インコ 虐待 動画。 インコ虐待殺害動画男に罰金20万円求刑

弟がセキセイインコを虐待します・・・、助けてください!!

インコ 虐待 動画

インコ虐待男・坂野嘉彦容疑者とは? 出典:中京テレビ 坂野嘉彦容疑者は、「インコ可愛がり総合ニュース」などの複数のアカウント名で、6月22日から三回にわたりインコを虐待している様子を撮影した動画をSNSに投稿。 動画を見た全国のユーザーから警察に通報が入り、犯行が発覚し逮捕に至りました。 インコを虐待する動画には、インコに避妊具を被せたり、水を溜めた洗面所にインコを入れ羽をバタバタしている様子など、悪質極まりない犯行内容が映し出されていました。 坂野嘉彦容疑者の虐待の動機 警察の調べに対し坂野嘉彦容疑者の虐待の動機は本当に身勝手なものでした。 その理由は、 「インコの呼び鳴きがうるさくて腹を立てて虐待した」 とのことです。 動画見て通報した女性は 「犯人をとにかく逮捕してほしかった。 もう全身の震えが止まらなくなりました。 あまりにもひどい状態だったので、人が平常心で行えるような行為ではない。 残虐性の高いことをしているので信じられない」 と取材に対してコメントを残しています。 中京テレビでは、無事保護された2羽のセキセイインコや犯行に使われた虐待道具、ケージなどを放送で公開しました。 今回の虐待で飼われていた3羽のインコのうち、1羽は虐待から救うことができず既に亡くなってしまったのことですが、2羽は無事保護されたそうです。 動画を見てすぐに通報された方のおかげで、坂野嘉彦容疑者の身勝手な虐待からインコが救われて本当によかったです。 坂野嘉彦容疑者の逮捕に貢献された「Roku@鳥さん」も逮捕を知って嬉しそうです。 警察署が保護困難のため引き受けたインコちゃん 本日小鳥の病院へ健診に行ってきました。 片方の羽根は全部むしり取られ カゴの中だけの生活のだったらしく虐待されてた可能性があり かなり怯えています。 ウチの子に迎えてあげたいと思います。 — かわぐち readygomusic 坂野嘉彦容疑者の逮捕を知ったネットの声 虐待魔捕まったか…水面下で動いてくださっていた方々、騒ぎたてずにじっと口を結んで耐えてた皆さん、警察関係の方々などなど本当にお疲れ様でした。 失われた命は戻って来ませんが、歯を食いしばってきましたが、やっとちゃんと悲しめます。 インコちゃん、人間が酷いことしてごめん。 拡散をお願いします。 このような行為が、今後も許されることがないように。 多くの方の目にとまり、たくさんの報道をされること、これから先もこの犯人が鳥と関わることがないよう広げていただけたらと思います。

次の

坂野嘉彦(インコ虐待男)の顔画像!名古屋住みの34歳で無職?

インコ 虐待 動画

『弁護側は「内省を深め、再犯は考えられない」として寛大な判決を求めた。 』!? 何故再犯は考えられないんだ? 実際一度だけでは無く何度も虐待動画を作成してサイトに投稿してるんだけど。 何度もやるって事は、依存症になってる可能性が高いでしょ。 小動物だからたいした事じゃ無いと思っているのかもしれないけど、どんどんエスカレートしていって子供を殺すようになるんだよ。 検察側は罰金20万円を求刑し、弁護側は寛大な判決を求めて結審した。 判決は18日。 男は虐待の様子を会員制交流サイトに投稿し、動画を見た愛鳥家が愛知県警に相談して事件が発覚した。 起訴状によると、男は6月22日ごろ、名古屋市内の当時の自宅で飼育していたインコに避妊具をかぶせて動けなくした上で、棒を押しつけるなどの虐待行為をしたとされる。 被告人質問で男は、当時の自宅はペット飼育が禁じられており、インコが鳴くため「隣人に聞こえ、追い出される危機感があった」として虐待に及んだと答えた。 動画投稿は「承認欲求を満たすため」だったという。 インコは死んでゴミ袋に入れて捨てたという。 検察側は論告で「怒りにまかせた犯行。 本件以外に水に沈める動画もあり、常習的犯行の一端であることを否定できない」と指摘。 「社会的にも悪影響があり、厳しい処罰が必要」と訴えた。 弁護側は「内省を深め、再犯は考えられない」として寛大な判決を求めた。 インターネット上では、愛鳥家の間で厳罰を求める署名活動が広がり、名古屋簡裁宛てに1万1000人以上分の嘆願書が提出されている。 インターネットに動物の虐待動画を投稿するなど悪質な事例が後を絶たないため、今年6月に改正動物愛護法が成立している。 【川瀬慎一朗】 『住所不定、無職の男(34)』って何で名前が伏せられてるんだ? 住所不定、無職 坂野嘉彦被告(34)と報道出来無い理由でもあるのか?毎日新聞。

