クローン アニメ。 クローンって何?

クローン牛、静かな最期 「畜産に貢献しない」と言われ:朝日新聞デジタル

クローン アニメ

毎エピソード、新キャラやストーリーに登場した過去ネタを特集&解説していきます! 今回は記念すべきファイナルシーズンの第一作目 「不良分隊(The Bad Batch)」!!! いやあ初回から痺れましたね。。 え? なぜトップ画像がバッド・バッチじゃなくって、しわしわのおじいさんかって? 読み終われば分かるさ、彼こそがバッド・バッチなのさ。 com The Official Star Wars Website アナキン・スカイウォーカー将軍率いる 501大隊のキャプテン。 責任感が強く、「経験こそが全て」を信条に幾多の戦いで活躍してきた。 コマンダー コーディ(CC-2224) オビ=ワン・ケノービ将軍率いる 212大隊のコマンダー。 真面目な性格で、レックスとは多くの戦いで戦場を共にしてきた。 キックス(CT-6116) 501大隊の 衛生兵。 サイバーステーション侵入作戦に同行する。 ジェシー(CT-5597) 501大隊で長くレックスに仕えてきたトルーパーで、 頭に共和国のシンボルマークを掘っている。 同じく、サイバーステーション侵入作戦に同行する。 エコー(CT-1409) エコーのヘルメット StarWars. com The Official Star Wars Website 501大隊所属のトルーパー。 命令やルールに忠実で 神経質な性格だが、その正確さから レックスと共に詳細な戦術の立案なども行ってきた。 大戦中期のシタデル刑務所での救出任務にて、脱出用の船を守ろうとした際、爆発に巻き込まれた。 レックス含む一行は、追手も迫っていたためすぐその場を離れてしまい、エコーを救出することはできなかった。 「クローン・フォース99」のメンバー 戦闘に有利な遺伝子変異を持って生まれた 特殊クローン部隊で、愛称はバッド・バッチ(不良分隊)。 その個性に満ち溢れた4人を紹介します! 個性派チームをまとめ上げる頭脳「ハンター」 StarWars. com The Official Star Wars Website その高い戦略眼と冷徹さで有名な、 分離主義陣営の艦隊を指揮する提督。 以前、惑星クリストフシスの封鎖戦にてアナキンと戦った際、船ごと爆破され敗北を喫した。 しかし、左半身のサイボーグ化手術によって生きながらえ、再びスカイウォーカー将軍の前に立ちはだかることとなった。 初戦の時も、ユラーレン提督が「マラステアの戦いで死んだはずだ」と言っていたので、2度も死に目を生き延びた かなりの悪運の持ち主といったところでしょうか? チュン・ソロの感想<ネタバレあり> ここから下は、ネタバレ有で私の感想を述べていきます。 クローン99 StarWars. そのためトルーパーにはなれませんでしたが、誇りを持ってカミーノでの 雑用係としての仕事を務めました。 彼は訓練で悩む候補生を励まし、姿形がほとんど同じトルーパー全員の名前を正確に覚えていて、帰還した際には声を掛けるような優しさ・思慮深さの持ち主でした。 しかし、ドロイド軍がカミーノを襲った際、99はレックス、コーディ、そしてファイブス、エコーと共に母星を守るために戦い、命を落とします。。。 あのシーンは 『クローン・ウォーズ』の真髄と言って良いでしょう。 (観てない方はぜひ観てください。。 レックスは99の勇敢な最期を見届けた一人でした。。 」 StarWars. com The Official Star Wars Website 一人目の「クローンフォース99」の兵士は、99だった。 「バッド・バッチ」についての話 さらに名前の話は続きます。。 上記の会話の後、コーディはこう言いました。 」 直訳すれば「悪い一団」、日本語版では「不良分隊」と訳されました。 」 そうなんです。 この 俗称「バッド・バッチ」は、99、そしてドミノ・スクアッドのこと想起させる言葉だったのです。。。 ドミノ・スクアッド StarWars. com The Official Star Wars Website (記事書くために見返してる時に、2度見ならぬ2度聞きしてやっと気づいた…) 二重で99の名を刻んでいるという敬意の表し方。。 