斉唱 読み方。 「唱」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

地謡(じうたい)とは

斉唱 読み方

「斉」はで習います。 「齊」は です。 紀元前1046年-紀元前386年。 周代、春秋時代、戦国時代初頭に わたって現在の山東省を中心に存在した国。 479年-502年。 蕭道成(しょうどうせい)が宋 そう の 譲りを受けて建てたもの。 建康 今の南京市 を都とした。 」 イ:「 北朝の1つ。 550年-577年。 また、その王家が支配している時期を指します。 裳 も のすそ 下の方 を縫い合わせたもの」 同意語: 成り立ち です。 「 穀物の穂がて生え揃っている」象形から、 「 揃う」、「 整う」を意味する「斉」という漢字が成り立ちました。 美しい漢字の書き方 100万人を超える指導実績を持つ 【がくぶんのペン字講座】の 無料資料には、 漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、 それを参考に漢字を書いてみると、 ビックリするくらい 美しい漢字が書けるようになって すごい感動しました! 美しい字が書けるようになると、 周りの人からも 褒められて、とても気持ちが良いです! ぜひ、資料請求してみて下さい。

次の

「斉唱」と「合唱」の違い

斉唱 読み方

唱の書き順【筆順】 読み方 『 唱』の字には少なくとも、 ショウ・ となえる・ うたう・ うたの4種の読み方が存在する。 うたう。 「唱歌・愛唱・詠唱・歌唱・合唱・斉唱・絶唱・独唱・輪唱・二重唱・三重唱」• となえる。 先立ってみげる。 文言を声高くう。 類義語:「唱道・唱和・暗唱・吟唱・高唱・三唱・首唱・主唱・提唱・低唱・読唱・復唱・朗唱・口唱 くそう 」 熟語 四字熟語 「唱」の漢字を語中にもつ四字熟語4種を表にまとめる。 「唱」が入る四字熟語 浅酌低唱 せんしゃくていしょう 低唱微吟 ていしょうびぎん 夫唱婦随 ふしょうふずい 文章絶唱 ぶんしょうのぜっしょう 唱門師【ともじ】 しょうもんじ 唱門師、声聞師、唱文師。 三聖唱【さんせいしょう】 [羅]Sanctus 聖なる [宗]さんくとぅす サンクトゥス。 斉唱【せいしょう】 一斉に唱 トナ えること。 [楽]同一旋律を同時に二人以上で歌うこと。 「ユニゾン unison 」とも呼ぶ。 復唱【ふくしょう】 繰り返して唱えること。 [軍]言い渡された命令の内容を確認するため、言われた通り言い直すこと。 また、その指示命令。 合唱【がっしょう】 [楽]多くの人が声をそろえて同じ旋律を歌うこと。 [楽]多人数が互いにことなった旋律を同時に歌うこと。 [楽]ベートーベン作曲の交響曲第九番ニ短調 Op. 125 の通称。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「唱」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 1242 新大字典 講談社 2027 新潮日本語漢字辞典 新潮社 1516 大漢和辞典 大修館書店 3765 大漢語林 大修館書店 1484 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の

「斉」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

斉唱 読み方

能における地の詞章の部分。 地、ともいう。 またそれを担当する斉唱団( かた 、地方 じかた )。 能の場合6~12人出て能舞台の右手(地謡座)に横向きで2列に正座する。 裃 かみしも または紋服に袴 はかま で、扮装 ふんそう はしない。 後列中央(偶数の場合は流儀によって右あるいは左)がリーダーで地頭 じがしら といい、音階、リズムほかすべてをつかさどる。 地謡方はシテ方から出るが、なかには地謡専門で型を舞わぬ人もある。 地謡の内容は、第三者側からの説明や叙情、叙景ばかりではなく、登場人物の台詞 せりふ の代弁、心理描写の場合も多い。 狂言でも3~5人の地謡を出すことがあるが、能の仕舞 しまい のときのように、舞台中央奥に正面に向かって座り地謡座は用いない。 [増田正造] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説 …その他,鬼退治物の《紅葉狩》《羅生門》,天狗物の《鞍馬天狗》,祝言物の《石橋(しやつきよう)》《猩々(しようじよう)》などである。 【役籍】 能は,役に扮して舞台に立つ立方(たちかた)と,もっぱら音楽を受け持つ地謡方(じうたいかた),囃子方とで成り立つが,それぞれの中で技法がさらに分化し,室町時代末期に七つの専門が確立した。 立方を勤めるシテ方,ワキ方,狂言方と,囃子方である笛方,小鼓方,大鼓方,太鼓方の7役籍がそれで,江戸時代以降,互いに他の専門を侵さない規律ができ,現在でもそれが守られている。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の