立川マシマシ古河125号店 茨城県古河市。 立川マシマシ古河125号店 [古河市/ラーメン]【いばナビ】

立川マシマシ古河125号店│ラーメン魂!

立川マシマシ古河125号店 茨城県古河市

目次 タップできる• 立川マシマシ古河125号店 旧4号線から125号線を東に1. 7km、ジョイフル本田の店舗を目標に走るとわかりやすい。 その先、右手にある大人の遊技場の駐車場奥に建つ立川マシマシ古河125号店。 古河駅から4kmほどと、車での訪問を推奨するお店。 駐車場 駐車場は大人の遊技場の駐車場内だけにたくさんある。 店舗周辺に駐車すれば間違いないが、店舗周辺が空いてなかったら他の空いてる場所に停めても問題なさそうだ。 その辺は結構あいまいなので気にしなくても平気かもしれない。 店内 店内入るとすぐ左手に券売機。 その左隣にセルフ給水機があるので、席に座る前にまずここで水を手に入れるといいだろう。 コップは大きめなので何度も席を立たなくても済むので助かる。 一番奥が席番号1番なので、店内に案内されたら一番奥側に空いてる席にすわる。 ちなみに席の後ろは人が1人歩ける程度の隙間しか空いていない。 奥に見える扉はトイレ。 備え付けの味変アイテムも充実。 立川マシマシ古河125号店の並び方 お店の前にはテントが設置されていて、3名ほど座れるベンチがコの字に3脚、テント外に3脚ほど並んでいる。 よほど行列が長くならない限りは座ってゆっくり待つことができる。 ただ、雨が降っている場合はテント外に並ぶことになる場合も考慮しておくといいだろう。 列に並ぶ前にまず店内券売機で食券を購入する。 食券購入の際には入ったらちゃんと入り口を閉め、出る時にもちゃんと閉めることを忘れずに。 夏場などは特に入り口全開で食券を買われると色々と不都合が生じることになる。 もちろん店内に呼ばれた時も入ったらちゃんと閉めてから席に移動するといいだろう。 順番が近くなると人数を聞かれてから店内に案内されることとなる。 立川マシマシのオーダーの仕方 席に着いたらまずは上部カウンターに食券を置く。 もしポイントカードを持っているなら、この時に一緒に置くといい。 メニューによっては、とうがらしをかけていいかどうかも聞かれたりするので、慌てずに答えよう。 無料トッピングなどは提供寸前に聞かれるので、その時に宣言すればいい。 ちなみに無料トッピングはこんな感じ。 くれぐれ食べられる量でオーダーしよう。 初めての人はマシ、マシマシは控えよう。 立川マシマシ古河125号店のメニュー 立川マシマシ古河125号店のメニューはこんな感じ。 注文する前にビジュアルと量の目安で判断し、無理のない範囲で食券を購入しよう。 ラーメン ・ミニラーメン 150g 700円 ・小ラーメン 200g 750円 ・中ラーメン 300g 800円 ・大ラーメン 400g 900円 ・ヒーヒー麺 ミニ150g・小200g・中300g 950円 ・ 200g~500g 950円 つけ麺 ・小つけ麺 300g 900円 ・中つけ麺 450g 950円 ・大つけ麺 600g 1,050円 汁なし麺 ・小汁なし麺(300g 900円 ・ 450g 950円 ・大汁なし麺 600g 1,050円 ライス ・ 350g~700g 750円 ・ EXV オリーブオイル仕様 マシライス 350g~700g 850円 ・デラックスマシライス 350g~700g 850円 ・焼肉重 350g~700g 950円 ・タルタル焼肉重 350g~700g 1,100円 ・ 350g~700g 1,200円 ・ スーパーヘルシーセット 350g~700g 1,150円 ・ ライス 100円 トッピング ・豚マシ 250円 ・豚マシマシ 450円 ・味玉 100円 ・生卵 50円 ・うずら 150円 ・魚粉 100円 ・タルタル 150円 ・粉チーズ 150円 ・にらキムチ 150円 ・玉ねぎ 100円 ・大盛りもやし 150円 ・麺マシ 150g 100円 ・マシルー マシライスのルー 250円 ・ハーフマシライス 350円 持ち帰り ・マシライス弁当 350g~700g 750円 ・持ち帰り豚 1,100円 ・持ち帰りアブラ 500円 カスタマイズ ・グラム数〇g~〇g表記は指定 ・麺を麺と豆腐のハーフ&ハーフ、全豆腐に変更可能 ・マシライスを豆腐or麺に変更可能 ・つけ麺 中 、中汁なし麺は減麺可能 麺量目安 ・ミニ 普通盛りの0. 75倍 ・小 普通盛り ・中 普通盛りの1. 5倍 ・大 普通盛りの2. ちなみにティッシュは足元のゴミ箱へ。

