欅坂46 イジメ集合写真。 今泉佑唯を卒業に追い込んだ「いじめファイブ」ファンにも有名?

元欅坂46・今泉佑唯イジメ事件 主犯格グループが鬼の形相で睨み付ける「卒業写真」

欅坂46 イジメ集合写真

今泉佑唯のいじめ問題で新たな問題発覚 文春デジタルほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。 4月13日に「週刊文春デジタル」が報じた欅坂46のイジメ事件で、元メンバー・今泉佑唯(20)の脱退理由が他の複数メンバーからのイジメにあり、主犯格は、同グループの中心メンバー・平手友梨奈(17)を崇拝するA子~E子の5人だったことが波紋を広げている。 今泉が昨年11月にグループを卒業する際、卒業セレモニーを兼ねた握手会が開催されたが、メンバーが卒業する際にプレゼントされるのが通例だという花や手紙は今泉には贈呈されなかった。 メンバー全員と集まったファンたちで撮った集合写真のみが、今泉への卒業の記念品となった。 今泉の近親者はこう証言する。 にもかかわらず、今野氏はなかなか対応にあたらなかった。 4月15日、今野氏を電話で直撃したが、「広報を通してください」の一点張り。 質問状を送ったが期日までに回答はなかった。 4月18日(木)発売の「週刊文春」では、根本的なイジメの問題には目を向けず、卒業を涙の美談に仕立て上げることを当の今泉にも強要した、運営の問題体質などについて詳報している。 出典: スポンサーリンク 今泉佑唯さんについて こちらが、卒業を発表された今泉佑唯さんのプロフィールです。 2017年12月12日には、ファッション誌「ar」のレギュラーモデルに就任するなど、歌やアーティスト、アイドル活動以外にも精力的に活動をしていたのですが、2017年は愛聴不良による活動休止が多く、ファンの皆さんからは心配する声が上がっていたほどでした。 欅坂46のデビュー曲であり、若者に大人気の「サイレントマジョリティー」では、ポジション最前列のフロントを務めるなど、そのキュートなルックスとは裏腹な抜群の歌唱力でファンの皆さんを魅了し続けていました。 また、欅坂46のデビュー2周年ライブでは、不在だった絶対的センターの平手友梨奈さんに替わって小林由依さんとともにシングル曲「ガラスを割れ!」のセンターを務めるなど、存在感を発揮しており、グループ内には欠かせない存在でもありました。 スポンサーリンク 欅坂46いじめ事件の加害者とは? では、欅坂46でいじめをしたとされるA子〜E子は一体どの様な人物なのでしょうか? Twitterによれば、以下の様な情報が公開されております。 今泉が年末の音楽番組に出演しなかった理由。 当時平手の調子がわるく笑顔でパフォーマンスできていなかったことに対して、今泉が、センターなのにそれができないのか、自分なら…ということをかなりきつい口調で平手本人に言っていたことがあった。 一度ではなかった。 続く — o o91249635 続き それに対して、上村、齋藤、守屋、佐藤、志田といったメンバーが今泉をたしなめたところ、 それによってグループ全体の雰囲気が悪くなり、平手は責任を感じたようでパフォーマンスできるかできないかのところまで落ち込んでしまった。 続く — o o91249635 続き2 スタッフでメンバー全員に聞き取り調査をしてそういう状況がわかり、かつ年末の特番は何としても平手を良い調子で出させる必要があったので、 苦肉の策として今泉を外すことがトップダウンで決定された。 — o o91249635 上村莉菜 出典: 齋藤冬優花 出典: 守屋茜 出典: 佐藤詩織 出典: 志田愛佳 出典:hustlepress 今泉さんは欅坂46時代に何度か活休と復活を繰り返しているのですが、その中で「今の欅坂に自分の居場所を感じられていない」「話にもついていけず、自分がどこにいればいいのかわからない」「楽屋に入った瞬間、みんなの視線が気になる」といったコメントを残していることでも知られております。 そのいじめの元凶が上記に挙げた5人ではないかと言われているのです。 スポンサーリンク 卒業写真とは? では、問題の卒業写真とは一体どの様なものだったのでしょうか? こちらがその画像です。 