軽減税率 化粧品。 消費税増税後の駆け込み需要の反動、軽減税率でくっきり 対象外品目(10%)は前回並み落ち込みも、対象品目(8%)は微減|市場調査ならインテージ

薬は消費税軽減税率の対象商品になるの?サプリは?健康食品は?気になる疑問を解決!

軽減税率 化粧品

こんにちは。 めがね税理士の谷口()です。 平成31年10月1日(2019年10月1日)からと、まだ先ではありますが 消費税率の引き上げと 軽減税率の実施が徐々に迫ってきています。 なお、この制度と現状について個人的に思うところはあるのですが、「いまのところどういう制度になる予定なのか」という視点で淡々と解説してまいります。 消費税の軽減税率 対象品目をわかりやすくまとめ このあいだ勉強会に行ってきたときにもらった中小企業庁のパンフレットがわかりやすかったので、この下の画像を使いながらまとめていきます。 食料品や飲み物• お弁当やテイクアウト、外食• ケータリングや出張料理、出前• 食玩などの一体商品(一体資産)• 医薬品や医薬部外品 などの種類に分けてまとめていきますね。 (ほかの法律の規定などで除外されるものも多々あります。 「肉を生で食うこともあるじゃないか!」というご意見もあろうかと思いますが、まあ一般家庭でそのまま生きたものをさばいて食べるのかどうか、という観点で考えると多少分けやすくはなるのではないでしょうか。 「おれはキャットフードが主食だ!」という方にとっては悲しいお知らせですね。 売る側の理屈で考えていい ちなみにこれ、たとえばスーパーで「うちのワンちゃんはおにぎりが大好物で〜」ということでペット用におにぎりを買うような場面があるかもしれません。 この場合はどうするのか。 これは、 売る側が「人が食べるものとして売っているかどうか」で判断することになります。 また、非常にまぎらわしいのですが、• 酒税法の定義から外れるため) 軽減税率の対象品目3 お弁当やテイクアウト、外食 まぎらわしいのでまとめますが、• (なんだこれ。 (屋台のラーメン屋の店主はこんな売り方をしないでしょうが) こういうのをなにで分けるのかというと、• (本人が持ち帰るのか、お店の人が届けてあげるかだけの違い、という見方なんでしょう) 「ケータリングと出前の違いってなんなのよ?」 という感じですが、 そこで料理や盛り付けをするかどうか、そのまま食べられる状況で運ぶだけなのかどうか、で判断することになります。 有料老人ホーム• サービス付き高齢者向け住宅• 学校給食• 夜間学校• 特別支援学校• ただ 一定金額以下であること、という細かい要件もありますのでご注意を。 軽減税率の対象品目5 食玩などの一体商品(一体資産) 食玩(しょくがん)、おもちゃとお菓子が一セットとなっているような商品ですね。 これに「一体商品(一体資産)」という名前をつけて、 一定の条件を満たすかどうかで判断します。 (法律上の用語は「一体資産」ですが、やや固いので以下「一体商品」という言葉で話します) 一体商品(一体資産)の要件 一体商品に該当するのかどうかは、• 税抜金額が1万円以下であること• 容器や包装材料と一緒に売る場合 たとえば持ち帰りのケーキを想像するとわかりやすいと思いますが、ケーキとそれの入っている容器(包装)を一緒に売ることってよくありますよね。 (上の一体商品にも該当しないので、1万円がどうとか考える必要はありません) ただその容器が陶磁器やガラスなど、 ケーキを食べ終わったあとでも使えるようなものであれば一体商品として扱われます。 (上の一体商品にも該当しないということです。 ただ栄養ドリンクやエナジードリンクのように、医薬部外品と飲み物とが混じっているものもあり、• 消費税軽減税率の対象品目まとめ というわけで、消費税の軽減税率について、• 食料品や飲料• お弁当やテイクアウト、外食• ケータリングや出張料理、出前• 食玩などの一体商品(一体資産)• 医薬品や医薬部外品 と種類に分けつつまぎらわしいものをまとめてみました。 書籍も出ました! こちらのブログを書いた影響もあり、消費税の軽減税率について解説した書籍が出版されました! このブログをもっと体系立てて、細かい事例も含めてわかりやすくまとめつつ、請求書の改正などいろいろな項目に触れておりますので、もし「もう少し知っておきたい」と思ってくださった方はお手に取ってくださるととてもうれしいです。 9月号より1年間連載 ・「企業実務サポートクラブ」 2018. 6月より1年間連載 ・月刊「企業実務」執筆 2018. 2月号 ・月刊「企業実務」執筆 2017. 11月号 ・月刊「会計人コース」執筆 2018. 9月号 ・月刊「税経通信」執筆 2019. 1月号 ・月刊「会計人コース」執筆 2019. 11月号 ・ 月刊「経理WOMAN」執筆 2020. 1月号 ・月刊「税経通信」執筆 2020. 4月号 ・弥生マルシェ執筆「中小企業のためのRPA超入門」 ・幻冬舎GOLD ONLINE ブログ記事掲載 ・小学館「Menjoy!

