エキサイトフレンズ。 「エキサイトフレンズ」に関するQ&A

エキサイト

エキサイトフレンズ

出会い系サイトとして使う場合、エキサイトフレンズに向いている人は上記の通りです。 この条件のうちひとつでも当てはまる方は、エキサイトフレンズの利用を検討してみても良いと思います。 まずエキサイトフレンズは老舗サイトなので、開設当初から使い続けている方も多いため30代~40代の利用者が多い傾向があります。 逆に10代~20代のユーザーは極端に少ないため、若い人と出会いたいという方には向いていないかもしれません。 年齢さえ合致すれば、同じ趣味を持つユーザーと出会いやすいシステムになっているので効率は良いでしょう。 また、エキサイトフレンズの一番のメリットとも言えるのが「料金の安さ」です。 基本利用&アカウント登録は無料で出来ますし、ほとんど全ての機能が使えるようになる「スタンダードコース」ですら月額600円(税別)で利用可能です。 他社の出会い系サイトと比べても、ここまで安く利用できるサイトはそう多くありません。 エキサイトフレンズは、1999年に「友達探しコミュニティ」として開設されたサイトです。 これまでの累計登録者数は493万人を超えており、国内でも最大級のコミュニティサイトとして親しまれています。 「友達探しコミュニティ」という肩書きの通り、エキサイトフレンズはSNSと似た使い方をすることが可能です。 異性との出会いを求める方ばかりが使っているわけではなく、同じ趣味を持つ人や共通の話題で盛り上がりたい方に人気です。 しかし18歳未満の利用が禁止されているということもあり、出会い系サイトとしてエキサイトフレンズを利用する方も多いというのも事実。 一般的な出会い系サイトに比べると料金が安いことや、悪質な業者が少ないことなど、エキサイトフレンズを出会い系サイトとして使うことのメリットは少なくないと言えるでしょう。 長年親しまれてきた老舗サイトだけあって、エキサイトフレンズユーザーの年齢層はやや高めです。 男女ともに40代のユーザーが最も多く、次に多いのが30代のユーザーとなっています。 その割合は、30代~40代だけでユーザー全体の70%以上を占めているほど… 10代~20代と出会えるチャンスは少ないものの、30代以上の「大人同士の出会い」を求めている方には有利なサイトだといえるでしょう。 また、エキサイトフレンズはユーザーの 男女比がほぼ5:5になっているというのも魅力です。 多くの出会い系サイトでは男性ユーザーの比率が高くなってしまうものですが、エキサイトフレンズは男女比が均一に保たれている稀有なサイトなのです。 エキサイトフレンズは出会い系というよりも「趣味のサイト」というイメージが強いため、女性ユーザーが登録しやすいというのがその理由なのかもしれませんね。 ミニメコースについて 趣味の合う友達を探したいだけなら無料コースでも充分ですが、異性との出会いを求めるなら最低でも「ミニメコース」には加入しておくことをオススメします。 ミニメコースに加入しておけば「初対面の相手へのミニメの送信」が可能になるため、気になるユーザーに対して自分からアプローチをかけることができるようになります。 気になる異性からメールが来るのをひたすら待つ…というスタイルでは、いつになっても恋愛が進みませんよね。 ミニメコースの料金は、 月額300円(税別)となっています。 一般的な出会い系サイトだとメール1通送るのに50円~100円分のポイントがかかるのが普通ですが、エキサイトフレンズなら月額300円でメールが送り放題になるのです。 月に3~6通ほどメールをやり取りすれば元が取れてしまうレベルなので、本気で出会いを求めるなら加入しておいて損はないと思います。 「写真送信機能」や「既読回避機能」などの便利なシステムが使えるようになる他、「足あと閲覧無制限」「イイネ上限引き上げ」など、現状の機能をパワーアップさせる特典も多いです。 なかでも特筆すべきは「フォト広場見放題」の特典ですね。 無料コース・ミニメコースのユーザーは、他のユーザーの写真を見るために30G(30円相当)を消費する必要があります。 しかしスタンダードコースに加入していればフォト広場に掲示されている写真が見放題になるため、ポイントの消費を気にせずユーザー検索が行えるようになるのです。 