出典: 上段にいる柿崎芽実さんから左は日向坂46で欅坂46のメンバーは菅井友香さん、鈴本美愉さん、尾関梨香さん、渡邉理佐さん、土生瑞穂さん、佐藤詩織さん、上村莉菜さん、小池美波さん、下段にいる加藤史帆さんから左は日向坂46のメンバー、そこから欅坂46は米谷奈々未さん、今泉佑唯さん、齋藤冬優花さん、守屋茜さん、石森虹花さん、小林由依さん、織田奈々さん、長沢菜々香さん、渡辺梨加さんとなっています。 この中で、撮影の際、A子はなかなか写ろうとせず、B子は佑唯と距離を取り、鬼の形相でカメラを睨み付けているとされているA子はおそらく、上段右で長沢さんの影に隠れている上村莉菜さんであり、B子は今泉佑唯さんの隣にいる齋藤冬優花さんなのではないかと言われております。 スポンサーリンク 壮絶ないじめ!女の嫉妬は怖い イジりとかそういう次元じゃないです。 ただのイジメ 出典:yahoo 欅坂46の1期生オーディションに合格し、「ずーみん」の愛称で人気を得た今泉佑唯さんですが、彼女もいじめの被害者と噂されました。 出典:yahoo 2018年11月に欅坂46を卒業されました今泉さんは、お兄さんの報告によって壮絶ないじめがあった事が明らかとなりました。 「死ね」などの暴言は勿論、化粧品や靴下の片方だけ隠されるなど、エレベーターでは一人だけ乗せてもらえない、などの壮絶ないじめを体験されており、さらには2017年に体調不良から活動を一時休止している際も「戻ってこなくていいよ」など人とは思えない罵言雑踏が飛び交い、「私たちが作り上げた欅坂を壊している」など根も葉もない言葉を浴びせられていたのです。 いじめがあった事も問題でしたが、もっと驚くべき問題は運営がいじめを認知していたという事です。 今回の事件が公になると運営側も「首謀者5人」を解雇させるという約束でしたが、その約束は叶わず悔しい結果となってしまいました。 元「欅坂46」で女優の今泉佑唯(20)が、2018年に同グループを卒業した理由が、複数のメンバーから受けていた陰湿なイジメにあったことがわかった。 今泉の家族や近親者、親友などが「週刊文春デジタル」の取材に答えた。 今泉の実兄が証言する。 「ファンの間では、平手友梨奈さん(17)や志田愛佳さん(20)との不仲が噂されているようですが、彼女たちは『よき相談相手だった』と妹から聞いています。 妹が注目を浴びるのが許せなかったようです」(今泉の兄) イジメの主犯格はA子~E子の5人。 今泉は2017年4月13日、体調不良を理由にグループの活動を一時休止。 同年8月復帰をしたものの、2018年にグループを卒業したが、イジメは2017年の復帰から2018年に卒業するまで約1年半にわたって続いたという。 出典: まだ動画見てない奴の為に貼っとく 「A子は復帰した妹が注目されるのが許せなかったのでしょう。 妹は4カ月間グループを抜けていた負い目もあり、 2周年公演のとき、A子、B子に謝りのLINEを送ったと聞いています」(同前) 数日後、今泉は2人の会話を聞いてショックを受けた。 B子「そういえば今泉から連絡きたんだよね」 A子「そうなんだ。 私LINEブロックしているから分からなかった」 兄と共に当時、今泉から相談を受けていた親友が証言する。 「(今泉の)化粧品や靴下が片方だけ隠されたり、私物がなくなることはたびたびあったようです。 帰りに上の服がなくなり、スタッフから借りたことも聞きました。 とあるCMの撮影のときも、 D子に楽屋の鍵を閉められ、外に締め出されたことがあった」 市ヶ谷にある所属事務所では、エレベーターに今泉が乗り込もうとする際、「閉」ボタンを連打しながら、 ケラケラと笑うメンバーの姿が目撃されている。 2018年3月、音楽番組「シブヤノオト」(NHK)でのことだ。 「A子には『私たちが報われないじゃん!』と暴言を吐かれ、 平手さんと仲のいいB子には『平手が築きあげた欅をお前が壊している』『今泉がいなきゃよかった』と面罵された。 A子やB子は涙を流して怒りを露わにしていたそうです。 C子、D子、E子も話に乗っかって、後半は『早く辞めろ』『死ねよ』などと面と向かって言われた。 佑唯の顔色は日に日に悪くなっていきました」(同前) 出典: こうしたいじめの事実がありながら、運営側がひた隠しにしているのは明らかに問題でありますし、アイドルという女性が憧れる職業で行われるのは最悪の出来事で決してあってはいけないことです。

