小林 豊。 小林豊(BOYS AND MEN)、佐野岳、田村侑久(BOYS AND MEN)出演 「うち劇」シリーズ第一弾『マトリョーシカの微笑』を再演

TBS小林豊アナ「廃業です」異動前ラストあいさつでナイツ土屋&出水麻衣アナ号泣

小林 豊

小林豊(BOYS AND MEN)伝説の数々!オネエ疑惑の真相は? 小林豊(BOYS AND MEN)伝説が残念過ぎる!イケメンなのに全くうだつが上がらない!? 小林豊(BOYS AND MEN)は、「仮面ライダー鎧武/ガイム」に出演するなど、俳優として活躍する一方で、名古屋を中心とする中京圏発祥のローカルユニット「BOYS AND MEN」のメンバーとしても有名。 小林豊は、ジュノンスーパーボーイコンテストを経由して芸能界入りを果たしたイケメンでもありますが、そのイメージとは全く真逆の伝説エピソードが多く存在します。 例えば、クイズ番組で「杵」の読みを、「キヌ!キヌ!」と連呼したり、「名古屋」を県名として堂々と回答してしまったりと、天然というべきか、どちらかというと頭脳的に残念というべきか……。 そのためか、小林豊のハイトーンボイスが、アホに聞こえてしまうとの意見も。 また、「6歩進むうちに、2回足をくじいてしまう」、「1アクションごとに1つ怪我」という伝説を持つ小林豊。 高いところからジャンプをするだけで拍手喝采が起こってしまうほど、今や、小林豊の運動音痴は、周知の事実となっているようです。 小林豊(BOYS AND MEN)のオネエ疑惑!スイーツ王子の乙女すぎる仕草が怪しい! 小林豊(BOYS AND MEN)伝説の極めつけは、オネエ疑惑です。 クックパッドでは、「小林豊のキッチン」としてレシピが紹介され、そのレシピを題材にした楽曲「恋するスイーツレシピ」シリーズは、多くの女性ファンを獲得。 自らを「ゆーちゃむ」と呼び、「たっぷり~ん!」と黄色い声を発する様子は、ジェンダー不明の有名原宿系ショップ店員たちと何となく似通っているような気が……。 いくら小林豊がサービス精神旺盛な明るい性格とはいえ、アヒル口や、目線の外し方などの仕草は、まさに乙女。 本人はオネエ疑惑を否定していますが、元仮面ライダーのライバル役がナヨッとしているだけでもインパクトは大きいですよね。 小林豊(BOYS AND MEN)と鈴木あやが「ラストキス」で急接近?熱愛彼女なの? 小林豊(BOYS AND MEN)と鈴木あやが「ラストキス」でメロメロに!遂に熱愛彼女ゲット!? 小林豊(BOYS AND MEN)と、ギャル系雑誌「Ranzuki」の元人気モデル・鈴木あやが、2015年12月放送の「ラストキス」に出演しました。 「ラストキス」では、1日限定カップルとして、表参道でのクリスマスデートを楽しんだ小林豊と鈴木あや。 