これまたセリフを英語で見ると、粋な演出があるのです。 ハンターに前哨基地へ突撃しようと提案したシーンのレックスの言葉。 自分の「戦略を立てる頭脳」を本、そこから編み出す「戦術」をページにたとえた訳です。 レックスはこの表現を好んで使うようで… アソーカが初めてレックスと会った際、「あなたがキャプテンなら、ジェダイの私の方が上官になるはずよね?」と言われて返したのがこの一言。 これこそが、柔軟で無駄な縛りに囚われないレックスの強さでしょう。 まあこの考え方自体、アナキンから自然に学んだことなのでしょうが。。 また、バッド・バッチとの対立関係も良かったですね。 「レッグ」(「凡人呼ばわり」が近しい?)と呼ばれようとも気にせず、荒くれ者を率いることができるのがレックスというキャプテンなのです! 演出周りについて クローン・ウォーズシリーズは、もともと絵がリアルなのに、今作はさらに上をいっている。。 ドロイドの動きも生き生き?してました。 原理主義者の戯言なので、お聞き捨てを。 でも正直、演出で違和感を感じる場面が一部ありました。 それは 写真のシステム。。 反乱者たちから導入されましたが、あれは演出としてチープに感じる。 まず設定の話からすると、 これまでの映像作品で、反乱者たち以外で「写真」が出てくるのはエピソード2の削除シーンのみ。 パドメの実家の部屋に飾られた、幼少時代の写真だ。 これは数秒間を切り取った動くホログラムイメージで、姿形はリアルに映し出されている(ハリーポッターの魔法新聞の3D版的な) でもアニメ版では、なぜか元の作画と違うスタイルで写真が写される。 アニメの中で写真をさらに別のアニメ調で描く意味が分からないし、何だか奇妙な感じがする。。 次に物語的な話。 死んでいった仲間を想うなら、違うやり方があったはず。。 ファイブス、エコーを知らない人向けの演出だろうが、初見の人も対象の新作本編映画ならもう気にしないが、クローン・ウォーズはファン向けではなかったのか? 彼には傷の沁みついたヘルメットを見つめてほしかった。 ま、モヤっとしたのはこれだけ! 最後に はい、記念すべき第1話の感想でした。 毎週配信は気持ちがはやりますが、楽しみが長く続くと思って気長に待ちましょう。。 それでは次に会う時まで、 May the Force be with you….

次の

【最新版】EaseUS Todo BackupによるクローンSSDの作成方法

クローン アニメ

スター・ウォーズは2019年末時点で本編だけで9作の映画が作られているが、公開順序は時系列ではないので初心者は鑑賞順序に注意が必要。 この記事ではスター・ウォーズ好きの当ブログ管理人が、スター・ウォーズのおすすめ鑑賞順序について書く。 映画以外の関連作品についても説明する。 若干ネタばれを含むので未見の人向けと言うより、すでに見た人が未見の人に薦める際の参考にしてほしい。 見るとしても後回しでOK。 それでは本題の鑑賞順に入る。 (1)公開順 エンターテイメント性の高いオリジナル三部作を先に見る。 CWはエピソード2と3の間が舞台のアナキンが主役のアニメシリーズだが 映画ではまったく物足りないアナキンの人物描写がものすごく豊富である。 映画本編をより一層楽しむためにもCW視聴は必須。 アナキンは映画エピソード1では明るい少年だったが、成長後のエピソード2と3では全編通して苦悩に満ちている。 最初からダークサイドに堕ちているかのような雰囲気すらある。 映画と違って明るく人間味あふれるアナキン しかしCWのアナキンは映画からは想像できないほど明るく、仲間思いで頼りがいのある人間味あふれるキャラクターなのだ。 パダワン(弟子)の面倒も見るし窮地に陥っても決してあきらめず仲間のために死力を尽くす。 濡れ衣を着せられ無能なジェダイ評議会から追われる身となったパダワン アソーカ・タノ のことも、アナキンだけは微塵も疑わず真犯人を探すため最後まで一人で奔走した。 分離主義勢力のリーダー、邪悪なドゥークー伯爵との戦い「クローン戦争」が、銀河をよぎる炎のように共和国中に広がってきた。 クローン・ウォーズ(3Dアニメ映画) 上映時間98分。 