アトリエ はるか 赤羽。 アトリエはるか ビーンズ赤羽店|ホットペッパービューティー

アトリエはるか ビーンズ赤羽店|口コミ|ホットペッパービューティー

アトリエ はるか 赤羽

朝早くからありがとうございました。 ストレートアイロンですごい早さで 全体を型良く巻いてもらいました。 アイロンで巻く事や巻きの按配を見ながらの調整、技術が素晴らしかったです。 朝早くに予約をとったことや、10分という制限時間があることを考慮していただいてなのかとてもスピーディーで お店の方の態度が少しこわいくらいでした。 お会計などのやり取りは丁寧な接客をして頂いたのですが、その他の会話は居酒屋にいるかのような話し方で、フランクなのは好きな方ですが、微妙な心地がしました。 それと他の店舗ではアレンジの時 分け目をつくって頂き全体の仕上がりのカウンセリングを必ず受けていました 打ち合わせ。 今回分け目はノータッチで、カウンセリングはカウンセリングというより施術ですればいいことを聞き出された という所感でした。 なので、綺麗に巻いては頂きましたが、スタイルアップできた感じはなかったです。 辛辣な言葉ばかりで申し訳ないですが、大事な事だと思うので書かせて頂きました。 それでもあの朝はとても感謝しています。 また機会がありましたら、よろしくお願い致します。 予約時のクーポン・メニュー ヘアアレンジ1900円+税 (10時より前の時間は時間外料金が別途発生します) [施術メニュー] ヘアセット.

次の

アトリエはるか ビーンズ赤羽店(東京都北区赤羽/ヘアサロン)

アトリエ はるか 赤羽

はい となり店内に入ったわけです。 ちなみに店内にはお客さん(女性)がいたので写真は撮りませんでした。 オープンすぎる店内 もはや解説の必要もないかと思いますが、アトリエはるかは入口にドアがなく店内が外から垣間見ることができる仕様です。 オープンな美容室だと思ってください。 ボクの行った名古屋のアトリエはるかは入口左側が鏡が付いたメイクブースで右側が物販コーナーで、物販コーナーは普通のお店と同じで自由に出入りできる仕様でした。 つまり ボクが席に座って眉毛をカットしているところは、比較的容易に誰でも見学することが可能な仕様なわけです。 (目隠し的な配慮は多少あったけど) 眉カットしてもらう おおまかな流れはこんなかんじ 大丈夫です つまり想像以上に激早い。 それはボクの眉毛のせいかもしれないけど、想像の2倍速ぐらいで終わってしまったのでした。 (毛抜きはほとんど使ってない) 憧れのスキンケアとは アトリエはるかのホームページにはメンズ眉カット(スキンケア付)と書いてあって、メンズ眉毛サロンがこぞって導入しているフェイシャルケアみたいなヤツがたったの2,000円にコミコミだなんて凄いなあと思っていたのですが、実際は顔面保湿でした。 つまり化粧水と乳液。 コレばっかりはボクも一時期ハマったので必要性を理解していたのに盲点でした。 たしかにスキンケアだよねコレはね。 そんなわけでボクの体内時計が13分をお知らせした頃には店を後にしていたのでした。 (正確にはもっといたと思います) アトリエはるかは眉カットが上手 隣(の隣)にいたお姉さんは骨格がどうだとかカウンセリングされていたので、アトリエはるか流の理論をもって眉を整えてくれるっぽいです。 ボクはお任せと言ったからなかっただけかもしれないし、男だからなかったのかもしれません。 もしくはアレはレッスンだったのかもしれない。 人による気がしなくもない。 時間がない血眼イケメンにおすすめ 一部の会社員の男性は、時間があれば経営者に気に入られようと血眼になってしっぽを振っています。 そして一部の経営者はそんな従順な従業員に夢を与え続けるべくウソを塗り重ねて少額の給料でこき使うために時間を割いているのです。 つまり時間もないしお金もない人にとって、アトリエはるかのメンズ眉毛カットは良い選択肢になるかと思いました。 もちろん時間がないだけの会社員や経営者にとってもたったの13分で眉毛がイケメンになるので、大事な商談前とかに立ち寄るのはアリだと思いました。 眉毛以外の相談もできそうだったのでぜひ行ってみてください。 眉メンテセットは持っていて損はない ボクがおすすめする眉メンテナンスセットを紹介します。 マツキヨとかでも買えますが Amazonの方が だいたい安いのでおすすめです。 おすすめの眉ペン テックスメックスのアイブロウペンシルです。 とりあえず買うなら ナチュラルでいいと思います。

次の

アトリエはるか ビーンズ赤羽店 の 口コミ・評判【初体験おすすめ】

アトリエ はるか 赤羽

はい となり店内に入ったわけです。 ちなみに店内にはお客さん(女性)がいたので写真は撮りませんでした。 オープンすぎる店内 もはや解説の必要もないかと思いますが、アトリエはるかは入口にドアがなく店内が外から垣間見ることができる仕様です。 オープンな美容室だと思ってください。 ボクの行った名古屋のアトリエはるかは入口左側が鏡が付いたメイクブースで右側が物販コーナーで、物販コーナーは普通のお店と同じで自由に出入りできる仕様でした。 つまり ボクが席に座って眉毛をカットしているところは、比較的容易に誰でも見学することが可能な仕様なわけです。 (目隠し的な配慮は多少あったけど) 眉カットしてもらう おおまかな流れはこんなかんじ 大丈夫です つまり想像以上に激早い。 それはボクの眉毛のせいかもしれないけど、想像の2倍速ぐらいで終わってしまったのでした。 (毛抜きはほとんど使ってない) 憧れのスキンケアとは アトリエはるかのホームページにはメンズ眉カット(スキンケア付)と書いてあって、メンズ眉毛サロンがこぞって導入しているフェイシャルケアみたいなヤツがたったの2,000円にコミコミだなんて凄いなあと思っていたのですが、実際は顔面保湿でした。 つまり化粧水と乳液。 コレばっかりはボクも一時期ハマったので必要性を理解していたのに盲点でした。 たしかにスキンケアだよねコレはね。 そんなわけでボクの体内時計が13分をお知らせした頃には店を後にしていたのでした。 (正確にはもっといたと思います) アトリエはるかは眉カットが上手 隣(の隣)にいたお姉さんは骨格がどうだとかカウンセリングされていたので、アトリエはるか流の理論をもって眉を整えてくれるっぽいです。 ボクはお任せと言ったからなかっただけかもしれないし、男だからなかったのかもしれません。 もしくはアレはレッスンだったのかもしれない。 人による気がしなくもない。 時間がない血眼イケメンにおすすめ 一部の会社員の男性は、時間があれば経営者に気に入られようと血眼になってしっぽを振っています。 そして一部の経営者はそんな従順な従業員に夢を与え続けるべくウソを塗り重ねて少額の給料でこき使うために時間を割いているのです。 つまり時間もないしお金もない人にとって、アトリエはるかのメンズ眉毛カットは良い選択肢になるかと思いました。 もちろん時間がないだけの会社員や経営者にとってもたったの13分で眉毛がイケメンになるので、大事な商談前とかに立ち寄るのはアリだと思いました。 眉毛以外の相談もできそうだったのでぜひ行ってみてください。 眉メンテセットは持っていて損はない ボクがおすすめする眉メンテナンスセットを紹介します。 マツキヨとかでも買えますが Amazonの方が だいたい安いのでおすすめです。 おすすめの眉ペン テックスメックスのアイブロウペンシルです。 とりあえず買うなら ナチュラルでいいと思います。

次の