鬼 滅 の 刃 刀。 【折り紙】鬼滅の刃・日輪刀(胡蝶しのぶ)kimetunoyaiba nitirinntou

鬼滅の刃考察 日輪刀の秘密!刀の色や種類、鍔一覧まとめ!

鬼 滅 の 刃 刀

日輪刀の原料とは 出典:鬼滅の刃2巻 吾峠呼世晴 集英社 隊士に最初に支給される日輪刀ですが、刀そのものがすぐに支給されるわけではない。 まずは、日輪刀の原料となる鋼から選びます。 選んだ原料は刀鍛冶によって鍛えられ各隊士の元へと渡されます。 炭次郎の場合で言えば、15日後には日輪刀が完成して届けられていた。 日輪刀の原料になる鋼には、名前があります。 猩々緋砂鉄と 猩々緋鉱石という特殊な鉱石を使って作られています。 猩々緋 砂鉄(しょうじょうひさてつ)• 猩々緋鉱石(ひょうじょうひこうてつ) 原料に「砂鉄」が使われていることに注目、刀を作るとき、砂鉄を使うのは日本独自の製造方法。 日本刀製造の特徴の一つともいっていい。 標高がかなり高い山 刀鍛冶の里 日輪刀はどこで誰が作っているのか、ストーリーの中盤の 刀鍛冶の里編にて描かれます。 このときは、上弦の鬼が二体も襲撃する壮絶回でした。 里の長:鉄珍(てっちん) 出典:鬼滅の刃12巻 吾峠呼世晴 集英社 里で一番えらくて一番小さいのがてっちんこと、鉄珍河原(てっちんかわはら)。 今でも刀を作っており、その腕前は文句なしの一級品。 恋柱の甘露寺蜜璃のムチのような、うすくしなやかな剣は鉄珍以外作ることができない。 このほか、蟲柱の胡蝶しのぶの刀も鉄珍作。 鋼鐵蛍(はがねづかほたる) はがねづかさんこと、鋼鐵蛍は炭次郎の刀を担当している刀鍛冶。 刀への愛着は異常を通りこして、もはや狂気(笑)、しかしその腕は最上級。 癇癪もちで、炭次郎も幾度となく襲われている。 刀の刃こぼれや折れ、紛失と幾度となく刀をダメにする炭次郎に度々ブチ切れる。 怒りを鎮めるには、大好物のみたらし団子が有効! 炭次郎の日輪刀交換回数 1本目 蜘蛛山での下弦ノ五・累戦で破損 2本目 上弦ノ参・猗窩座に投てきし紛失 3回目 上弦ノ陸・堕姫戦で刃こぼれ、はがねづかさん打ち直してくれずw 4回目 上弦ノ肆・半天狗戦で紛失 炭次郎が現在使っている日輪刀は5本目。 出典:鬼滅の刃12巻 吾峠呼世晴 集英社 からくり人形、緑壱零式から出てきた刀を使ってます。 刀身には「滅」の文字、そして、煉獄さんから受け継いだ鍔を使ってます。 日輪刀と刀身の色の関係性 日輪刀は所有者によって刀身の色がさまざまに変化するという特徴もあります。 そして、色の変化はどうやら呼吸法によって個なるようなんです。 以下一覧参照 呼吸法【基本の呼吸】 刀身の色 日の呼吸 黒色 炎の呼吸 赤色 水の呼吸 青色 風の呼吸 緑色 岩の呼吸 灰色 雷の呼吸 黄色 呼吸法は日の呼吸から派生した「基本の呼吸」の5つがあります。 日の呼吸の刀身は黒、そして基本の呼吸にもそれぞれの違う色が現れます。 ここで呼吸の派生をおさらい! 基本の呼吸の五つの呼吸から、さらにさまざまな呼吸が派生してますが、刀身の色は基本の呼吸に似通った色だったり、異なる色だったり様々です。 以下一部抜粋。 呼吸法【派生の呼吸】 刀身の色 蛇の呼吸 薄紫色 蟲の呼吸 青色 恋の呼吸 ピンク色 霞の呼吸 白色 音の呼吸 黄色 鬼殺殺なら誰もが色が変わる? こうして見ていくと、日輪刀の刀身の色が変わるのは、呼吸法と関係があるようにも見えます。 たとえば、風柱の弟の不死川玄弥(げんや)の刀身。 単行本13巻の表紙から分かるように刀身に色がない。 玄弥は呼吸が使えない稀有な隊士、その代わり鬼を喰らうことで鬼と戦う肉体を手に入れた。 ほかにも、炎柱の煉獄さんの弟の千寿郎のセリフ。 出典:鬼滅の刃8巻 吾峠呼世晴 集英社 千寿郎は武芸の才がないとして鬼殺隊に入れなかったと話していたけど、根拠として 刀身の色が変化しなかったことを挙げてます。 ここでいう剣術の未熟さとは、単純に武芸の才能のことを指しているのか、それとも、呼吸の習得のことを指しているのかは不明。 ただ、個人的には刀身が変わるのは、どの呼吸を習得してるかではなく、どの呼吸と相性がいいかで色が変化するのではないかと思ってる。 