かしこまり まし た 漢字。 「承知いたしました」「かしこまりました」「承りました」の意味と使い方とは【ビジネス用語】

「かしこまりました」とはどういう意味?正しい用法と類似な使い方、使い所を紹介します

かしこまり まし た 漢字

「かしこまりました」の意味 「分かった」を意味する「かしこまりました」 「かしこまりました」とは「分かりました」という意味の言葉です。 相手の指示を受け入れる時に使われる敬語表現で、目上の上司や取引先の担当者など社内外の人へ使えます。 漢字で表す「畏まりました」 「かしこまりました」を感じで表すと「畏まりました」となります。 正しい漢字表記であり、メールや文書などの書き言葉として使用できるのですが、ビジネスシーンで使うのは控えた方がいいでしょう。 「畏」は音読みでは「畏(い)」、訓読みでは「畏(おそ)れる」という普段見聞きしない漢字です。 正しい使い方ではあるものの、普段使わない難しい漢字を相手に使うのは丁寧さに欠けます。 ビジネスシーンでは使用禁止というルールはありませんが、相手のことを考えると「かしこまりました」と平仮名で表記する方が丁寧で優しさのある表記と言えるでしょう。 類語「承知しました」との違い 「理解する」「引き受ける」という意味 「かしこまりました」の類語「承知しました」には、「理解する」や「引き受ける」という意味が込められています。 「かしこまりました」と同じく相手の依頼や指示を引き受けるシーンで使用される敬語表現です。 「かしこまりました」と「承知しました」は両方とも丁寧な表現であり、相手の指示を引き受けるシーンではどちらを使用しても構いません。 違いがあるとすれば「承知」の方が、使用できるシーンが多いということです。 例えば、目上の相手に「知っているとは思うけど」という言葉を使う時、「ご承知のこととは存じておりますが」と使用できます。 「承知いたしました」は二重敬語ではない 「承知しました」をより丁寧に表現した「承知いたしました」という言葉。 「承知」に謙譲語である「いたす」を加えることで、自分をへりくだらせた丁寧な表現になります。 「承知いたしました」を二重敬語と判断する考えもありますが、謙譲表現されている部分は「いたす」だけであり、二重敬語には当てはまりません。 「承知」に使われている「承る」という言葉は謙譲表現であり二重敬語となりますが、「承知」はあくまで1つの単語ですので二重敬語ではないと言えるでしょう。 「了解しました」「わかりました」も敬語 「承知しました」以外には「了解しました」や「わかりました」も類語となります。 全て目上の相手に「分かった」と伝える場面で使える敬語表現です。 ただ、「分かりました」や場合によっては「了解しました」は、かしこまった表現ではなく丁寧でないと判断される場合があるため、状況や人によって使い分ける必要があります。 メールでの「かしこまりました」の使い方 「かしこまりました」はメールで使える メールや文書などの書き言葉として「かしこまりました」は使えます。 類語でも言い換えることはできますが、書き言葉は声色や表情が読み取れない分、話し言葉よりも丁寧な必要があります。 くだけた表現と捉えられてしまう類語の「分かりました」などは、控えた方がいいと言えるでしょう。 「かしこまりました」に一言添える 「かしこまりました」を使う場合、単体で使うのではなく一言添えて使うとより丁寧になります。 「かしこまりました」だけでは堅苦しい印象を受け、ぶっきらぼうに捉えられてしまう場合があるからです。 「かしこまりました」だけの返信よりも「かしこまりました。 当日はよろしくお願いいたします」の方が丁寧な印象を与えられます。 「ご連絡ありがとうございます」や「またご連絡いたします」など状況に合わせて加えてください。 相手によっては違和感を与えることに 「かしこまりました」は目上の相手に使える丁寧な表現であることを説明しました。 ただ、相手との距離感によっては仰々しく捉えられ、違和感を与えてしまうこともあります。 メールの場合は話し言葉よりも丁寧にする必要があるのですが、話し言葉の場合は相手との距離を考えましょう。 「かしこまりました」が堅苦しいと感じた場合は「分かりました」など、類語への言い換えも大切です。 「かしこまりました」を使った例文 「はい、かしこまりました」の例文 「かしこまりました」の使い方として、「はい、かしこまりました」があります。 後ほどデスクに置いておきます」となります。 「かしこまりました」にお礼を加えた例文 「かしこまりました」だけでは堅苦しい印象を与える場合があることを説明しました。 そこで、「かしこまりました」にお礼の言葉を加えた例文を紹介します。 例えば、取引先の担当者から「今月の納品分を明日持っていきます」と連絡が来た場合「かしこまりました。 いつも質の高い商品をありがとうございます」となります。 まとめ 「かしこまりました」には「分かった」という意味があり、目上に使える丁寧な敬語表現です。 類語の「承知しました」とは大きな違いはありませんが、「承知」の方が使える幅が広いため状況に応じて使用してください。 距離の近い上司など、相手によっては違和感を与えてしまうため注意しましょう。

