北斗の拳天昇 ハイエナ。 北斗の拳天昇 見える化マガジン(有利区間継続後の期待値も公開)|期待値見える化だくお|note

北斗天昇 パチスロ北斗の拳天昇:激闘BONUS詳細

北斗の拳天昇 ハイエナ

北斗の拳天昇がホールに導入されて約2ヶ月が経ち、全ての解析情報は公開されてないものの、攻め時やヤメ時は大抵の打ち手が分かっており、ヤメ時に関しても大分徹底されてきていると感じます。 導入された当初は、ハイエナ台がかなり落ちて美味しい思いをした方も多いと思いますが、現状では、空いている台のほとんどが、「RUSH後即ヤメ」か「激闘ボーナス偶数回敗北後即ヤメ」といった、有利区間抜け後ばかりかと思います。 上記のような状況のせいか、「北斗の拳天昇に関しては、もう旬が過ぎた」と思われがちですが、まだまだ立ち回りの術は存在します。 今回の記事では、旬が過ぎたと思われている北斗の拳天昇における、「 夕方からの最新立ち回り」について紹介したいと思います。 ハイエナだけでなく設定狙いも優秀 腐っても北斗の拳シリーズということもあり、まだまだ高稼働をキープしているホールは多いですし、大事に扱うために高設定を使っているホールも探せば全然あります。 ハイエナがかなり優秀なので、ハイエナばかりに目がいってしまいがちですが、パチスロ本来の勝ち方の醍醐味である設定狙いも視野に入れても良いかと思います。 但し、高設定が使われていないようなホールで設定狙いをしても意味がないので、高設定が明らかに使われているホールでのみ有効な立ち回りとなります。 高設定が期待できないホール:ハイエナに徹する 高設定が期待できるホール :ハイエナだけでなく、設定狙いも視野に入れる 夕方からの最新立ち回り 夕方になれば稼働も増えてきているでしょうし、美味しいハイエナ台も拾える時間帯に突入します。 とは言え、そう簡単に期待値が稼げるハイエナ台は落ちないのも現状でしょう。 そこでオススメしたい最新の立ち回り方法は、 「高設定が期待できるホールで、夕方から高設定と思われる台を打つ」 ただこれだけです。 勝つ方法としては当たり前の立ち回りですが、北斗の拳天昇に関しては、 みんながハイエナばかりに目がいってしまっているので、高設定が埋もれてしまっている事も多々あり、盲点にもなっていると言えます。 実際に、夕方から設定4以上を何回も拾えて打てています。 高設定を朝からツモって打てるのが一番の理想ですが、夕方からでも高設定を打てるなら期待値はプラスになるので、立ち回りとしてはおすすめです。 夕方から打つメリット:ある程度回されているので高設定か否か判断しやすい 夕方から打つデメリット:回転数を稼げないので、大きな期待値は見込めない 具体的な立ち回り 夕方から打つ場合に、どのような台を打つかを具体的に紹介します。 なお、打つ際には、データカウンタで当日の当たり履歴が全て見れて、RUSH突入確率も分かるのが理想です。 もし、打った台が打ち出し後の有利区間内でRUSHに当たらなかった場合は、区間内突破率が下がって、高設定の可能性が低くなるので即ヤメ。 ただし、激闘ボーナス敗北後の画面で、設定4以上示唆が出た場合は、閉店時間を考慮してギリギリまで期待値を追う。 腐っても期待値がある設定なので。 もし、打った台が打ち出し後の有利区間内でRUSHに当たった場合は、区間内突破率も上がって、高設定の可能性も高まるのでそのまま続行。 区間内で突破し続ける限りは、閉店時間を気にしつつ、時間いっぱい打ち切る。 まとめ 北斗の拳天昇においては、ハイエナばかりに目がいきがちですが、夕方からの高設定狙いも有効な立ち回りでオススメです。

次の

北斗の拳天昇の天井恩恵や期待値・狙い目は?プラスのやめどきやハイエナゲーム数も解説!