相性とか、資質とかに刀身の色が呼応するのかも?? 実際、習得した呼吸法と刀身の色が合わない例はけっこうある。 甘露寺蜜璃や竈門炭次郎、あと胡蝶しのぶも元々花の呼吸です。 蜜璃が最初に習得した呼吸は炎だけど、刀身はピンク、炭次郎は水呼吸だけど刀身は黒、共通するのは習得した呼吸から独自の呼吸に変えたこと。 となると、蜜璃や炭次郎の例、さらに千寿郎の話から、呼吸法の習得有無に関わらず、隊士の資質によって色が変わる可能は否定できない。 もちろんある程度の鍛錬が必要も必要!刀身が変わる条件の一つだからね 炭次郎の爆血刀と赫刀(かくとう) 刀身の色変わりで謎なのが炭次郎の刀。 刀身は黒と例外的な色の上に、赫刀(かくとう)という刀が赤くなる現象も起こっています。 出典:鬼滅の刃8巻 吾峠呼世晴 集英社 爆血刀(ばっけつとう) 爆血刀の登場は上弦の肆・半天狗戦でのこと。 ねず子の爆血(血を炎の変える術)により刀の温度は急上昇、刀身が赤く代わり威力も爆上がり。 また、このとき炭次郎の「遺伝の記憶」から、日の呼吸の使い手である縁壱も刀身が黒かったこと、戦うとき刀身が赤くなることが判明した。 この刀が赤くなるという現象は赫刀(かくとう)と呼ばれるのだが、単行本ではまだ詳しく登場してないため省略、改めて追記していきます。 各柱の日輪刀一覧考察 最後に柱やメインキャラが使っている日輪刀について、それぞれ詳しく紹介していきたい。 いろいろ追加情報も付け加えていきます。 煉獄杏寿郎 呼吸 炎の呼吸 刀身の色 赤色 煉獄さんの刀身の色は赤。 日の呼吸との違いは、日の呼吸は戦闘時のみ刀身が赤くなるのに対して、炎の呼吸は常に赤くなっていること。 また、鍔(つば)の柄も特徴的で炎を型取ったような形状になっています。 のちにこの鍔は炭次郎へと受け継がれていきます。 冨岡義勇 呼吸 水の呼吸 刀身の色 青色 冨岡の刀身は青。 そして鍔は六角の形。 日本刀の鍔では一般的なデザイン。 炭次郎を継子にしようと考えていたが、刀身が黒であることが分かり落胆。 不死川実弥(さねみ) 呼吸 風の呼吸 刀身の色 緑色 実弥の刀身は緑色、そして、特徴的なのが鍔の形状。 ひし形のような文様が複数集まり星型を成しているデザインです。 悲鳴嶋行冥(ぎょうめい) 呼吸 岩の呼吸 刀身の色 灰色 明らかに刀ではない(笑)。 が、メチャメチャ強く名実共に柱最強。 刀身の色は灰色。 斧に鉄球が鎖で繋がれた武器を使用。 使用されている鉄の純度はかなり高い! 宇随天元 呼吸 音の呼吸 刀身の色 黄色 刀身が太っとい二刀流の日輪刀を操る。 刀は鎖で繋がれており、通常の刀ではできない多種多様な軌道の攻撃を可能とする。 刀身の色は黄色。 時透無一郎 呼吸 霞の呼吸 刀身の色 白色 日の呼吸の使い手の血筋ではあるが、彼の刀身は黒とは真反対の霞のような白色。 鍔が特徴的で、長方形の四隅に正方形をあしらったデザイン。 胡蝶しのぶ 呼吸 蟲の呼吸 刀身の色 青色 刃先がかぎ針のようになっている独特な剣。 刀身は青、柄は花びらを思わせるデザイン。 しのぶの剣術は切るではなく突く! 甘露寺蜜璃 呼吸 恋の呼吸 刀身の色 ピンク ムチのように予測不能なしなやかな軌道を可能にする特殊な剣。 蜜璃にしか扱えないその日輪刀は、刀鍛冶の里の長、鉄珍による業物。 鍔、柄にはハートの文様がほどこされている。 刀身の色はピンク。 伊黒小芭内 呼吸 蛇の呼吸 刀身の色 薄紫色 特徴的なのは剣の形状、まるで蛇のようなうねっています。 刀身の色は薄紫色。 我妻善逸 呼吸 雷の呼吸 刀身の色 黄色 刀身の色は黄色、雷のような文様が刻まれている。 壱ノ型しかできないと思いきや、実は新技を編み出すほどの才能を秘めていた! 嘴平伊之助(はしびらいのすけ) 呼吸 獣の呼吸 刀身の色 藍鼠色 伊之助は自分のあった日輪刀にするため、刀身を石で欠けさせたり、鍔(つば)を取り外すなど自分なりにカスタマイズしているのが特徴。 持ち手に布を巻きつけており、二刀流。 刀身は藍鼠色。 独自に編み出した呼吸の種類は「型」ではなく「牙」と呼ぶ。

