ハゼ の 木 かぶれ。 ハゼノキ

樹液による皮膚かぶれ?

ハゼ の 木 かぶれ

スポンサーリンク 山道などを歩いていてふとした拍子に植物に触れ、かぶれてしまうという話はよく聞きます。 かぶれを引き起こしやすい植物としてはウルシが知られていますが、ウルシほど症状はひどくないもののハゼノキもまたかぶれやすい植物の1つです。 葉に指で触れたり、樹液が肌にかかったりすると発症のおそれがあります。 かぶれは医学的にはアレルギー性接触皮膚炎といいますが、ウルシがこの症状を引き起こすのは樹液の中にウルシオールと呼ばれる物質が含まれているからです。 そしてハゼノキもまたウルシ科の植物であり、樹液の中にウルシオールを含んでいます。 ハゼノキはもともと木蝋を採取するために日本に移入された樹木で、現在では工芸品の材料としても使用されています。 山林に生えているほか、紅葉が美しいことから庭木として街中で見かけることもあります。 なお、日本の在来種であるヤマハゼはこの植物の仲間であり、やはりウルシ科の植物としてウルシオールを持っています。 スポンサーリンク ハゼノキにかぶれた場合の主な症状としては、皮膚のかゆみ・発赤・湿疹・腫れなどがあります。 程度は人によってまちまちで、またきっかけ自体も素肌がじかに触れない限り発症しないケースもあれば葉の上に溜まっていた露がが落ちてきただけで発症してしまうケースもあるなど、個人差があります。 人によっては最初は直接触れた部分にだけ出ていた症状が、時間の経過とともに周囲に広がっていくことがあります。 また、患部を掻いた手で身体の他の部分に触れると今度はその場所に症状が出ることもあります。 症状のピークは植物に触れてからおおむね1〜2日後と言われています。 ハゼノキに触れてしまった場合は、まずできるだけ早く触れた場所を水またはお湯でていねいに洗い流します。 その上で抗ヒスタミン系の抗炎症薬(軟膏)を塗っておきます。 また、患部を濡れタオルなどで冷やすと炎症を抑えるのに効果的です。 こうした対策をとってもかぶれが改善しない場合は、皮膚科等で医師の診断を仰ぐようにします。 スポンサーリンク 記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか? もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、 ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

次の

ウルシにかぶれたら:一口メモ

ハゼ の 木 かぶれ

僕もそこまで酷い皮膚の症状なら、 『ウルシ』や『ツタウルシ』にかぶれた可能性が高いと思います。 ウルシによる『かぶれ』は一種のアレルギー症状なのですが、 かぶれてしまった場合には、患部を綺麗に石鹸とお湯で洗った後、 ・抗ヒスタミン剤を含有したステロイド軟膏(副腎皮質ホルモン軟膏)を塗る。 ・アロエのゼリー状の部分を塗る。 ・かぶれた部分を氷や濡れタオルなどで冷やす。 ・・・などの応急処置がありますが、 症状が酷いようであれば、かぶれた樹種を特定できなくても、 皮膚科を受診されて治療を受けられた方が、 回復も早くなると思います。 (無治療では、場合によっては長引きます)。 - 赤くなり、極度に痒くなるのが最初の兆候です。 - 毒性植物の樹液に触れた部位に発疹が吹き出てきます。 発疹の多くは縞または斑点の形で、植物が皮膚に触れた所に表れます。 - 発疹が赤いにきびの形で表れます。 これが大きくなり、 水庖になって液体が滴ることもあります。 - 毒性植物に触れてから4~7日目で、発疹は最悪の状態になります。 - 発疹は、1~2週間続きます。 - 反応は、非常に軽度のものから重度のものまで様々であり、 毒性植物に対してかなり敏感な人であればかなり重症となるケースもあります。 時には、入院が必要な場合さえあります。 予後と転帰 1. 毒性植物に触れたら、できるだけ早く石鹸とお湯で皮膚を洗ってください。 10分後には樹液が皮膚に染み込んで、洗い落とせなくなります。 指の爪の下をブラシでゴシゴシ洗います。 指で触れたり、こすったりして樹液が体の他の部分に広がるのを防ぐためです。 毒性植物に触れた人の衣類や靴を石鹸と水で洗います。 油がそれらの表面に数日間、残っている可能性があります。 毒性植物に触れたと思われる動物は入浴させます。 動物の毛に樹液が付着していて、樹液を運んでいく恐れがあります。 体の熱と発汗によって、痒みが増大します。 患部を冷やすようにし、冷たい湿布を皮膚に当てます。 カラミン・ローションを皮膚に塗って、痒みを和らげます。 発疹が重症または広範な場合、特に顔や陰部のまわりに発疹がある場合は、医師が経口用のステロイドを処方してくれます。

次の

ハゼの育て方

ハゼ の 木 かぶれ

ウルシ科植物による皮膚炎 ウルシ科の植物(ウルシ、ツタウルシ、毒ウルシなど)にはウルシオールという油性成分が含まれ、皮膚がかぶれます。 同様の油はウルシ科の他の植物にもみられ、カシューナッツの殻、マンゴー(葉、樹液、果皮)、日本の漆器にも含まれています。 これらの油に一度接触して感作されると、その後の接触により接触皮膚炎を起こします。 これらの油は皮膚にはすぐに吸収されますが、衣類や道具類、ペットの毛皮などに付着すると長い間そのまま残留します。 植物を燃やして出た煙にもこの油が含まれ、一部の人は反応を起こします。 ツタウルシ類に対する過敏性は遺伝する傾向があります。 【症状】 皮膚炎の症状は原因となる接触があってから8〜48時間後に始まり、激しいかゆみとともに赤い発疹や、大小さまざまな水疱が生じます。 水疱は、植物が皮膚に触れた部分をなぞるように線状に生じるのが典型的です。 発疹が皮膚のさまざまな部位に時間的に前後して現れることがありますが、これは部位によって過敏性に差があったり、ウルシが付着した衣服などへの接触の仕方が異なるために起こる現象です。 水疱の中の液体に触れても他の人にうつることはありません。 かゆみと発疹は、2〜3週間続きます。 【予防と治療】 最も効果的な予防策は、かぶれるおそれのある植物を見分けて接触を避けることです。 あらかじめ市販の保護用クリームやローションを使うことで、皮膚に吸収される油の量を最小限に減らせますが、それでもゼロにはなりません。 この油はゴム手袋からも浸透してくることがあります。 接触後すぐにせっけんと水で皮膚を洗えば、油の吸収を防ぐ効果があります。 アセトンやアルコールなどの強力な溶剤を使っても、石けんと水を上回る効果はおそらく得られません。 注射や錠剤、あるいはその植物の葉を食べるといった各種の脱感作法には効果がないようです。 治療で症状は和らぎますが、発疹の治りを早めることはできません。 最も有効な治療はステロイドの使用です。 狭い範囲の発疹は、トリアムシノロンやクロベタゾール、ジフロラゾンなど効き目の強い局所用ステロイドで治療します。 ただし、顔と性器周辺は例外で、これらの部位には1%ヒドロコルチゾンのような効力が穏やかなステロイド薬を使います。 広範囲に発疹が出ていたり、顔がひどく腫れている場合は、高用量のステロイド内服薬を使用します。 大きな水疱ができている部分は、水や酢酸アルミニウムで湿らせた冷湿布をします。 かゆみを抑えるには抗ヒスタミン薬の内服も効果があります。 抗ヒスタミン薬を含むローションやクリームはほとんど使用されません。

次の