妊婦 骨盤 ベルト。 骨盤ベルトの着用について!妊娠中~産後に使える理由や効果

骨盤ベルトの着用について!妊娠中~産後に使える理由や効果

妊婦 骨盤 ベルト

Contents• 骨盤ベルトとはどんなもの? JavaScript is not working 妊娠中の 腰痛。 妊娠をすると、お産のときに赤ちゃんが骨盤を通りやすくする為に、骨盤を支えているじん帯を緩める働きがある、 リラキシンというホルモンが分泌されます。 そしてじん帯が緩んでしまうと、骨盤を支えようと周りの筋肉に負荷がかかり結果、腰痛になってしまうといわれています。 JavaScript is not working その際に役立つのが 骨盤ベルトです。 骨盤ベルトで骨盤を外側から支える事により、無理な力が筋肉にかからなくなります。 それが腰痛を防止、改善することが出来るという理由なのです。 骨盤をつなぐじん帯がもともと弱い人や、姿勢が前かがみ気味になって、背骨のカーブが曲がっている方にも最適ですね。 他にも、骨盤がゆるみすぎることで子宮が下がり、お腹の赤ちゃんを圧迫、トラブルも起こりやすくなります。 骨盤ベルトはそのゆるみ過ぎを防ぐ効果もあるんですよ。 しかしそれ以外にも女性に 嬉しい効果があるんです。 それは、妊娠初期に骨盤ベルトを使用することで、 産後の体型の変化を予防できるということです。 産後はおしりが大きくなる、下腹がぽっこり出る、O脚、下半身太り…。 女性にとって絶対に避けたい、体型の変化が起こってしまう事が多いといわれています。 その事からも、体型維持の為には妊娠中からしっかりと対策して、骨盤がゆるみ過ぎないようにすることが、とても大事なことなのです。 口コミでも人気が高い3つのおすすめ骨盤ベルト JavaScript is not working 骨盤ベルトってどう選んだらいいの? という新米妊婦さんのために、おすすめ骨盤ベルトをご紹介します。 まずは自分の骨盤の状態を、産婦人科の先生や助産師さんに相談してみましょう。 ぜひ自分に合う骨盤ベルトを選んでくださいね。 『 トコちゃんベルト2 』 JavaScript is not working 口コミでも大人気のトコちゃんベルト2。 妊娠中から活用できる骨盤ベルトの他にも、妊婦帯や産後の骨盤ベルトも展開しています。 骨盤の状態に合わせてベルトのタイプを選ぶことができる事と、使用者も多いことから口コミが多数寄せられています。 かなりしっかりと締めることができるので、予防というより実際に腰痛の症状のある妊婦さんにおすすめ。 産後も引き続き使うことができます。 装着しやすいことも人気の一つ。 製品の詳細 メーカー コナミスポーツ&ライフ サイズ フリーサイズ カラー 黒 基本価格 7,020 円(税込) ネット販売 『 キューズベリーの骨盤ベルト 』.