次の

立川マシマシ古河125号店でガッツリ喰う!二郎系ラーメンだけじゃなくマシライスもオススメ!

立川マシマシ古河125号店 茨城県古河市

茨城県古河市は最近、二郎系ブームが来ています! これまでは古河市の二郎系ラーメン店はほとんどゼロに近い状況だったのですが、 有名店「立川マシマシ古河125号店」が2019年8月にオープンし、今回紹介する「Smart Pig(スマートピッグ)」さんも2019年9月にオープンしました。 個人的に二郎や二郎系ラーメンは昔から大好きなので、遠征する事が多かったのですが、近所に増えてきたので移動が楽になってきました! 今回紹介するSmart Pigさんの開店情報に気づかず、12月になってやっと行く事が出来ました。 二郎系大好きなのに情けない…。 夏頃に通りかかった時に店が出来る気配があったのを見たけど、まさか二郎系ラーメン店だったとは! という事で行ってきました!古河市の新二郎系ラーメン店「Smart Pig」 Smart Pigの場所は古河一高のすぐ近くです。 道を挟んで反対側には「カワチ薬局」「はま寿司」「たいらや」があります。 近いうちに行こうかと思います。 券売機付近にも2人は入れると思うので、店中の待ちは7~8人位は可能な感じでした。 並びに関しては、平日はあまり問題ないかも? 私が行った時は外待ちはありませんでした。 Smart Pigの駐車場は店のすぐ隣のあさひ幼稚園前にあります。 場所は上の看板に貼ってありますが、店から見て3列目の5台分なので注意して下さい。 田舎とはいえ、カワチ、たいらやの駐車場の利用は迷惑になる可能性があるので推奨しません。 駐車場はこんな感じになっていました。 右側の2台停まっているあたりが駐車場です。 本物の二郎だと750円位ですね。 近場にある「立川マシマシ古河125号店」も中ラーメン300gで750円なので、個人店と比較するのは可哀想な気もするけど、二郎系はコスパも重要なので高めの価格設定が気になります。 Smart Pigで注目したいのは味噌ラーメンがあるという所。 二郎系の味噌はあまりないので貴重。 今回は食べていませんが、次回食べてみたいと思います。 古河の新二郎系はどうなんだい!さっそく食べてみた 2019年12月某日の昼時。 店内は学生多め(近くに古河一高がある)でした。 待ちも含めて10人位いたので人気店になってきているようです。 まずは基本の「ラーメン中300g」を食べてみる。 トッピングはどこでも大体同じなんですが、野菜、にんにくにしました。 Smart Pigさんはラーメンの場合、野菜、にんにく、あぶらがトッピングできます。 「やさいを少し増してにんにくを入れる」という意味です。 やさいコールをしなくても野菜は入っています。 もちろん、にんにんくを入れない、やさいを少なくするという事も可能です。 スマートピッグさんは店も綺麗ですがラーメンも綺麗ですね。 ワンオペで頑張っていた店長さんの几帳面さが出ている気がします。 味の方はマイルドな二郎系?という感じでした。 本店のガツンと来る様な獰猛な感じではなく、優しい二郎という感じ(笑) スープがマイルドすぎるというか、麺もあまりマッチしていないと思った。 