次の

かしこまりましたと承知しましたの違い!意味とメールでの使い方

かしこまり まし た 漢字

「かしこまりました」の意味や使い方 「かしこまりました」は「あなたが言うことを理解しました」という的確なサインとして欠かせない言葉です。 「かしこまりました」が会話の締めとなることもありますし、手紙やメールでは相手への返事の核ともなります。 「かしこまりました」の意味 「かしこまりました」には「わかりました」「理解しました」という意味があります。 「あなたの言っていることが伝わっています、そしてそれを受け止めました」ということを伝える言葉です。 ビジネスの場以外でも、目上の人へ向けての受け止めの言葉として頻繁に使われています。 手紙やメールでも使えますし、口頭でも使うことができます。 少し改まった場面で示す、自分についての「了承」です。 ビジネスでの使い方 「かしこまりました」が多く使われるのがビジネスの場です。 上司や取引先に対して使われる言葉でビジネス感や品格を出すことができます。 相手が言うことに対して「かしこまって、承る」という意味があるので、相手が「かしこまる必要がある人」にしか使いません。 よって、部下や同僚などへは「わかりました」などという言葉で「理解しました」ということを伝えます。 「かしこまりました」の例文 「明日の食事会の店を予約しておいてください」「かしこまりました、すぐに予約いたします」 上司や取引先の人からの指示に対して「わかりました」と返答する例です。 「佐藤様はいらっしゃいますか」「佐藤でございますね、かしこまりました、少々お待ちくださいませ」 電話などでも「かしこまりました」は使われます。 「かしこまりました」と返答をすることによって、相手は「ここで間違っていない、正しいところに電話をかけた」と安心することができます。 また、電話に出た人が「佐藤さん」へ電話をつないでくれる、ということについてもある程度の確信を持って待つことができるでしょう。 「かしこまりました」と「承知しました」の違いとは 「かしこまりました」と似た言葉で「承知しました」という言葉もあります。 「かしこまりました」と同じで「理解しました」という意味で使われます。 「承知しました」との違い 「かしこまりました」と「承知しました」の違いは、相手が受ける言葉の印象です。 「承知しました」には、やや事務的な堅い印象を持たれる場合があります。 そのため、相手へやわらかい印象で返答したい場合には「かしこまりました」を選ぶと良いでしょう。 接客業やサービス業では、お客様へのやわらかい印象が優先されるため「かしこまりました」が使われています。 一方、「承知しました」には言葉の印象よりも「理解した」という事実を強く伝える印象がありますので、相手や状況に応じて使い分けることができます。 「承知しました」の例文 「見積書を作成しておいてください」「承知いたしました(承知しました)、作成いたします」 上司や取引先の人から指示を受けた時に「承りました」の意味で「承知しました」を使っている例です。 「承知しました」の後に「作成します」という言葉を付け加えることで、相手との認識の相違を防ぐことができます。 相手から指示されたことや、用件について「承りました」ということを伝えています。 「了解しました」は上司にはNG 「かしこまりました」「承知しました」と混同されやすい言葉に「了解しました」があります。 目上の人や取引先の人へ「了解しました」を使うことは基本的にはありません。 「了解しました」の意味 「了解しました」という言葉は、自分と同等または目下の人へ使う言葉です。 本来は「了解」とだけして、相手へ「理解した」ということを伝えるだけの言葉です。 そこに「しました」という丁寧語を付けて、敬語にしています。 しかし尊敬語ではありません。 目上の人や取引先の人へ使う言葉は「尊敬語」であることが基本ですので、「了解しました」は避けた方が良いでしょう。 しかし、相手が目上の人や取引先の人であっても、関係性によって「かしこまり過ぎると、関係性に問題がある」と判断した場合は、あえて「了解しました」と使うこともあります。 相手の受け取り方によってニュアンスが変わってきますので、自信が無い場合は「かしこまりました」「承知しました」を選んだ方が良いでしょう。 「了解しました」の例文 「(同僚から)明日の会議の資料をコピーしてもらえますか?」「了解しました」 自分と同等の人からの依頼に応える例です。 立場が同じであることから「了解しました」という受け答えをしています。 メールなどであれば、相手が同僚であっても「かしこまりました」「承知しました」と使っても良いのですが、お互いに少し違和感を覚える可能性があります。 「了解しました」「わかりました」などが無難です。 「(部下から)明日、私用のため午後からの出勤でもよろしいでしょうか」「了解しました」 自分より下の立場である部下からの問いかけに応えている例です。 相手が自分よりも下の立場であれば「かしこまりました」は不自然ですので、「了解しました」「わかりました」「承知しました」などが良いでしょう。 まとめ 敬語には似た言葉が多く、どれを使うことが正しいのかがわからなくなることがあります。 しかし、その言葉の意味を理解していれば、状況や相手によって最適な言葉を選ぶこともできるようになります。 受け答えの言葉は案外相手の記憶に残りやすく、選ばれる言葉によってあなたへの印象が変わることも。 なんとなく応えるのではなく、受け答えは意識的に行いましょう。

