コロナ 大阪 感染 者。 大阪市:新型コロナウイルス感染症について(電話相談含む) (…>健康・医療>感染症・病気に関すること)

大阪と東京のコロナの感染者数の違いは何ですか?

コロナ 大阪 感染 者

【日本での感染者数】4 月12日時点 400名 601名 766名 7,967名 【感染者の内訳】 クルーズ船の乗客・乗員:712名 国内感染者:6,679名 チャーター便:11名 空港検疫にて確認:34名 無症状病原体保有者:531名 【退院者】 799名 【日本での死者】 102名 更に、クルーズ船の船内に残されている3,100名のうち、検査されて陰性だった方で14日間健康に問題がなかった方を下船させる動きが出ています。 その方達は、2月21日までに下船は終える予定とのこと。 22日以降は、感染者の方と接触があったが検査で陰性になった方や、チャーター便で各国に帰られる方、陽性の方は受け入れの場所へ、そして従業員の方も下船を始めるそうです。 【クルーズ船を下船した人数】 19日 443名 20日 274名 21日 450名の予定(確定人数がわかりませんでした) 22日 89名(内70名は日本人) クルーズ船を除けば、 国内での感染者は7,255名ということになりますね。 チャーター便で帰国されていない方はまだいらっしゃいますので、今後感染者が増える可能性も高いでしょう。 その他の国での感染者ですが、中国よりも感染者が多くなっている国もあります。 米国:555,398名 スペイン:166,019名 イタリア:156,363名 ドイツ:127,459名 フランス:95,403名 英国:85,199名 中国:82,160名 イラン:71,686名 トルコ:56,956名 スイス:25,407名 その他の国も、感染者は増えてきています。 【新型コロナウイルスCOVID-19(新型肺炎)】大阪での感染者の数は? では、この中で大阪に関係している感染者の方はどのくらいいるのでしょうか? クルーズ船以外の方では、 国内で、大阪在住の方は 837名と なりました。 更に、 ・海外では台湾に帰ってから感染が発覚した方が、 大阪に旅行に来ていたこともわかりました。 どの県にお住まいの方か発表されていません。 ・更に、感染は今のところ確認されていませんがクルーズ船を下船された方の中で大阪府民の方は、 46名いらっしゃるそうです。 では、どういった方だったのでしょうか? まずはクルーズ船以外の方から。 実は、 3名は全員関わりがあった方なんです。 皆さんの記憶にも新しいかと思いますが、バスの運転手とバスガイドさんが感染していたというニュースが流れていましたね。 その運転手とバスガイドさんがこの3名の方です。 そして、15日の報道でわかったのですが 和歌山県の病院で最初に感染が判明した医師が、 週に1度非常勤で大阪の病院に勤務していたとのこと!! 医師の感染…怖い事態となりましたね。 今や最初の3名の方から1ヶ月近く経ち、ライブハウスのこともあり感染者はかなり増えてきています。 電車など人が多い場所では、マスクを忘れないように気をつけて下さいね! では、感染者の方が行かれた場所や感染経路はどういったものだったのでしょうか? 更に、クルーズ船で下船され感染が確認された方についても調べてみました! 他県で発覚した感染者が大阪で行った場所や移動ルート・感染経路は? 感染後に行かれた場所や移動経路をみていきたいと思います。 今のところ感染は他に見られないということなので、問題ないかと思いますが、知っておいたほうがなんとなく安心感がありますよね。 ですので、参考程度に見ていただけたらと思います。 60代男性(奈良県在住) 大阪と関わりがあるとはお話しましたが、住まれているのは奈良県です。 では、なぜ大阪と関わりがあるのでしょうか? それは、バスツアーで大阪に来ているからなんですよね。 【感染発覚までの症状】 1月14日:悪寒、咳、関節痛あり。 1月17日:奈良県内の医療機関を受診。 各種検査では異常なく 経過観察。 保健所にも連絡。 1月22日:関節痛あり、咳症状が悪化する。 1月25日: 再度受診。 医療機関から保健所に相談。 胸部レントゲン検査により肺炎と診断される。 奈良県内の医療機関に 入院。 1月26日:検体を送付。 1月28日: 新型コロナウイルスと診断。 武漢からのツアー客を乗せた。 また別の武漢からのツアー客を乗せた。 1月18日〜22日:ツアーのバスを運転。 大連からのツアー客を乗せた。 大連の方のツアーは調べてみたのですが、どこからどこの移動が書かれていませんでした。 バスの運転手なので、バスから降りることは少なかったかと思いますが立ち寄った場所はこちら。 15日:大阪ベイエリア 16日:大阪城・市内中心部の繁華街・心斎橋周辺・奈良公園 17日:武漢から来ていた観光客は関西空港から出国 奈良公園にも行かれたみたいなので、奈良に行く予定の方は注意が必要です。 【感染経路】 おそらくは、武漢市からの観光客からうつったと思われますが、 確実な感染経路はわかっていないようですね。 無症状の方もいるようなので、知らずにもらってしまっているかもしれませんね。 20代女性(千葉県在住・外国籍) お住まいは千葉ですが、ツアーで大阪にも立ち寄っています。 【感染発覚までの症状】 1月20日:咳、鼻水症状あり。 1月29日:鼻水が続く為、 医療機関を受診。 1月30日:奈良県からの接触者調査に基づき、保健所が調査を実施する。 検体採取のために医療機関を受診。 1月31日: 新型コロナウイルスと診断。 【移動ルート】 1月16日:東京から大阪へ飛行機で移動。 1月17日〜22日:バスガイドとしてツアーに参加(中国人対象)。 新型コロナウイルス感染と診断されたバスの運転手は、同じツアーに18日〜22日まで参加していた。 1月22日:大阪から東京までバスで移動をする。 退院してから、26日検査を行うまで仕事には行っておらず濃厚接触者もいないとのことです。 【感染経路】 発症日の1月20日までの2週間の間に海外渡航歴なしとのことでした。 ということは、おそらく バスの運転手からかツアー客からうつってしまった可能性が高いですね。 なので、 16日の飛行機に関しては まだウイルスは持っていなかった可能性が高いってことです! この日は安心して良さそうです。 ただ、 1月22日のバス移動はちょっと怖いですね。 今のところ発症した方がいてないのでもう大丈夫かと思いますが、無症状ってだけでうつっていた方もいらっしゃったかもしれません。 2月10日から入院しています。 50代男性(和歌山県在住) 和歌山県在住ですが、大阪の病院にも医師(外科医)として来られていたということなので、患者さんや病院関係者の方にうつってしまっている可能性があります。 【感染発覚までの症状】 1月31日:発熱。 全身倦怠感出現。 2月5日:微熱に加え、腹痛、下痢の症状が出る。 自身が医師として勤務している県内の医療機関A及び他の医療機関Bを受診。 CT上、肺炎と診断。 2月10日:県内の医療機関Bに入院。 2月13日:県内の地方衛生研究所において 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明する。 【移動ルート】 2月1日〜2日:休み 休み明けの2月3日〜5日:解熱剤を服用しながら和歌山の病院に出勤。 2月6日: 大阪に病院に出勤。 ・病院患者や病院関係者にうつっている可能性あり ・和歌山: 済生会有田病院 ・大阪: 新泉南病院で非常勤で勤務 ・2月6日も大阪の新泉南病院で勤務 大阪府の新泉南病院は、大阪府済生会泉南医療福祉センター内にあります。 大阪の病院では、 この男性外科医と接触したスタッフの中で、咳などの症状がある方は1名いたそうです。 検査の結果陰性だったとのこと! ですが、このウイルスは1度陰性でも次の検査で陽性になることも多々あります。 気が抜けないですね。 大阪府は、その他に濃厚な接触があった患者さんに対しても調査を進めるとのことです。 和歌山の病院では、何人か感染者が出ているようですね。 【感染経路】 発症前14日以内に湖北省または浙江省の滞在歴はなしとのとこ。 どこからうつったんでしょうか?医師なので患者さんの可能性もありますね。 まだ感染ルートは判明していないようです。 40代男性(大阪府在住) 会社員の方出張で札幌に来た方なので、移動ルートが気になりますね。 大阪のライブハウスにも行かれていた方です。 【感染発覚までの症状】 2月23日:札幌着。 2月24日:発熱、咳を発症。 医療機関Aを受診。 2月25日:新型コロナウイルスの検査を実施。 陽性と判明。 医療機関Bに 入院。 【移動ルート】 2月15日:大阪の『大阪京橋ライブハウスArc』で18:30〜21:00頃までいた 2月16日:同じライブ会場にいた。 