非常に高機能なスタンダードコースですが、こちらも 月額料金は600円(税別)と、出会い系サイトの相場より遥かにお安くなっています。 フォト広場で20人分の写真をチェックするだけで元が取れてしまうので、エキサイトフレンズをしっかり使いたいならこちらのコースに加入するのがオススメです。 サークルのタイトルは、利用規約に反しない限り自由に決めることが可能です。 例えば「東京に住んでいる人あつまれ!」といった感じで近場に住んでいる人を集めても良いですし、「ボーリングが好きな人集合!」のように同じ趣味を持つ方を探すために使ってもOKです。 実際にサークルを検索してみると、「ただしゃべりたいだけサークル」だとか「仮想通貨に関して真剣に語り合う」などなど、エキサイトフレンズユーザーはかなり自由にサークルを作っていることがわかります。 エキサイトフレンズで異性と仲良くなるためには、このサークルのシステムを使いこなすのが効果的です。 女性によっては初対面の男性からいきなりメールが来ることに不信感を抱く方もいますので、まずは多数のユーザーが参加するサークルで打ち解けるところから始めてみましょう。 ある程度仲良くなったところでメールを送れば、返信がもらえる確率もグンとアップするはずです。 また、サークルによっては頻繁に「オフ会」を催しているところもあります。 複数のメンバーが集まるオフ会なら、「1対1で会うのは気が引ける…」と考える奥手な女性でも誘いやすいですね。 自分でサークルを作るのもいいですが、ある程度盛り上がっていてオフ会の頻度も高いサークルに参加するのが手っ取り早いケースもありますよ! イイネ機能 エキサイトフレンズのSNSっぽさを支える要素のひとつが「イイネ機能」です。 Twitterやfacebookなどと同じように、他のユーザーのアクションに対して「イイネ!」を贈ることができます。 「イイネ!」は、主に他ユーザーの自己PRやアバターなどに対して贈ります。 贈り方は一般的なSNSとほぼ同じで、相手の自己PRやアバターを参照すると表示される「イイネ!」のリンクをクリックするだけです。 SNSでも「イイネ!」を贈られるとついつい嬉しくなってしまうものですよね。 しかしエキサイトフレンズの場合、「イイネ!」はただ嬉しいだけでなく、贈られた側に3フレPが付与されるという実益を兼ねたアクションでもあるんです。 もらったフレPはアバターのアイテム交換に使えるので、気になる相手への「イイネ!」はちょっとしたプレゼントにもなっているのです。 ちなみに、ユーザーが1日に「イイネ!」できる回数はコースによって異なります。 無料コースの方は1日3回まで、ミニメコースの方は1日10回まで、スタンダードコースの方は1日20回までとなっていますので注意しましょう。 サークル掲示板非公開機能 通常のサークルは不特定多数の人間に見られている状態ですが、「サークル掲示板非公開機能」を使えば参加メンバー以外にそのサークルの内容を見られないようにすることができます。 この機能はスタンダードコースに加入している方だけが使えますが、オーナーさえスタンダードコースに加入していればサークル全体を非公開にすることができるので便利です。 サークルを非公開状態にしておけば、仲の良い人以外には聞かれたくない話も気兼ねなくできますよね。 通常のサークルだと「知り合いに見られるかもしれない」という恐怖から踏み込んだ話をしてくれない女性も、非公開サークルだとガードが緩みます。 出会い目的で使うのに効果的な機能ですが、気のおけない仲間との会話にも積極的に使っていきたい機能ですね。 また、この機能はオフ会を開くことが多いサークルにも人気です。 待ち合わせ場所やメンバーの本名など、実際に会う前に告知しておきたい情報を回すときは、サークル掲示板非公開機能を使って閲覧制限をかけておけば安心ですよね。 既読回避モード ちょっとした裏ワザとして、「既読回避モード」を知っておきましょう。 既読回避モードをオンにしておくと、相手から届いたメールに既読をつけることなく内容を確認することが可能になります。 