徳光由禾 諸事情。 Divertissement Go: 乃木坂46高山一実「エンジェとウーモンちゃん」 将来生まれる子はデジモン名が候補

マドレーヌ (アニメ)

徳光由禾 諸事情

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 18 無 ブログ 作品DB内ブログ 結果が得られませんでした。 日本全国のブログ 1. とむーんのブログ... 稔 桑島法子 柚姫 折笠富美子 清水多香子 柚木涼香 大村裕美 豊口めぐみ 日比谷千歳 井上喜久子 植田弘康 上田祐司 ジーマ 千葉一伸 ディダ 徳光 由 禾 小島良由起... html 2. 今更「デジモンアドベンチャー02」を語るブログ... 主要キャラのキャストは当然変更されるだろうとは思っていましたので、デジモンたちが続投なのは嬉しいですね。 ただ、テイルモン役だけが 徳光 由 禾さんから園崎... livedoor. html 3. 岡山市北区本町 貸店舗... 体調には気をつけてください ホントだ、何で今回から変更かわかんないですがテイルモン変わってますね テイルモンの声変わってません? テイルモン役のみ諸事情により 徳光 由 禾から園崎未... html 4. 今日の話題... 具現化した作品です」、坂本は「立派な大人になりました! 」とイジリながらも長く愛された作品に再び参加できたことを喜んだ。 テイルモン役の 徳光 由 禾は「収録の... html 5. Straight From The Heart... html 6. シネマ係長の秘密基地... 、田村睦心、吉田仁美、池田純矢、榎木淳弥、M・A・O 坂本千夏、山口眞弓、重松花鳥、櫻井孝宏、山田きのこ、竹内順子、松本美和、 徳光 由 禾 片山福十郎... html 7. "E 2 EarthEvent " 世界のイベント情報のブログ... メンバー 1968年 - ヤナ・ノボトナ、テニス選手 1968年 - 村田蓮爾、イラストレーター 1969年 - 高井一、元プロ野球選手 1969年 - 徳光 由 禾、声優 1969... html 8. スマホアプリ速報まとめ... 榎木淳弥 、 M・A・O 坂本千夏 、 山口眞弓 、重松花鳥、 櫻井孝宏 、山田 きのこ 、 竹内順子 、松本美和、 徳光 由 禾 片山福十郎... blog. html 9. NO HOBBY NO LIFE... html 10. html.

次の

徳光由禾: ブログ

徳光由禾 諸事情

テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』(第1作)の20年ぶり完全新作アニメ『デジモンアドベンチャー:』の出演キャストが17日、公開された。 熱く強い責任感をもつ小学5年生の主人公・八神太一役を『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』うずまきボルト役、『おしりたんてい』おしり探偵役などで知られるが担当し、太一を含め仲間たちの人物キャラクターは1999年放送当時のキャストを一新。 一方、アグモン役はが務め、パートナーとなるデジモンたちは続投する。 太一の幼なじみでしっかり者の武之内空役を、仲間では最年長の小学6年生・城戸丈役を、ちょっぴりお騒がせなお嬢様で小学4年生の太刀川ミミ役を、仲間の中では最年少の小学2年生の高石タケル役を、太一の妹・八神ヒカリ役を和多田美咲が務める。 そして今回、新たにナレーションとして、アニメ『ドラゴンボール』孫悟空役、『ゲゲゲの鬼太郎』鬼太郎役(第1期・2期)、目玉おやじ(第6期)などで知られる声優界のレジェンド・が参加することが決まった。 アフレコ第1話を終えた後、ORICON の取材に応じた太一役の三瓶は「初めて八神太一役をやらせていただくことを聞いた時に『どうなるのかな?』という不安やプレッシャーはありました」と出演が決まった時の心境を告白。 続けて「私はいわゆるデジモン世代なのですが、業界的にも今回のスタッフさんも同じ世代が多い。 千夏さんのアグモンの声を聞いたらどうしても自分のミーハーな部分、子どものころの気持ちが出てきてしまうので、それを抑えるのが大変でした(笑)。 感動してしまう自分を抑えて、まっさらな気持ちで太一が初めてアグモンと出会う新鮮な驚き、表現をするようにしていました」と伝え「長く続いている作品と同時に太一役は、違う方が務めてきたこともあり、その中で今回、任せられた責任を強く感じています。 バトンを受け取って、今の人たちにデジモンの良さが伝われば良いと思います」と話した。 『デジモンアドベンチャー』は、1997年6月に発売し累計800万個以上販売した携帯ゲーム「デジタルモンスター」を発祥としたアニメ。 その後、タイトルを変えながら放送され、完全新作となる今作は、第1作と同じく主人公を小学生の八神太一にし、その仲間とパートナーデジモンによる新しい物語に。 時代背景も考慮しながら、インターネットが発達した2020年が舞台で、現代性を強めた作風に生まれ変わる。 4月5日より毎週日曜午前9時からフジテレビなどで放送される。