【感染経路】 感染経路はわかっていません。 市内で確認された感染者との接触はなかったとのことなので、大阪でうつっていた可能性もありますね。 海外の渡航歴はないとのことです。 本人の行動、濃厚接触者については現在調査中とのこと。 50代女性(大阪府在住) 岐阜と大阪を行き来していたので、大阪で誰かと接触していればうつしてしまっている可能性がありますね。 【感染発覚までの症状】 2月23日:岐阜県で咽頭痛と悪寒の症状。 発熱はなし。 2月26 日:岐阜県内の医療機関で、感染者との濃厚接触者として検体採取となる。 2月27日:岐阜県で 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明し入院。 【移動ルート】 2月20日:岐阜到着。 大垣市に滞在。 24日の朝まで岐阜県の感染者(夫)と過ごしていた。 2月24日:朝、 岐阜県から大阪府へ電車で移動。 2月25日:朝、 大阪府から岐阜県へ電車で移動。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後はマスク着用していた。 岐阜県大垣市に住んでいる夫と過ごしていて、夫が感染していたので感染はそこからでしょうね。 夫の他に濃厚接触者がいないか、調査中とのこと。 30代女性(高知県在住) 他県なので、大阪とそんなに関わりはないですが。 2月15日〜16日の間、ライブの為大阪で過ごされています。 (ライブスタッフ) 【感染発覚までの症状】 2月13日:夕方から咽頭痛の症状。 2月14 日:病院で抗生物質を投与してもらい、回復する。 2月19日:この日も病院で抗生物質を投与。 2月21日:この日も病院で抗生物質を追加。 2月28日:倦怠感の症状が出た為、再受診。 肺炎と診断される。 新型コロナウイルスの陽性。 2月29 日: 入院。 【移動ルート】 2月15〜16日: 大阪の『大阪京橋ライブハウスArc』で18:30〜21:00頃までいた。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後マスクの着用はしていなかった。 同じライブのスタッフとして参加していた、 大阪と北海道で感染が確認された方とライブハウス内で軽い接触があったと思われますが、どちらから感染かはわからない状態です。 この方からうつったのでは?と言われていますが、確実なところはわかりません。 大阪在住の感染者が行った場所や移動ルート・感染経路は? では、大阪在住で大阪の病院に入院された方の移動ルートなどを見ていきたいと思います。 40代女性(大阪府大阪市在住) お住まいが大阪です。 大阪では、ガイドをされていたので結構色んな場所に行かれているんですよね。 経過観察となる。 1月21日:発熱治らず、もう一度東京都内の別の医療機関を受診。 胸部レントゲン写真で異常がなく、 またも経過観察となる。 1月22日:大阪に戻り、大阪府で医療機関を受診。 こちらでも経過観察となっています。 1月23日:症状改善がない為、保健所に相談し大阪府の医療機関を受診。 発熱、呼吸器症状および、胸部CT画像で肺炎と診断。 ようやく入院となりました。 1月29日: 新型コロナウイルスと診断され入院。 症状は咳のみとなりほぼ改善していた。 2月 1日:陰性の為、 退院。 2月19日:喉に違和感。 胸の痛み。 2月26日:検査を行い、 新型コロナウイルス陽性。 1月17日夕方〜1月22日:中国河南省からの別のツアー客の乗るバスにガイドとして乗車。 1月20日:医療機関受診。 この時から仕事中であってもマスクを着用していた。 【バスガイド・ツアー客の立ち寄った場所】 15日:大阪ベイエリア 16日:大阪城・市内中心部の繁華街・心斎橋周辺・奈良公園 17日:武漢から来ていた観光客は関西空港から出国 問題は、バスガイドさんが別のツアーに参加した 17日以降の移動ルートなんですが、こちらは情報がありませんでした。 全部公開して欲しいという声も上がっていますね。 【感染経路】 運転手の方と同じく、 武漢市からの観光客もしくはウイルスを貰ってしまっていた運転手の方からという可能性が高いかと思われます。 再度陽性になったことに関しては、府は 体内に残っていたウイルスが増殖をしたか、 ウイルスに再感染してしまったかどちらかの可能性という見解を示しているとのこと。 再感染するのは怖いですね。 家族で感染してしまったんですね。 【感染発覚までの症状】 2月20日:発熱と咳の症状。 2月21 日:頭痛の症状も出る。 2月26日:大阪府内の医療機関Aを受診。 2月27日: 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明。 大阪府内の医療機関Bに 入院。 【移動ルート】 2月15〜16日: 北海道で感染が確認された方と行動を共にしていた。 大阪の『大阪京橋ライブハウスArc』で18:30〜21:00頃まで。 2月17日:この日も同じ人物と行動を共にしていた。 2月20日:新幹線で大阪府外へ移動する。 2月21日:大阪府外から新幹線で大阪市内へ移動。 自宅に戻る。 2月22日:大阪府内にいた。 2月23日:大阪市内の自宅にいた。 2月24日:大阪市・枚方市にいた。 2月25日:自宅にいた。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後はマスク着用していた。 どちらが先かわかりませんが、 大阪在住で北海道で感染が確認された方との接触があるので、そこから感染した可能性もあります。 夫より1日前に症状が出ていたみたいです。 【感染発覚までの症状】 2月19日:咽頭痛・咳の症状。 大阪府内の医療機関Aを受診。 2月25 日:発熱、全身倦怠感の症状も出る。 2月27日:夫が感染していることが分かった為、濃厚接触者として大阪府内の医療機関Bを受診。 そのまま入院となる。 2月28日: 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明。 【移動ルート】 2月20日:大阪府内の医療期間Aを受診。 2月20日:大阪市内にいた。 2月21日:東大阪市の医療機関に勤務。 大阪市内にも行った。 2月22〜23日:大阪市内にいた。 2月24日:大阪市と枚方市に立ち寄る。 2月25日:大阪府内の医療機関Aを受診。 2月26日:大阪市内の自宅にいた。 2月27日:大阪府内で入院。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後はマスク着用していた。 夫が大阪在住で北海道で感染が確認された方との接触があるので、そこから感染した可能性が高いかもしれません。 夫より1日前に症状が出ていたみたいです。 【感染発覚までの症状】 普段から鼻水はあった。 2月27日:父がが感染していることが分かった為、母と同様に濃厚接触者として大阪府内の医療機関Bを受診。 そのまま入院となる。 2月28日: 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明。 【移動ルート】 2月19〜20日:大阪市内にいた。 2月21日:東大阪市と大阪市内にも行った。 2月22日:大阪市内にいた。 2月23日:大阪市内の自宅にいた。 2月24日:大阪市と枚方市に立ち寄る。 2月25日:大阪市内の自宅にいた。 2月26日:大阪市内にいた。 2月26日:大阪府内で入院。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後はマスク着用していた。 父 が大阪在住で北海道で感染が確認された方との接触があるので、そこから感染した可能性が高いかもしれません。 50代男性(大阪府大阪市在住) 札幌の感染者の方と濃厚接触があった方です。 【感染発覚までの症状】 2月22日:発熱の症状。 2月25 日:府内医療機関Aを受診。 2月29日:府内医療機関Aと府内医療機関Bを受診。 3 月 1日 :咳の症状。 新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関Cを受診。 自宅待機。 3 月 2日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関Dで入院。 【移動ルート】 【追記】 この方の情報にはなかったのですが、 他の感染者の方がこの方と21日に接触。 23日にはライブの関係者として大阪のライブハウス (Soap opera classics -Umeda)で接触があったとのことなので、23日にライブに参加していたのでしょう。 他、移動ルートは現在調査中。 