なんとなく怪しげな人からのメール、正直関わりたくない相手からのメール、すぐに返事をするのが面倒なメールなどなど…出会い系サイトを使っていると、まともに相手をするのが億劫なメールが届くこともありますよね。 既読をつけて返信しないのも気が引けるし…ということで、面倒だけどわざわざ返信しているという方も少なくないと思います。 しかしあらかじめ「既読回避モード」を使っておけば、メールの内容を確認しても「読んでいない」と言い張ることができて便利です。 既読さえ付けなければ相手の怒りを買うこともありませんし、こちらも気兼ねなくメールをチェックできます。 また、この機能は「スタンダードコース」に加入している方だけが使えます。 無料コースやミニメコースのユーザーは「既読回避モード」の存在すら知らない方も多いので、この機能を使っていることがバレることはほとんど無いというのも便利な点です。 エキサイトフレンズは基本月額制ですが、一部システムの利用には独自のポイントを使うこともあります。 使えるポイントは2種類あって、それぞれ「フレG(ゴールド)」「フレP(ポイント)」と呼ばれています。 少しややこしいですが、フレGとフレPは使い道が全く違うのでよく確認しておきましょう。 まず「フレG」ですが、こちらは「写真閲覧」「性格診断」「アバターの購入」に使うポイントです。 スタンダード会員になっていれば写真閲覧は無制限となりますが、無料会員・ミニメ会員は1回の写真閲覧ごとに30フレGを消費します。 1フレGあたり1円で購入することができるので、フレGを使いたいときはエキサイトフレンズの公式サイトから購入してください。 そして「フレP」は、「アバターの購入」に使えるポイントとなっています。 アバターをオシャレにしておくと他のユーザーからの印象も良くなるので、面倒くさがらず小まめにアバターを購入しておきましょう。 フレPは他のユーザーから「イイネ!」されたときや、メールを送信したときなどに勝手に溜まっていくのでお金をかけて購入する必要はありません。 エキサイトフレンズは安全管理体制のしっかりしているサイトです。 サイト内を軽く巡回してみると「過激な下ネタを話しているユーザーが少ない」ことに気づくと思いますが、これはエキサイトフレンズの運営がしっかりと悪質ユーザーを監視しているおかげです。 まず、エキサイトフレンズの運営はユーザーの自己PRや名刺を必ず審査しています。 キーワードブロック機能によって公序良俗に反するワードは書き込めなくなっていますし、スタッフが目視確認を行ってから公開されるので隠語などもほとんど通用しません。 さらに利用規約違反だと判断された書き込みは削除されたのち、スタッフから該当ユーザーへの警告まで行われています。 また、他ユーザーから嫌がらせのメールが届いた場合にも運営スタッフがすぐに対応してくれます。 メールの表示画面には「管理者へ通報」のボタンがあり、それをクリックするだけで運営がすぐに調査に動いてくれます。 必要と判断されれば嫌がらせを行ったユーザーを強制退会させてくれるので、サイト内はいつでも平和に保たれています。 その他にも個人情報の漏洩防止に力を入れていたり、トラブルの内容を直接相談できるお問い合わせ窓口を用意するなど、エキサイトフレンズは安全面に配慮したサイトとなっています。 セキュリティ面にも何ら問題はありませんので、安全性やセキュリティ面でユーザーが心配することは何一つないと言ってよいでしょう。 最も有名なところでいえば、日本では老舗検索サイトとして知られる「Excite」の運営を行っている企業ですね。 また、「エキサイトブログ」「エキサイトニュース」「エキサイトメール」などのサービスを行っていることでも知られています。 上記のサービスのうち、いくつかを実際に利用したことがあるというユーザーも多いのでは? インターネットを使ったサービスを幅広く手がけているエキサイト株式会社のうち、「コミュニティ」の分野として生まれたのがエキサイトフレンズなのです。 エキサイト株式会社は出会い系サイトを専門に運営している企業ではありませんが、インターネット関連の事業にはすこぶる強い企業なので安心して利用することができます。 エキサイトフレンズを使うときは、「露骨すぎる誘い方をしない」のが大切です。 