アフリカン ロック シュリンプ。 超デカ!選別ブルー個体! アフリカン・ジャイアントロックシュリンプ ブルーLLサイズ

[mixi]雑談トピック

アフリカン ロック シュリンプ

脚の先端が扇の様に変化し、餌をかき集めて食べる 独特の進化を遂げた甲殻類です。 近縁の種は東南アジアにもいますが、 脚の太さなどで区別することが出来ます。 色は茶系と青系、ピンク系の3つがあるようですが 脱皮などにより変化します。 今回御紹介するのは、ナイジェリア産ブルータイプの ジャイアントロックと呼ばれている種類です。 頭胴長約10~12cm、XLサイズ。 1匹¥4500。 頭胴長約8~9cm、Lサイズ。 1匹¥2800. 送料:基本はヤマト宅急便にて配送。 東京からおおよその規定料金とします。 同梱も可能。 配送:東京荒川区の店舗から往復30分内外の地域へ配送致します。 料金は一律¥900です。 内容は生体、器具などです。 配送時間はご相談ください。 メリットは生体が当日着きますのでダメージがありません。 発泡スチロールなどのごみが出ません。 宅急便より割安です。 まとめ買いは非常にお得。 注意:お受け取り日時の指定が無い場合、即日発送、もしくはこちらの都合で発送致します。 お受け取り日時は、都合により変更になることがありますので、 悪しからず、ご了承ください。 店頭での販売は、即決価格になります。

次の

ロックシュリンプの飼育:混泳はできる?寿命はどのくらい?

アフリカン ロック シュリンプ

[通称名] アフリカンロックシュリン (アフリカ産) アフリカ産の独特な腕をしている淡水のエビです。 餌の食べ方を見ていると面白いですよ。 別名アフリカンジャイアントロックシュリンプ、アフリカンファンシュリンプ、アフリカンジャイアントブルーロックシュリンプなど [現在のサイズ] 約5cm。 画像はサンプルです。 [学名] Atya gabonensis [産地] 西アフリカ、因みに店長が南米のベネズエラいった時、似たような種類のエビを見たことがあります。 飼い方] 水槽設備: 熱帯魚用ヒーターと濾過フィルター(上部フィルターや外部フィルター、外掛け式など色々あります好みで良いでしょう)が必要。 水温::22〜26度 水質:中性 餌:熱帯魚用の人工飼料やエビ用の人工飼料などを与えてあげましょう。 備考:性質は大人しい。 小型の大人しい熱帯魚との混泳が可能です。 ネオンテトラなどの小型魚やコリドラスの仲間など。 [お魚を水槽に迎え入れる前の準備] 水槽セットを準備して、中に入れる砂や水草等を設置する。 カルキ抜きをした水道水をいれて1週間程はお魚を入れるのを我慢してポンプ、ヒーター、ライト等を運転させてください。 この工程である程度水槽内のバクテリアが活性化してお魚を安心して導入することが出来ます。 この時、スポンジは完璧にキレイになる必要はありません。 また各商品については各商品毎の取扱説明書をご参考にください。

次の

[mixi]雑談トピック

アフリカン ロック シュリンプ

5 混泳魚 アフリカン・ランプアイ他 4〜5cmの青い個体。 パラボラアンテナのような手を広げて「おいでおいで」しながらエサを集める動作で知られるロックシュリンプ。 このブルーをはじめ様々なカラーバリエーションが存在しますが、それらは固定されたものではなく、成長や環境によって変化していきます。 大抵は望まない色に変わるというのが粋です。 見ていてイライラするほど食べるのがヘタで、ちょっとすばしっこい同居人がいたりすると根こそぎエサを奪われる始末。 なので、安心できる隠れ家を作ってやり、消灯後その中にエサを放りこむようにするとなんとかなります。 エビのエサならだいたい何でも食べてくれます。 ・ 2016年・追記 アフリカンロックの飼育を始めて丸4年が経ちました。 ちょっとここで途中経過を記しておきます。 まず、現在の飼育環境。 そのほかにも、細かいエビだのサカナだのが居ます。 彼が常に陣取って離れないのは、2213の排水が直撃する流木の上。 ここにはクリプトが生い茂り、身を隠しつつ「おいでおいで」するにはモッテコイの物件。 ここから移動することはほとんどありません。 この水槽は結構大胆に水替えするのですが、それでも全然気にしてない様子。 同居のコリドラスもミナミヌマエビも絶好調で、抜群に安定してる水槽だから良かったのかな。 コリタンクなので、底床は田砂。 粒が細かく重さもあるため、沈んだエサを集めるのに適した底床ではないでしょうか。 最初のうちは特別扱いしていましたが、今は特に彼専用のエサというのは与えていません。 コリ用の冷凍赤虫やコリタブのほかには、小型ギョ用の細かいエサをオートフィーダで1日1回少量与えるパターンです。 コレで足りてんのか?と思うのですが、とりあえず4年生きているので何かしら食べてると思う。 うんちしてるし。 見てないところで徘徊でもしてんのかなあ。 ちなみに「肉食が強く、プレタブは食いが悪い」という情報を見かけたのですが、僕の知るとある水槽では3頭のアフリカンロック いづれも10cmオーバー がプレタブに群がって夢中になっている一方、ひかりキャット 肉食ギョ用のタブレット には見向きもしない様子でした。 ちと調べたところ、現地採集個体の胃の内容物を研究したという海外の情報を発見。 それによると、ほとんどデトリタス 有機物やら微生物やらをごちゃ混ぜにしたようなヤツ で、多少の泥が混じっていたりいなかったりという具合だったそうです。 で、最近のご様子がこれ。 かなり元気です。 ぴんぴん。 意外にも、導入当初の青色を保っています。 更に、サイズも6cmあるかな、これもまた保っています。 ・・・そう。 大きくならない! 5年目に入るというのに!たま〜に脱皮するんだけど、はっきり目に見えるような成長がありません。 ちょっと調べてみると、やはり同じように「育たない!」という飼育者さんが多いようです。 となると、やっぱりごはん足りてないのかな?ネットで見かけるように、ベアタンクにして水流殺してばんばんエサ投下みたいなことすれば少し育つのかもしれないけど、やっぱりロックシュリンプはおいでおいでしてナンボ。 単独ベアタンクなら僕ザリガニ飼いますよ。 そんな感じで、簡単なんだか難しいんだか分からないアフリカンロック。 とりあえず元気にしてくれているので、今の水槽が崩壊するまではこのまま続けるつもりです。

次の