次の

マドレーヌ (アニメ)

徳光由禾 諸事情

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 【悪い点】 ・作画 止め絵が多い ・ありがちな話の展開 お兄ちゃん遅刻! 感動0 ・その場の状況や物語の前後に整合性がない ・戦闘が簡素で盛り上がらない。 パートナーデジモンの声がない。 必殺技を叫ばない。 終始無言。 ・太一の悩みが結局有耶無耶に終わる。 以後の章でも解決しない。 ・タケルのお兄ちゃんの方が好きといういかにもそっち界隈狙ったような発言 ・進化バンクのテンポの悪さ。 ・新しい選ばれし子供とそのパートナーが顔見せ程度 【総合評価】 内容はYouTubeに載ってる"これまでの話を3分間で説明する動画"で十分。 内容が無さすぎて見る価値無し。 今後の章もこのグダグダ感を続けるのであまり期待しない方がいいです。 どうしてこんな酷い作品になったのだろうか? あんなに面白かったデジモンアドベンチャー 通称、無印・初代など。 以下初代 をよくここまで駄作にしたもんですね。 ある意味才能あるかもね。 【良い点】 ・初代のbgmのアレンジ版が流れた。 ・和田光司さんの最期の歌声が聞けた。 ・久々に宮崎歩さんと前田愛さんの歌声が聞けた。 ・選ばれし子供たちの声優は一新されたが、ヤマトの声は合っていたと思う。 光子郎とヒカリの声も及第点か。 【悪い点】 ・「デジモンアドベンチャーtri. 」のタイトルロゴがダサい。 厨二くさい。 ・選ばれし子供たちの声優を一新したのにパートナーデジモンは同じ。 おかげで、デジモンのパートナーが別人に見える。 ・余計違和感がある。 だったら、潔く全員一新した方が良いのでは? ・その子供たちの声優の殆どがお世辞にも上手いとは言い難い。 特に太一と空がかなり下手。 ・太一とヤマトと空の関係が曖昧になっている。 どっちつかずだ。 ・初代からそうだが、相変わらず声優の使い回しが多い。 ・太一がウジウジした性格になっている。 あのアツい太一はいずこへ? ヱヴァの影響受けていないか? ・キャラデザが全然違う! 続編なのに何で? せめてキャラデザぐらい初代に似せてほしかった。 皆不細工になっている。 ・作画ショボすぎ! 作画崩壊多数あり。 仮にも映画でこの程度か? 朝の東映のアニメの方が遥かにマシだ。 ・止め絵が多い。 ・不要な所に尺とシナリオを割いてる印象が否めない。 日常シーンばかりいらないから。 ・新しい選ばれし子供 芽心 必要か? ウジウジしてて鬱陶しいし可愛くもないし。 ・デジモンに限った事ではないが、こういうオリキャラはいらないのではないか? 監督たちの自己満ではないか? ・デジモンに死んでくれよとか言わせている。 非常に不愉快でしかない。 ・太一の無駄で意味不明な葛藤。 無残な死体を見たのならまだしも、これはないだろう。 説得力が無さすぎる。 今までどれだけ戦って来たと思っているのだ? ・進化シーン省いてどうする? デジモンのキモでしょうが? ・技名言わないのは何で? チクチクバンバンだけは言ったけど。 【総合評価】 今作を見る前から、どうせ駄作だろうと思っていたが期待を裏切らなかったです。 正直このキャラデザ見ただけで「最悪」の評価をつけたいが、見ないで評価するのは私の主義に反するので一応見ました。 出来損ないの同人映画という印象。 今まで見たデジモンアニメで一番の駄作でした。 【注意】 初代に思い入れがある方は見ないことをお勧めします。 恐らく心底がっかりさせられるでしょう。 【良い点】 大好きな作品が十数年ぶりに復活するって聞いた時は飛び上がるほど嬉しかった。 リアルタイムで観たわけではないけど。。 大迫力な戦闘 リミックスされた主題歌 特に'I Wish'が余程素晴らしくなった。 【悪い点】 だがでっかい期待を裏切られた 初めからキャラデザはあんまり気にくわなかったのが一つだけど やっぱり一番の問題は太一の性格ががらんと変わってしまったことですね。 