女性ユーザーに対して「セックスしようよ」「俺と浮気しない?」のような誘い方をすると、一発で強制退会を喰らう可能性もあります。 なぜならエキサイトフレンズは、あくまで「友達づくりコミュニティ」だからです。 異性との出会いを目的とした「インターネット異性紹介事業」の届出を行っているサイトではないので、明らかに出会い目的だとバレると運営に警告を受けることもあります。 線引きが難しいところですが、ユーザー同士が友達として出会い、そこから恋愛に発展する…といった形なら何も問題はありません。 なので最初からガツガツ行くのではなく、複数のメンバーが参加するオフ会に行ったり、飲み会や食事会といったクリーンな形で会うことを目標にしてみましょう。 誘い方が露骨でなければ警告を受けることはありませんので、エキサイトフレンズでは焦らずのんびりと女性をエスコートしていきましょう。 エキサイトフレンズでは、全てのユーザーが安全に友達づくりを行うためのルールを設けています。 いくつか定められている「禁止事項」を破ったユーザーには警告が行われ、場合によっては強制退会などの処罰が下されることもあります。 ほとんどの規約は簡単に守れるものばかりですが、少し難しいのが「異性交際の相手を探すもしくは募集する行為」が禁止事項になっているという点です。 先ほどもご説明しましたが、エキサイトフレンズは厳密に言うと出会い系サイトではなく「コミュニティサイト」なので、露骨に恋人探しを行うことはできないのです。 ただし友達として知り合った相手と恋愛関係に発展するのは各々の自由…ということで、使い方次第では「グレーゾーン」になるという感じですね。 その他、エキサイトフレンズには以下のような禁止事項が設けられています。 うっかり禁止事項を犯して強制退会になってしまった…なんてドジを踏まないように、禁止事項はあらかじめチェックしておきましょう。 18歳未満の登録• 異性交際の相手を探すもしくは募集する行為• 不倫・援助交際・買春・売春・ナンパ等の勧誘行為• カテゴリの主旨にそぐわない内容の自己PRを書き込む行為• 氏名や住所などの個人情報を掲載する行為• URLまたはウェブサイトの名称およびそれらを特定し得る情報を掲載する行為• 第三者が運営するサービスへ誘導する行為• エキサイトフレンズで得た会員に関する情報等を無断で使用する行為• 未成年者の人格形成等に悪影響を与える行為• 他人に対して害悪を加える旨の情報等を掲載する行為• 他の会員または第三者になりすます行為• 犯罪行為をすることまたはこれを助長する情報等を掲載する行為• 第三者のプライバシーを侵害する行為• 誹謗中傷や脅迫などの迷惑行為• 人種や社会的身分などに対する差別行為• 他の会員への商品販売などの営利目的の行為• 虐待を肯定したり助長したりする行為• 暴力的な内容の動画やイラストを掲載する行為• ネズミ講やマルチ商法の勧誘• 公職選挙法に反する行為• 法令または公序良俗に反する行為• 本サービスの運営に支障をきたす行為• スパム投稿と判断される行為• その他、運営が不適切だと判断する行為 今回はエキサイトフレンズを出会い系サイトとして利用する方法をご紹介してきましたが… 正直に言うと、エキサイトフレンズは「可もなく不可もなく」といった感じのサイトですね。 「趣味の合う相手が探しやすい」「料金がズバ抜けて安い」などメリットも多いサイトですが、やはり「露骨な誘いは強制退会対象」という禁止事項がキツイです。 運営側が異性との出会いを推奨していない以上、その目をかいくぐって恋人を探すというのは、あまり効率的な方法とはいえません。 本気で出会いを求めるなら、エキサイトフレンズ以外のサイトを検討してみるのが賢明だと思います。 出会い系サイトとしてしっかり届出をしているサイトなら、もっと効率良く出会いを求めている女性を探すことができるでしょう。 PCMAXやイククルなど優良な出会い系サイトはいくつもありますが、「どのサイトが一番良いかわからない!」という方は当サイトの「優良出会い系サイトランキング」を参考にしてみてください。 各サイトの特徴やオススメ度合いを詳しく解説してありますので、きっとエキサイトフレンズよりも使い勝手の良いサイトが見つかるはずですよ!.

