デュエマ プレイス。 【デュエプレ】マスターランク到達記念デッキ公開|青単ランサー【デュエマプレイス】

【デュエプレ】マスターランク到達記念デッキ公開|青単ランサー【デュエマプレイス】

デュエマ プレイス

機種によっては、いまギリギリ何とかデュエプレがプレイできてもバージョンアップで動かなくなることもあります。 iOS(アップル端末) iOS(デュエマ・プレイス(デュエプレ)バージョン1. 00) OSのバージョン iOS 9. 0以上 CPU(プロセッサー) Apple A9 デュアルコア 1. 正式サービス時点とは異なる可能性があります。 20 19年 iOSでデュエマ・プレイス(デュエプレ)バージョン1. 00が動くライン 発売日 iPhone 6s 2015年 これ以前の機種でも起動はできるかもしれませんが、カクついたり、プレイ中に強制終了などなど、通常通りプレイできません。 正式サービス時点とは異なる可能性があります。 Android端末 Android端末(デュエマ・プレイス(デュエプレ) バージョン1. 0時点) OSのバージョン Android 5. 0 以上 CPU(プロセッサー) MSM8974AB 2. 3GHz — Quad 以上 APQ8064T 1. 9GHz — Quad 以上(GALAXY) 必要RAM 2GB以上 推奨3GB以上 ストレージ 12. 正式サービス時点とは異なる可能性があります。 正式サービス時点とは異なる可能性があります。 Androidの端末は世界中で沢山の種類が販売されています。 その中でもデュエマ・プレイス(デュエプレ)がプレイできるのは、iOSの必要最低スペックと同じ時期に販売された端末であれば問題なくプレイできそうです。

次の

デュエルマスターズプレイス(デュエプレ)のデッキ集|デネブログ デュエマの速報・環境

デュエマ プレイス

大興奮のデュエルを、スマホアプリとしていつでも、どこでも、誰とでも楽しめる本作。 お馴染みのクリーチャーや呪文・シールドトリガーはもちろんのこと、「切札勝舞」、「黒城凶死郎」、「白凰」といったレジェンドデュエリスト達もゲームに登場。 プレイヤー自身が主人公となる、充実のソロモードも用意されています。 今回のコラボでは、ゲームの舞台・デュエマシティに「月ノ美兎」や「本間ひまわり」といった大人気ライバーたちが登場。 集まったライバーたちとのコラボイベントも開催されます。 登場ライバーは、上記2名以外にもう1名を予定。 その1名を決めるトーナメントが、3月下旬にYouTubeで公開予定です。 トーナメントは、選抜ライバー「加賀美ハヤト」「葛葉」「エクス・アルビオ」「叶」の4名で実施されます。 『DUEL MASTERS PLAY'S』は好評配信中。 基本プレイ無料のアイテム課金制です。

次の

デュエマ・プレイス(デュエプレ)の必要最低スペックと動作環境 | デュエル・マスターズプレイス攻略ブログ

デュエマ プレイス

【シータミッドレンジ 】とは 【シータミッドレンジ】とは、 火、水、自然文明のシータカラーで構成されたミッドレンジ(中速)デッキです。 それぞれの文明の「スピードアタッカー」・「ドロー」・「マナブースト」のいいところを活かして戦います。 【赤青ヴァルボーグ】等の速攻デッキ、【ボルメテウスコントロール】等のコントロールデッキの両方と戦うことができ、注目が集まっています。 デッキの細部を調整すれば、どちらのデッキに対しても強く出ることができます。 生成レートが高い分使用者はあまり多くはありませんが、非常に強力なデッキです。 序盤にマナを伸ばすことで、後半の選択肢が広がります。 逆にマナブーストができないと後半プレイしたいカードがプレイできないこともあるので、意識的にこれらのカードを使用しましょう。 【クリーチャー】 【種族】サイバーロード 【文明】水 【コスト】2 【パワー】1000 一見何も効果のないカードですが、種族が重要です。 このカードは「サイバーロード」なので、 《ミラージュ・マーメイド》の効果発動条件を満たすことができます。 《アルオム》は2コストであるため7マナ時に 《ミラージュ・マーメイド》とセットで使うことができます。 また予め召喚しておけば、 《ミラージュ・マーメイド》を警戒した相手に貴重な除去札を使用させることができる可能性もあります。 見かけによらず、心理的に揺さぶりをかけることができるクリーチャーです。 その後、自分のマナゾーンからクリーチャーを探索し、2枚を手札に戻す。 対コントロールには 《二角の超人》を増やすのも有効です。 このカードはパワー7000、Wブレイカーの決して無視することのできないクリーチャーをバトルゾーンに送り込みつつ、後続を確保することのできる優秀なクリーチャーです。 除去とハンデスを同時に行うことは相手にとってもなかなか厳しいので、逆に相手のリソース切れを起こさせることも出来ます。 シンプルなカードですが、【シータミッドレンジ】に対してはいやらしいカードです。 パワーラインが最大8000の【シータミッドレンジ】では 《ナチュラル・トラップ》等の確定除去を使用しない限りこのカードを突破できません。 このカードの対処に手をこまねいている間にバトルゾーンを固めてしまいましょう。 まとめ デッキとしての戦略基盤が強く、速攻デッキにもコントロールデッキに対しても強く出れる【シータミッドレンジ】。 生成レートはお高めですが、環境の変化に合わせて改良しつつ使用できる柔軟性の高いデッキです。 デュエプレの環境を【シータミッドレンジ】と共に駆け抜けてみるのはいかがでしょうか? 画像出典:.

次の