【感染経路】 2月25日に 札幌市で感染が判明した大阪府民の方と 2月18日に接触があったとのこと。 この札幌で判明した感染者の方は、大阪のライブハウスに行かれていた方ですね。 更に、 6 人目の方とも2月22日に接触があったようです。 40代女性(大阪府大阪市在住) 大阪府在住の方で、大阪のライブに参加されていました。 【感染発覚までの症状】 2月24日:発熱の症状。 2月25 日:府内医療機関Aを受診。 2月29日:府内医療機関Aを受診。 3 月 1日 :咳、喉の違和感の症状が出る。 新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関Cを受診。 自宅待機。 3 月 2日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルスの陽性。 府内医療機関Dで入院。 【移動ルート】 2月16日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 その他移動ルートは現在調査中。 【感染経路】 2月16日に大阪のライブハウスArcのライブに参加し、2月22日に5 人目の方と接触したとのことなのですが、感染経路はわかっていません。 50代男性(大阪府枚方市在住) 3/4に感染が確認された茨木市のイオンで勤務されていた方の夫。 【感染発覚までの症状】 2月23日:発熱の症状。 2月27 日:熱が下がらない為、府内医療機関Aを受診。 3 月 2日 :発熱。 肺炎と診断。 喉の痛み。 府内医療機関Aを受診。 新型コロナ受診相談センターに相談し、自宅待機。 3 月 3日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルスの陽性。 府内医療機関Bで入院。 【移動ルート】 2月23 日:枚方市内の職場に出勤。 2月23 日:枚方市内の自宅で療養する。 2月24〜25日:自宅で療養。 2月27 日:府内医療機関を受診し自宅療養。 2月28日〜3月1日:自宅療養。 3月2日も府内医療機関を受診し、自宅療養して3日に入院となった。 その他のルートに関しては調査中。 【感染経路】 感染経路まではわかっていません。 濃厚接触者に関しては、職場と家族を調査中。 4 0代女性(大阪府大阪市在住) 大阪のライブハウスに行かれている方ですね。 保育士さんです。 【感染発覚までの症状】 2月26日:腰痛の症状で鎮痛剤を飲み、29日まで服用していた。 3 月 1 日 :発熱の症状が出る。 3 月 2日 :発熱と鼻水の症状。 新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関Cを受診。 自宅待機。 3 月 3日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルスの陽性。 府内医療機関Cで入院。 【移動ルート】 2月15日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 2月26〜28 日:大阪市内の保育所に出勤。 2月29日:行動調査中。 3 月 2 日 :府内医療機関を受診。 自宅待機。 3月3日に入院となった。 その他のルートに関しては調査中。 【感染経路】 2月15日にライブハウスに行かれているので、そこから感染した可能性が高そうです。 保育所の職員、園児については健康観察中とのことです。 【感染発覚までの症状】 3 月 3日 :ご自身で検査をご希望され、新型コロナ受診相談センターに相談。 府内医療機関を受診し、自宅待機。 3 月 4 日 :PCR検査で、 新型コロナウイルスの陽性。 府内医療機関へ入院。 【移動ルート】 2月15〜16日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 【感染経路】 2月15〜16日にライブハウスに行かれているので、そこから感染した可能性が高そうです。 【感染発覚までの症状】 2月23 日:倦怠感と発熱の症状。 熱は24日には下がった。 3 月 2 日 :新型コロナ受診相談センターに相談。 3 月 3日 :府内医療機関を受診し、自宅待機。 3 月 4日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 2月15〜16日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 2月23 日:岸和田市内に滞在。 2月24〜28日:府外の医療機関に出勤。 2月23 日:自宅。 3 月 1〜2 日 :府外の医療機関に出勤。 3 月 3日 :自宅待機。 【感染経路】 2月15〜16日にライブハウスに行かれているので、そこから感染した可能性が高そうですね。 ライブハウスの関係者として参加されています。 【感染発覚までの症状】 2月20 日:鼻水の症状。 3 月 3 日 :微熱の症状。 新型コロナ受診相談センターに相談。 府内医療機関を受診し自宅待機。 3 月 4日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 2月16日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 2月19 日: ライブハウス(Soap opera classics -Umeda)に参加。 2月21日:府内5人目の方と接触。 2月23 日:府内5人目の方と ライブの関係者として ライブハウス (Soap opera classics -Umeda)接触。 3月3日に病院を受診、4日に入院となりました。 【感染経路】 2月16日に感染者がいたライブハウスに行かれているので、そこから感染した可能性が高そうですね。 【感染発覚までの症状】 2月25 日:発熱の症状。 26日までは熱が出ていた。 2月27 日:府内医療機関を受診。 2月28 日:また発熱。 2月29 日:府内医療機関を受診。 3 月 2 日 :府内医療機関を受診。 3 月 3 日 :新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関を受診。 自宅待機。 3 月 4 日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 2月22日:友人と食事。 友人は16日に 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 2月23 日: ライブハウス(Soap opera classics -Umeda)に客として参加。 2月24日:泉佐野市内に滞在。 その後医療機関を受診し、入院となりました。 【感染経路】 2月16日に感染者がいたライブハウスにお友達の方が行かれています。 そして、23日はご本人がライブハウスに行かれています。 どちらかから感染したかはわかっていません。 【感染発覚までの症状】 症状は公開されていませんでした。 濃厚接触者の方なので、症状はなかったのかもしれませんね。 3 月 4 日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 情報がありませんでした。 【感染経路】 感染経路はわかっていませんが、感染者との接触があった方なのでそこから感染した可能性もありますね。 茨木市イオンで勤務。 【感染発覚までの症状】 3 月 4 日 :鼻水、くしゃみの症状。 濃厚接触者としてPCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 2月23・29 日:9:45〜18:45 イオンスタイル茨木 JR で『ソーダストリーム』炭酸水の試飲業務。 2月28 日:10:00〜17:00 イオンスタイル新茨木 阪急 で試食販売業務。 【感染経路】 感染経路はわかっていませんが、ご主人が感染されているのでそこから感染した可能性もありますね。 どこから感染したのでしょうか。 【感染発覚までの症状】 2月23 日:頭痛、関節痛、下痢の症状が出る。 2月24 日:発熱。 3 月 3 日 :新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関を受診。 自宅待機。 3 月 4 日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 移動ルートは現在調査中。 【感染経路】 感染経路はわかっていません。 この方もおそらく保育士さん。 【感染発覚までの症状】 2月28 日:発熱の症状。 府内医療機関Aを受診。 2月29 日と3月2日:熱が下がらず、府内医療機関Aを受診。 3 月 3 日 :府内医療機関Bを受診。 