誘拐されたジャバ・ザ・ハットの息子奪還が主なストーリー。 クローン・ウォーズ準主役のアソーカ・タノ初登場シーンが含まれる。 ドゥークーと戦う。 Did you know? CWテレビ版は実質的にはシーズン5で完結したと言っても差し支えない。 尚、クローン・ウォーズはシーズン7の制作決定が2018年7月に発表されたが、具体的な放映時期や方式については今のところ発表なし。 クローン・ウォーズ関連まとめ CW関連は三種類全作品見るのが望ましいが初心者には長すぎるので、その場合は テレビアニメ版のシーズン5だけで良いから見て欲しい。 シーズン5の終盤はアナキンのダークサイド堕ちにつながるようなストーリー展開で特に見ごたえがある。 時間がない人もフィフスシーズンだけは見てほしい 製作総指揮ジョージ・ルーカスとルーカスフィルム・アニメーションが贈る『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ〈フィフス・シーズン〉コンプリート・ボックス』。 ローグ・ワン、ハン・ソロ、反乱者たち(テレビアニメ) この三つは時間がある人だけ他のを全部見た後に見れば良い。 正直どれも後付け感満載の蛇足作品だが、スター・ウォーズに興味があるならそこそこ楽しめるので見て損はない。 ハン・ソロはどちらの内容にも無関係なのでいつ見てもOK。 ローグ・ワンとハン・ソロ映画 ローグ・ワンは最後のダース・ベイダー無双だけは、ほんの一瞬だったが最高のシーンだった。 やっぱり本編キャラはインパクトがある。 ハン・ソロとランドの出会いなどが描かれている 銀河一のパイロットを目指すハン・ソロと、生涯の相棒チューバッカ、そして愛機ミレニアム・ファルコン号との運命の出会いとは? 反乱者たち:シーズン1~4(テレビアニメ) 反乱者たちはエピソード3と4の間が舞台で、とある運び屋グループが反乱同盟に参加して帝国と戦うようになる姿を描いたアニメシリーズ。 シーズン1から4まである。 一話約20分で各シーズン15~20話構成。 このアニメはルークと同い年の主人公エズラ・ブリッジャーがジェダイ修行を積むのだが、ぶっちゃけどこの馬の骨ともわからない少年である。 なのにフォースが強いという設定が解せない。 反乱者たちにはダース・ベイダー、ウェッジ・アンティリーズ、レイア、オビワンなどスター・ウォーズ本編のキャラも脇役で結構出てくる。 反乱者たちではダース・モールの最期が描かれる 中でもダース・モールは主要キャラとしてがっつり出てくる。 そして最期も反乱者たちで描かれる。 僕はアナキンの次にダース・モールが好きだが逆にようやく死んでほっとした。 ダース・モールもアナキン以上に映画とアニメでまったくキャラが異なる。 映画ではほぼセリフがない無口キャラだがCWや反乱者たちではめちゃくちゃ喋る。 最初はギャップに戸惑うがダース・モールという人物を良く理解できるので、その点だけでも反乱者たちは見る価値あり。

次の

クローン牛、静かな最期 「畜産に貢献しない」と言われ:朝日新聞デジタル

クローン アニメ

に公開された3D『』の続編であり、実写の『』と『』の間の3年間に起こったにおける様々な戦いを描いている。 また本作はがの制作に直接関わった最後の作品でもある。 作品 [ ] アメリカのであるの、「 ストーリー・グループ」公認・制作の「 正史( カノン)」に属する作品。 主人公 とその弟子 を中心として「」を様々な視点から描く3DCGアニメのテレビシリーズ。 2Dアニメシリーズ『』( - 制作、現在は「レジェンズ(非正史)」扱い)の好評を経て制作されたものの、そちらではすでに『』から『』冒頭のの艦隊戦までに到る物語を描き終えていたため、本作は『クローン大戦』の直接的な続編でなく、新たなストーリーにて展開されている。 でも混同を避けるため、2Dアニメ版の副題を『クローン 大戦』と呼称したのに対して、本作の序章となる映画『』と本作の副題を『クローン・ ウォーズ』と呼称することで差別化している。 2Dアニメ版の『クローン大戦』では約3年にも及んだとされるクローン戦争を全話合計約2時間ほどでダイジェスト的に描いたが、本作の序章となる『』と本テレビシリーズは、映画1本+テレビシリーズ133話と時間的に余裕がある分、クローン戦争の中で起こった様々な戦場での物語をより詳細に描いている。 