次の

【楽天市場】骨盤ベルト

妊婦 骨盤 ベルト

妊娠して腰痛を感じる女性が多いのはどうしてなのでしょうか? まず一つ目は妊娠中のホルモンの分泌によるものです。 妊娠をすると子宮の赤ちゃんが大きくなるのを支えるべく骨盤を広げようとします。 女性ホルモンの一つであるリラキシンが分泌されることによって、骨盤は緩み今後の赤ちゃんの成長に対応しようとするのです。 でもここで問題なのが、骨盤というものはそもそも体の上半身を支えて、下半身の動きの土台になっているわけなので、骨盤が緩むことによって今まで支えていた体を上手に支えられなくなって必要以上に腰に負荷がかかってしまいます。 そうすることによって腰の痛みが出てきてしまうのです。 またリラキシンは骨盤だけでなく、腰回りの筋肉や靭帯も緩ませるのでそもそも腰を上手に支えられなくなりこれも腰痛へとつながってしまうのです。 さらに妊娠中は以前行っていた運動が出来なくなり、つわりや体調不良によって動くことさえ困難なってしまう事もあり結果的に腰を支える筋肉そのももが低下するという事も腰痛の原因とされています。 骨盤の緩み改善で腰痛対策にはもちろん、他にも骨盤ベルトには効果的と言われていることがあります。 赤ちゃんが育つお部屋である子宮は骨盤が周囲をぐるりと囲んで守られています。 そんな骨盤が緩むことによって、中に位置する子宮はいつもより下がりやすくなります。 出産直前はどんどん赤ちゃんが降りてこないといけませんが、妊娠週数が浅いうちに下がってはいけませんよね。 日々成長してくる赤ちゃんを骨盤がうまく支える為に、骨盤ベルトによって腰を固定してあげる事によって子宮の位置を保つことにつながるとされています。 切迫早産対策などにも骨盤ベルトは産院や助産院でも使用されている位なので、心配な方は付けると安心ですね。 骨盤ベルトの着用開始時期ってちょっと悩んでしまう方も多いですよね。 お腹が大きくなってからというイメージを持つ方もいらっしゃいますが、答えは「妊娠が分かったら」です。 というのも骨盤が緩むリラキシンは妊娠初期から分泌されるので、できれば骨盤ベルトは妊娠が判明した時から着用すると腰痛などのトラブルを軽減できるとされているのです。 もちろん週数が経ってから「やっぱりした方がいいかな」と悩んでから着用を始めても遅いという事はありませんし、つわりなどで辛い時に「ベルトの締め付けがイヤ」という時に無理にベルトをすることもありません。 妊娠初期からでももちろんOKですし、ご本人が「必要に感じた時」「着用可能な時期」からでも良いので体調に相談しながら初めても良いですね。