北斗の拳天昇 ハイエナ

大松の パチスロ「ハイエナ」実戦。 今回は話題の新台『パチスロ北斗の拳 天昇』について書いていきたい。 本機は純増6. 3枚のAT『真・天昇ラッシュ』で出玉を増やすAT機だ。 減少区間がなく、続く限りリミット到達までストレートで出玉が増加していく。 ATの主な当選契機は「激闘BONUS」という疑似ボーナスからである。 「BONUS」とは名付けられているが、『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒』の「海将軍激闘」のように「敵を3人撃破でAT」というチャンスゾーン的な役割をしている。 この「激闘BONUS」の面白いところは抽選内容を可視化している点だ。 「小役レベル」と「バトルレベル」という2つの抽選レベルがある。 前者が高いほどハズレや小役での突破率が上がり、後者が高いほど確定バトル(撃破が約束されたバトル)になりやすい。 リール左部の液晶に確定バトルになる確率と、各小役での突破率が表示される。 更にバトル突破後はチャンスボタン押下で「突破契機」が確認できる。 例えば3ゲーム目に引いたリプレイで突破した、そもそも確定バトルだった、などだ。 このAT当選のキモは小役レベルにある。 バトルレベルは1度のバトルでレベルが1に転落してしまうが、小役レベルは激闘BONUSが終了するまで引き継ぐのだ。 その他に「激闘BONUS失敗後1〜2ゲームで強チェリーを引くとAT当選(有利区間引き継ぎが条件)」や「宿敵バトル中に突破確定状態で強チェリーを引くとAT直撃(1戦目でも直撃)」などの当選契機もある。 既に話題になっているが、本機の最大の特徴は「有利区間は2回1セット」という点だ。 有利区間開始から1度目の激闘BONUSが失敗しても殆どの場合は引き継ぐ。 有利区間には1500ゲームというリミットがあるので必然的に天井ゲームが予測出来てしまう。 例えば初回700ゲームで激闘BONUSで敗北した場合は、次回250ゲームの天井が濃厚になる。 最大天井は700ゲームである。 つまり有利区間転落のタイミングは「2回目の激闘BONUS失敗時」か「AT終了時」の2つ、ということになる。 今回座った台は初回486ゲームの台。 1度目の激闘BONUSが失敗しても250ゲーム天井が濃厚なのでかなりの狙い目だ。 打っていくと700ゲームで激闘BONUSに当選、これは初戦で敗退してしまった。 有利区間ランプを見ると、やはり点灯したままなので続行だ。 すぐに「七星チャージ」に突入し、あれよあれよと1000ポイント到達。 チャンスゾーンの「世紀末ゾーン」に当選した。 このチャンスゾーン中に強チェリーを引き、激闘BONUSに当選。 なんと53ゲームで繋がるというエコな展開である。 ここでは「小役レベルが5」と「バトル突破ストック」を1つ持ってATを目指すことになった。 これはかなり期待度が高い。

次の

【画像】北斗天昇コーナー、ハイエナが湧き過ぎて世紀末状態になってしまうwww

北斗の拳天昇 ハイエナ

有利区間リセット後200G間はほぼ当たらないので、少しハマるだけでも天井期待値はかなり高くなります。 しかしあくまで理論上の数値なので、状況によって下がる場合があります。 昇舞魂や世紀末ポイントがあまり貯まっていない• 通常ステージで雨・雪が降っていない• 前任者がザコ断末魔のモード示唆を見てやめている これらはすべて、 理論上の期待値よりも下がる要因になります。 天候変化が発生していない台は通常Aの可能性が高くなり、天井期待値も下がるので少しボーダーを上げるのが無難ですね。 さらにnoteでは、以下のような詳細な期待値も公開しています。 設定2の天井期待値も全パターン網羅 上記7パターンの期待値は、設定1だけでなく設定2でも算出! 設定2は実際のホールでも非常に使われやすい設定ですが、設定1に比べて天井期待値はどのように変化するのかを大量実戦値を元に数値化しています。 (今のところ50枚貸し-56枚交換、47枚貸し-53枚交換に対応) 再プレイ制限のある店舗でも、条件に応じた最適な立ち回りができます。 10G区切りの期待値詳細版 全パターン10G区切りの詳細版も掲載しています。 隠されたハマり恩恵を限定公開 まだ解析が出ておらず、僕がブログやTwitterでも言っていない隠されたハマり恩恵について解説します。 北斗の拳天昇の本当のバブルとは? ただのハイエナでも設定狙いでもない。 北斗天昇の本当のバブルについて解説します。 さらに近日中に• 閉店時間を考慮した期待値 も追加予定! この天井期待値完全版noteは、の中で公開しています。

次の