フェリクス 育成。 【ジョアン・フェリクス能力値(ウイイレアプリ2020)確定スカウト】最強STチャンスメイカー爆誕!レベマ交換推奨!KBレッドホワイトも今のうちにゲット!

【ウイイレアプリ2020までにレベマ育成するべき金・銀・銅選手】チャロフ・フェリクス・キーンもいいけどまだまだいるよ!<随時更新>

フェリクス 育成

ジョアン・フェリクス:チャンスメイカーになるので無敵ST! いやーとうとう能力値が分かってきましたね。 予想どおりの爆上がりです。 このまま次のアップデートでは黒玉昇格も可能性ありですね。 それでは早速ジョアン・フェリクスのウイイレアプリ2020の能力値をチェックしていきましょう! ジョアン・フェリクス:ウイイレアプリ2020能力値 ジョアン・フェリクスの能力値、爆上がりですね。 ウイイレアプリ2020からの新方式の場合にはLVの上がり方がどうなるか分からないですが、最大レベルでの能力値はきっと変わらないと思います。 (わかり次第修正します) また、 フェリクスはウイイレアプリ2020にアップデートされるタイミングではまだ19歳ですが、一応、19歳と20歳の両方を載せます。 (2020年2月くらいにまたアップデートされると思いますし。 能力値的に+1くらいの違いです。 ) しかし、めっちゃ強くなってますね。 ウイイレアプリ2020の最大の目玉選手って感じです。 とりあえずパワーアップ具合はあとで紹介します。 プレースタイルが「チャンスメイカー」に! ジョアン・フェリクスは、ナンバー10から「チャンスメイカー」に変更です。 ナンバー10はかなり不人気だったので、これで使いやすくなったのではないでしょうか。 個人的には、プレースタイル的に「2列目からの飛び出し」でも良かったかなって思ってます。 あまりまだパサーとしての働きはしてなくて、むしろフィニッシャーなイメージなので。 今後変わっていくかもしれませんね。 適性ポジション追加は? <フェリクスの適性ポジションの変更> かなり嬉しいのが、適正ポジションの追加です。 「CF」が薄い適性で追加され、「ST」が濃い適性になりました。 本適性も「ST」です。 これは良かったですね。 より前目で使うことができます。 なによりCFが追加されたのがかなり嬉しいかも。 これでCFに配置して、より得点力を発揮させることができそう。 メッシをCFに配置するのと一緒です。 ウイイレアプリ2020になったら、ポジション適性向上アイテムでCFを濃い適性にしましょう! ジョアン・フェリクスの能力変化(LV30) まずはLV30からですが、めっちゃパワーアップしてますね。 ドリブルとカーブ以外は全部上がってます。 なんでドリブル落ちたのかは意味不明ですが、まーいいでしょう。 特に嬉しいのはこの辺かな、• そして、 コンディション安定度が6になったのもかなりデカい! 調子が悪いことが多かったフェリクスを安定して使うことができます。 ライブアップデートなしも全然平気です。 (引継ぎ選手の場合) スタミナも80あれば、それなりに使い続けることができます。 ジョアン・フェリクスの能力変化(レベマ) レベマにするとLV70以上までくるのでめっちゃパワーアップしてますね。 黒玉どころか黒玉雷ですね。 オフェンスセンス 85• ボールコントロール 92• ドリブル 89• グラウンダーパス 88• フライパス 86• 決定力 90• キック力 88 あらゆる能力が高すぎます。 そして、スピード系も、• スピード 87• 瞬発力 92• ボディコントロール 92 これってCFで使うとかなり強そうですね。 こうなってくると最強チャンスメイカーなのかどうかが気になります。 ジョアン・フェリクスと黒玉チャンスメイカーの能力比較 あまりに能力が高いので、タイプの似ている黒玉チャンスメイカーと比較してみます。 目指すはネイマール級のドリブル型チャスメイカーだと思うので。 もう1人はフィニッシュもできるタイプのディバラで比較します。 でもやっぱり、まだまだでしたね。 ネイマールの圧勝です! ドリブル系とスピード系はやっぱりかないません。 ドリブル系はディバラにも負けています。 あとは、スキルも少し足りないので ワンタッチパスやシュートスキルの追加を期待したいですね。 ただし、 パス、決定力、キック力などはネイマールに優っている部分もあり、ここ数年の成長次第では並ぶか、超える可能性もありますね。 何より、FP選手が楽しみです。 クラブセレクションはないので、週間FPで登場するのを期待しましょう! ジョアン・フェリクスの確定スカウト<2019> 銅玉選手なんで意外とフェリクスの確定スカウトは難しいです。 ラボーナ、ノールックパス、ナンバー10などだと2枚確定はできません。 もしも使う場合には 他にもスカウトを足さないと銀玉選手が一緒に出てしまいます。 あえて フェリクスの3枚確定スカウトその4• あとは今のままなら 「ノールックパス」、「ラボーナ」、「チャンスメイカー」、「ST」はいませんし、もっておけばいきなり確定できるかもしれません。 スカウトでゲットして、レベマ交換してくれた引継ぎフェリクスを合成すれば一気にレベマにできるかもしれませんよ。 引継ぎ選手は、育成するときにスタンダード選手より経験値が得られるので十分可能性ありです。 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 マジでフェリクスはゲキ強になりますね。 たとえ、引継ぎ選手になるとしても、持っておいたほうがいい選手です。 あとはスキルも適当に予想してもっておきましょう。