の騎士団のや、と弟子の、側・を率いるやとの対立が物語の主軸ではあるものの、やのや、他にも賞金稼ぎや宇宙海賊達などサブキャラクターをメインにしたエピソードも多い。 また、ディズニー買収後に「レジェンズ(非正史)」となった作品群の設定やキャラクターも取り入れられている。 また各話の冒頭では、その話の内容を一言で表した訓示のような言葉がクレジットされている。 エピソードは、1話完結のものと2 - 4話完結のものがある。 基本的には放送された話の順に劇中の時間も進んでいくが、シーズン1の第16話やシーズン2の第16話のように、本作の序章である映画『クローン・ウォーズ』以前のエピソードを描いた話も存在する。 当初、1話22 - 24分の全100話程(約5シーズン分)の構成予定で、制作総指揮の元で制作がに始まったが、制作話数は企画当初の予定であった100話分を超え、その後もシーズン8まで制作される予定で、もすでに完成していた。 だが、が本シリーズの制作会社をし、シークエル・トリロジー(続、エピソード7・8・9)の映画制作を決定したことに伴い、その影響によるシリーズ展開の抜本的改革を受け、本作は当時放送が完了していたシーズン5まででの打ち切りが発表された。 ザ・ロスト・ミッション [ ] だが後に、「シーズン6」の既に完成していたエピソードを「 ザ・ロスト・ミッション」と題してより配信し、これを一旦の最終シーズンとすることになった。 日本でも『』公開を記念して、に視聴無料のBSテレビのにてシーズン6の全13話が放送された。 また、2014年にはCG未完成エピソードとしてシーズン6の「4部作」が、2015年にはシーズン7の「バッド・バッチ4部作」がスター・ウォーズ公式サイトで公開された。 その他の残りのエピソードも、様々な形で発表されている。 (詳細はを参照)。 ファイナル・シーズン [ ] シリーズ10周年を迎えた、・で開催された「」内で、アソーカ・タノとキャプテン・レックスを中心に『』の舞台裏を描く全12話で構成される新作エピソード「 シーズン7( ファイナル・シーズン)」の制作が発表され、予告編も公開された。 この新作エピソード(シーズン7)は、がに開始したストリーミングサービス「」内でより米国にて順次配信開始。 ファイナル・シーズンは各4話で一つの物語が描かれており、前編はキャプテン・レックスを主人公としたクローンの特殊部隊の物語、中編はアソーカ・タノを主人公としたジェダイ離脱後のアソーカの物語、最終章となる後編は再会したアソーカとレックスがと対決するマンダロアの戦いからジェダイ粛清の指令「」発動後までのエピソード3の裏側を描く物語となっている。 を描く最終章にあたる第9話以降の4部作では、ルーカスフィルムのロゴが『』の公開された当時の緑文字だけのものに変更され、オープニングもによる実写映画本編のオープニング曲が使われるなど過去作へのリスペクトや、本シリーズの定番だったオープニングナレーションがカットされ、各話数のタイトルがパート表記にされるなど、1本の長編作品として見せるための特殊な編成となっている。 また、作中のダース・モールのアクションシーンは『』にて同役を演じた俳優・がモーションアクターを担当している。 作中のアクションシーンにてモーションアクターを起用するのはこれが初の試みとなる。 デイブ・フィローニはこれまで、総監督としてルーカスのアイデアをもとに作品全体のコンセプトアートや大まかなシナリオ展開、全体の演出コントロールのほかシーズン6までに話数監督を9本担当してきたが、脚本はシーズン2の最終話である第22話で共同脚本を務めたのみであった。 しかし、本シーズンでは第1話から第8話までの話数で共同脚本を務め、最終章であるマンダロア包囲戦から「オーダー66」発動後までの全4話ではシリーズ初の単独脚本を務めている。 ジョージ・ルーカスはファイナル・シーズンでも監修的な立場で関わり、ディズニー買収後に公開された新規の『スター・ウォーズ』シリーズでは唯一の直接参加作品となっている。 