次の

骨盤ベルトの着用について!妊娠中~産後に使える理由や効果

妊婦 骨盤 ベルト

マタニティアイテムのひとつである 妊婦帯 にんぷたい。 でも妊娠したら妊婦帯って本当に必要なの?いつからどうやって使うの?と用途や付け方がよくわからない人が多いようです。 そこで今回は、妊婦帯の効果や種類、腹巻タイプやパンツと一体化したガードルタイプ、産後も使えるサポートベルトなど、プレママ・ママに人気のおすすめ商品をご紹介します。 妊婦帯とは? 妊婦帯(にんぷたい)は、腹帯つまり妊婦さんのお腹に巻くものです。 日本では妊娠5ヶ月になった最初の「戌の日」に神社にお参りをして、「さらし」の腹帯を巻いて安産を願う「帯祝い」という風習があります。 現在では、 妊婦帯は縁起物としての風習としてだけではなく、腰痛や冷えなど妊娠中のマイナートラブルを防止するために使われています。 さらしではなく、より実用的な腹巻やガードルを使用するのが一般的です。 また、お腹から腰までをすっぽりと包む「腹巻タイプ」と「マタニティガードル」を妊婦帯として指すことが一般的ですが、 骨盤を支える目的の「サポートベルト」や「骨盤ベルト」を含む総称として妊婦帯ということもあります。 妊婦帯は必要?必ず使った方がいいの? 妊婦帯は大きくなるお腹を支えてくれる効果がありますが、 すべての妊婦さんが必要なわけではありません。 妊婦帯を付けている方が体がラクであれば使用した方がよいですし、逆にわずらわしくて付けない方がよいと感じる妊婦さんもいます。 妊婦帯は、あくまでも個人の必要性に応じて使えば問題ありません。 妊婦帯はいつから使うの? 妊婦さんのお腹が大きくなり始めるのは、 つわりが終わる妊娠4~5ヶ月あたり。 その頃から妊婦帯を使い始めるとお腹の負担を軽減できます。 しかし、妊娠中のお腹の大きさの変化は個人差があり、 使う時期に決まりはないため、妊婦帯の必要性を感じたタイミングで使い始めましょう。 妊婦帯を使うメリット・効果は? 妊婦帯は、妊娠中の冷えを防ぐ、骨盤を支えてくれる、など妊娠初期から使うメリットがたくさん。 また、産前だけでなく産後のサポートまでしてくれるものもあります。 お腹の冷え防止 妊婦さんは冷えを感じやすく、妊婦帯を使うことでお腹を冷えから守ることができます。 体が冷えると血流が悪くなるため、妊娠中のトラブルが起こりやすくなります。 特に妊娠前から冷え性の人は、お腹をすっぽり包む「腹巻タイプ」や「マタニティガードル」の妊婦帯を使用して、お腹が冷えないようにしましょう。 大きなお腹を支える・腰への負担軽減 妊娠中期~後期に入りお腹が大きくなってくると、 背中を反らせた姿勢(反り腰)になり腰に負担がかかってしまいます。 妊婦帯でお腹の重みを下腹部から支えることにより、負担のかかりやすい腰への負担を減らします。 また、妊婦帯で大きなお腹を固定することで姿勢も保ちやすくなります。 腰痛がつらい妊婦さんには「サポートベルト」タイプの妊婦帯がおすすめです。 お腹の大きさによってサイズを調整できて、お腹と腰回りをしっかり支えてくれます。 「お腹が包まれて安心感がある」「お腹と腰を固定してくれるから、歩くときの衝撃が少なくなった」という妊婦さんの声があります。 産前・産後の骨盤ケア 妊娠すると「リラキシン」というホルモンの働きによって、 骨盤を支えているじん帯がゆるみ、骨盤が不安定になります。 骨盤がゆるむと、腰痛や足の付け根の痛み、恥骨痛を感じることがあります。 また、出産後もしばらく骨盤が開いた状態が続き、骨盤が元に戻る過程でゆがんでしまうと、腰痛や尿漏れ、下半身太りの原因にもなるといわれています。 「骨盤ベルト」タイプの妊娠帯は、 妊娠中から産後まで長い期間使用することができます。 妊婦帯の種類は? 妊婦帯には、大きく分けて4種類があります。 それぞれの特徴を以下にまとめました。 腹巻タイプ 伸縮性がある筒状になっていて、腹巻のようにお腹の周りにフィットさせて使用する妊婦帯です。 締め付け感が少ないので、就寝中でも安心して使用することができます。 トイレでの着脱の必要がないので煩わしくなく、手軽に使用することができるのもポイント。 寒い季節に使う場合や冷えやすい人におすすめです。 ただ暖かいだけでなく、下からお腹をぐっと支えてくれる裏打ちがされているものは、腰痛の予防・改善にもぴったり! マタニティガードル パンツと一体化したガードルタイプの妊婦帯です。 伸縮性があり、お腹の大きさに合わせてベルトで調節できるマタニティガードルもあるので、妊娠中期頃から妊娠後期まで続けて使用することができます。 マタニティガードルの特徴は、 体にピッタリとフィットするため、スッキリとしたシルエットをキープできること。 ファッションに響きにくく、動いてもズレないので、働くママや外出時におすすめです。 サポートベルト 下腹部に幅の広いベルトを巻いて、大きくなるお腹を支えるタイプの妊婦帯です。 