新型コロナ受診相談センターに相談し、PCR検査を実施。 自宅で待機。 3 月 4 日 : 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関Cで入院。 【移動ルート】 2月28 日:大阪市内の幼稚園に出勤。 この日に発熱している。 【感染経路】 感染経路はわかっていません。 28日に出勤した幼稚園のの職員がや園児や家族を調査中。 【感染発覚までの症状】 2月17 日:発熱と下痢の症状。 2月18 日:呼吸困難。 2月19 日:府内医療機関Aを受診。 肺炎と診断される。 府内医療機関Bに入院。 3 月 3 日 :検体採取。 熱は下がらず。 3 月 4 日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関Cで入院。 【移動ルート】 移動ルートは現在調査中。 【感染経路】 感染経路はわかっていません。 2月17日〜22日:他に22人の団体での旅行で 大阪に訪れていた。 大阪のどこかまではわかっていない。 2月28日:台湾で感染確認。 下船から14日間は、府が独自に46名の健康状態について1日2回確認を求めるようです。 大阪ではないですが下船された方の中にも、感染されていた方もいらっしゃいましたので、今後もまだまだ気が抜けないですね…。 更に!!2月23日の大阪府の発表では、 2月19日下船者のうち3人が、船内での感染防止策が講じられて以降 2月5日以降 に 検査が行われていなかったとのこと!! 3人に関しては府が検査を行うとのことでした。 検査漏れもそうですが、下船直前でうつってしまっている可能性も高い為、下船された方も不安でしょうね…。 自宅待機とのことですが、報道では普通の生活を送っている方もいるようで、気休めかもしれませんがマスクは手放せない状況かと思います。 搬送された10名は、どこの県民なのかまでは報じられていなかったので、大阪の方ではない可能性もあります。 なかなか受け入れ場所が少ないのが現状ですからね…。 10名は、横浜港から病院までバスで搬送されたそうです。 入院先の病院はどこ? 入院先はどこなのでしょうか? 個人情報の観点から、病院の情報公開はされていませんでしたが、ネットの声も合わせてここかもしれない!という場所をみていこうと思います。 新型コロナウイルスは『指定感染症』というカテゴリーに1月28日に指定されました。 ということは、入院されたのは『特定感染症医療機関』もしくは『第一種感染症指定医療機関』のどちらかになるかと思います。。 ですが、実は奈良県では『第一種感染症指定医療機関』しかありません。 そしてそれも一箇所しかないんです。 それは、 『奈良県立医科大学附属病院』です。 ここ以外ないので、入院先はおそらくここではないでしょうか。 そして、最初に受診された病院ですが、こちらの画像を開いてみて下さい。 今のところ、奈良県ではこの方以外の発症がないのでおそらく1度目に受診された病院はここではないかと思います。 時期も一致しますね。 症状が緩和していた為、入院せず経過観察となったようです。 受診した病院ですが、奈良県から保健所に相談されているので指定された病院に行っている可能性が高いです。 千葉県ですと、特定感染症指定医療機関・第一種感染症指定医療機関合わせて『成田赤十字病院』しかありません。 第二種感染症指定医療機関は22件もあるので、そちらの場合はわかりませんが、おそらく指定病院の 『成田赤十字病院』に行かれた可能性が高いですね。 もう1つの入院先の病院ですが、『特定感染症医療機関』もしくは『第一種感染症指定医療機関』どちらかになります。 和歌山では、調べてみたところ特定感染症医療機関がなく『第一種感染症指定医療機関』のみとなっていたので、おそらく 『日本赤十字社 和歌山医療センター』に入院されている可能性が高いかと思われます。 北海道は、『第二種感染症指定医療機関』がかなり多いのでそちらの場合は特定が難しいですが、おそらく市立札幌病院ではないかと思われます。 詳しくはこちらに書かせて頂いています。 ですが、この時期になってくると『第二種感染症指定医療機関』への受け入れもしているはずなんですよね。 『第二種感染症指定医療機関』で感染病床がある病院(結核病床は含まない)は、 『岐阜赤十字病院』以外ですと、 ・大垣市民病院 ・岐阜県厚生農業共同組合連合会 中濃厚生病院 ・岐阜県立多治見病院 ・岐阜県厚生農業共同組合連合会 飛騨医療センター久美愛厚生病院 となっています。 大垣市にお住まいの夫と過ごしているので、おそらく 『大垣市民病院』の可能性が高いかと思います。 そして、『第二種感染症指定医療機関』は上記の高知医療センターを合わせて5つ。 ・高知県立幡多けんみん病院 ・独立行政法人国立病院機構 高知病院 ・高知赤十字病院 ・高知県立あき総合病院 この中で、感染病棟があるのは 『高知県立幡多けんみん病院』です。 その他の病院は、結核病床はありますが感染病床がありません。 なので、おそらくこの2つのどちらかの可能性が高いですね。 『りんくう総合医療センター』も指定医療機関ですが、大阪市内ではありません。 先程も話した通り、新型コロナウイルスは『指定感染症』というカテゴリーに1月28日に指定されました。 この指定により、チャーター機で帰国した方々も搬送された『第一種感染症指定医療機関』という指定のある病院へ入院されたことが考えられるんですよね。 特定感染症医療機関の病院であれば市外にもありますが、大阪市内ですと第一種感染症指定医療機関しかありません。 となると 『大阪私立総合病院センター』しかないのでここが濃厚であることは間違いなさそうです。 ただ、東京で受診された診療所まではわかりませんでした。 5〜16人目の感染者の方は、どこに入院されているのでしょうか? 家族で感染されてしまった3人の方は、同じ病院に入院された可能性が高いですね。 そして、全員府内の病院とのこと。 大阪府内で 特定もしくは第一種の感染症指定医療期間となっているのは、 ・りんくう総合医療センター ・大阪私立総合医療センター ・堺市立総合医療センター この3つです。 そして、上記が空いていなかった場合『第二種感染症指定医療機関』で入院されている可能性があります。 大阪で第二種で 感染病床があるのは、 ・市立豊中病院 ・市立ひらかた病院 この2つ。 府内の病院となっていて幅が広いので、確定は難しいですがおそらくこの5つの病院のどこかではないかと思います。 ただ、 感染病床に空きがなくなってしまった場合、 結核病床がある第二種感染症指定医療機関に入院となる場合もあります。 結核病床がある病院がどの病院なのかは 下の『クルーズ船』の項目で書かせて頂いています。 大阪で 特定もしくは第一種の感染症指定医療期間となっているのは、 『第二種感染症指定医療機関』とされている病院 【感染病床有り】 ・市立豊中病院 ・市立ひらかた病院 【感染病床・結核病床有り】 ・地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター 【結核病床のみ】 ・一般財団法人 大阪府結核予防会 大阪病院 ・医療法人 仁泉会 阪奈病院 ・大阪市立十三市民病院 ・独立行政法人国立病院機構 近畿中央呼吸器センター 【感染・結核病床なし】 ・独立行政法人国立病院機構 大阪刀根山医療センター ・高槻赤十字病院 まとめ どんどん広がっていく感染者の数。 4名も亡くなられていますね。 今まで、死者が日本で出なかったので不安になった方も多いのではないでしょうか? ただ重症化してしまう場合は、持病がある方や高齢の方ということなので、それ以外の方は今のところそんなに心配はしなくても大丈夫とのこと。 ですが、自分が発信源になってしまう場合もあるので、手洗いうがい・マスクは必ずするようにしましょう! 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

新型コロナウイルス感染症関連情報|大阪府感染症情報センター

コロナ 大阪 感染 者