次の

エキサイトフレンズの評判と口コミ!危険?友達作りにおすすめ?

エキサイトフレンズ

,Ltd. )は、日本でや、・などの接続サービスなどを展開する企業。 現在はロボット型エンジンにYahoo Search Technology YST を使用。 ディレクトリはクロスリスティングを使用。 サービスの「エキサイトフレンズ」や女性向けサービス「Woman. excite」、接続サービス「BB. excite」などのサービスで知られる。 沿革 [ ] 米 Inc. の日本法人として、8月に設立。 同年11月に日本から伊藤忠商事やなどが出資し、同年12月より日本語版のサービスの提供とインターネット広告の販売を開始。 5月、At Home Corporationが1999年5月28日付でExcite Inc. を子会社化。 11月、女性向けサイト「Woman. excite」を開始。 12月、携帯電話向けサービスとして「エキサイトフレンズ」を開始。 7月、親会社が、合併により2000年7月1日にExcite Inc. からAt Home Corporationに変更。 9月、「エキサイト翻訳」を開始。 12月、大阪営業所を開設。 6月、音楽情報サイト「エキサイトミュージック」を開始。 9月には親会社の Home Networks(にExcite Inc. 日本を含む全域における「Excite」ブランドと技術に関する権利も伊藤忠商事が取得し、エキサイトは伊藤忠商事からサブを受けて米国Exciteと独立した活動を行うことになる。 1月にと提携して独自の検索エンジン開発から撤退し、ポータルサイト運営に注力する。 8月にの成功に触発されてブロードバンド接続サービス「BB. excite」開始。 9月、女性のための高品質Webマガジン「Garbo(ガルボ)」を開始。 10月、「エキサイト幸せ・恋愛結婚(現 エキサイト婚活)」開始。 2月、「エキサイトブログ」開始。 11月、株式をに。 10月、レシピサイト「E-resipe」、動画共有サービス「エキサイトドガログ」開始。 11月、神戸メンタルサービスと日本心理専門士協会と提携しての電話およびメールによるサービス「エキサイトカウンセラー(元エキサイトお悩み相談)」を開始。 12月、 にアイコンサービス「エキサイトマイコン」提供開始、世界のWiFiコミュニティプロジェクト「」を展開するフォン・ジャパンと業務提携。 1月、音楽レーベル新会社「エキサイト・ミュージックエンタテインメント株式会社」設立。 2月、携帯電話向けサービス「エキモバ」開始。 4月、携帯電話向け公式サイト「AKB48 Mobile」開始、欧州で向け「mobikade(モビケイド)」開始。 5月、サービス「エキサイトつぶろぐ」開始。 7月、事業 FX 進出のため子会社「エキサイトFX株式会社」設立。 9月、「エキサイト電話占い」開始。 11月、「」の日本におけるパブリッシング独占権獲得。 同11月、社と業務提携。 12月、ポータルサイト「エキサイト」運営10周年を迎える。 2月、MMORPG「Age of Armor」開始。 5月「エキサイトFX」開始。 同7月試供品配布サイト「サンプルエキサイト」開始。 同10月食料品ショッピングサイト「しょくこストアー」開始。 2月、iOSアプリ「Excite Bit コネタ」「エキサイトism」「Garbo」開始。 3月、パンとお菓子のレシピポータル「キッチン」開始。 11月、無料イベント作成&参加ツール「SeeSoo」開始。 1月、電子紙芝居サービス「くりっく劇場」開始。 10月、ポータルサイト「Excite版」開始。 12月、に子会社「EXCITE MEDIA SERVICES PH, INC. 」設立。 6月、にグループとともに関連会社「PT EXCITE INDONESIA」設立。 11月、に子会社「愛客彩」を設立。 7月、に子会社「EXCITE APAC SINGAPORE PTE LTD. 」設立。 9月、インドネシアにて「PT CREATIVE VISIONS INDONESIA」を買収し子会社化。 6月、ブランド「エキサイトモバイル」開始。 7月、20代女性向けメディア「ローリエプレス」開始。 9月、「株式会社アリーナ・エフエックス(現 エキサイトワン株式会社)」を買収し子会社化。 12月、12月、ポータルサイト「エキサイト」運営20周年を迎える。 9月18日の15時をもって、独自のであるを終了。 にXTech HP株式会社によるが成立し、エキサイトは同年10月31日付でXTech HPの連結子会社となった。 同年11月27日付で市場上場廃止となり、同年11月30日付で株式等売渡請求によりXTech HPの完全子会社となった。 各種検索エンジン [ ] 2012年現在、先にも触れたとおりロボット型エンジンにYahoo Search Technology YST を使用しているが、これはWeb検索のみであり、画像検索にはの検索エンジンを、動画検索にはの検索エンジンを利用している。 事務所 [ ]• 本社:三丁目20番1号 Daiwa 麻布テラス4階 脚注 [ ].

次の

エキサイトフレンズの評判と口コミ!危険?友達作りにおすすめ?