この日、初対面だった2人ですが、小林豊がサプライズプレゼントした手作りお菓子に鈴木あやが喜ぶなど、次第に打ち解けていきます。 東京タワーの夜景をバックにキスを交わした後、イケメンが苦手だった鈴木あやを、「25年間生きて来た中で一番理想の人。 ずっとキスしていたかった」と言わしめた小林豊。 ついに熱愛彼女をゲットしてオネエ疑惑払拭かと思われましたが、小林豊と鈴木あやが、実際の熱愛関係に発展したという話は上がっていません。 小林豊(BOYS AND MEN)の熱愛彼女は男だった!?熱愛報道が出ない理由を検証 小林豊(BOYS AND MEN)の熱愛彼女は、残念ながら鈴木あやではありませんでしたが、別の女性とのツーショット画像が流出して、熱愛彼女存在説が急浮上。 小林豊の背後から抱き着く美女は、どう見ても熱愛彼女にしか見ません。 しかし、よく見ると、女性の腕が、アスリート並に逞しすぎるのが気がかり。 どうやら、この女性と思しき人物は、中性的な顔をされた男性。 俳優の三津谷亮だったようで、これまで熱愛彼女の情報が皆無だった小林豊のオネエ疑惑が、さらに色濃くなってしまいました。 そんな小林豊にも、高校時代の1、2週間だけ熱愛彼女がいたことがあったのだとか。 小林豊は、「ラストキス」でのエスコートにしても、容姿にしても申し分ありません。 もしかすると、パティシエ修業に専心するがあまり、そしてデビュー後は、事務所の方針で熱愛彼女ができなかった可能性もありそうです。 小林豊(BOYS AND MEN)乙女キャラのオネエ疑惑で独り勝ち!映画「白鳥麗子でございます」出演などソロ活動が絶好調! 小林豊(BOYS AND MEN)は、滋賀県出身。 1989年3月19日生まれの現在27歳です。 高校卒業後に、辻製菓専門学校を経てパティシエとして働き、2009年に芸能界デビューしてからも、しばらくは兼業していたとか。 BOYS AND MEN前身プロジェクトからの発足メンバーとして、派生ユニットYankee5でも活躍中の小林豊。 滋賀県出身にも関わらず、名古屋ご当地グループのメンバーになったのは、事務所の意向だったといいます。 着眼点は、やはりあの強烈なキャラだったのでしょうか。 小林豊の出世作となった「仮面ライダー鎧武/ガイム」で演じたのは、バナナをモチーフにしたバロン役でしたが、実は、バナナが大の苦手で、頑張って克服したという情けないエピソードを展開。 その上、運動音痴でおバカ、加えてスイーツ好きというキャラは、バラエティでも異彩を放ち、名古屋発のBOYS AND MENの全国区進出の一助となったのはいうまでもありません。 それと同時に、俳優・小林豊への注目度も上がり、ドラマ「プラチナエイジ」や、2016年だけでも「白鳥麗子でございます」「海すずめ」など3本の映画に出演しています。 彼のオネエ疑惑を醸すキャラが設定なら、この一貫した自己プロデュース能力は侮れません。

