三井 住友 フィナンシャル グループ の 株価。 三井住友フィナンシャルグループ (8316) : アナリストの予想株価・プロ予想 [SMFG]

三井住友フィナンシャルグループ (8316) : 株価予想・売買予想・株価診断 [SMFG]

三井 住友 フィナンシャル グループ の 株価

三井住友銀行は日本の三大メガバンクの一つであり、その規模は三菱東京UFJグループに続く業界第二位となっています。 金融全般に関する事業を幅広く展開することが、三井住友フィナンシャルグループの大きな特徴です。 出典: 三井住友フィナンシャルグループの業績は、ここ5年ほどは比較的安定した状態にあります。 親会社株主に帰属する当期純利益の額は年度ごとに異なりますが、 およそ6000億円~7500億円となっています。 また、収益性や経営の効率性などを示すR OEや経費率などの数値も、三大メガバンクの中では最も良好です。 配当金については増配傾向となっており、年度ごとに1株当たり10円~20円程度の増配が期待できるようです。 当社は「減配しない」ことにコミットする累進配当政策を採用しています。 2019年5月の時点における PERはおよそ7. 3倍、PBRはおよそ0. 49倍となっていますので、いずれの指数からも株価は割安だと判断できるです 【参考リンク】 三井住友フィナンシャルグループの株価予想:大型株としておすすめする理由 三井住友フィナンシャルグループ株をおすすめする大きな理由は、大きく3つです。 日本の証券市場には現在およそ3600社が上場していますが、 現在三井住友フィナンシャルグループは時価総額ランキング第15位となっています。 東京証券取引所では時価総額の大きな企業100社を大型株と定義していますが、三井住友フィナンシャルグループはそれらの大型株の中でもさらに上位に位置する大規模な企業なのです。 また、業績に関する様々な数値も良好であり、 マイナス金利が続く現在の経済状況の中においては比較的、健闘しています。 2019年5月の時点における 三井住友フィナンシャルグループの配当利回りはおよそ4. 三井住友フィナンシャルグループでは株主還元の一環として配当金を重視しており、なおかつ 累進的配当政策を打ち出しています。 累進的配当とは減配をせず現在の配当金を維持または増額することであり、政策による持続的な株主価値の向上を目指しているのです。 安定した事業基盤を背景に、今後についても現在の配当金水準を十分に維持できるのではないでしょうか 累進配当政策については以下でより詳細に紹介していますので、宜しければご覧ください。 【内部リンク】 三井住友フィナンシャルグループの株価予想:想定されるリスク おすすめの理由について述べてきましたが、逆にリスクはどうでしょうか。 日銀は1999年にゼロ金利政策を導入しており、近年においてはさらにマイナス金利政策が行われています。 これらの政策は市場における通貨の流通量を増やし、国内における経済活動を活性化させることが目的だったですが、一方でお金を貸し出すことで利益を得る銀行などの金融業にとっては大きな向かい風となりました。 しかし現時点においても今後の出口戦略は不明であり、いっそう厳しい状況が続く可能性も否定できません。 地政学的リスクとは特定地域における政治的・社会的・軍事的な緊張の高まりのことであり、例えば北朝鮮によるミサイルの発射や、 アメリカと中国の経済的な対立、そして宗教的な対立に基づいたテロ活動などが挙げられます。 政治や経済に関する情勢の急激な変動は、世界的な規模で株価の暴落を引き起こし、その影響は個別銘柄にも及ぶことになります。 三井住友フィナンシャルグループ個別の業績が良好であっても、市場全体が暴落すればやはり株価は下がりかねません。 また、国際的な緊張が高まると資金の逃避先として円が買われ、円高が進行することも三井住友フィナンシャルグループにとっては不利な条件となります。 日本の大企業の多くは製品を海外に輸出することで利益を得ているため、円高が進行すると相対的に収益が減少することになるのです。 これらの企業における資金需要が低下すると銀行など金融業の主たる業務である資金の貸付額が減少し、結果的に三井住友フィナンシャルグループの業績は悪化することになります 三井住友フィナンシャルグループを含むメガバンクの今後の株価について詳細に分析しています。 こちらも併せてご覧ください。 