次の

【FE風花雪月】フェリクスの育成論とお茶会・贈り物の好み|ファイアーエムブレム風花雪月

フェリクス 育成

そんなフェリクスのポテンシャルを引き出せるスキルと兵種を記載。 そのため座学や仲間と一緒にいることを好まないが、距離を置きつつも仲間のことをよく見ており、青獅子の学級の皆はそのことを知っている。 支援会話の殆ども興味が無いものに対して「好かん」「興味がない」「くだらん」と一刀両断するものの、会話が成り立ち絆が育まれている。 彼からしたらそこで終わるような会話や絆などそれこそ関心を持たないのだろう。 相手に対して嫌われないように気を使うのでなく、自身をここまで真っすぐ貫けるキャラも珍しい。 ただそんな彼だが、支援会話では意外にも相手に振り回されるエピソードが思ったより多いので、ぜひ見てもらいたい。 また名剣を見定める力も持っており、市から「ゾルダンの剣」を買い、ディミトリを驚かせたほど。 剣に関してどんな形であれ興味を示すようだ。 ステータス デフォルト剣士の目線でみると決して高いと言えない技の成長率に目が行ってしまうものの、剣は命中が高いため攻撃が当たりにくい事態にはならないだろう。 その分 力が高く、ディミトリに続きエーデルガルトと同着の2位タイ。 速さの成長率もそこそこ高く、剣士系の兵種は速さの成長率に上昇補正が入るため、かなり高い数値が期待できる。 また全体的に悪くないステータスで、守備や魔防が低めだが、「アイギスの盾」を装備すると耐久面も補強できるため気にならない。 魔力の成長率も悪いほうではないが、力の成長率と比べるとその差は歴然なので、 物理と魔法の二刀流にするよりは力で押し切るスタイルにしたほうが良い。 他の紋章より発動確率が高く、発動する機会も多いため、使い勝手の良い紋章。 力の成長率が高いフェリクスとの相性も良く、通常攻撃でも大ダメージを期待できる。 アイギスの盾 英雄の遺産 ご覧の通り盾の中では高性能。 紋章一致でスキル「大盾」「聖盾」が発動するため、数値以上の耐久を得られる。 また防具なので、好きな得物、好きな兵種で活躍できる利点も。 但し重いため、力が高いフェリクスでも得物によっては攻速に影響してしまうので対策を忘れないようにしよう。 しかし 技の成長率はそこまで高くないので、過度な期待は禁物。 黒魔法は「サンダー」「トロン」しか習得せず、魔力より力の成長率が高いため、魔法を使う機会はないだろう。 白魔法はいざという時体力を快復できる「リカバー」、弱体化を解消できる「レスト」と前衛だからこそ活用できるので余裕があれば習得しよう。 武器技能 得意技能は剣、弓、格闘術。 得意技能を活かしてソードマスターやアサシン、スナイパーにするとフェリクスにピッタリな兵種になる。 しかし 剣と弓だけを鍛えても最上級種にクラスチェンジできない。 もう一つの得意技能、格闘術は最上級種のウォーマスターになれるが斧の技能も必要になるため、最上級種の兵種になるには通常技能を鍛えないといけない。 またフェリクスの理学を才能開花させることで、エピタフによる物理と魔法の使い分けも可能と言えば可能だが、成長率の差を考えると現実的ではない。 得意技能を活かした兵種だけでも候補が多いので、仲間の兵種と兼ね合いで決められるのも強み。 苦手技能は指揮のみ。 今作は騎士団による能力補正が大きいので、強い騎士団を同行させる時期が遅くなってしまうのは痛い。 しかし個別指導や目標設定、出撃の度にコツコツ技能経験を積めるので、そこまで苦にならないだろう。 兵種解説 特殊兵種 踊り子 白鷺杯優勝 「まさか俺を白鷺杯の代表にしようとしているのか!? つまり踊り子の「再移動」を必要としていなければ、フェリクスを代表にする選択肢はアリ。 上級種 勇者 過去作と違い、今作は活躍は難しい。 移動力5しかないうえに、成長補正はソードマスターの下位互換。 兵種マスタースキル「力の覚醒」が必要なければクラスチェンジする必要もない。 ソードマスター フェリクスのデフォルト兵種。 兵種マスターすることで習得できる、専用戦技「流星」は紋章との相性は良くないものの、力が高いため高ダメージが期待できる。 武器耐久を9つ消費してしまうため乱発は禁物だが、フェリクスなら通常攻撃でもダメージが期待できる。 また 上級種なので活躍できる期間が長いことも利点。 