ちょうはつ」「おにび」「とんぼがえり」など戦闘の主導権を握りやすくなる技を覚えるので味方との補完さえ取れれば 高い汎用性を持ちます。

次の

ポリゴン2の育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 ポリゴン2 育成論

ようき さめはだ 対応メガストーン• 投稿者:くろっくす• コメント 0 みんなの評価 :• ようき かたいツメ きあいのタスキ• 投稿者:higage• コメント 0 みんなの評価 :• ずぶとい すりぬけ アクZ• 投稿者:GOLDEN DARKNESS• コメント 6 みんなの評価 :• のんき おみとおし しんかのきせき• 投稿者:つしま• コメント 6 みんなの評価 :• せっかち きもったま きあいのタスキ• 投稿者:つしま• 輝石と思わせてからの不意をつくのが強いと書いてあり、ポリゴンzはタスキ持ちを呼びやすいのでポリゴンzは相手を一撃で落とせない場合が多いと書い...

次の

ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 ポリゴン2 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるポリゴン2の育成論と対策について掲載しています。 ポリゴン2のおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 5倍にすることができます。 HPだけでなく防御と特防も高水準なので 受け性能が高く、弱点が少ない点からも安定して受けることができるポケモンです。 トリルの始動やアタッカーとしても ポリゴン2は持ち前の耐久を活かして トリックルームの始動要員としても運用ができます。 また、特攻が高いので 技範囲を活かしてのアタッカー性能も高いです。 弱点技であっても耐えることができる強力な耐久性能と再生回復によって物理アタッカーを狩っていくポケモンです。 積み技に対してもイカサマによる追撃が可能で、ダイホロウを無効化できる点から突破されにくいポケモンと言えましょう。 特性について 特性はダウンロードとの選択となります。 運用方法的に後出しが基本となるので、いかくやちょすいなどの無効特性を奪いやすい現環境ではトレースをして困る場面が少ないため、有効に使いやすいトレースがおすすめです。 不利な特性は主にスキン系 ノーマル技のタイプ変更 やなまけ 妨害系 などが挙げられます。 調整について HPを最大まで振ってしまうと192となり、あらゆる定数ダメージに弱くなるため191にしておくようにしましょう。 基本的にスイッチトリル 試合の中盤以降にトリルにスイッチするパーティ での起用が多いので、通常時にも行動をしやすいように最遅にしない方が良いでしょう。 弱点を突けるかくとうタイプへのエスパー打点や、横のエースを倒しに来るポケモンに刺さる打点を持っておくと良いでしょう。 特性について 特性はトレースとの選択となります。 登場タイミングをずらせるためどちらでもある程度制御は可能です。 しかし、ダブルバトルではトレースする特性はランダムであり、天候始動系やフィールド展開系の特性をトレースした際にデメリットになる可能性もあるため、誤爆防止でダウンロードを選択しています。 一致技のトライアタックとじこさいせいを確定技として、残り2枠をパーティと相談しながら打点を決めていくと良いでしょう。 調整について HPを16n-1にもなる191まで伸ばしつつ特攻を11nに調整しています。 あまりを効率良く耐久へ、さらに素早さへ振ることで無振りアーマーガアの上が取れるようになります。 ポリゴン2のおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・Lvで習得 ・一致ノーマル技の安定した打点 ・で習得 ・苦手とするかくとうタイプへの打点 ・で習得 ・ダウンロードで攻撃が上がる相手への打点 ・で習得 ・ひこう、みずタイプへの打点 ・で習得 ・ドラゴンタイプへの打点 ・で習得 ・素早さ操作用 ・で習得 ・ゴーストタイプへの打点 ・特防下降の効果あり ・で習得 ・物理受けでの採用 ・積みアタッカーにも大ダメージ ・Lvで習得 ・再生回復技として採用 ・Lvで習得 ・素早さ操作用 ・上からの攻撃や回復が可能に ・で習得 ・素早さ操作用 ・稀に行動の妨害もできる ・で習得 ・行動順逆転による素早さ操作 ポリゴン2のおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・基本はこれ ・耐久を大幅強化可能 ・ちょうはつを嫌う場合に採用 ポリゴン2の対策 対策方法 型の見極めが重要 まずは型を極めることが重要になります。 アタッカー型であればダウンロードによる特攻上昇に気をつけながら有利対面を、サポート型であればちょうはつによる妨害が選択できるでしょう。 特性によってある程度の判断は可能ですが、どちらの特性も強力なため、パーティの並びや出し方に着目して対策していくのが基本です。 弱体化を狙う はたきおとすやこだわりトリックによって弱体化をさせるのも有効です。 耐久値を下げたり技を固定することで思うように動けない状態を作りましょう。 高火力かくとう打点 弱点を突くのが突破の基本となるため基本的にはかくとうタイプのアタッカーを出すのが有効です。 エスパー打点に気をつけながら対面を作っていきましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の