ダース・モール役の声優サム・ウィットワーは、ルーカスの原案を棄却して製作されたシークエル・トリロジーや他の関連作品と違い、ファイナル・シーズンを「ジョージにとって特別なもの」「ジョージの指紋がついた『スター・ウォーズ』は、もうこれが最後」と評しており、ルーカス自身も作品のクオリティと総監督のフィローニを高く評価している。 完結後の展開 [ ] シーズン5終了後、ウォルト・ディズニー・カンパニーの買収によって一度打ち切られた『クローン・ウォーズ』から『』までの間の物語として、本作と同様にデイブ・フィローニが原案・製作総指揮・総監督を務めた「正史(カノン)」に属するスピンオフアニメーション作品『』が全4シーズン放送された。 本作ではアソーカ・タノやキャプテン・レックスらクローン兵たち、ダース・モール、一部の本作登場キャラクター達の行方や顛末も描かれる。 本作はファイナルシーズンに登場するクローン部隊「バッド・バッジ」を主人公にクローンウォーズ最終回直後の世界を描く物語となる。 製作総指揮はクローンウォーズと同じくデイブ・フィローニが務める。 あらすじ [ ] 1年目 『』で銀河共和国と分離主義勢力が惑星で衝突して以来、の戦火は銀河各地に拡大した。 が指揮するによって構成される銀河共和国軍と、によって組織された連合軍 分離主義勢力 は各地で激戦を繰り広げる。 そして戦争を少しでも自陣営に有利にする為、共和国と分離主義勢力は戦闘の他各地で活発な外交交渉をも敢行。 それらの影響は各惑星に裏切り・暗殺等様々な形で現れるのだった。 そんな時、アナキン・スカイウォーカーの元に14歳のの少女が現れる。 名前は。 彼女はジェダイ・マスターの意向でのパダワンとなった。 アナキンは当初アソーカを弟子と認めなかったが、様々な戦いを通して、彼女が自分と同じ性格の持ち主であると知る。 そして彼女を認め、以後行動を共にするようになる。 アソーカも戦争を通じ様々なことを学び、アナキンや彼の副官を務める、彼の配下にあるの個性豊かなたちと信頼関係を深めた。 さらに、などの議員や政治家、他の惑星の住民らとの交流を通して、戦争の光と闇に触れていく。 2年目 クローン戦争が2年目に突入する頃、がシディアスの命令によりドゥークー伯爵に裏切られ、分離主義勢力を脱退。 賞金稼ぎとして新たな仲間と共に分離主義勢力や犯罪者たちと戦い、時にはジェダイに協力するようになる。 一方、フォースの力により密かに生き延びていた元シス卿が、彼を探していた弟・サヴァージ・オプレスの手で完全に蘇る。 モールはと暗殺を目的にシャドウ・コレクティヴと呼ばれる犯罪組織を立ち上げる。 この組織は共和国と分離主義勢力の双方の敵となる第三勢力として戦争に参戦した。 この第三勢力を脅威と見たダース・シディアスは自ら行動を起こし、モールとサヴァージを襲撃。 サヴァージを殺害してモールを捕虜として捕らえる。 しかし、シャドウ・コレクティヴの手でモールはシディアスから救い出され、彼の指導のもとで銀河各地て勢力を広げていった。 アソーカはアナキンと共に各惑星で繰り広げられる戦いに身を投じ、ジェダイとしても指揮官としても成長していく。 最初はアソーカを「お嬢ちゃん」と呼んでいたクローンたちも、彼女の実力を認め「コマンダー(指揮官)」と呼んで信頼するようになる。 また、アソーカは戦場となる惑星に住む住民や敵である分離主義者の支配する惑星に住む住民との交流を通して、どちらが善でありどちらが悪なのか、戦争をする意味やジェダイの戦う意味について疑問を持つようになる。 一方でレックスも、軍から逃亡して家族を持った脱走兵のクローンとの交流や共和国を裏切ったジェダイ・マスターとの闘いを通して戦争の意味や戦争が終わった後のクローンの存在意義について疑問を持つようになる。 戦争は銀河全域を巻き込み、どの陣営も大きく消耗していた。 そんな中、アソーカ・タノがジェダイ聖堂襲撃の犯人に仕立て上げられ逮捕される。 アナキンやキャプテン・レックスなど彼女の無実を信じる者もいたが、ジェダイ評議会は彼女の追放を宣告。 軍事裁判にて死刑判決を受ける直前であったが、そのときアナキンが真犯人である別のジェダイを逮捕したことで無実が証明される。 