欠点は移動力が5しかないことと、技の成長補正がかからないため、自身の成長率だけだと戦技「秘剣」の威力補正やアイギスの盾による「大盾」「聖盾」の発動にいささかの不安が残ること。 アサシン 移動力が6、森林地形に対して移動コストを無視できることは魅力。 ただ兵種スキル「忍び足」で敵から狙われにくい分、紋章の効果やアイギスの盾の効果が発動する機会は減る。 守備や魔防の値によってはソードマスターより活躍する機会は多いだろう。 フォートレス アイギスの盾を装備することで「大盾」が発動するため、兵種マスターする必要性は無い。 ただ 基礎能力ボーナスで守備を底上げできるため、クラスチェンジに必要な技能経験値は貯めておいて損はしない。 パラディン こちらもアイギスの盾を装備することで「聖盾」が発動するため、兵種マスターする必要性は無い。 また青獅子の学級にはディミトリにシルヴァン、イングリットと騎馬で活躍しやすいキャラが多いので、更に増やしたい場合を除きパラディンになる必要性は無い。 スナイパー デフォルト弓兵のアッシュと異なり、 長射程戦技「狙撃」は習得しない。 そのかわり威力が高めな戦技「強弓」を習得するため、 持ち前の高い力とアイギスの盾による耐久を活かして前衛で活躍できる。 ただし 攻撃力を求めるなら他の兵種にしたほうが良い。 ウォーロック 魔力の成長率が低いため、クラスチェンジしても活躍できない。 兵種マスタースキル「弓殺し」も魔法を装備していないと発動しないため、役に立たない。 ダークビショップ ウォーロックと同じくクラスチェンジしても活躍は見込めないが、 兵種マスタースキル「生命吸収」は習得の価値アリ。 ダークマージにクラスチェンジしないとクラスチェンジの資格が得られないため、「闇魔法試験パス」が2つ必要になる。 青獅子の学級にはまともな男性魔道士がいないので、フェリクスに使っても支障はない。 また基礎能力ボーナスで魔防を強化できることも利点。 相性は良いが、魔力が低いフェリクスにとってビショップにしたところで回復手は務まらない。 あくまで前衛にいながら「リカバー」によるある程度の回復が見込める程度なので、 本格的な回復手は務まらない 2回目。 兵種マスタースキル「回復」や魔防の基礎能力ボーナスを目的としない限り、無視してよい兵種。 最上級種 ドラゴンマスター 騎馬系と同じく、斧と飛行の技能レベルを個別技能や目標設定で経験値をつまないといけない。 しかし 今作の飛行系はスペックが高いため、飛行特効の弱点をケアできれば、高い力と紋章の効果で通常攻撃だけでも活躍が期待できる。 青獅子の学級には デフォルトの飛行系がイングリットしかいないため、飛行系を増やしたいなら候補の1人になれる。 弱点のケアもアウロラの盾とスキル「飛行特効無効」の2種類があるため、限られたスキル枠を埋めないようにアウロラの盾を装備しても良し、アイギスの盾の性能を活かすために「飛行特効無効」のスキルでを習得しても良い。 エピタフ 剣士系唯一の最上級種。 物理と魔法の二刀流ができるようになるものの、力と魔力の差が顕著で習得する黒魔法が「サンダー」と「トロン」のみ。 はっきり言って殴ったほうがダメージを与えられるので、「リカバー」や「レスト」によるサポートができる剣士として活躍させたほうが良い。 ソードマスターより鈍足になるものの、移動力が6に上がり、多少耐久が増す。 何より魔法によるサポートができるようになったので、ソードマスターと差別化は可能。 それぞれに一長一短があるため、どちらで活躍させるかは好みでいいだろう。 グレートナイト 機動力と守備を兼ね備えているので、青獅子の学級で最もクラスチェンジさせやすいシルヴァン以外にこの兵種が欲しければ斧と重装と騎馬を0から鍛える価値はある。 確かにグレートナイトによるステータス補正とアイギスの盾の耐久はなかなか。 フェリクスの紋章は通常攻撃を強めるものなので組み合わせも悪くない。 ただ速さが低下してしまうため、高い力で追撃できなくなるため、フェリクス本来の持ち味が無くなってしまう。 スナイパーの時にも記載したが、アッシュより高い力を活かした活躍が見込める。 ただし魔防の成長率がアッシュより低いため、アイギスの盾に過信して突っ込むのは厳禁。 ダークナイト 魔法が使えるようになるが、兵種スキル「黒魔法の達人」があっても魔法によるダメージより武器によるダメージのほうが大きい。 