全体的に雰囲気二郎という感想です。 これ位マイルドな方が女性でも入りやすいし、二郎系入門編には丁度良いのかもしれないですね。 個人的にはガツンと来る濃い目が好きなのでイマイチですね。 色々二郎系を食べてきていますが、点数を付けるならかなり低くなりそう。 比較対象が二郎の中でもトップクラスの栃木二郎、インスパイア系でもかなり美味い部類の加須の藤ろうなので辛めでごめんなさい。 そのうち書くけど、三和の中華そば秀も店長に問題はあるがかなり美味いです。 同じ新店だと上辺見の新しい店「らーめんキッチンNo. 31」の方が上かなあ。 二郎系だと言うなら見た目を似せるだけじゃなく本物を超える位のラーメンを作って欲しいと思います。 正直に書きすぎな気もしますがあくまで個人の感想なので、気になる方は食べてみて下さい。 あとラーメンの味とは関係ないけど、イスの高さが足りない気がする。 私は短足なので座高は高い方ですがそれでもテーブルの位置が高く感じました。 これ女性とか背の低い人はもっとそう感じるんじゃないかなあ。 無料トッピングはこんな感じ。 こちそうさまでした! 写真は少し残っている状態だけど当然この後全部食べました。 次回は味噌ラーメンを食べてみたいと思います。 今の所、昼営業のみのようです。 店内は換気の為、ドア、厨房奥の扉、窓を空けており風通しが良くなっていました。 店内並び用のイスも無いので満席の場合は外待ちになります。 日曜に店の前を通った時は7~8人の並びが発生していたので土日祝は待つ事になる可能性が高いと思います。 今回もラーメン中300g(850円)をチョイス 味噌を食べるという選択肢もあったけど、5ヶ月ぶり位なので同じラーメンで味の確認をしてみました。 感想は、ディスってるわけじゃないけど、やっぱりマイルド二郎系だなと。 麺が独特で蕎麦みたいな食感。 スープは以前食べた時はイマイチかなーと思っていたけど、今回は結構良い感じでした。 麺の相性があまり良くない気がするのは変わらず。 まぁでも初回よりは美味いと思いました。 (店主の腕が上がった?) イスの高さがやっぱり低く感じるんだよなーこれは変わらず。 豚も標準的な出来。 全体的に悪くないけど、31らぁめんの方が美味いと思う。 「らーめんキッチンNo. 31」はスマートピッグから距離もそんなに離れていないし、いつでも大体空いているので是非食べてみて下さい。 31らぁめん中300gで790円(税込)です。 個人的には点数を付けるなら31は10点満点中8. 5、スマピは6. 5位ですね。 googlemapのレビューがゴミすぎる件 スマピだけじゃないけど、レビュー数が多いだけのカスのレビューが最上位に出てくるのが邪魔。 壬生(栃木二郎)は具合が悪くなるけどこっちも同じとか営業妨害にも程がある。 それは単にあんたが二郎系が合わないだけだし。 スマピの方がまだマシとか何言ってるんだこいつは。 そのへんのスーパーとか寺とか何でも構わずレビューしてるだけのキチガイを上位表示するのではなく、デフォルトは総いいね数とかで上位表示するようにしてくれないかな。