しかし、この冤罪事件を通してジェダイ評議会を信用できなくなったアソーカは評議会とアナキンから離れてもう一度、ゆっくりと自分自身について考えるためにアナキンの引き留めにも応じずジェダイ聖堂から去っていった。 アソーカが脱退したの後もアナキンは第501大隊を率いて各地で戦いを繰り広げていた。 そんな時、第501大隊に所属するクローン兵の一人がジェダイを殺害する事件が起こる。 自分を見失ったかのような行動を起こしたクローン兵を調査するためレックスは自身の補佐を務めていた第501大隊所属のと調査を開始する。 しかし、この事件からある計画の発覚を恐れたダース・シディアスは妨害工作を開始。 最終的に異常を起こしたクローンは死亡し、計画の真相にたどり着いたファイブスも殺されてしまう。 しかし、レックスはファイブスの残した最期の言葉から秘密裏に事件を追うことを決める。 3年目 戦争終結まで数週間と迫ったころ、アウター・リム包囲作戦が始まり、分離主義勢力は徐々に追い詰められていた。 一方でクローン・トルーパーたちも銀河外縁部に戦場が広がったことにより部隊を各地に分散させる必要があり、戦力が散り散りなったことで苦戦を強いられていた。 戦力を分散させられたクローン軍への救援としてジェダイ評議会は外縁部各地にジェダイ騎士を派遣していた。 アナキンも数々の戦いで奇抜な作戦を実行し、第501大隊を率いて各地で勝利をもたらす戦果を挙げていた。 一方で、外縁部に派遣されることでアナキンはジェダイの掟に反して密かに婚約したパドメ・アミダラと疎遠となる。 アナキンは2人の夫婦としての関係を知る数少ない協力者である副官のキャプテン・レックスの協力もあり、戦場での僅かな休息の時に密かにパドメと連絡を取り合っていた。 アナキンやレックスは口裏を合わせ周囲を騙し抜いていたが、師であるオビ=ワンはアナキンとパドメの関係性に気付き始めていた。 そんなとき、ジェダイを脱退したアソーカがアナキンとオビ=ワンに救援を求めてきた。 それは、ダース・モールがマンダロリアの戦士たちと共にマンダロアの首都を占拠したという知らせだった。 彼女の助けになりたいアナキンであったが、同時期にコルサントが襲撃され、アナキンとオビ=ワンはコルサントへ戻る必要があった。 アナキンは自らの副官であるレックスをコマンダーに昇格させ、アソーカを軍事顧問として同行させることにした。 アナキンからプレゼントされたライトセーバーを手にアソーカはマンダロアでモールとの決戦に挑む。 オーダー66 第501大隊はし、アソーカも死闘の末、モールの逮捕に成功する。 そして、モールを第501大隊のヴェネター級クルーザーに幽閉し、コルサントへ護送する最中、レックスの元にダース・シディアスからオーダー66の指令が下る。 アソーカはかつての仲間であるクローンたちから攻撃され逃亡するが、レックスが完全に洗脳される間際に残した「ファイブスを探せ」という言葉や彼が残していたファイブスに関連する事件の資料をヒントにクローンに埋め込まれた「バイオ・チップ」の謎を突き止めることに成功する。 そして、レックスを捕まえてバイオ・チップを取り除き、オーダー66の呪縛から解き放たれたレックスは、アソーカと協力して脱出の方法を探す。 一方、モールはアソーカに陽動役として逃がされる。 船の機関部を破壊したモールは船の墜落から脱出するため格納庫を目指す。 アソーカとレックスもクローンたちを一人も殺さずに気絶させながら格納庫を目指すが、たどり着いた格納庫で立ちはだかったのは3年間を共に戦い抜いた仲間であると第501大隊であった。 墜落する船の中、自分たちの命と引き換えに2人を殺害しようとするジェシーと第501大隊のクローンたちを前にして、アソーカとレックスは生き残るために辛く悲しい選択を迫られることになる。 