【内部リンク】 まとめ:三井住友フィナンシャルグループは大型株の中でおすすめ 大型株の三井住友フィナンシャルグループ株は堅調な経営をしておりおすすめです。 ただし、銀行を取り巻く事業環境を考えると、大きな値上がりは期待薄かも知れません。 一方で、 累進配当政策を始めとして経営陣が株主価値を高める努力をしており、特に高い利回りを享受するための投資は検討しうると思います。 以下は、三井住友フィナンシャルグループ以外の大型優良株についてのおすすめです。 宜しければご覧ください。 積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、 投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。 私が資産の一部を振り分けて独自に実践しているおすすめの積立投資手法は、以下のようなメリットがあり、素晴らしく有用な手法だと思っています。 損失が出ずに値上がり益・配当益による利益積み上げが可能(評価損は出る)• 暴落局面に強く利益獲得の「仕込み」ができる• 概ねほったらかしでOK• ルール遵守で精神的に消耗しない 実際に、安定的・継続的に利益を生み出し続けています。 以下の記事では、証券会社の画面コピー等の証拠付きで実績や手法の詳細をご紹介しています。 個人投資家として千載一遇のチャンスを逃さずモノにしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 そのような方におすすめしたいのが、無料で値上がりが期待できる推奨銘柄の情報を得られる投資顧問「勝ち株ナビ」です。 「勝ち株ナビ」では実績がある株式投資のプロが緻密なファンダメンタルズ・テクニカル分析を実施した上で、株価上昇が見込める銘柄を選定し、週次で紹介してくれます。 私も無料登録して検証したところ、勝ち株ナビの推奨銘柄の勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。 新型コロナウイルスによる影響も踏まえて期待度の高い推奨銘柄を無料で厳選して紹介しています! 1分で済む無料のメールアドレス登録で推奨銘柄をゲットできます。 無料のため登録しておいて損は無ありません。 テレビなどもメディアにも取り上げられており、全国月70回開催、年間10,000名以上が来場する超人気セミナーのWEB版です。 メディアで活躍中のファイナンシャルプランナーが会社員におススメな投資方法として「攻めの株式投資」を伝授してくれます。 また「守り」として不動産投資と比較解説してくれるので、非常に分かりやすいです。 簡単なプロフィール登録すればOKで、自宅でいつでも好きな時間に視聴できます。 無料なので損をすることはありません。 特に、下記のような無料で受けられてしっかりと基礎や実践技術を学べる株式投資講座を受講することをおすすめします。 「個人投資家の9割が損失を出して市場からの退場を余儀なくされる」と言われる株式投資で利益を得る為には、体系だって実績がある投資方法を学ぶのが一番です。 日本ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールは、無料で受講でき、株式投資の基礎を確実に身につけることが可能で、実際に利益を上げている人も多く口コミでの評判も良いです。 株式投資をもっと勉強したい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。 無料なので損は無いです。 私は、将来的な資産形成のために、積立投資は絶対にやるべきだと考えています。 ほんの一握りの富裕層を除き、会社勤めなどの本業からの収入のみでは将来的に生活が困窮するのは目に見えています。 私自身も、独自の積立投資手法を確立・実践して着々と利益を積み上げています。 実績と共にその概要を以下の記事で解説していますので、宜しければご覧下さい。 最近では、優れた運用パフォーマンスを誇る商品や100円単位で手軽に始められる商品サービスが存在しており、積立投資で利益を上げられる可能性やアクセスが向上しており、積立投資を開始する絶好のタイミングです。 以下の記事では、必ずやあなたの資産形成の一助となる、パフォーマンスに優れつつも手軽に開始できる積立投資の商品・サービスを紹介しています。 資金面で将来に不安を抱いている方は、ぜひご一読頂けると幸いです。