【日本での感染者数】4 月12日時点 400名 601名 766名 7,967名 【感染者の内訳】 クルーズ船の乗客・乗員:712名 国内感染者:6,679名 チャーター便:11名 空港検疫にて確認:34名 無症状病原体保有者:531名 【退院者】 799名 【日本での死者】 102名 更に、クルーズ船の船内に残されている3,100名のうち、検査されて陰性だった方で14日間健康に問題がなかった方を下船させる動きが出ています。 その方達は、2月21日までに下船は終える予定とのこと。 22日以降は、感染者の方と接触があったが検査で陰性になった方や、チャーター便で各国に帰られる方、陽性の方は受け入れの場所へ、そして従業員の方も下船を始めるそうです。 【クルーズ船を下船した人数】 19日 443名 20日 274名 21日 450名の予定(確定人数がわかりませんでした) 22日 89名(内70名は日本人) クルーズ船を除けば、 国内での感染者は7,255名ということになりますね。 チャーター便で帰国されていない方はまだいらっしゃいますので、今後感染者が増える可能性も高いでしょう。 その他の国での感染者ですが、中国よりも感染者が多くなっている国もあります。 米国:555,398名 スペイン:166,019名 イタリア:156,363名 ドイツ:127,459名 フランス:95,403名 英国:85,199名 中国:82,160名 イラン:71,686名 トルコ:56,956名 スイス:25,407名 その他の国も、感染者は増えてきています。 【新型コロナウイルスCOVID-19(新型肺炎)】大阪での感染者の数は? では、この中で大阪に関係している感染者の方はどのくらいいるのでしょうか? クルーズ船以外の方では、 国内で、大阪在住の方は 837名と なりました。 更に、 ・海外では台湾に帰ってから感染が発覚した方が、 大阪に旅行に来ていたこともわかりました。 どの県にお住まいの方か発表されていません。 ・更に、感染は今のところ確認されていませんがクルーズ船を下船された方の中で大阪府民の方は、 46名いらっしゃるそうです。 では、どういった方だったのでしょうか? まずはクルーズ船以外の方から。 実は、 3名は全員関わりがあった方なんです。 皆さんの記憶にも新しいかと思いますが、バスの運転手とバスガイドさんが感染していたというニュースが流れていましたね。 その運転手とバスガイドさんがこの3名の方です。 そして、15日の報道でわかったのですが 和歌山県の病院で最初に感染が判明した医師が、 週に1度非常勤で大阪の病院に勤務していたとのこと!! 医師の感染…怖い事態となりましたね。 今や最初の3名の方から1ヶ月近く経ち、ライブハウスのこともあり感染者はかなり増えてきています。 電車など人が多い場所では、マスクを忘れないように気をつけて下さいね! では、感染者の方が行かれた場所や感染経路はどういったものだったのでしょうか? 更に、クルーズ船で下船され感染が確認された方についても調べてみました! 他県で発覚した感染者が大阪で行った場所や移動ルート・感染経路は? 感染後に行かれた場所や移動経路をみていきたいと思います。 今のところ感染は他に見られないということなので、問題ないかと思いますが、知っておいたほうがなんとなく安心感がありますよね。 ですので、参考程度に見ていただけたらと思います。 60代男性(奈良県在住) 大阪と関わりがあるとはお話しましたが、住まれているのは奈良県です。 では、なぜ大阪と関わりがあるのでしょうか? それは、バスツアーで大阪に来ているからなんですよね。 【感染発覚までの症状】 1月14日:悪寒、咳、関節痛あり。 1月17日:奈良県内の医療機関を受診。 各種検査では異常なく 経過観察。 保健所にも連絡。 1月22日:関節痛あり、咳症状が悪化する。 1月25日: 再度受診。 医療機関から保健所に相談。 胸部レントゲン検査により肺炎と診断される。 奈良県内の医療機関に 入院。 1月26日:検体を送付。 1月28日: 新型コロナウイルスと診断。 武漢からのツアー客を乗せた。 また別の武漢からのツアー客を乗せた。 1月18日〜22日:ツアーのバスを運転。 大連からのツアー客を乗せた。 大連の方のツアーは調べてみたのですが、どこからどこの移動が書かれていませんでした。 バスの運転手なので、バスから降りることは少なかったかと思いますが立ち寄った場所はこちら。 15日:大阪ベイエリア 16日:大阪城・市内中心部の繁華街・心斎橋周辺・奈良公園 17日:武漢から来ていた観光客は関西空港から出国 奈良公園にも行かれたみたいなので、奈良に行く予定の方は注意が必要です。 【感染経路】 おそらくは、武漢市からの観光客からうつったと思われますが、 確実な感染経路はわかっていないようですね。 無症状の方もいるようなので、知らずにもらってしまっているかもしれませんね。 20代女性(千葉県在住・外国籍) お住まいは千葉ですが、ツアーで大阪にも立ち寄っています。 【感染発覚までの症状】 1月20日:咳、鼻水症状あり。 1月29日:鼻水が続く為、 医療機関を受診。 1月30日:奈良県からの接触者調査に基づき、保健所が調査を実施する。 検体採取のために医療機関を受診。 1月31日: 新型コロナウイルスと診断。 【移動ルート】 1月16日:東京から大阪へ飛行機で移動。 1月17日〜22日:バスガイドとしてツアーに参加(中国人対象)。 新型コロナウイルス感染と診断されたバスの運転手は、同じツアーに18日〜22日まで参加していた。 1月22日:大阪から東京までバスで移動をする。 退院してから、26日検査を行うまで仕事には行っておらず濃厚接触者もいないとのことです。 【感染経路】 発症日の1月20日までの2週間の間に海外渡航歴なしとのことでした。 ということは、おそらく バスの運転手からかツアー客からうつってしまった可能性が高いですね。 なので、 16日の飛行機に関しては まだウイルスは持っていなかった可能性が高いってことです! この日は安心して良さそうです。 ただ、 1月22日のバス移動はちょっと怖いですね。 今のところ発症した方がいてないのでもう大丈夫かと思いますが、無症状ってだけでうつっていた方もいらっしゃったかもしれません。 2月10日から入院しています。 50代男性(和歌山県在住) 和歌山県在住ですが、大阪の病院にも医師(外科医)として来られていたということなので、患者さんや病院関係者の方にうつってしまっている可能性があります。 【感染発覚までの症状】 1月31日:発熱。 全身倦怠感出現。 2月5日:微熱に加え、腹痛、下痢の症状が出る。 自身が医師として勤務している県内の医療機関A及び他の医療機関Bを受診。 CT上、肺炎と診断。 2月10日:県内の医療機関Bに入院。 2月13日:県内の地方衛生研究所において 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明する。 【移動ルート】 2月1日〜2日:休み 休み明けの2月3日〜5日:解熱剤を服用しながら和歌山の病院に出勤。 2月6日: 大阪に病院に出勤。 ・病院患者や病院関係者にうつっている可能性あり ・和歌山: 済生会有田病院 ・大阪: 新泉南病院で非常勤で勤務 ・2月6日も大阪の新泉南病院で勤務 大阪府の新泉南病院は、大阪府済生会泉南医療福祉センター内にあります。 大阪の病院では、 この男性外科医と接触したスタッフの中で、咳などの症状がある方は1名いたそうです。 検査の結果陰性だったとのこと! ですが、このウイルスは1度陰性でも次の検査で陽性になることも多々あります。 気が抜けないですね。 大阪府は、その他に濃厚な接触があった患者さんに対しても調査を進めるとのことです。 和歌山の病院では、何人か感染者が出ているようですね。 【感染経路】 発症前14日以内に湖北省または浙江省の滞在歴はなしとのとこ。 どこからうつったんでしょうか?医師なので患者さんの可能性もありますね。 まだ感染ルートは判明していないようです。 40代男性(大阪府在住) 会社員の方出張で札幌に来た方なので、移動ルートが気になりますね。 大阪のライブハウスにも行かれていた方です。 【感染発覚までの症状】 2月23日:札幌着。 2月24日:発熱、咳を発症。 医療機関Aを受診。 2月25日:新型コロナウイルスの検査を実施。 陽性と判明。 医療機関Bに 入院。 【移動ルート】 2月15日:大阪の『大阪京橋ライブハウスArc』で18:30〜21:00頃までいた 2月16日:同じライブ会場にいた。 【感染経路】 感染経路はわかっていません。 市内で確認された感染者との接触はなかったとのことなので、大阪でうつっていた可能性もありますね。 海外の渡航歴はないとのことです。 本人の行動、濃厚接触者については現在調査中とのこと。 50代女性(大阪府在住) 岐阜と大阪を行き来していたので、大阪で誰かと接触していればうつしてしまっている可能性がありますね。 【感染発覚までの症状】 2月23日:岐阜県で咽頭痛と悪寒の症状。 発熱はなし。 2月26 日:岐阜県内の医療機関で、感染者との濃厚接触者として検体採取となる。 2月27日:岐阜県で 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明し入院。 【移動ルート】 2月20日:岐阜到着。 大垣市に滞在。 24日の朝まで岐阜県の感染者(夫)と過ごしていた。 2月24日:朝、 岐阜県から大阪府へ電車で移動。 