原案:• 制作総指揮:• 総監督:デイブ・フィローニ• ストーリー構成:ヘンリー・ギルロイ• 音楽:ケビン・カイナー• 演奏:フィルハーモニー管弦楽団• オリジナル『』テーマ:• マレボランス Destroy Malevolence ティム・バーンズ デイヴ・フィローニ 10月17日 4月21日 自分の立てた計画はよく見える 5 ルーキーたち Rookies スティーヴ・メルチン ジャスティン・リッジ 10月24日 4月28日 経験こそが最良の自信を生む 6 消えたドロイド Downfall of a Droid ジョージ・クリスティック ロブ・コールマン 11月7日 5月5日 友を信じれば、自分も信じられる 7 ドロイドの決闘 Duel of the Droids ケヴィン・キャンプベル ヘンリー・ギルロイ 11月14日 5月12日 友をつなぎ止めるのは、頭ではなく心だ 8 型破りなジェダイ Bombad Jedi ケヴィン・ルビオ ヘンリー・ギルロイ スティーヴ・メルチン ジェシー・ヤー 11月21日 5月19日 英雄は時代が作る 9 闇のマント Cloak of Darkness ポール・ディニー デイブ・フィローニ 12月5日 5月26日 危機に際しては本能を無視せよ 10 グリーヴァスのアジト Lair of Grievous ヘンリー・ギルロイ 12月12日 6月2日 己の力を制御出来る者が一番強い 11 囚人ドゥークー Dooku Captured ジュリー・シージ ジェシー・ヤー 2009年 1月2日 6月9日 どんなに困難があろうと、平和に続く道は歩む価値あり 12 グンガンの将軍 The Gungan General ジャスティン・リッチ 1月9日 6月16日 不正で成功を得るより、名誉ある失敗を選べ 13 ジェダイの遭難 Jedi Crash ケイティ・ルーカス ロブ・コールマン 1月16日 6月23日 強い執着は悪の木を育てる根である 14 平和の守護者 Defenders of Peace ビル・キャンター・バリー スチュワート・リー 1月23日 6月30日 戦争に巻き込まれれば、遂には選択を迫られる 15 侵入者 Trespass スティーヴ・メルチン スコット・マーフィ ヘンリー・ギルロイ ブライアン・キャリン・オコンネル 1月30日 7月7日 傲慢は知恵を曇らせる 16 内なる敵 The Hidden Enemy ドリュー・Z・グリーンバーグ スチュワード・リー 2月6日 7月14日 真実は目を開かせても、幸せをもたらすとは限らない 17 ブルー・シャドー・ウイルス Blue Shadow Virus クレイグ・タイトレン ギアンカルロ・ヴォルペ 2月13日 7月21日 恐怖は病だ、癒すには希望しかない 18 千の月の謎 Mystery of a Thousand Moons ブライアン・ラーゼン ジェシー・リー 7月28日 ひとつのチャンスは大きな希望へとつながる 19 ライロスの嵐 Storm Over Ryloth ジョージ・クリスティック ブライアン・キャリン・オコンネル 2月27日 8月4日 偉大な高みに至る道は険しい 20 ライロスの罪なき人々 Innocents of Ryloth ランディ・ストラドリィ ヘンリー・ギルロイ スコット・マーフィ ジャスティン・リッジ 3月6日 8月25日 戦争の代償は計り知れない 21 ライロスの解放 Liberty on Ryloth ヘンリー・ギルロイ ロブ・コールマン 3月13日 9月1日 歩み寄りも勇気の証、嫌悪される弱さではない 22 人質 Hostage Crisis イオファン・マホーニ ブライアン・ラーゼン ドリュー・Z・グリーンバーグ ギアンカルロ・ヴォルペ 3月20日 9月8日 秘密を分かちあうことで絆は強まる シーズン2(賞金稼ぎの台頭) [ ]• 日本における15話以降の初放映日が全て2010年7月11日となっているのは、同日のでの企画【『スター・ウォーズ』シリーズ一挙放送】の一環で本作も一挙放映が行われたためである。 16話以降はこの企画とは別に通常の時間帯での放映も行われた。 での放送では、一部の回において放送の順番が変更された(#1 - 4の後に 9 - 17を放送し、その後 5 - 8に戻り、 18 - 22という順番)。 