次の

【鬼滅の刃】赫刀(かくとう)の顕現条件が判明!日輪刀を赤く染める方法について

鬼 滅 の 刃 刀

日輪刀の色と適正呼吸• 例えば、日輪刀が赤色に染まればその隊士は炎の呼吸が適正なので、炎の呼吸の習得を目指していくことになる。 黒色は前例が少なく、どの呼吸が適正なのかが判明していない。 鬼に有効な刀 日輪刀は鬼に有効な刀で鬼殺隊にとって非常に重要な武器となっている。 鬼は再生能力を有し、例え身体を切断されてもすぐに元通りに戻ってしまい日光を浴びない限り死ぬことはない。 ただし、唯一の例外がこの日輪刀である。 日輪刀によって頚を斬り落とされると鬼は再生することなく死亡していくので、日輪刀は作中で鬼に対して唯一有効な武器となっている。 猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石から打たれた日本刀 日輪刀は太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で取れる猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石で打たれた日本刀。 基本的に刀の形状をしているが、悲鳴嶼行冥のように特殊な形状の日輪刀も存在している。 刀鍛治の里の刀匠に作られている 鬼殺隊が鬼と戦うための武器となる日輪刀だが、この日輪刀は刀鍛治の里を集落とする刀匠によって作られている。 鬼殺隊員それぞれに刀を作ってくれる刀匠が存在し、基本的に同じ刀匠が一人の隊員を担当する形になるのでいわばパートナーみたくなる。 炭治郎で言うと鋼鐵塚蛍が担当となっている。 現在明らかになっている刀匠は以下の5人。 あわせて読みたい 刀匠についてさらに詳しく知りたい人は「」をご参照ください。 また、鬼殺隊における最高であるが持つ日輪刀には悪鬼滅殺という文字が彫られている。 赫刀の顕現条件 である継国縁壱の日輪刀は普段は黒色だが、戦う時は赫く染め上がる赫刀であるとされていた。 作中では戦で時透無一郎が赫刀を顕現させていたいが、との戦いで伊黒が赫刀を顕現させた際のその条件が明らかになった。 赫刀の顕現条件は万力の握力。 つまり、思い切り日輪刀を握ることで赫刀となることが明らかになった。 赫刀による攻撃は鬼に焼けつくような痛みを与えることができ、攻撃した部位の回復を遅らせることもできる。 無惨のような頚の弱点を克服した鬼への有効な攻撃手段となる。

次の

『鬼滅の刃』に登場の巨大「一刀石」、なぜ真っ二つに裂けた?「柳生の里」神秘の秘密

鬼 滅 の 刃 刀

一刀石 「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載の超人気漫画『 鬼滅の刃』(原作吾峠呼世晴)がついに完結した。 しかし、小説のほうも日本出版販売株式会社の調べでは、ここ半年の売上は鬼滅の刃のシリーズが1位(『片羽の蝶』)と2位(『しあわせの花』)を独占するなど、人気は一過性ではなさそうだ。 大正時代が舞台で、人間を襲う鬼と戦う剣豪集団「鬼殺隊」の物語である。 さて、このアニメで登場した「 一刀石」が「剣聖の里」で知られる奈良市北東部の「柳生の里」(奈良市柳生町)にある。 新型コロナウイルス騒動で訪問者が消えてしまっていたが、緊急事態宣言解除で再び増えそうだ。 奈良交通のバス停の「柳生」から15分ほど南へ歩き、「民宿三浦」で左へ入り山を少し登ると、藪の中に刀で切ったように真っ二つに裂けた約7メートル四方の巨大な石が現れる。 立札を読むと戦国時代の剣術、「柳生新陰流」の開祖柳生宗巌(石舟斎)が天狗を退治した時にできたとされる。 「柳生の里」は交通の便が悪いこともあり、普段は年間1500人ほどの観光客だが、『鬼滅の刃』に「一刀石」が登場した昨夏頃から、刀を振りかざす格好をした若者が写真をSNSで拡散し、全国に知られるようになった。 コスプレ撮影などのため「どう行くのですか?」と問い合わせが柳生観光協会に殺到した。 協会の三浦孝造会長は「1971年の大河ドラマ『春の坂道』(原作山岡荘八)や『武蔵MUSASHI』(03年・原作吉川英治)で柳生一族が修業の場にした戸岩谷がブームになりました(史実では宮本武蔵は訪れていない)。 それ以来の賑わいですが漫画を慌てて読みましたよ」と驚く。 コスプレ撮影の団体申し込みもあり、「終日千円」で着替え場所も提供していた。 樹木が鬱蒼と茂り「一刀石」の周囲は神秘的だ。 現場にはプラスチックの刀が置いてある。 5月末の筆者の訪問時は親子連れが訪れており、子供が巨石に上っていた。 連れて行った愛犬「流星」は和犬の甲斐犬。 神戸は全然似合わないが、奈良県の山間部のこの地にはピッタリ。 いつもよりも生き生きとした表情で筆者を引っ張る。 とりわけ一刀石はよほど気に入ったのか、「この石の番犬になりたい」と訴えるかのように巨石の前にペタンと座り込んで落ち着いてしまった(冒頭の写真)。 すぐ近くで巨石が垂直に立つ天乃岩立神社も精神が清められる。

次の