ベルトの長さはワンタッチテープで調節できます。 特に妊娠中期以降、大きくなるお腹を支えながら、腰痛や恥骨痛の予防・改善をしたいママにおすすめです。 骨盤ベルト 骨盤周りにベルトを巻いて骨盤を支えたり矯正するタイプの妊婦帯です。 妊娠中にゆるんだ骨盤を支えることを主目的に、 腰痛や恥骨痛、足の付け根の痛みの予防・緩和にも効果的です。 骨盤ベルトは妊娠中~産後まで長く使えるので、ひとつ持っておくと便利です。 病産院で取り扱っているところもあるので、気になる人は問い合わせてみてください。 妊娠中・産後以外でも、立ち仕事の人や腰痛対策として使用することができます。 ただし、お腹ではなく骨盤を支えるものなので、付ける位置が大切です。 説明書を見ながら適切な位置に付けましょう。 妊婦帯を選ぶ際・着ける際の注意点 妊婦帯を使用することは、妊婦さんにとってうれしいメリットがある一方、付け方次第では逆効果になってしまうことがあります。 サイズ選び 妊婦帯の付け方だけでなくサイズ選びもとても重要。 測り方が記されている商品がほとんどのため、それを参考に 自分に合った適切なサイズを選ぶことが大切です。 装着位置を確認 妊婦帯や骨盤ベルトは、適切な位置に付けないと効果がありません。 そのため、使用前に説明書をきちんと確認し、お腹を締め付けていないか注意しましょう。 お腹を締め付けると、子宮を圧迫したり血行が悪くなることがあります。 少しでも苦しいと感じたらすぐに外してください。 心配であれば、病産院で助産師さんに付け方のアドバイスをもらうとよいでしょう。 妊婦帯の人気おすすめ8選 ここでは、妊婦帯の種類別に、妊婦さんの口コミで人気の高い商品をご紹介します。 amazon. jp マタニティウェアや授乳服の人気ブランド・エンジェリーベの妊婦帯です。 取り外せる補助ベルト(サポートベルト)付きです。 妊婦帯は無地でシンプルなデザインが多い中、こちらの妊婦帯はおしゃれなチェック柄&ドット柄。 妊娠中はおしゃれが制限されてしまうので、付けているだけで気分が上がります。 見た目がいいだけではなく機能性もあるのが人気の理由。 プチプラ価格なので何枚か柄違いでほしくなりますね。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 マタニティガードル 3.犬印本舗 らくばきパンツ妊婦帯 出典:www. rakuten. jp 「GOOD DESIGN賞」を受賞したパンツタイプの妊婦帯。 ママと犬印本舗が共同開発しています。 妊娠中は肌が敏感になってしまうことがありますが、こちらの妊婦帯は、商品タグを外側に取り付けたり、ウェストレースも肌側は綿素材を使用するなど、妊婦さんへの優しさにこだわってつくられています。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 4.犬印本舗 ベルト調節1分丈産前ガードル 出典:www. amazon. jp サポートベルトと一体型になったガードルタイプの妊婦帯。 ベルト部分はワンタッチテープで下腹部のサポート感を簡単に調整できます。 お腹の大きさに合わせてサポート加減を変えられるので、妊娠初期から臨月まで使えます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 サポートベルト 5.ピジョン やわらか素材のらくらくマタニティサポーター 出典:www. rosemadame. パイル素材が付け心地よく、マジックテープのワンタッチベルトで簡単に調整できます。 ベルト部分は伸縮性の高い新素材のストラフレックス素材を使い、臨月の大きなお腹でも負担なく使えます。 さらに、産後は前後・上下を反対に使うことで、骨盤ベルトとしても使える便利アイテムです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 骨盤ベルト 7.青葉 トコちゃんベルト2(II) 出典:www. amazon. jp 日本助産師会とワコール人間科学研究所による共同開発商品。 使い心地にもこだわり、ズレにくく歩きやすい快適な装着感です。 骨盤周りをしっかりサポートしてくれるので、妊娠中から産後まで使えます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 自分に合った妊娠帯でマタニティライフを快適に過ごそう! もともと妊婦帯(腹帯)は戌の日に安産を願う日本の風習で使うものですが、妊娠中にどんどん大きくなるお腹をサポートしてくれる頼れるアイテムです。 妊婦帯には様々なタイプのものがあるので、中でもご自身が使いやすいタイプの妊婦帯を選んでくださいね。 妊婦帯を使うときはお腹の圧迫しないよう注意しましょう。 正しい付け方で快適なマタニティライフに役立ててください。

次の