次の

元欅坂46・今泉佑唯イジメ事件 主犯格グループが鬼の形相で睨み付ける「卒業写真」

欅坂46 イジメ集合写真

新2期生のブログはおもしろいな ツイッターの反応 玲ちゃんを救ってくれてありがとうエキセントリック。 — い っ の ー🌱 inoNERU75hikaru 玲ちゃんのブログめっちゃ心に響いた。 カテゴリー• 5,276• 2,969• 2,049• 1,460• 1,011• 692• 4,515• 357• 739• 494• 612• 665• 574• 1,004• 498• 366• 700• 1,434• 550• 682• 652• 470• 1,714• 852• 341• 786• 1,110• 1,185• 100• 102• 109• 271• 156• 135• 221• 159• 355• 205• 313• 193• 593• 528• 411• 308• 265• 166• 195• 251• 164• 483• 187• 236• 180• 195• 160• 329• 209• リンク• [ アンテナサイト ]• [ まとめサイト ]•

次の

欅坂46のメンバー内で悪質ないじめ?その真実は?

欅坂46 イジメ集合写真

長濱ねるが卒業した理由は、本人も明らかにしていないので、真実を知ることはないと思います。 また、平手友梨奈がいじめの主犯格であるというところについて、1部情報ではありますが、彼女は、欅坂46内で神格化されていたという話があります。 また、本来は、グループ内で知っていなくてはならないような大切な情報が、彼女だけ知らなかったという事実もあります。 具体例で言うと、欅坂46カフェについて、彼女だけ何も知らなかったというのがラジオで明らかになっています。 文春の記事をよく読むと、平手友梨奈がいじめの主犯格であったのではなく、平手友梨奈を神格化したいわゆる平手派の人間がいじめをしていたという考えに辿り着くでしょう。 また、記事や動画でもいじめファイブという言葉をあげています。 今泉は、いじめファイブによりいじめられ、心因的な病になり、グループ内でも孤立し、辞めざるを得なくなったと考えるのが妥当かと思います。 長濱ねると平手友梨奈の仲について、不仲という説が多いですが、もしその説が事実なら、ツーショット写真をブログやトークにあげないでしょう。 鈴本美愉の卒業について。 欅坂46のオーディションの時から平手友梨奈と仲が良かったという話があります。 また、鈴本美愉は織田奈那とも仲が良かったという話もあります。 ここからは、私の個人的な考えになるのですが、文春での報道があり、織田奈那の卒業が決まり、鈴本美愉も思うところがあり、卒業を決意し決まり、平手友梨奈は、過去に卒業した子達に関する何かの真実を知り、自分が欅坂46からいなくなれば、このような悲劇が無くなると思い、卒業ではなく、脱退という形でグループを離れるという流れになったのだと思います。 織田、鈴本、平手の発表が同時だったのは、ただ単にバラバラに発表するのがめんどくさくて、一緒に発表しただけで偶然なのだと思います。 長くなりましたが、全ての真実は、彼女達しか知りません。 ドキュメンタリー映画で全てが語られるかも分かりません。 もしかしたら、真実が語られる日は来ないのかもしれません。 応援していただけに、色んな話が出て、悲しいし、辛いですが、これが現実なのだと思います。 