騎馬になるため機動力は増すが、個人的には後述するホーリーナイトをオススメする。 ホーリーナイト ダークナイトと同じ魔道騎兵で父親であるロドリグのデフォルト兵種。 ダークナイトより成長補正が高く、兵種スキル「地形耐性」があるため、同じ魔道騎兵ならこちらのほうが使いやすい。 他の魔法が使える兵種と同様「リカバー」や「レスト」によるサポートも騎兵のためやりやすいことも利点。 ウォーマスター 実はフェリクスと相性のいい兵種。 またフェリクスは格闘も得意技能なので兵種スキル「格闘の達人」を活用し、更に「魔殺し」を習得していれば、拳でも活躍が可能。 移動力も6あるため、魔法を使わないなら最も適性がある兵種と言っても過言ではない。 特級種 DLC トリックスター 魔法が使えるものの、使用回数は通常の半分。 アサシンと異なり、移動力も5しかないうえに兵種スキル「剣の達人」も無い。 ただ兵種マスターすると専用戦技「トリック」を習得するため、仲間の機動力をサポートできる。 戦うや魔法以外にもできるサポートが増えるため、多様性を求めたいならアリ。 バトルモンク 格闘が得意技能なので、悪い選択肢ではない。 使用回数が通常の半分ながら魔法が使える。 ウォーマスターと比べると攻撃性能がガタ落ちしてしまうため、少ししか使えない魔法をとるよりは攻撃に専念した方が良さそう。 因みに力の成長率がデフォルト兵種のバルタザールより高いため、成長次第ではバルタザールを超える場合もありえる。 おすすめスキル 内はどの兵種をマスターすれば良いか示す。 基礎的なスキルだが、攻撃力を高める意味ではとても大切。 高い速さと兼ね合わせることで、通常攻撃力を高められる。 フリー出撃の回数が制限されていると、習得できる得物も限られてくるので考えて技能経験値を得よう。 鬼神の一撃 ブリガンド 、 金剛の一撃 アーマーナイト 、 明鏡の一撃 エピタフ 、 清流の一撃 トリックスター こちらから攻撃を仕掛ける際に能力を上昇させるスキル。 攻撃を仕掛けるときにしか強化できないが、後述の「生命吸収」と組み合わせることで敵を倒してHPを回復できる確率を高められる。 つまりこの中で 最もオススメするのは攻撃力を高められる「鬼神の一撃」。 攻撃力が高いフェリクスにとって、このスキルを発動される機会は多く、敵を倒すことでHP管理も可能になる。 因みに 「デビルソード」や「妖刀アシユラ」による使用後の固定ダメージは生命吸収の回復前に受けるため、ダメージのリスクを相殺できる。 また先述した「鬼神の一撃」や「清流の一撃」とも相性が良い。 青獅子の学級では主人公とフェリクス以外に剣を使うキャラは強いて言えばディミトリくらい。 つまり剣を使うキャラは少ないので、フェリクスはどの武器でも英雄の遺産や個人スキルを活用できる特徴を持つが、得物である剣を究めてしまおう。 剣の豊富な戦技や、先述した「生命吸収」の活用法もあるため、剣を使ううえでそのスペックをさらに向上できる相性の良いスキル。 アイギスの盾は思いのほか重く、フェリクスの高い速さをどうしても阻害してしまう。 攻速の高いアサシンなどに対抗するためにも「重さ-5」を習得したいところ。 フォートレスにクラスチェンジすることで早く重装技能の経験値を積めるだけでなく、守備の基礎能力ボーナスも得られる。 効果こそ地味だが、その活躍ぶりは全く違うので、積極的に個別指導を活用しよう。 「生命吸収」との相性が悪いため択一になりがちだが、こちらもハマればかなり強力な型。 最後に フェリクスは剣技の技能レベルと速さのステータスを高めることでスカウトできるため、比較的スカウトしやすい。 今作ではデフォルト剣士はフェリクスとペトラとカトリーヌだけなので、3人の中で最も力の高いフェリクスはスカウトしても活躍が見込める。 またかなり独特な性格だが、ベルナデッタ、ドロテア、リシテア、レオニーと他学級の女性4人とAランクまで支援会話ができるため、意外とモテモテ?な一面も。 冒頭にも述べたが、どんな状況でも物怖じしないところや、矜持を保つため否定論に固執せず、いいものはいいと当然の評価をできるところがモテるのだろうか。 そして仲間想いな一面も併せ持つフェリクスを活躍させてみてはいかがだろうか。 これからもどうぞよろしく.