次の

【うち劇】『マトリョーシカの微笑』6月28日(日)配信決定~出演:小林豊(BOYS AND MEN) / 佐野岳 / 田村侑久(BOYS AND MEN)

小林 豊

また、『仮面ライダー鎧武』や昼ドラ『プラチナエイジ』にもなって出演し、俳優としても活躍しています。 そんな小林豊が来週20日放送の『ダウンタウンDXスペシャル』に出演されるので、今回は小林豊について色々調べていこうと思います。 小林豊のプロフィール! 小林豊のプロフィールをザッとまとめると… ・名前 小林 豊 こばやし ゆたか ・愛称 ゆーちゃむ、こばゆた ・生年月日 1989年3月19日 28歳 ・出身地 滋賀県栗東市 ・身長 174cm 体重 56kg ・血液型 B型 ・イメージカラー 黄緑 BOYS AND MEN ・所属事務所 フォーチュンエンターテイメント 趣味がお菓子作りと食べ歩きの小林豊は高校卒業後に辻製菓専門学校に進学、製菓衛生師の免許を取りパティシエとして働いていました。 歴代のジュノンボーイと言えば溝端淳平や佐野岳がいますよね。 ユニット活動をしながら俳優業もこなし、2013年に『仮面ライダー鎧武』でテレビドラマ初出演しました。 その後の活動は順調で、これからさらにメディア露出が増えるのではないかと思います! 小林豊がオネエを認めた? 小林豊にはオネエ疑惑があります。 プロフィールの画像を見た時から若干そんな気はしていましたが…w オネエじゃないか?と言われ始めたのは、小林豊の怪しい仕草や表情からでした。 オネエと認めたわけではありませんが、私の中ではもうオネエですw 仮面ライダー鎧武で男らしい役を演じたのでそのギャップでオネエに見えるだけ、という意見がありました。 確かにそれはあるかもしれませんね。 真相は不明ですが、オネエの確率は高いと思いますw ビデオ出演?少年倶楽部? オネエ疑惑の他に、『少年倶楽部』というホモビデオに出演していたなんて噂が流れています。 左がビデオに出演している男性で、右が小林豊です。 顔が似てるのとホクロの位置が一致していることから、この男性は小林豊ではないかと言われているようです。 デートの流れは省略させていただきますが、かなり良い感じだったみたいですよ!デート後に鈴木あやが「25年生きた中で、一番ってくらい理想の人。 ずっとキスしていたかった」とコメントし、2人の熱愛疑惑まで浮上しました。 小林豊はどう思ったのか知りませんが、鈴木あやは本気で惚れてしまったのかもしれませんね。 ちなみに、小林豊の所属事務所は「程よく恋愛禁止」だそうです。 なんじゃそれって感じですよねww まとめ 小林豊の女性らしい仕草や表情から、オネエ疑惑があります。 本人は完全には否定してないので、怪しいですw ホモビデオに出演しているとの噂があり画像で検証しましたが、何とも言えません。 事実だとしても興味ありませんがw 小林豊は『ラストキス』に出演し一躍有名になりました。 相手役の鈴木あやとは終始良い感じで、放送終了後に熱愛疑惑まで浮上しました。 実際に付き合ってはないと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ボイメン小林豊「そん時の感動が忘れられなくて」高校最後の文化祭の思い出を語る!

小林 豊

TBSラジオより TBS・小林豊アナウンサーが、6月29日放送の『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)に生出演。 7月1日付でアナウンス部から別の部署へ異動するといい、「まさにこれで(アナウンサーとして)廃業ということ」とあいさつした。 また、放送の中でTBS批判とも取れる発言があったことから、ネットを中心に物議を醸したが、今後も同局のアナウンス部内では、同様の事態が続くとみられるようだ。 番組の終盤で小林アナは、人事異動について「会社の方針であまり言えない」と明言を避けながらも、「(アナウンサーとして)二度とマイクを持つことはないかと思います。 本音を言うと、二度としゃべるかよ。 不本意な形での異動とみられるだけに、ネット上では「一体何があったの!? 」「もしかしてパワハラ人事なのでは……」といった書き込みが相次いだ。 「1989年入社の小林アナは、報道からバラエティ、ラジオとオールマイティに活躍しており、広い世代に親しまれた有名アナウンサー。 定年するには時期が早すぎる上に、新設される部署への異動ということで、一部業界関係者の間でも驚きの声が出ていました」(スポーツ紙記者) 小林アナの人事異動は、TBSが水面下で進めているという「アナウンス部閉鎖計画」が関係していると、局内でウワサされているとか。 「正式発表はされていませんが、TBSはそう遠くない将来、アナウンサー職そのものを廃止すると言われています。 「特に女子アナは、入社前から新人教育に力を入れて育てたとしても、20代のうちに独立するのが当たり前となりつつあるので、正社員での雇用はコストに見合わないんです。 今まで『アナウンサー職』は、ほかの職種と分けた採用を行っていましたが、今後は、アナウンサー職志望の学生も総合職として一括採用し、ゆくゆくアナウンス部は消滅していくと言われています。 小林アナのようなベテランが配置転換になったのも、アナウンス部消滅に向けてのことなのかもしれません。 これから、同様の事態が起こっていくのではないでしょうか」(同) それでも小林アナの発言からすると、この異動に本人は明らかに納得していない様子。 今後もこうした人事が続くようなら、思わぬ火種が生まれるかもしれない。

次の