月 の お気 に 召す まま。 月のお気に召すまま 最新刊(次は4巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

パトリツィオ・マゾーラ/お気に召すまま

月 の お気 に 召す まま

Contents• 月のお気に召すままの登場人物を紹介! 歩(あゆむ) 高2。 中学時代から月の先輩。 素直でだまされやすい。 月(るな) 高1。 中学時代から歩が好きだけど素直になれず、意地悪してしまう。 月はお酒入りのチョコレート持ってきて、子供な歩は酔うんじゃないかと食べさせます。 でも代わりに月が寄ってしまいました。 外の木陰のベンチで酔を覚ますことにしました。 お酒の影響で素直になった月が歩のことを先輩として認めてくれたので、歩は感激します。 歩が可愛い後輩だと言うと、男としてどう思ってるのかと聞いてきました。 キスしたいと言われて、歩は最大に混乱してガラスを割ってしまいます。 でも顔が赤いのはチークを塗っただけで、全部月の演技でした。 からかったネタばらしをしてると、次は本当に酔っ払った歩が月の頬にキスしてきました。 口にキスしようとする歩の可愛さに流されそうになりますが、月は酔った勢いでキスしたら絶対後悔すると拒否しました。 でも歩は直前で寝てしまい、月はホッとしたような残念なような気持ちでした。 10話。 月を加えた合コンメンバーで夏祭りに行くことに。 浴衣で気合を入れた歩でしたが、同じく浴衣で登場した歩に話題をかっさわれました。 一緒に回ってやるという月でしたが、進藤くんが歩のことを褒めてくれました。 進藤くんと歩がいい感じで金魚すくいしてると、月は歩に進藤と仲良くするなと入ってきます。 3人で射的に行くと、歩と進藤が競って月が褒めちぎるという男女逆転の立場に。 月を引き離そうと、かき氷を買ってきますがうまくいきません。 進藤がごみ捨てで離れると、月は歩に悔しいかと聞いてきました。 でも歩は月の先輩は私だと、違う方向にヤキモチをやいていたようです。 月が素直に歩の浴衣を褒めたタイミングで、盛大に花火が上がりました。 歩は憧れの先輩は歩だと自分に都合のいいように聞こえたと言ってきました。 ヤケになった月は好きだと叫びましたが、聞こえませんでした。

次の

【無料試し読みあり】月のお気に召すまま

月 の お気 に 召す まま

Contents• 月のお気に召すままの登場人物を紹介! 歩(あゆむ) 高2。 中学時代から月の先輩。 素直でだまされやすい。 月(るな) 高1。 中学時代から歩が好きだけど素直になれず、意地悪してしまう。 月はお酒入りのチョコレート持ってきて、子供な歩は酔うんじゃないかと食べさせます。 でも代わりに月が寄ってしまいました。 外の木陰のベンチで酔を覚ますことにしました。 お酒の影響で素直になった月が歩のことを先輩として認めてくれたので、歩は感激します。 歩が可愛い後輩だと言うと、男としてどう思ってるのかと聞いてきました。 キスしたいと言われて、歩は最大に混乱してガラスを割ってしまいます。 でも顔が赤いのはチークを塗っただけで、全部月の演技でした。 からかったネタばらしをしてると、次は本当に酔っ払った歩が月の頬にキスしてきました。 口にキスしようとする歩の可愛さに流されそうになりますが、月は酔った勢いでキスしたら絶対後悔すると拒否しました。 でも歩は直前で寝てしまい、月はホッとしたような残念なような気持ちでした。 10話。 月を加えた合コンメンバーで夏祭りに行くことに。 浴衣で気合を入れた歩でしたが、同じく浴衣で登場した歩に話題をかっさわれました。 一緒に回ってやるという月でしたが、進藤くんが歩のことを褒めてくれました。 進藤くんと歩がいい感じで金魚すくいしてると、月は歩に進藤と仲良くするなと入ってきます。 3人で射的に行くと、歩と進藤が競って月が褒めちぎるという男女逆転の立場に。 月を引き離そうと、かき氷を買ってきますがうまくいきません。 進藤がごみ捨てで離れると、月は歩に悔しいかと聞いてきました。 でも歩は月の先輩は私だと、違う方向にヤキモチをやいていたようです。 月が素直に歩の浴衣を褒めたタイミングで、盛大に花火が上がりました。 歩は憧れの先輩は歩だと自分に都合のいいように聞こえたと言ってきました。 ヤケになった月は好きだと叫びましたが、聞こえませんでした。

次の

【月のお気に召すまま】最新刊含め全巻無料で読めるか試してみた!

月 の お気 に 召す まま

月のお気に召すまま・第34話のネタバレ 一緒に帰ろうと誘うため、歩の教室にやってきた月。 月と歩になにか話したいことがあった気がする、という進堂もついてきました。 二人が教室の扉を開けると、そこには オン眉ぱっつん前髪になった暗い表情の歩がいました。 前髪の大惨事に思わず吹き出しいつものようにからかう月でしたが、歩の眼力によって黙らされます。 歩いわく、 街でカットモデルにスカウトされて気が付いた時にはこうなっていたと言うのです。 落ち込む歩に対し、笑顔の進堂はさらっとその前髪を褒め励まします。 喜ぶ歩を見て対抗意識を燃やした月は、そんな慰めよりも本人が気にいる解決策を探す方が大事だと言い、前髪にあった 個性派メイクをしたらどうかと提案します。 納得した歩は個性派メイクをするために、嬉々とした表情でトイレに向かいました。 歩のことは自分が一番分かっているから、と笑顔で進堂にマウントをとる月。 しかし数分後、 化け物のような顔をした歩が帰ってきたのです。 動画を見ても上手くいかなかったと泣く歩。 もう無理だと弱音を吐く歩でしたが、やはり進堂はそれを褒めるのでした。 天然ポンコツな二人を見た月は呆れながら歩のメイクを落とし、 いっそぱっつん前髪を軽くしてみてはどうかと提案します。 再度納得した歩は前髪を切り始めますが、 根元までざっくりと、もう取り返しのつかない状態になってしまいました。 さすがの進堂くんも言葉が出てこないようです。 しかし歩は笑顔で、「これはこれでいいか!」と前向き発言をします。 前髪を手で押さえながら笑顔で話す歩は、用事があるから先に帰ってと二人に伝えます。 教室に一人になり、 可愛くなりたかっただけなのに、と鏡を見て静かに泣きだす歩。 こんな女子良いって言う人いるわけないよな・・・と呟くと、「 ひとりはいますよ」という言葉が返ってきました。 振り返るとそこには、演劇部が貸してくれた道具をもった月がいたのです。 月は歩に目をつぶるよう言うと、前髪ウィッグを使いラプンツェルヘアーを作ったのでした。 目を開け驚く歩に、 なんでさっき無理して笑ったのかと尋ねる月。 優しいことも言えないし役に立たないかもしれないけど、いざという時に頼ってほしいという月でしたが、歩は なぜか分からないけど、ただ単に最初よりも変になった前髪を月に見られたくなかったのだと言います。 思わず歩に手をのばす月でしたが、ハッと我に返ると、 いろいろとヤバくなるから可愛くなんてならなくていいと呟くのでした。 そこにわかめスープ(髪によさそうな物)を持った進堂がやってきました。 二人に話したかったことを思い出したと言います。 進堂はなんと 二人を別荘に誘うのでした。

次の