サピックス クラス 落ち 対策。 サピックスのマンスリーテスト対策を行う上で外せない2つの要素

【最新版】サピックスの入室テストが難しい!対策はあるの?

サピックス クラス 落ち 対策

今年終了様に全く同感です。 大規模校で最後はベット上位クラスでしたが、合格したのは第4希望の学校だけ。 第1希望は諦めていたものの、第2、第3希望まで不合格で、親子共につら い思いをしました。 クラスの全員がそこそこの学校に合格する訳ではありませんよ。 志望校選択については模試の偏差値、過去問との相性、塾との面談などでちゃんとリサーチした上で決めましたがこの結果・・・・。 sapixでも下位クラスだとこんな例もあります。 ただ、塾の先生は親身になって色々言葉かけはしていただきました。 思っていたよりクールではなかったかな・・・。 全て終わって感じたことは、うちの子はsapixでなくてもよかったな、とは思いました。 夫東大、私お茶大(ともに地方出身)で都内在住なので 中学受験を考えていました。 原因はテストのときに体力がなく(夕方5時からなので) 算数の時点で力を使い果たし、理科社会はぼろぼろ・・ 落ち着いて問題文を読むことが出来ず、ミスばかり。 つまりは短時間に冷静に正答を出す能力がなかったといえば それまでですが、脱落したらあとは下がる一方。 処理能力が遅いのが原因です。 上位のときは、授業で発展問題も理解してくるので 自宅学習が楽で、ささっと読み返すだけ、もしくは 間違えた問題一問やり直す程度。 過去のテキストを何度も回転する時間はあるし、 親はノータッチで宿題をやったかどうかの管理だけで 十分でした。 しかし下位になると、理科にいたっては説明だけで 終わるので(丁寧に解説ということですが) 問題は私が横にいて、解説しながらやらねばならず 算数ではE問題なんて全くやらなくなり、Bどまりです。 (もちろん基礎が抜けてしまったので発展は無理なのですが) つまりは難問の説明を受けるサピの醍醐味が味わえません。 それでもってマンスリーはそんな上位の生徒と同じ問題なので 上位クラスにあがるのは、学校を休んで勉強するしか 時間がありません。 そんなこんなで6年になり、SSのクラスは偏差値で切られるので 自然に諦めろといわれているようなもの。 もともとこことここがダメなら公立行きと決めていた受験 だったのですが、80%校もダメでした。 (元々御三家は志望していません) 決して手抜きをしたり、努力を怠ったわけではないです。 ただテキパキかつ先生に食いついていくタイプではないので 足りないものは多かったと思います。 最短の人生を歩めなかったからといって、罪人のように 下を向いた中学生活を送らなければならないわけではないので また新たな目標を決めて親子で頑張ります。 下の子も中学受験を考えていますが、性格的に上の子 よりもサピが無理だと思うので、他塾を考えています・・・。 目標が低かったからかもしれませんが(御三家の次点クラス)、うちは家で親がサピ用の勉強に付き合ったことがなかったので公立行き様の書き込みに驚いています。 うちの子は理解していたかどうかはわかりませんが、理社は家で自分でもう一回テキストを読み、それから問題に取り組んでいました。 理科は発展問題も一応見てましたが、 見ていただけで納得できなければすぐ解答を見ていました。 3年もサピに通うと何回か似た問題にめぐり合いますので、最終的に理解できていれば いいかな~と思っていました。 最後まで苦手な分野は「どうか入試に出ませんように」 と神頼みでしたよ。 クラス別の進学先ですが、何クラスがどこ学校へ進学も関心高いですが、みんなが納得いく受験だったのか気になります。 校舎の実績を見たときにみんなの頑張りに驚いたくらいです。 それに引き換えうちは一応第一志望に合格しましたが、選択肢が少ない中での第一 志望でしたのでちょっと不満も残っていますよ。

次の

サピックスの入室テストに2回落ちました。新4年生の子供です。11月、12月と受...

サピックス クラス 落ち 対策

Contents• 確認テストの昇降基準 3年生編 このテストは定期的に実施される出題範囲が決まったテストになります。 概ね、テスト実施直前から2ヶ月程前の範囲となります。 原則として、成績上位者が昇級となり、下位者が降級となります。 厳しいですよね。 昇降については校舎の規模によって異なります。 昇降の範囲 コース数 昇級 降級 1~7コース 1コースまで昇級 1コースまで降級 8~12コース 2コースまで昇級 2コースまで降級 13コース以上 3コースまで昇級 3コースまで降級 確認テストは組み分けテストと違い、無制限の昇降はありません。 組み分けテストと確認テストは2回連続で欠席すると自動的にクラスガ降級となるようです。 テスト時には体調やスケジュールを合わせてしっかりと受験したいですね! また、確認テストと同様に出題範囲があり授業の理解度を確認するテストとして 復習テストがありますが、こちらはクラスの昇降がありません。 SAPIXテストまとめ テスト種類 コース昇降 組み分けテスト 無制限 確認テスト 1~3コース昇降 校舎規模により 復習テスト 無し まとめると上記になります。 よって、クラスをどうしても維持したい方は、昇降のあるテストは日頃の学習と準備が必要になります。 また、下位クラスでも組み分けテストで逆転、またはその逆もあり得るので組み分けテストは 一番重要なテストと言う事です。 メダル・表彰状基準 調べたついでにSAPIXのテストによるメダルと表彰状基準も記載致します。 メダル基準 組み分けテスト 対象者 総合順位 金メダル 最優秀賞 1位~10位 銀メダル 優秀賞 11以~30位 銅メダル 努力賞 31位~60位 表彰状基準 組み分けテスト・確認テスト・復習テスト 対象者 コースごとの最上位者 以上、メダル・表彰状の対象者となります。 子供はこのような事も大変なモチベーションになりますので、我が家も意識させて取り組みたいと思います。 最後に 以上、サピックスの昇降基準でした。 確認テストは万が一失敗してもクラス降級は1クラスなので少し安心しました。 これ親というより、子供のメンタルなんですよね。 一気クラスガ昇降する組み分けテストは心臓に悪いかも・・・。 前回は何も考えずに受験しました。 中学受験についてはこのような事もつきまとうので、徐々に慣れていきたいと思います。 ちゃんあんでした。