2月25日:朝、 大阪府から岐阜県へ電車で移動。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後はマスク着用していた。 岐阜県大垣市に住んでいる夫と過ごしていて、夫が感染していたので感染はそこからでしょうね。 夫の他に濃厚接触者がいないか、調査中とのこと。 30代女性(高知県在住) 他県なので、大阪とそんなに関わりはないですが。 2月15日〜16日の間、ライブの為大阪で過ごされています。 (ライブスタッフ) 【感染発覚までの症状】 2月13日:夕方から咽頭痛の症状。 2月14 日:病院で抗生物質を投与してもらい、回復する。 2月19日:この日も病院で抗生物質を投与。 2月21日:この日も病院で抗生物質を追加。 2月28日:倦怠感の症状が出た為、再受診。 肺炎と診断される。 新型コロナウイルスの陽性。 2月29 日: 入院。 【移動ルート】 2月15〜16日: 大阪の『大阪京橋ライブハウスArc』で18:30〜21:00頃までいた。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後マスクの着用はしていなかった。 同じライブのスタッフとして参加していた、 大阪と北海道で感染が確認された方とライブハウス内で軽い接触があったと思われますが、どちらから感染かはわからない状態です。 この方からうつったのでは?と言われていますが、確実なところはわかりません。 大阪在住の感染者が行った場所や移動ルート・感染経路は? では、大阪在住で大阪の病院に入院された方の移動ルートなどを見ていきたいと思います。 40代女性(大阪府大阪市在住) お住まいが大阪です。 大阪では、ガイドをされていたので結構色んな場所に行かれているんですよね。 経過観察となる。 1月21日:発熱治らず、もう一度東京都内の別の医療機関を受診。 胸部レントゲン写真で異常がなく、 またも経過観察となる。 1月22日:大阪に戻り、大阪府で医療機関を受診。 こちらでも経過観察となっています。 1月23日:症状改善がない為、保健所に相談し大阪府の医療機関を受診。 発熱、呼吸器症状および、胸部CT画像で肺炎と診断。 ようやく入院となりました。 1月29日: 新型コロナウイルスと診断され入院。 症状は咳のみとなりほぼ改善していた。 2月 1日:陰性の為、 退院。 2月19日:喉に違和感。 胸の痛み。 2月26日:検査を行い、 新型コロナウイルス陽性。 1月17日夕方〜1月22日:中国河南省からの別のツアー客の乗るバスにガイドとして乗車。 1月20日:医療機関受診。 この時から仕事中であってもマスクを着用していた。 【バスガイド・ツアー客の立ち寄った場所】 15日:大阪ベイエリア 16日:大阪城・市内中心部の繁華街・心斎橋周辺・奈良公園 17日:武漢から来ていた観光客は関西空港から出国 問題は、バスガイドさんが別のツアーに参加した 17日以降の移動ルートなんですが、こちらは情報がありませんでした。 全部公開して欲しいという声も上がっていますね。 【感染経路】 運転手の方と同じく、 武漢市からの観光客もしくはウイルスを貰ってしまっていた運転手の方からという可能性が高いかと思われます。 再度陽性になったことに関しては、府は 体内に残っていたウイルスが増殖をしたか、 ウイルスに再感染してしまったかどちらかの可能性という見解を示しているとのこと。 再感染するのは怖いですね。 家族で感染してしまったんですね。 【感染発覚までの症状】 2月20日:発熱と咳の症状。 2月21 日:頭痛の症状も出る。 2月26日:大阪府内の医療機関Aを受診。 2月27日: 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明。 大阪府内の医療機関Bに 入院。 【移動ルート】 2月15〜16日: 北海道で感染が確認された方と行動を共にしていた。 大阪の『大阪京橋ライブハウスArc』で18:30〜21:00頃まで。 2月17日:この日も同じ人物と行動を共にしていた。 2月20日:新幹線で大阪府外へ移動する。 2月21日:大阪府外から新幹線で大阪市内へ移動。 自宅に戻る。 2月22日:大阪府内にいた。 2月23日:大阪市内の自宅にいた。 2月24日:大阪市・枚方市にいた。 2月25日:自宅にいた。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後はマスク着用していた。 どちらが先かわかりませんが、 大阪在住で北海道で感染が確認された方との接触があるので、そこから感染した可能性もあります。 夫より1日前に症状が出ていたみたいです。 【感染発覚までの症状】 2月19日:咽頭痛・咳の症状。 大阪府内の医療機関Aを受診。 2月25 日:発熱、全身倦怠感の症状も出る。 2月27日:夫が感染していることが分かった為、濃厚接触者として大阪府内の医療機関Bを受診。 そのまま入院となる。 2月28日: 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明。 【移動ルート】 2月20日:大阪府内の医療期間Aを受診。 2月20日:大阪市内にいた。 2月21日:東大阪市の医療機関に勤務。 大阪市内にも行った。 2月22〜23日:大阪市内にいた。 2月24日:大阪市と枚方市に立ち寄る。 2月25日:大阪府内の医療機関Aを受診。 2月26日:大阪市内の自宅にいた。 2月27日:大阪府内で入院。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後はマスク着用していた。 夫が大阪在住で北海道で感染が確認された方との接触があるので、そこから感染した可能性が高いかもしれません。 夫より1日前に症状が出ていたみたいです。 【感染発覚までの症状】 普段から鼻水はあった。 2月27日:父がが感染していることが分かった為、母と同様に濃厚接触者として大阪府内の医療機関Bを受診。 そのまま入院となる。 2月28日: 新型コロナウイルス感染症の検査を実施。 陽性と判明。 【移動ルート】 2月19〜20日:大阪市内にいた。 2月21日:東大阪市と大阪市内にも行った。 2月22日:大阪市内にいた。 2月23日:大阪市内の自宅にいた。 2月24日:大阪市と枚方市に立ち寄る。 2月25日:大阪市内の自宅にいた。 2月26日:大阪市内にいた。 2月26日:大阪府内で入院。 【感染経路】 海外渡航歴なし。 症状が出た後はマスク着用していた。 父 が大阪在住で北海道で感染が確認された方との接触があるので、そこから感染した可能性が高いかもしれません。 50代男性(大阪府大阪市在住) 札幌の感染者の方と濃厚接触があった方です。 【感染発覚までの症状】 2月22日:発熱の症状。 2月25 日:府内医療機関Aを受診。 2月29日:府内医療機関Aと府内医療機関Bを受診。 3 月 1日 :咳の症状。 新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関Cを受診。 自宅待機。 3 月 2日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関Dで入院。 【移動ルート】 【追記】 この方の情報にはなかったのですが、 他の感染者の方がこの方と21日に接触。 23日にはライブの関係者として大阪のライブハウス (Soap opera classics -Umeda)で接触があったとのことなので、23日にライブに参加していたのでしょう。 他、移動ルートは現在調査中。 【感染経路】 2月25日に 札幌市で感染が判明した大阪府民の方と 2月18日に接触があったとのこと。 この札幌で判明した感染者の方は、大阪のライブハウスに行かれていた方ですね。 更に、 6 人目の方とも2月22日に接触があったようです。 40代女性(大阪府大阪市在住) 大阪府在住の方で、大阪のライブに参加されていました。 【感染発覚までの症状】 2月24日:発熱の症状。 2月25 日:府内医療機関Aを受診。 2月29日:府内医療機関Aを受診。 3 月 1日 :咳、喉の違和感の症状が出る。 新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関Cを受診。 自宅待機。 3 月 2日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルスの陽性。 府内医療機関Dで入院。 【移動ルート】 2月16日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 その他移動ルートは現在調査中。 