次の

三井住友フィナンシャルグループの株価や事業動向。投資先としてどうか?【大型株の銘柄分析】 | 株式投資アナリティクス@金融×戦略コンサル

三井 住友 フィナンシャル グループ の 株価

三井住友フィナンシャルグループは三大メガバンクの一つです。 日本を代表する銀行として企業の成長を引っ張ってきました。 そんな三井住友フィナンシャルグループですが、 将来性は厳しいといわれています。 三井住友フィナンシャルグループの銘柄に興味がある方なら• 三井住友フィナンシャルグループの株価の推移について知りたい• 三井住友フィナンシャルグループって業績はどうなの?利益は出ているの?• 三井住友フィナンシャルグループは財務的に安全なの?株主優待の廃止とかはないの?• 三井住友フィナンシャルグループの株価ってどうなるの?今って買い時なの?• なぜ三井住友フィナンシャルグループの将来性は厳しいのか という点は気になりますよね? 今回は三井住友フィナンシャルグループについて• 業績や利益の推移について• 財務的な安全性について• 配当や利回りについて• 株主優待や総会お土産はあるのか• 三井住友フィナンシャルグループの株価は今度どうなりそうなのか をご紹介していきます。 ぜひ投資する際の参考にしてみてください。 三井住友フィナンシャルグループのおすすめ度について 三井住友フィナンシャルグループの銘柄概要は下記のとおりです。 メガバンクに興味がある方は三菱UFJフィナンシャルグループとみずほフィナンシャルグループの銘柄も見逃せません。 個人的には海外で稼ぐ力が強く、業界トップの三菱UFJフィナンシャルグループの銘柄がおすすめです。 株主優待について 三井住友フィナンシャルグループは 株主優待がありません。 三井住友フィナンシャルグループに限らず、メガバンクは現在株主優待を導入していません。 株主が多く、コストが多大にかかってしまうというのが大きな理由ですね。 株主総会のお土産について 三井住友フィナンシャルグループは 株主総会お土産がありません。 総会お土産を嫌う外国人投資家や機関投資家が多いのが要因です。 三井住友フィナンシャルグループの業績や収益状況を調べてみた 三井住友フィナンシャルグループの過去の業績や株主還元を調べてみました。 まとめますと下記の通りです。 【百万円】 期 売上高 営業益 経常利益 最終利益 2016年3月期 4,772,100 - 985,284 646,687 2017年3月期 5,133,245 - 1,005,855 706,519 2018年3月期 5,764,172 - 1,164,113 734,368 2019年3月期 5,735,312 - 1,135,300 726,681 2020年3月期 - - - 700,000 具体的に内容を見ていきましょう。 三井住友フィナンシャルグループの売上高は一見好調に見えるが・・ 三井住友フィナンシャルグループの過去の売上高を見てみましょう。 2016年3月期・・4772100百万円• 2017年3月期・・5133245百万円• 2018年3月期・・5764172百万円• 2019年3月期・・5735312百万円 2018年までは好調に推移していましたが、2019年で減収となりました。 資産運用系のビジネスが停滞していたためです。 海外事業で稼ぐことができましたので、そこまで大きな減収とはなりませんでしたが、日中の貿易戦争や逆イールド減少の発生など厳しい環境が続いているため、今後も伸び悩みを見せる可能性は高いでしょう。 三井住友フィナンシャルグループの最終利益は減益予想。 外部環境が悪化 三井住友フィナンシャルグループの過去の最終利益を見てみましょう。 2016年3月期・・646687百万円• 2017年3月期・・706519百万円• 2018年3月期・・734368百万円• 2019年3月期・・726681百万円• 2020年3月期・・700000百万円(予想) 弱気な予想となっています。 外部環境が悪化しているためですね。 今後は国内ではあまり期待ができないので、海外でいかに稼げるかがカギとなります。 三井住友フィナンシャルグループの安全性は?財務情報を調べてみた 三井住友フィナンシャルグループの直近3年間の財務情報を調べてみました。 まとめますと下記の通りです。 期 自己資本比率 有利子負債倍率 2017年3月期 4. 9 - 2018年3月期 5. 2 - 2019年3月期 5. 3 - 具体的に内容を見ていきましょう。 三井住友フィナンシャルグループの自己資本比率は? 三井住友フィナンシャルグループの過去3年間の自己資本比率を見てみましょう。 2017年3月・・4. 2018年3月・・5. 2019年3月・・5. (貯金が負債になるため) そのため、あまり気にする必要はありません。 三井住友フィナンシャルグループの株価は割安?割高?指標から見てみた ここでは三井住友フィナンシャルグループの株価について投資指標と合わせてみていきます。 まずは三井住友フィナンシャルグループの投資情報を見ていきます。 【下記の情報はいずれも令和01年06月24日時点の情報】 企業名 三井住友フィナンシャルグループ 株価 3,759 配当利回り 4. 49倍 PBR 連 0. 49倍 年初来高値 4,167円 年初来安値 3,581円 具体的に見ていきましょう。 株価は下落したが、下値は堅そう 三井住友フィナンシャルグループの株価は3500円~4500円で推移しています。 現在の株価は3759円です。 【令和01年06月24日時点】 PERは7. 49倍、PBRは0. 49倍と割安で推移しています。 見る限り3,500円の下値は堅そうですので、3,500円円近辺での購入はあり!ですね。 配当の推移について 三井住友フィナンシャルグループの配当は下記の通り推移しています。 2010年3月期・・100円• 2011年3月期・・100円• 2012年3月期・・100円• 2013年3月期・・120円• 2014年3月期・・120円• 2015年3月期・・140円• 2016年3月期・・150円• 2017年3月期・・150円• 2018年3月期・・170円• 2019年3月期・・180円• 2020年3月期・・180円(予想) 増配を続けています。 2014年あたりからは特に景気が回復してきたため、増配傾向にありました。 しかしながら、近年景気に限りが見えているので、増配は厳しい感じがしますね。 株価が3500円の時、配当利回りは5. 株価が4000円の時、配当利回りは4. 魅力的な水準ですね。 利回りを重視する方にはおすすめできます。 三井住友フィナンシャルグループの株価は今後どうなる?予想してみた。 以上三井住友フィナンシャルグループの業績をまとめてみました。 個人的には 今後の株価の上昇は厳しいと思われます。 確かに三井住友フィナンシャルグループの株は 高配当株で、魅力的です。 しかしながら、 銀行全体として将来性が厳しいという問題があります。 貸出先がない• 国内は少子高齢化で経済が縮小していく見込み• 仮想通貨など現金以外での取引が多くなってきた(銀行を通さない取引)• AI化によっていらない人員がかなり増える(無駄なコストが増加) という点が主な将来性が厳しい理由です。 利回りの高さから短期的にあがることはあっても5年、10年とみたときに株価は下落している可能性が高いでしょう。 まとめると三井住友フィナンシャルグループは 短期的な投資先としてはおすすめできますが、長期的な投資先としてはおすすめできません。

次の

[8316]三井住友フィナンシャルグループの株価・配当金・利回り ~累進配当政策が魅力~

三井 住友 フィナンシャル グループ の 株価

みんかぶ予想株価は「4,295円で【買い】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の