次の

高学年で成績が下がる子の2つの特徴 | 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』

サピックス クラス 落ち 対策

サピックスの授業のあった日の夜は学校の宿題のみ、 サピックスで習ったことを話し、 算数は星3つもやっている。 習い事もそこまで忙しいわけではないので、しっかり勉強させたいと思っていて、やっているのですが、子の弱点が良く分からないのです。 算数は得意なはずなのにボンミスで点数が取れず、国語は記述が苦手です。 サピックスの個別も必要なのかと考えています。 このような場合、自宅学習の進め方などどうしたら良いのでしょうか。 よく陥るのは宿題のやりすぎ! まずは毎週の毎回の授業で、先生からの宿題の範囲(現在のクラスの課題) きっちりやることです。 それでも、全部やれる子はやっているようですが、やっているご家庭は逆にサピックスの保護者会でもやる必要は無いと先生から言われたりするそうです。 計算コンテスト 最初は50問一気にやることが意味があることで、これをやらなければ、やれば計算力がつかない、これが必要なんだと思いがちなのですが、 数回に分けてやった方が良いそうです。 4年生毎日やるべき課題 基礎トレと漢字(朝食前に合わせて20分程度)習慣づけで、他の日サピックスのある日は、食事でもしながら、 「どんな単元で何をやったのか?」「面白かったか?」等を聞いてあげる。 そこで授業での理解度、先生の説明がわかったのか?曖昧なところはどこかを簡単に目星を付けることができます。 食事中に時間にして5分程度あればできます。 4年生の時基礎トレは本当に大切なよう。 5年生以降は基礎トレは一日飛ばしでも、もっと手抜きでも良いそうなのですが。。 サピックスのスパイラル学習を活用する サピックスの場合は同じ単元が三ヶ月ほどすると、又少し難しくなって出てきて、ここのスパイラルが繰り返されます。 更に、忘れないように基礎トレにも数ヶ月してから出てきます。 その単元の基礎がしっかり定着していないのに応用をやると、習ったばかりのときは同じ解法の問題が続くので、何と無く解法を当てはめたりすると出来てしまいますが、他の問題の中のまぎれたり、出し方が少し違うと、とたんに出来無くなったりしてしまいます。 まず宿題をやったら、答えが合っていたかだけではなく、何故その様に解いたかの簡単に説明をさせて、論理的に辻褄が合っているか確認、曖昧なものはその週のうちに再度復習することが大切。 スケジュールの安定化 このように取り組むと、出された宿題だけでもスケジュールのやりくりが結構大変ですが、5年生、6年生と授業日数も増え、宿題も1. 5倍、更に1. 5倍と増えるということなので今のうちに週間のスケジュールを安定させることが必要ですね。 (習い事や友達との遊ぶ時間や自由時間ももちろん大切。 今から勉強できつきつだと3年間持たないし、学年が上がると増えた宿題の時間を入れることが出来なくなってしまいます。 ) サピックスの復習型スパイラル学習方法 繰り返しになりますが、サピックスは復習型のスパイラル学習方法なので同じ単元が間隔をおいて何度も出てきます、難易度の高い応用や入試問題は、先々いくらでも出てきますので、その時において行かれない為にも基礎をしっかりやることにつきますね。 毎回偏差値が70の子供は全ての問題やるのも良いでしょうが、一般の子供には 時間の無駄。 その時間を宿題の復習にまわしていけば、徐々に成績は上がっていくはず。 算数はスパイラルですが、理社はどのように覚えていけばよいのでしょう? 前の週にならったものは翌週テストがありますが、それ以降時間が経つとわすれています。 社会も理科も先生に言われたとおりにやる。 デイリーステップをしっかり覚えると7割は点数が取れると言われています。 授業中にこれは試験に出るかもよーというヒントをくれていたりするそうなので テキストを理解して授業とデイリーステップをしっかりやるのが良いですね。 あまりできないと、個別を真剣に考えるようになります。 親のやり方が悪いんではないかって。。 しかしサピックスの個別プリバートは生徒2対先生1でじっくり教えてもらいたい家庭には不向きかもしれません。 また、算数においては公文をやってる子、スタートダッシュは良いかもしれませんが関係ありません。 公文で中学受験はできませんから。 算数は間違えた問題を何度もやらせ 何日かに分けて 、ちゃんと理解できているのかチェックするために子供に説明させる。 国語の記述は自分の答えには何が足りなかったのかを考えさせる。 国語の記述は量より質。 沢山やらず、1つ1つをじっくり。 知識は真面目に毎回コツコツ覚える。 結局、保護者会で先生に言われた事を理解してしっかりとやる。 そうすれば4年生のうちに偏差値60ぐらいは取れるかもしれません。 お読みいただきありがとうございました。

次の