生理 バッジ。 生理中の女性従業員は「生理バッジ」でお知らせ 百貨店の試みに「うわっ、キモ!」「革命的!」と大激論: J

大丸梅田店の「生理バッジ」炎上騒動まとめ『女性店員は自主的に。批判覚悟』

生理 バッジ

当初のバッジを使用せず、今後は社内だけで認知できる方法を取り入れて継続していく。 従業員が起案したアイデアで10月15日から運用しており、着用は任意。 バッジのデザインには、オープン前から販促としてタイアップしてきた人気漫画で生理を擬人化した「生理ちゃん」のイラストを使用した。 報道を受けて、SNS上では賛否両論が巻き起こった。 「使用に賛同した従業員の間では、辛いときに言い出しにくいメンバーがいたときに『多めに休憩をとっていいよ』や『重いものを持とうか』など声に出さずともさり気なく気遣える雰囲気が出てきたという意見が出ている」(大丸梅田店)。 今後は「新たな方法を取り入れて一定の期間継続した後、どのような効果があったか、もしくはなかったのかを実際のメンバーの声や感想も含めてきちんと確認していく。 結果を参考にして、さらにメンバー同士が気遣い、心遣いができるような職場を目指す」という。 東京都生まれ、横浜市&千葉市育ち。 高校から服飾を専攻し、在学中にイギリスのシックス・フォーム・カレッジへ留学。 文化女子大学(現文化学園大学)とニューヨーク州立ファッション工科大学(F. )でファッションデザインを学ぶ。 学生時代からアパレルブランドやセレクトショップで販売職を経験。 2012年に「WWD JAPAN. com」でのインターン&アルバイトを経て、「WWDジャパン」編集部に配属。 国内アパレル企業やデザイナーズブランドを取材する。 現在はバッグ&シューズとデザイナーズブランドを担当。 国内外のデザイナーや経営者のインタビュー記事を担当するほか、トレンド分析も行う。 これまでにニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリ、東京、台北、クアラルンプールなどのファッション・ウイークの取材を経験。 趣味は映画とドラマ鑑賞。 週末は「ネットフリックス」漬け.

次の

生理中の女性従業員は「生理バッジ」でお知らせ 百貨店の試みに「うわっ、キモ!」「革命的!」と大激論: J

生理 バッジ

を生んだ氏、性加害を化するを描いていた 『』の作者氏は、への性加害をにしたり、それどころか「」と題して「【した】で【の用】を手に取る」のをで自ら明らしたりしていた。 近頃、の「」がを呼んでいる。 女のをにて明示するというこの大胆な試みにはあり、する限りでは「便利でいい」と支持される一方で、「」や「へのご褒美」とのが根強くを占めている(では)。 「」は、『』とので、にされた「ツキイチ!」の第19話に初登場。 上の各所でになった。 作中では、「」にな人たちはあもかのように描かれていて、がの中でするには「」がなんですと言わんばかりだ。 年配のを派、を賛成派、との描き分けをするあたりがにもで、作者のがあさまに反映されている。 しは、本当に「のため」になりうるのだろうか。 実際には、「」で女がのをに明け渡すことで、のへのや消費を強化しているにすぎないのではな。 裸になるのと同様、が共有されないために、かえっての物象化を促しているだけなのではな。 本当に、などではなく、困難症などへののなのではな? さて。 この第19話が閲覧できるには、「今回の「」は松坂屋へのをもとにしたです。 」との注意書きがあり、こうして、梅田店にて「」がとなったのだった。 を読む限り、のは、作中に描かれた(の女)と同じく「」にはで、的な取り組みとして前向きのよう。 し先述したように、この取り組みにはが集中している。 は「」に対してな人たち? 違う。 でなくともそのさを指摘する声は少なくなく、男女問、女の「」では、とのが中心だ。 そしてではのの方が目立つ。 のを「へのご褒美」を与えてう苦行、とのが大方している。 そんな中、「」の生みの親、『』の作者氏のと作に注目が集まった。 (冒頭と同じ) 氏は、への性加害をにしたり、それどころか「」と題して「【した】で【の用】を手に取る」のをで自ら明らしたりしていたのだった。 もともと『』にはのな声もあった。 の作者がについて語っているのが悪い、との声は、極端に受け止められるだろうが、し性作者が氏となると話は別だ。 悪いとの声は、今思えば、の背景にあるをした真っ当なだったと言えるだろう。 (本論は多少逸れるが)にこのの特徴として、の読者に寄り添っているというを与える技巧に秀でている点が挙げられる。 このは、「ツキイチ」第19話に限らず、に関するについて、とかく的に語りがち。 的に捉えるよう読者をし、そののわかりい「正答」を選び出し、作者が読者と同じを味方だと、読者にさせるが頻々と用いられている。 結局のところ氏は、性加害さえも化する強烈な家と、をに読者の支持を集める「チンポ員」とのと匂わせるを、とうに出揃わせていたのだった。 これではやはり「女の敵」「の敵」とされようがないのではな。

次の

生理バッジ導入に異論反論 番組では「甘え感じる」意見も

生理 バッジ

大丸百貨店の生理中の女性店員が付ける 「生理バッジ」の導入が物議を醸しています。 社内や来店客とのコミュニケーションツールを目的にしている。 ということ。 下は実際の生理バッジ。 普段から付けている紙のプレートを裏返しにするだけで着用できます。 着用の判断はスタッフに委ねているそう。 大丸百貨店で生理中の店員さんが生理中バッジを付けるという、気が狂ってるとしか思えない話を聞いたんだけどまじなの?女性の性オープンにという試みはいいことだと思うけど生理中かどうかを公共の場で明示する必要ある?提案したやつは誰なの?想像しただけで泣きそうな位、馬鹿にされてると感じる。 こんなのつけて接客されたら、お客様も気まずいでしょ。 それに、今以上に色々な問題が出て大変になると思います。 — KIYO mitakiyo そういうのって不特定多数に対してオープンにすべき情報ではないし、 休憩を多くするとか、 休みを取りやすくするとか、 もっと別の方向でやれる事があるハズだよね。 なんでこんな企画にGoサインが出たのやら・・・ — コマったさん komainull デパートの店員さんが生理バッジを付けて売り場に立つ生理ちゃんの話を読んだときに、いやいや、生理の時は仕事を休める社会を目指すのが先だし、個人的な身体的状態を知らせる意味??って思った。 生理をオープンにするという試みはありなのかもしれませんが、 気軽に休めることの方が大切なように思います。 チャンネル登録お願いします。

次の