次の

インコ虐待動画投稿の男 動物愛護法違反容疑で逮捕→もっと大きく取り上げて問題にしてほしい。

インコ 虐待 動画

インコにコンドーム、虐待容疑で男逮捕 ネットで公開か 飼っていたインコを虐待したとして、愛知県警は18日、名古屋市中村区椿町、無職坂野嘉彦容疑者(34)を動物愛護法違反(愛護動物の虐待)の疑いで逮捕し、発表した。 容疑を認めているという。 坂野容疑者は、虐待の様子を動画で撮影し、インターネットで公開していたとみられている。 中村署によると、坂野容疑者は6月中~下旬ごろ、自宅で、インコ1羽にコンドームをかぶせて身動きがとれないようにした上で、ライターでつついたり、ベッドや床に放り投げたりして虐待した疑いがある。 ~省略~ 「インコ虐待」動画投稿の男(34) 動物愛護法違反容疑で逮捕 坂野容疑者のツイッターアカウントの紹介ページには、「あらゆる方法・道具を使い、インコを可愛がる溺愛愛好家」と書かれていますが、その方法とは衝撃的なものだったのです。 洗面台にためられた水の中で羽をばたつかせる1羽のインコ。 外に出ようと、その羽を必死に動かしますが、なかなか出られません。 すると、蛇口から流れる水が体に直撃。 またこのツイッターにはこんなつぶやきも… 『「インコにもオシャレが必要!」羽根の筋肉部分にピアッサーで穴をあけて、ピアスを付けてみよう!という、素晴らしい発想が思い浮かんだので、さっそくAmazonでピアッサーを注文したよ!』 ほかにも羽をむしり取られた様子や死んだインコがゴミとともに捨てられている様子もあげられていました。 虐待を疑わせる投稿の数々。 捜査線上に坂野容疑者が浮上したのです。 通報者の女性は。 「犯人をとにかく逮捕してほしかった。 もう全身の震えが止まらなくなりました。 あまりにもひどい状態だったので、人が平常心で行えるような行為ではない。 残虐性の高いことをしているので信じられない」(通報者) ~省略~ 虐待魔捕まったか…水面下で動いてくださっていた方々、騒ぎたてずにじっと口を結んで耐えてた皆さん、警察関係の方々などなど本当にお疲れ様でした。 失われた命は戻って来ませんが、歯を食いしばってきましたが、やっとちゃんと悲しめます。 インコちゃん、人間が酷いことしてごめん。 無事保護された2羽のセキセイインコや、動物愛護法違反の証拠となる押収品について写真付きで紹介されています。 セキセイインコは特に目立ったケガもないとのことで、無事に救われて本当によかったです! — インコ生活 inkolife インコ虐待死させた畜生(畜生と呼ぶのも嫌だが)はバカだから動画を載せたおかげで逮捕されたけど、誰にも知られずそうやって亡くなっていく動物がたくさんいるんだと思うと本当にどうしたら良いんだろなと途方に暮れてしまう — み subebosa 【拡散希望】 虐待の実名、写真が掲載されている動画です。 拡散をお願いします。 このような行為が、今後も許されることがないように。 多くの方の目にとまり、たくさんの報道をされること、これから先もこの犯人が鳥と関わることがないよう広げていただけたらと思います。 — 認定NPO法人TSUBASA TSUBASA6077 先月のインコ虐待の件でマスメディアの方から問い合わせがきました これで少しでも命の大切さ、命の重みをわかって頂けたらと願います — あにす 命は大切に AniceBrand 虐待によって亡くなってしまったインコちゃん達へ、、 信頼すべき飼い主に、辛いめに合わされて凄く怖かったでしょう。 守ってあげれなくてごめんね。 うちのひなたが遊んでくれるからね。 生まれ変わったら私のところへおいでね。 待ってるよ💛 — ちーたん yuzufamily7 本来、 「自分よりも力が弱いものを痛めつける」というのは、人間にとって最も恥ずかしい行為であり、 「絶対にやってはいけないこと」であると、みんなが親や社会から学んでいくはずなんだけどね…。 近年、 「こうしたこと」に対して、「最も恥ずべき行為」だと感じる人が少なくなってきているように感じるし、これはいってみれば、 近年の日本における「恥の欠如」であるといえるだろう。 例えば、一昔前の日本では、 「強きをくじき、弱きを助ける」といったシチュエーションのドラマや映画が数多くあり、古くで言えば、高倉健の任侠映画だとか、比較的最近で言えば、「ごくせん」なんてものも流行ったけど、 こうした意識や精神が人々の間で共有されていることで、社会に一定の秩序や「弱者が守られるシステム」が機能していたんだ。 その結果、 「弱いものをいたぶる」こと自体に恥を感じることが出来ない人がどんどん増えてきており、 これが、日本の社会が荒廃しつつある「最大の元凶」なのではないのかと考えているよ。 一昔前の日本では、今回のような事件なんて考えられないものだったし、 こんなに多くの親が自らの幼い子どもを虐待していたこともなかった。 全ては、 これらの行為が「恥かしいこと」であるとの意識がみんなの間で共有されていたからこそだったし、今の時代は、弱いものイジメだけじゃなく、 「嘘をつくこと」や、「人を騙すこと」、「下品で汚い言葉を発すること」などについても、恥だと感じられない人が増えてきているね。 なんせ、 やそのたちが、これらに対する「恥」の欠如が深刻なんだから、人々の良心や社会が壊れていくのはむしろ必然なんだよ。 (このような状況だからこそ、近年の日本に最も欠けているを強く唱えているを強く支持しているんだけどね。 ) …と、少し話が脱線したけど、 今回の事件も、昨今の日本社会の深刻な病巣をよく映し出したものだと思うし、悲しいかな、 日本国民全体において、脳機能の劣化や崩壊がますます進行してしまっている実情を改めて感じているところだ。 (もちろん、こうした 「弱いものイジメ」の風潮を推し進めている勢力が、現代のグローバル資本主義における「ヒエラルキー構造」のトップに存在していることは言うまでもないだろう。

次の