大きな勘違いをしているようです。 イジメの主犯は「今泉」です。 隣国と同じ「被害者ビジネス=悲劇の主人公、被害者に成りすます」に過ぎません。 実際、「不協和音」の集合写真で、センターを睨み付けたり、冠番組で最年少センターが甘えて来たところを明確に、かつ露骨に拒否する場面がオンエアされていました。 オンエアする程、頻繁に当たり前のように振る舞っていたので隠し切れなかったのだと推測しています。 「今泉」が卒業した原因は「センターに成れないなら、今直ぐ辞めてやる。 雑巾掛けや、グループに貢献なんか真っ平御免。 さっさとソロになって、自分の輝く場所を自分で作る。 使えるモノは何でも使って伸し上がってやる」だと思っています。 「今泉」は、野球やサッカーなどのチームスポーツタイプの人間ではありません。 テニスや陸上競技や武道のように単独競技タイプなのです。 なので、野球のキャッチャー的な貢献や、サッカーのボランチ的な貢献は全く向いていないタイプなのです。 ただ、それをそのまま言ったら「何で、アイドルグループに入ったんだ」と「謙虚・優しさ・絆」をモットーにして、ファンを集めていた欅坂46ファンをすべて敵に回してしまい「今泉の価値がマイナス」になってしまうのです。 だったら、イメージ戦略として「イジメの被害者、が収まりが良いだろう」程度の浅慮な考えでマスコミを利用しただけだと思っています。 なので、現在「今泉」は、水を得た魚のように活躍しています。 ここの運営の「追放癖」は異常です。 過去は、AKB48の些細な不祥事で、追放し、他のレーベルに移籍して大ヒットして「逃した魚は大きかった」と嘆いたのです。 その時に、秋元さんに泣き付いて結成して貰ったのが「乃木坂46」で、「AKB48の公式ライバル」として大々的に扱って貰ったのです。 思惑通りに動かなければ粛清・追放は、恐らくここの運営の体質なのでしょう。 ここの運営は「恋愛禁止と言うルールはない」と公言しながら、マスコミで問題なったら、粛清・追放するのです。 恋愛だけでなく、ネガティブな報道が出たメンバーは粛清・追放するのです。 志田愛佳さんを皮切りに、長濱ねるさんが続き、織田奈那さん、鈴本美愉さん、挙句の果てには平手友梨奈さんまで、粛清・追放されました。 ここまで来れば、逆に運営主導で、運営がマスコミと結託して粛清・追放しているのではないか?と疑いたくなるレベルなのです。 今後「運営は悪くない。 悪いのはあいつだ。 いや、もっと悪いのはこいつだ。 いやいや本当に悪いのは誰それだ」とのリーク情報が出て来ると思います。 こういうリーク情報に接する度に、疑念が確信に変わって行くと感じています。 メンバーの卒業・脱退など離脱の主犯は、明らかに「文春」ですが、その「文春」を手足の如く使い、不都合なメンバーを粛清・追放しているのは「運営」ではないかと勘繰っているのです。 事実、ここの運営は、「欅坂46」という大事な商品の価値を「文春」報道によって下げられても、「文春」に抗議すら行なわず、損害賠償請求などあり得ないようなのです。 ビジネスマンとしてはあり得ない判断なのです。 「結託」していないと説明が付きません。 そろそろ、株主代表訴訟で、経営陣・運営に鉄槌が下っても仕方ないと思っています。 運営内部からの謀反で「結託の事実」が露見すれば、数億円から数十億円単位の損害賠償請求が株主代表訴訟で提起されても仕方ないと思います。

次の