次の

軽減税率とは?ややこしい対象商品・品目を総まとめ

軽減税率 化粧品

生きた家畜 10% 販売時点では、人の食用ではない。 果物の種子 10% 菜園用の種子であり、人の食用として販売されていない。 ただし、食用として販売されている種子は対象。 ミネラルウォーター 8% 【解説記事】 水道水 10% 飲食料品に該当しない。 【解説記事】 氷、かき氷 8% ドライアイス 10% 人の食用ではない。 食品添加物 8% 食品用の添加物は食品に含まれる。 ただし、お菓子を包む包装紙のように飲食料品の提供に 必須なものであれば飲食料品と合わせて軽減税率が適用。 ただし、ケータリングや出張料理は対象外。 【解説記事】 コーヒー豆 8% 焙煎前も焙煎後も対象。 ただし焙煎の加工を行う対価は対象外。 送料も対象外。 【解説記事】 ブレスケア 8% ブレスケア(小林製薬)は、清涼食品(グミ)のため対象。 送料 10% 送料は対象外。 ただし、食品に送料込みなら、対象。 ただし、自動車税の値下げや自動車取得税の廃止がある。 ただし、有料老人ホームで提供する食事の一部等で対象となる場合がある。 軽減税率について、簡単に知りたい方は、写真付きで解説している記事をご覧ください。

次の

化粧品の原材料としての「添加物」の販売は軽減税率の適用対象か?

軽減税率 化粧品

酒類や外食を除く「飲食料品」 酒類や外食を除く「飲食料品」であれば、消費税の軽減税率の対象となります。 食品表示法に規定する「食品」とは、全ての飲食物をいい、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に規定する「医薬品」、「医薬部外品」及び「再生医療等製品」を除き、食品衛生法に規定する「添加物」を含むものとされています。 なお、ここでいう「飲食物」とは人の飲用又は食用に供されるものをいいます。 「添加物」の販売は、軽減税率の対象? 食品の製造において使用する「添加物」の販売は、軽減税率の対象? 食品の製造・加工等の過程において添加される食品衛生法に規定する「添加物」は、「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります。 「金箔」の販売は、軽減税率の対象? 当社では、食品添加物の金箔を販売していますが、軽減税率の対象? 「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、食品衛生法に規定する「添加物」として販売される金箔は、「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります。 「添加物」の販売は、軽減税率の対象?(化粧品メーカー編) 当社は、食品衛生法に規定する「添加物」の販売を行っています。 取引先である化粧品メーカーが、当社が食用として販売している「添加物」を化粧品の原材料とする場合があるのですが、この場合の「添加物」の販売は、軽減税率の対象? 「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、人の飲用又は食用に供されるものである食品衛生法に規定する「添加物」として販売されるものは、「食品」に該当します。 したがって、取引先が化粧品の原材料とする場合であっても、「添加物」を「食品」として販売する場合には、軽減税率の適用対象となります。 「栄養ドリンク」の販売は、軽減税率の対象? 栄養ドリンク(医薬部外品)の販売は、軽減税率の対象? 「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に規定する「医薬品」、「医薬部外品」及び「再生医療等製品」(以下「医薬品等」)は、「食品」に 該当しません。 したがって、医薬品等に該当する栄養ドリンクの販売は軽減税率の適用対象となりません。 なお、医薬品等に該当しない栄養ドリンクは、「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります。 「健康食品」の販売は、軽減税率の対象? 特定保健用食品、栄養機能食品、健康食品、美容食品などの販売は、それぞれ軽減税率の対象? 人の飲用又は食用に供される特定保健用食品、栄養機能食品は、医薬品等に該当しませんので、「食品」に該当し、また、人の飲用又は食用に供されるいわゆる健康食品、美容食品も、医薬品等に該当しないものであれば、「食品」に該当しますので、それら販売は軽減税率の適用対象となります。 次回以後、更に詳しく見ていきたいと思います。

次の