次の

【FE風花雪月】フェリクスって強すぎでは!? そのまま剣つかって良し! 弓や格闘も強い! 魔法を使わせても優秀!! 性能完璧すぎる

フェリクス 育成

講演ジャンル• 政治・経済• 時事・社会• 地方創生• オリンピック・パラリンピック• 経営・ビジネス• ブランディング• 経営・マネジメント• マーケティング・業界• 人材育成• 組織・チーム• コンプライアンス• ハラスメント• CSR・CSV• イノベーション・IT• ダイバーシティ• リーダーシップ• CS(顧客満足)・ES• リーダーシップ・マネジメント• 部下育成・コーチング・OJT• マナー・新人育成• コミュニケーション• ハラスメント• グローバル• 問題解決・戦略• 働き方・生産性向上• 財務会計• プレゼンテーション• チームビルディング• 接客・クレーム対応• スキル・教養• コーチング• 身だしなみ• モチベーション• コミュニケーション• 歴史・文化• 健康・メンタル• 資産運用・相続• キャリア・教育• 人生・働き方• 起業・スタートアップ• 子育て• リベラルアーツ• 業界・トレンド• AI・技術革新・IT• 働き方改革• ハラスメント• 仮想通貨・ブロックチェーン• LGBT・障がい者・介護• サプライチェーン• おもてなし• アンガーマネジメント• スポーツ• 夢・チャレンジ• モチベーション• チームマネジメント• 健康・メンタル• オリンピック.

次の