エキサイトフレンズ

,Ltd. )は、日本でや、・などの接続サービスなどを展開する企業。 現在はロボット型エンジンにYahoo Search Technology YST を使用。 ディレクトリはクロスリスティングを使用。 サービスの「エキサイトフレンズ」や女性向けサービス「Woman. excite」、接続サービス「BB. excite」などのサービスで知られる。 沿革 [ ] 米 Inc. の日本法人として、8月に設立。 同年11月に日本から伊藤忠商事やなどが出資し、同年12月より日本語版のサービスの提供とインターネット広告の販売を開始。 5月、At Home Corporationが1999年5月28日付でExcite Inc. を子会社化。 11月、女性向けサイト「Woman. excite」を開始。 12月、携帯電話向けサービスとして「エキサイトフレンズ」を開始。 7月、親会社が、合併により2000年7月1日にExcite Inc. からAt Home Corporationに変更。 9月、「エキサイト翻訳」を開始。 12月、大阪営業所を開設。 6月、音楽情報サイト「エキサイトミュージック」を開始。 9月には親会社の Home Networks(にExcite Inc. 日本を含む全域における「Excite」ブランドと技術に関する権利も伊藤忠商事が取得し、エキサイトは伊藤忠商事からサブを受けて米国Exciteと独立した活動を行うことになる。 1月にと提携して独自の検索エンジン開発から撤退し、ポータルサイト運営に注力する。 8月にの成功に触発されてブロードバンド接続サービス「BB. excite」開始。 9月、女性のための高品質Webマガジン「Garbo(ガルボ)」を開始。 10月、「エキサイト幸せ・恋愛結婚(現 エキサイト婚活)」開始。 2月、「エキサイトブログ」開始。 11月、株式をに。 10月、レシピサイト「E-resipe」、動画共有サービス「エキサイトドガログ」開始。 11月、神戸メンタルサービスと日本心理専門士協会と提携しての電話およびメールによるサービス「エキサイトカウンセラー(元エキサイトお悩み相談)」を開始。 12月、 にアイコンサービス「エキサイトマイコン」提供開始、世界のWiFiコミュニティプロジェクト「」を展開するフォン・ジャパンと業務提携。 1月、音楽レーベル新会社「エキサイト・ミュージックエンタテインメント株式会社」設立。 2月、携帯電話向けサービス「エキモバ」開始。 4月、携帯電話向け公式サイト「AKB48 Mobile」開始、欧州で向け「mobikade(モビケイド)」開始。 5月、サービス「エキサイトつぶろぐ」開始。 7月、事業 FX 進出のため子会社「エキサイトFX株式会社」設立。 9月、「エキサイト電話占い」開始。 11月、「」の日本におけるパブリッシング独占権獲得。 同11月、社と業務提携。 12月、ポータルサイト「エキサイト」運営10周年を迎える。 2月、MMORPG「Age of Armor」開始。 5月「エキサイトFX」開始。 同7月試供品配布サイト「サンプルエキサイト」開始。 同10月食料品ショッピングサイト「しょくこストアー」開始。 2月、iOSアプリ「Excite Bit コネタ」「エキサイトism」「Garbo」開始。 3月、パンとお菓子のレシピポータル「キッチン」開始。 11月、無料イベント作成&参加ツール「SeeSoo」開始。 1月、電子紙芝居サービス「くりっく劇場」開始。 10月、ポータルサイト「Excite版」開始。 12月、に子会社「EXCITE MEDIA SERVICES PH, INC. 」設立。 6月、にグループとともに関連会社「PT EXCITE INDONESIA」設立。 11月、に子会社「愛客彩」を設立。 7月、に子会社「EXCITE APAC SINGAPORE PTE LTD. 」設立。 9月、インドネシアにて「PT CREATIVE VISIONS INDONESIA」を買収し子会社化。 6月、ブランド「エキサイトモバイル」開始。 7月、20代女性向けメディア「ローリエプレス」開始。 9月、「株式会社アリーナ・エフエックス(現 エキサイトワン株式会社)」を買収し子会社化。 12月、12月、ポータルサイト「エキサイト」運営20周年を迎える。 9月18日の15時をもって、独自のであるを終了。 にXTech HP株式会社によるが成立し、エキサイトは同年10月31日付でXTech HPの連結子会社となった。 同年11月27日付で市場上場廃止となり、同年11月30日付で株式等売渡請求によりXTech HPの完全子会社となった。 各種検索エンジン [ ] 2012年現在、先にも触れたとおりロボット型エンジンにYahoo Search Technology YST を使用しているが、これはWeb検索のみであり、画像検索にはの検索エンジンを、動画検索にはの検索エンジンを利用している。 事務所 [ ]• 本社:三丁目20番1号 Daiwa 麻布テラス4階 脚注 [ ].

次の