後、ストーリーの進行ものろすぎるしおまけに不必要なサービスシーンは余計。 一話半分かけて入浴シーンなんて何のために六章まで作るの? 別に大して気にしてないが、大輔たちの出番もそろそろあったほうがよくね 【総合評価】 しかしまだまだ二章めですしまだこれから良くなるのを期待してます また完結した後、再評価したいと思います。。 諸事情により映画館に見に行けなかったので、友達に買ってきてもらった先行販売ブルーレイにて視聴しました! 02時代から3年後・・・つまり太一たちは高校生、タケルとヒカリは02時代の太一たちと同じ中学2年生の設定です。 デジタルゲートがしばらく開いていなかったり、子供たちのほうもなかなか昔のようにみんなで集まれなくなっていたみたいなんだけど、 現実世界に再びデジモンが現れ暴れ始めたことによって選ばし子供たちとデジモンたちが再集結することになった! ・・・だけども太一は昔と考え方が変わっていろいろ悩んでしまって・・・ ってのが今回の話のおおまかな内容です。 素直な感想としては、出だしとしてはまずまずな内容かなと思いました。 太一以外でも丈に彼女ができていたり、高校生になっていろいろ変わったみたいですね。 02から3年後とは書いたもののそれは太一たちの年齢的な意味で 今のところ02設定が生き残っているのかはわかんなかったです。 映像は結構迫力がありましたね! さすが映画って感じです。 まぁ絵がデジモンシリーズっぽくないどころか子供向けアニメっぽい絵柄ですらないのは自分的にも残念ではあるんですが。 独特の可愛いらしさがだいぶ欠けるよねーやっぱり。 なにを遠慮しているのか技名を叫んでくれない・・・。 ガイアフォースくらい言ってほしかった。 言ってたのはトゲモンくらい? そしてあと大きく変わった所といえばやっぱり選ばれし子供たちのキャストの変更ですが 02の最終話での声が変わってなかったことを無かったこととして子供時代からちょっと大人っぽい感じの声になったと考えれば 違和感ある人とない人では半々くらいに感じました。 具体的にあげると 太一、タケル、丈 あたりはまだ違和感を感じてしまって ヤマト、ミミ、光子郎あたりはそんなに違和感ないって感じです。 特に意外にもヤマトが声や喋り方がそれっぽくて一番慣れました。 そしてデジモンシリーズといえば象徴的なもののひとつとして欠かせないのが「音楽」ですね。 OPの「Butter-Fly」の新verは、爽やかな感じになっていてこの絵の雰囲気には合ってると思います! 挿入歌の「brave heart」のほうは、曲としては悪くないけどリズムの一部? っていったらいいのかわかんないけど ちょっとゆったりした感じがあって迫力は少し欠けるかなぁって感じがしました。 特にイントロが ついでにその他っ! 地味にデジモン好きにはわかる小ネタがありました。 最初の冒頭の教科書のタイトル「one vision」・・・これはテイマーズの挿入歌の名前ですね。 ヤマトの新しいバンド名ナイフオブデイ・・・ おそらくアドベンチャーの頃のヤマトのキャラソンの 「ナイフの上だろうが渡ってやる」という歌詞があるキャラソンの中でも印象の強い曲から取ってるかと思われます。 もひとつ作品自体のことじゃないので評価には影響しないけど悪いところ 10館でしか上映しないのはきついです・・・。 大画面で見たかったけど観に行かなかったのはこれが理由です。 それにしてもまだ自分みたいに行けなくはない距離にある人はいいけど、全然近くにない人は結構可哀想だよねー。 そんな感じで新キャラもまだまだ出番はそんなに無かったし、まだまだ先は長いです。 デジモン好きとしてこれからも楽しみに待ってるので頑張ってほしいですっ! というわけで作品自体の評価は「良い」でっ! 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の