【感染経路】 2月16日に大阪のライブハウスArcのライブに参加し、2月22日に5 人目の方と接触したとのことなのですが、感染経路はわかっていません。 50代男性(大阪府枚方市在住) 3/4に感染が確認された茨木市のイオンで勤務されていた方の夫。 【感染発覚までの症状】 2月23日:発熱の症状。 2月27 日:熱が下がらない為、府内医療機関Aを受診。 3 月 2日 :発熱。 肺炎と診断。 喉の痛み。 府内医療機関Aを受診。 新型コロナ受診相談センターに相談し、自宅待機。 3 月 3日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルスの陽性。 府内医療機関Bで入院。 【移動ルート】 2月23 日:枚方市内の職場に出勤。 2月23 日:枚方市内の自宅で療養する。 2月24〜25日:自宅で療養。 2月27 日:府内医療機関を受診し自宅療養。 2月28日〜3月1日:自宅療養。 3月2日も府内医療機関を受診し、自宅療養して3日に入院となった。 その他のルートに関しては調査中。 【感染経路】 感染経路まではわかっていません。 濃厚接触者に関しては、職場と家族を調査中。 4 0代女性(大阪府大阪市在住) 大阪のライブハウスに行かれている方ですね。 保育士さんです。 【感染発覚までの症状】 2月26日:腰痛の症状で鎮痛剤を飲み、29日まで服用していた。 3 月 1 日 :発熱の症状が出る。 3 月 2日 :発熱と鼻水の症状。 新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関Cを受診。 自宅待機。 3 月 3日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルスの陽性。 府内医療機関Cで入院。 【移動ルート】 2月15日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 2月26〜28 日:大阪市内の保育所に出勤。 2月29日:行動調査中。 3 月 2 日 :府内医療機関を受診。 自宅待機。 3月3日に入院となった。 その他のルートに関しては調査中。 【感染経路】 2月15日にライブハウスに行かれているので、そこから感染した可能性が高そうです。 保育所の職員、園児については健康観察中とのことです。 【感染発覚までの症状】 3 月 3日 :ご自身で検査をご希望され、新型コロナ受診相談センターに相談。 府内医療機関を受診し、自宅待機。 3 月 4 日 :PCR検査で、 新型コロナウイルスの陽性。 府内医療機関へ入院。 【移動ルート】 2月15〜16日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 【感染経路】 2月15〜16日にライブハウスに行かれているので、そこから感染した可能性が高そうです。 【感染発覚までの症状】 2月23 日:倦怠感と発熱の症状。 熱は24日には下がった。 3 月 2 日 :新型コロナ受診相談センターに相談。 3 月 3日 :府内医療機関を受診し、自宅待機。 3 月 4日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 2月15〜16日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 2月23 日:岸和田市内に滞在。 2月24〜28日:府外の医療機関に出勤。 2月23 日:自宅。 3 月 1〜2 日 :府外の医療機関に出勤。 3 月 3日 :自宅待機。 【感染経路】 2月15〜16日にライブハウスに行かれているので、そこから感染した可能性が高そうですね。 ライブハウスの関係者として参加されています。 【感染発覚までの症状】 2月20 日:鼻水の症状。 3 月 3 日 :微熱の症状。 新型コロナ受診相談センターに相談。 府内医療機関を受診し自宅待機。 3 月 4日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 2月16日: 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 2月19 日: ライブハウス(Soap opera classics -Umeda)に参加。 2月21日:府内5人目の方と接触。 2月23 日:府内5人目の方と ライブの関係者として ライブハウス (Soap opera classics -Umeda)接触。 3月3日に病院を受診、4日に入院となりました。 【感染経路】 2月16日に感染者がいたライブハウスに行かれているので、そこから感染した可能性が高そうですね。 【感染発覚までの症状】 2月25 日:発熱の症状。 26日までは熱が出ていた。 2月27 日:府内医療機関を受診。 2月28 日:また発熱。 2月29 日:府内医療機関を受診。 3 月 2 日 :府内医療機関を受診。 3 月 3 日 :新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関を受診。 自宅待機。 3 月 4 日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 2月22日:友人と食事。 友人は16日に 大阪京橋ライブハウスArcでライブに参加していた。 2月23 日: ライブハウス(Soap opera classics -Umeda)に客として参加。 2月24日:泉佐野市内に滞在。 その後医療機関を受診し、入院となりました。 【感染経路】 2月16日に感染者がいたライブハウスにお友達の方が行かれています。 そして、23日はご本人がライブハウスに行かれています。 どちらかから感染したかはわかっていません。 【感染発覚までの症状】 症状は公開されていませんでした。 濃厚接触者の方なので、症状はなかったのかもしれませんね。 3 月 4 日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 情報がありませんでした。 【感染経路】 感染経路はわかっていませんが、感染者との接触があった方なのでそこから感染した可能性もありますね。 茨木市イオンで勤務。 【感染発覚までの症状】 3 月 4 日 :鼻水、くしゃみの症状。 濃厚接触者としてPCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 2月23・29 日:9:45〜18:45 イオンスタイル茨木 JR で『ソーダストリーム』炭酸水の試飲業務。 2月28 日:10:00〜17:00 イオンスタイル新茨木 阪急 で試食販売業務。 【感染経路】 感染経路はわかっていませんが、ご主人が感染されているのでそこから感染した可能性もありますね。 どこから感染したのでしょうか。 【感染発覚までの症状】 2月23 日:頭痛、関節痛、下痢の症状が出る。 2月24 日:発熱。 3 月 3 日 :新型コロナ受診相談センターに相談し、府内医療機関を受診。 自宅待機。 3 月 4 日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関で入院。 【移動ルート】 移動ルートは現在調査中。 【感染経路】 感染経路はわかっていません。 この方もおそらく保育士さん。 【感染発覚までの症状】 2月28 日:発熱の症状。 府内医療機関Aを受診。 2月29 日と3月2日:熱が下がらず、府内医療機関Aを受診。 3 月 3 日 :府内医療機関Bを受診。 新型コロナ受診相談センターに相談し、PCR検査を実施。 自宅で待機。 3 月 4 日 : 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関Cで入院。 【移動ルート】 2月28 日:大阪市内の幼稚園に出勤。 この日に発熱している。 【感染経路】 感染経路はわかっていません。 28日に出勤した幼稚園のの職員がや園児や家族を調査中。 【感染発覚までの症状】 2月17 日:発熱と下痢の症状。 2月18 日:呼吸困難。 2月19 日:府内医療機関Aを受診。 肺炎と診断される。 府内医療機関Bに入院。 3 月 3 日 :検体採取。 熱は下がらず。 3 月 4 日 :PCR検査を実施し、 新型コロナウイルス陽性。 府内医療機関Cで入院。 【移動ルート】 移動ルートは現在調査中。 【感染経路】 感染経路はわかっていません。 2月17日〜22日:他に22人の団体での旅行で 大阪に訪れていた。 大阪のどこかまではわかっていない。 2月28日:台湾で感染確認。 下船から14日間は、府が独自に46名の健康状態について1日2回確認を求めるようです。 