伊勢谷 友介 千葉。 伊勢谷友介が千葉を解放、京本政樹が“伝説の埼玉県人”に!?『翔んで埼玉』追加キャスト&ストーリーが判明!

伊勢谷友介が千葉を解放、京本政樹が“伝説の埼玉県人”に!?『翔んで埼玉』追加キャスト&ストーリーが判明!

伊勢谷 友介 千葉

「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」そんなセリフ満載の映画が大ヒットしている。 「2月最終週の週末観客動員数ランキング1位! しかも、埼玉をおもしろおかしく描いているのに、埼玉県でまさかの記録的な大ヒットという珍事に、うれしい半面、戸惑いもあったりします」 そう語るのは、二階堂ふみ(24)とGACKT(45)のダブル主演が話題の『翔んで埼玉』(東映系)で、メガホンを取った武内英樹監督(52)だ。 原作は、『パタリロ!』の作者でもある魔夜峰央さん(66)が、30年前に発表した同名ギャグ漫画。 その昔埼玉県民は、東京都民から執拗に虐げられるなか、東京の名門高校の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉出身の転校生・麻実麗(GACKT)に心を寄せ、埼玉解放に動きだすという、ボーイズラブあり、コメディありのストーリーだ。 「ボクも、東京から虐げられる立場の千葉県出身なので、埼玉県民の気持ちがわかるんです。 「コメディだからといって、ふざけたり、ちゃらけたりすると、逆に面白くなくなる。 だから大河ドラマに出ているつもりで、江戸川を挟んだ埼玉と千葉の戦いも、それぞれが戦国武将になったように演じてほしいと伝えました」 埼玉と反目する、千葉解放戦線のリーダー、阿久津翔役の伊勢谷友介(42)も、監督の言葉に苦悩した。 「伊勢谷さんはセリフ一つ一つに魂を込める。 「台本ではほとんど登場シーンがなかったキャラなんですが、海女さんの格好をして、サザエを持ってGACKTさんを威嚇する姿があまりに面白くて、あらゆるシーンで登場していただきました」 埼玉県人役の加藤諒(29)は迫力満点の演技だった。 「GACKTさんが埼玉県民に奮起を促すため、『ダサいたま、くさいたま』とあおったのに対し、諒くんが『何もなくても、住みやすくていいとこじゃないか!』と仲間を鼓舞するときの演技が素晴らしくて、現場で涙を流すスタッフがいたほどです」 公開から3日で、すでに25万人を笑わせた『翔んで埼玉』。 「理屈なく楽しめるし、郷土愛や耽美的な要素もちりばめられています。 ぜひ、ご観賞ください」.

次の

新田真剣佑が“千葉真剣佑”に改名しなかった理由は…伊勢谷友介が大胆ツッコミ!

伊勢谷 友介 千葉

俳優の伊勢谷友介さんと新田真剣佑さんが5日、東京都内で行われた映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(三池崇史監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。 スタンド使い(特殊能力者)たちの活躍を描く映画で、伊勢谷さんは新田さんに向かって「俺は君の後ろにスタンドがずっと見える。 さらに「ずっと聞きたかったんだけど、君、急に名字ついたでしょ。 『千葉じゃないのかよ!』とは俺すごい思っていたよ」と新田さんの改名について突っ込むと、新田さんは「千葉でもよかったんですが、うちの社長につけていただきました」と答えていた。 この日の舞台あいさつには、主演の山崎賢人さん、小松菜奈さん、神木隆之介さん、岡田将生さん、山田孝之さん、三池監督も出席。 小松さんは、今回初共演という山崎さんについて、「(撮影)現場でハトを追いかけてました。 不思議な方なんだなと。 それが印象的すぎて……」と印象を語ると、山崎さんは「覚えていない」と苦笑していた。 映画は、荒木飛呂彦さんの大人気マンガシリーズ「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写化。 日本の杜王町を舞台に、ジョセフ・ジョースターの隠し子・東方仗助(山崎さん)が、親友の広瀬康一(神木さん)やおいの空条承太郎(伊勢谷さん)らと、奇妙な事件の裏に潜むスタンド使いたちと戦う姿を描く。

次の

新田真剣佑が“千葉真剣佑”に改名しなかった理由は…伊勢谷友介が大胆ツッコミ!

伊勢谷 友介 千葉

ミミズもゴキブリも、尤子さんは内心キモチワルいと思いながらも、息子と一緒に観察していたらしい 興味のままに行動する息子に対して、学校の教師をしていた母親の尤子さんは、危険なこと・迷惑がかかること以外は、口出しはしなかったそう。 幼い頃から絵やモノづくりの才能があり、没頭すると食事がいらなくなるほど。 プラモデルを与えるとすぐに完成させてしまうので与えないようにしていたそう。 また、伊勢谷友介さんは、とても 感性豊かな少年だったようです。 友介さんが4歳のとき、氷像フェスティバルで見た氷像がフェスティバル後に壊されているのを見てショックを受け、50~60枚の絵を描いたというエピソードがあります。 その絵には 「壊された氷像は鳥になって飛び立ち、仲間たちと出会い、天国に行くとそこはお花畑で……」 (引用:) というストーリーがあったそうです。 友介さんの絵には必ずストーリーがあるのが特徴だったそうです。 すごい才能ですね! 伊勢谷友介の小中高及び大学時代 伊勢谷友介さんは、小学校時代は函館で過ごしました。 中学は明かされていませんが、高校は東京都にある私立の男子校に進学しています。 中学・高校時代は特にクラブなどは所属していなかったようです。 ただ、幼少期から絵やモノづくりなどに強い関心を示してきたことからも、美術・芸術の才能はかなりのものだったでしょう。 大学生時代の伊勢谷友介 大学在学中の1996年(20歳)のとき、モデルとしての活動を開始しました。 CMや雑誌、ファッションショーなどに出演し活躍の幅を広げていきます。 なんと伊勢谷友介さんは、大学在学中に、ファッションブランド『PRADA』のミラノコレクションショーにも抜擢されています。 そんななか、伊勢谷友介さんは是枝監督の目に止まり、1998年(22歳)のときには同監督の映画『ワンダフル・ライフ』で俳優デビューを果たしました。 一般的に撮影では事前に脚本があって俳優は台詞を覚えて言うのが普通なのだと思います。 しかし、初めての是枝監督との映画撮影では 脚本がないのが普通 という実験的な要素が強い現場だったようです。 当時の是枝監督の撮影の様子を伊勢谷友介さんは 不確定要素のなかで作品を生み出していけることが驚愕だった と回想しています。 (出典:) その後に、役者としてのオファーも増えていきますが、 是枝式の撮影方法は別の現場では通用しなかったため、役者としての常識を知らずに失敗する場面も少なからずあったようです。 とはいえ、俳優業でも着実に実績を重ね、2001年(25歳)のときには、初めて映画監督にも挑戦しました。

次の