信頼する事は信じる事 6 クローヴィスの台頭 The Rise of Clovis ダニー・ケラー 嫉妬は混沌への道である 7 はずれた思惑 Crisis at the Heart スチュワード・リー 貪欲な人間は欺瞞を武器にする 8 失踪 パート1 The Disappeared, Part I ヘンリー・ギルロイ 加筆:スティーヴン・メルチング 3月1日 闇が無ければ光も無い 9 失踪 パート2 The Disappeared, Part II ボスコ・Ng 知恵は愚かな者にも賢い者にも生まれる 10 失われた者 The Lost One クリスチャン・テイラー ブライアン・キャリン・オコンネル 失ったものは多くの場合見つかる 11 声 Voices ダニー・ケラー 妄想は時に真実への道となる 12 運命 Destiny カイル・ダンルヴィ 3月7日 死は始まりに過ぎない 13 犠牲 Sacrifice スチュワード・リー 恐れているものと向き合えば己を解放できる シーズン7(ファイナルシーズン) [ ] 最速配信は米国のみだが、最新話には日本語版吹替が同時収録されている。 2014年10月14日、シーズン6の4部作が『Star Wars: Darth Maul:Son of Dathomir』としてコミックで発売された。 2015年4月29日、公式サイトより、シーズン7のCG未完成版の「バッド・バッチ4部作」が公開された。 2015年7月7日、シーズン7のと8部作が『Star Wars:Dark Disciple』として小説で発売された。 2018年7月20日、新たに12話の新作エピソード(シーズン7)を制作し、2020年2月21日より放送開始する予定であることが発表された。 監督のデイブ・フィローニはキャンセルとなったシーズン6以降の物語で族とバッド・バッチ4部作やに登場したが登場の4部作 、惑星モン・カラマリ4部作、ボバ・フェットとキャド・ベイン含む賞金稼ぎ4部作、のジェダイを去った後の4部作,キャプテン・レックスとR2-D2の4部作、ジロ・ビーストのその後の物語などを考え、一部のエピソードでは多数のスケッチやアートワークなど描いていた。 日本での放送 [ ] シーズン1 において毎週火曜日に、2009年3月31日から同年9月8日までシーズン1全22話が放送された。 2009年10月4日から2010年3月7日までのにて放送された。 2009年10月3日からカートゥーン ネットワークにて放送開始した。 2010年4月3日より同年9月4日まで、にて地上波初放送された。 エンディング後にに扮したNHKのマスコットキャラクターとその周辺キャラクターが登場する番組紹介映像が放送された。 2017年12月25日からにて放送開始した。 シーズン2 2010年4月4日より同年8月29日までNHK BS hiでシーズン2全22話が放送された。 2010年7月、NHK BS-hiで実写版映画全6作一挙放送の連動企画として、シーズン1と共に一挙放送された。 第15話 - 第22話(シーズン2最終話)はレギュラー放送よりも早い先行放送となった。 2010年10月3日から2011年3月6日までNHK BS2にて放送された。 2011年4月9日より同年9月10日までNHK教育テレビ(Eテレ)にて地上波放送。 シーズン3 2011年8月8日より同年8月12日にで全22話が集中放送された。 放送局 [ ] シーズン 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考 1 - 火曜 19時00分 - 19時25分 2009年 - 日曜 23時29分 - 23時54分 枠 2010年 - 土曜 18時25分 - 18時50分 2 NHK BShi - 日曜 9時00分 - 9時25分 2010年7月10日11時30分 - 15時53分、 11日11時30分 - 15時55分 NHK BS hiにて全22話一挙放送 NHK BS2 2010年 - 日曜 23時25分 - 23時50分 枠 NHK教育 2011年 - 土曜 18時25分 - 18時50分 3 - 月曜 10時05分 - 12時00分(8月8日) 火曜 10時00分 - 11時56分(8月9日) 水曜 10時00分 - 11時58分(8月10日) 木曜 10時00分 - 10時58分(8月11日) 金曜 10時45分 - 11時33分(8月12日) 集中放送 6 水曜 13時50分 - 19時55分 集中放送 - 金曜 26時30分 - 27時00分 火曜19:00 - 19:25枠 前番組 番組名 次番組.

次の