大阪ではないですが下船された方の中にも、感染されていた方もいらっしゃいましたので、今後もまだまだ気が抜けないですね…。 更に!!2月23日の大阪府の発表では、 2月19日下船者のうち3人が、船内での感染防止策が講じられて以降 2月5日以降 に 検査が行われていなかったとのこと!! 3人に関しては府が検査を行うとのことでした。 検査漏れもそうですが、下船直前でうつってしまっている可能性も高い為、下船された方も不安でしょうね…。 自宅待機とのことですが、報道では普通の生活を送っている方もいるようで、気休めかもしれませんがマスクは手放せない状況かと思います。 搬送された10名は、どこの県民なのかまでは報じられていなかったので、大阪の方ではない可能性もあります。 なかなか受け入れ場所が少ないのが現状ですからね…。 10名は、横浜港から病院までバスで搬送されたそうです。 入院先の病院はどこ? 入院先はどこなのでしょうか? 個人情報の観点から、病院の情報公開はされていませんでしたが、ネットの声も合わせてここかもしれない!という場所をみていこうと思います。 新型コロナウイルスは『指定感染症』というカテゴリーに1月28日に指定されました。 ということは、入院されたのは『特定感染症医療機関』もしくは『第一種感染症指定医療機関』のどちらかになるかと思います。。 ですが、実は奈良県では『第一種感染症指定医療機関』しかありません。 そしてそれも一箇所しかないんです。 それは、 『奈良県立医科大学附属病院』です。 ここ以外ないので、入院先はおそらくここではないでしょうか。 そして、最初に受診された病院ですが、こちらの画像を開いてみて下さい。 今のところ、奈良県ではこの方以外の発症がないのでおそらく1度目に受診された病院はここではないかと思います。 時期も一致しますね。 症状が緩和していた為、入院せず経過観察となったようです。 受診した病院ですが、奈良県から保健所に相談されているので指定された病院に行っている可能性が高いです。 千葉県ですと、特定感染症指定医療機関・第一種感染症指定医療機関合わせて『成田赤十字病院』しかありません。 第二種感染症指定医療機関は22件もあるので、そちらの場合はわかりませんが、おそらく指定病院の 『成田赤十字病院』に行かれた可能性が高いですね。 もう1つの入院先の病院ですが、『特定感染症医療機関』もしくは『第一種感染症指定医療機関』どちらかになります。 和歌山では、調べてみたところ特定感染症医療機関がなく『第一種感染症指定医療機関』のみとなっていたので、おそらく 『日本赤十字社 和歌山医療センター』に入院されている可能性が高いかと思われます。 北海道は、『第二種感染症指定医療機関』がかなり多いのでそちらの場合は特定が難しいですが、おそらく市立札幌病院ではないかと思われます。 詳しくはこちらに書かせて頂いています。 ですが、この時期になってくると『第二種感染症指定医療機関』への受け入れもしているはずなんですよね。 『第二種感染症指定医療機関』で感染病床がある病院(結核病床は含まない)は、 『岐阜赤十字病院』以外ですと、 ・大垣市民病院 ・岐阜県厚生農業共同組合連合会 中濃厚生病院 ・岐阜県立多治見病院 ・岐阜県厚生農業共同組合連合会 飛騨医療センター久美愛厚生病院 となっています。 大垣市にお住まいの夫と過ごしているので、おそらく 『大垣市民病院』の可能性が高いかと思います。 そして、『第二種感染症指定医療機関』は上記の高知医療センターを合わせて5つ。 ・高知県立幡多けんみん病院 ・独立行政法人国立病院機構 高知病院 ・高知赤十字病院 ・高知県立あき総合病院 この中で、感染病棟があるのは 『高知県立幡多けんみん病院』です。 その他の病院は、結核病床はありますが感染病床がありません。 なので、おそらくこの2つのどちらかの可能性が高いですね。 『りんくう総合医療センター』も指定医療機関ですが、大阪市内ではありません。 先程も話した通り、新型コロナウイルスは『指定感染症』というカテゴリーに1月28日に指定されました。 この指定により、チャーター機で帰国した方々も搬送された『第一種感染症指定医療機関』という指定のある病院へ入院されたことが考えられるんですよね。 特定感染症医療機関の病院であれば市外にもありますが、大阪市内ですと第一種感染症指定医療機関しかありません。 となると 『大阪私立総合病院センター』しかないのでここが濃厚であることは間違いなさそうです。 ただ、東京で受診された診療所まではわかりませんでした。 5〜16人目の感染者の方は、どこに入院されているのでしょうか? 家族で感染されてしまった3人の方は、同じ病院に入院された可能性が高いですね。 そして、全員府内の病院とのこと。 大阪府内で 特定もしくは第一種の感染症指定医療期間となっているのは、 ・りんくう総合医療センター ・大阪私立総合医療センター ・堺市立総合医療センター この3つです。 そして、上記が空いていなかった場合『第二種感染症指定医療機関』で入院されている可能性があります。 大阪で第二種で 感染病床があるのは、 ・市立豊中病院 ・市立ひらかた病院 この2つ。 府内の病院となっていて幅が広いので、確定は難しいですがおそらくこの5つの病院のどこかではないかと思います。 ただ、 感染病床に空きがなくなってしまった場合、 結核病床がある第二種感染症指定医療機関に入院となる場合もあります。 結核病床がある病院がどの病院なのかは 下の『クルーズ船』の項目で書かせて頂いています。 大阪で 特定もしくは第一種の感染症指定医療期間となっているのは、 『第二種感染症指定医療機関』とされている病院 【感染病床有り】 ・市立豊中病院 ・市立ひらかた病院 【感染病床・結核病床有り】 ・地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター 【結核病床のみ】 ・一般財団法人 大阪府結核予防会 大阪病院 ・医療法人 仁泉会 阪奈病院 ・大阪市立十三市民病院 ・独立行政法人国立病院機構 近畿中央呼吸器センター 【感染・結核病床なし】 ・独立行政法人国立病院機構 大阪刀根山医療センター ・高槻赤十字病院 まとめ どんどん広がっていく感染者の数。 4名も亡くなられていますね。 今まで、死者が日本で出なかったので不安になった方も多いのではないでしょうか? ただ重症化してしまう場合は、持病がある方や高齢の方ということなので、それ以外の方は今のところそんなに心配はしなくても大丈夫とのこと。 ですが、自分が発信源になってしまう場合もあるので、手洗いうがい・マスクは必ずするようにしましょう! 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

新型コロナ対策「大阪方式」が素晴らしい!感染者を明確に4段階にわけ、ガラガラのホテルまで隔離施設に活用: J

コロナ 大阪 感染 者

新型コロナウイルス感染症( COVID-19) は、 2019 年 12 月、中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、感染が国際的に拡がりを見せています。 世界保健機関 (WHO) は、 2020 年 1 月 30 日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態( PHEIC) 」、3月11日に「世界的大流行(パンデミック)」を宣言しました。 日本では、 2 月 1 日に指定 感染症および検疫感染症に指定されました。 4月7日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、緊急事態宣言が発出され、大阪府は感染拡大警戒地域に指定されました。 5月21日に解除されましたが、自粛要請・解除などの対策を段階的に実施する大阪モデルをふまえ、 6 月 1 日以降は、全ての施設の休止要請が解除されました。 これまでの知見より、 主な感染経路は飛沫感染や接触感染です。 臨床的な特徴として、潜伏期間は 1~14 日(平均 5~6 日)で、その後、発熱や呼吸器症状、全身倦怠感等の感冒様症状が 1 週間前後持続することが多いと報告されています。 一部のものは、呼吸困難等の症状が現れ、肺炎を呈します。 発病者の多くは軽症ですが、高齢者や基礎疾患等を有する者は重症化する可能性があります。 感染の再拡大を防ぐには、手洗い、咳エチケット、3密(密閉、密集、密接)の回避など「新しい生活様式」の実践、感染者の早期探知、封じ込めが重要です。 新型コロナウイルス感染症 週別陽性者数 (2020年第23週 [6月1日~6月7日] までの集計) 新型コロナウイルス感染症 年齢階級別 累積陽性者数 (2020年第23週 [6月1日~6月7日] までの集計).

次の