次の

#古河市 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

立川マシマシ古河125号店 茨城県古河市

有名店立川マシマシが茨城県初上陸!立川マシマシ古河125号店は古河市の二郎系ブームを引っ張る存在! 今回は立川マシマシ古河125号店を紹介します。 立川マシマシは西東京を中心にした店舗展開を行っていますが、栃木県足利市に総本店があります。 2019年8月に茨城県に初進出を果たしました。 立川マシマシ足利総本店は10回位は行っていますが、とにかく美味いです。 麺、スープ、量全て文句を付ける所が全く無し。 個人的には二郎系インスパイア店の中でもかなり上位に入るのではないかとずっと思っていました。 (ただし店員がかなり無愛想なのでそこはあまり好きじゃない) しかし、足利は古河から行くにはさすがに遠いのでたまにしか行けないのが悲しかったのですが、古河に立川マシマシがオープンするという事を知って嬉しかったです。 2019年9月に古河店がオープンした事を知ったので行ってみましたが、正直イマイチ…。 チェーン店なので足利と食材は同じはずなのにこんなもんか?という感想でした。 具体的に何が原因とかは言えないけど、うーんという感じ。 それから何度か行ったけど、やはり何か足りないので記事を書かなかったという状況です。 ラーメンは変わらずだけど、マシライスが美味かったので記事を書きたいと思います(笑) 「立川マシマシ古河125号店」の外観、駐車場はこんな感じ 立川マシマシ古河125号店はパチンコ店の駐車場内にあります。 店舗はトレーラーハウス型になっており、店の前には並び用のテントが設置されています。 立川マシマシ立川総本店も同じ構造になっているので、わざわざ土地建物を用意する必要が無いので合理的ですね。 店の場所はパチンコ店の駐車場という事もありかなり広いので駐車に関しては全く問題なし。 オープン当初は割と並んでいたけど、今ではそれほど混雑していないので気軽に行けるのも良いです。 店情報 ・立川マシマシ古河125号店 ・営業時間 月~金11:00~15:00 18:00~23:00(LO 23:00) ・定休日 水 立川マシマシ公式twitter 立川マシマシ古河125号店の店内は? 立川マシマシ古河125号店はトレーラーハウスになっているので、横長の店舗になっています。 カウンター席のみ10席位。 2020年5月時点ではコロナ対策の為、席を空けて案内しているので同時に店内に入れる人数が半減しています。 なので混雑時は時間が掛かるかも。 店員は2~3名体制。 古河店の店員は挨拶がしっかりしているのでとても気持ちが良いです。 足利総本店は今は分からないけど、2019年に行った時は無愛想であまり良くない。 二郎系に接客を求める気は無いけど、自分の所のスタンプカードすら知らん顔するのはどうかと思う。 せっかく味は良いのにもったいない。 ・小ラーメン200g 中ラーメン300g 750円、大ラーメン400g 850円 ・中つけ麺450g 900円、大つけ麺600g 1000円 ・中汁なし麺450g 900円、大汁なし麺600g 1000円 ・マシライス(350~700g)750円 無料トッピング ヤサイ、アブラ(ニンニクは自分で入れるタイプ) 麺を豆腐に変更が可能。 麺と豆腐のハーフ&ハーフにする事も出来る。 この前行った時も値上げはしていなかったはず。 現在はほとんどのメニュー(全部?)が持ち帰り可能になっています。 立川マシマシのラーメンを喰らう!ハーフ&ハーフがお気に入り これは以前食べたラーメン中300gをハーフ&ハーフにしたもの。 麺を半分豆腐に出来るのでヘルシーになります。 ラーメンスープに浸った豆腐がなかなか美味いので気に入っています。 ハーフ&ハーフはつけ麺の方が好き。 豆腐が取りやすい様に穴あきレンゲが付いてきます。 立川マシマシはヤサイを増すととんでもない量になるので普通で十分でしょう。 ニンニクはトッピングを聞かれた時に言うのではなく、刻みニンニクの入った容器が卓上にあるので自分で好きな量を入れる事が出来ます。 麺はこんな感じの中太麺。 スープは濃い目。 美味いけど、立川総本店と比較すると何かが足りない。 スープの出来かな?店員のスキルの問題なんだろうか。 いまだに分からない。 立川マシマシ名物!マシライスが美味い! 立川マシマシと言えば、マシライスも有名です。 先日行った時にスープの調整中でラーメンが作れないという事だったので、久しぶりにマシライスを食べてみました。 ライスの量は350g~700gを選ぶ事が出来ます。 (今回は350g) 700gあれば大抵の人は満腹になるでしょう。 この油感が好きな人にはたまらない。 もやしスープも付いてくる。 醤油ベースに豚の旨味と香りを加え、ニンニク、唐辛子を混ぜ合わせた甘辛の餡をご飯と一緒に食べると無限に食べられます。 生卵を混ぜると味変して飽きないし、紅生姜もとても合う。 かなり美味いのでラーメンより良いかもしれない(笑) 以前食べた事もあるけど、あらためて食べてみても美味いですね。 テイクアウトで買う人が多いのも納得。 ミニラーメン150g(750円)、ハーフマシライス(350円)のセットもオススメ。

次の