次の

「かしこまりました」の意味と使い方は?言い換え表現は?|ドクモバ!

かしこまり まし た 漢字

そのため目上の方に、自分がそのことについて「分かった」ということを伝える場合には敬語に直す必要があります。 「分かった」という状態を表す言葉は他にもたくさんありますが、まずは「分かった」の丁寧語である「分かりました」とほぼ同義で使える言葉を知っておきましょう。 「かしこまりました」という言葉は漢字では「畏まりました」と書きます。 意味は「分かりました」「理解しました」という自分の認識と、「そのことについて承りました」という受諾する姿勢を表します。 つまり、そのことについて「理解した上で、引き受けました」ということです。 「かしこまりました」は店舗やサービス業などでも良く使われています。 たとえば「コーヒーをください」と店員に伝えた場合に「かしこまりました」と返すのは「あなたがコーヒーを注文したい、という意思は伝わっています、さらにコーヒーを持ってきます」というところまで一言で返事をしていることになります。 「承知いたしました」は理解しました 「かしこまりました」と似ていて、同じように頻繁に使われている言葉が「承知いたしました」または「承知しました」です。 この「承知いたしました」という言葉には「理解しました」という意味があります。 相手が言ったことについて「承知いたしました」と返せば、少なくとも、その内容は理解できているということになります。 しかし「承知いたしました」には「承る」という意味まではありません。 単に「理解をした」「分かった」という状態に留まります。 先の例で言えば「コーヒーをください」と言ったお客さんに対して「承知しました」と返す場合は、その後に何かしらの言葉が続く可能性が高いでしょう。 それは「承知いたしました、すぐにお持ちします」かもしれませんし、「承知いたしました、しかしあいにく本日は豆を切らしております」かもしれない、ということです。 目上や上司に失礼な「了解しました」 「了解」は「わかりました」と同じ 上司や目上の方からの依頼に対して、つい「了解しました」と返してしまうという方は多いのではないでしょうか。 同僚とのやり取りや友人関係であれば「了解」の一言で済ませてしまうこともあるでしょう。 しかし、「了解しました」は敬語ではありません。 「了解」という言葉は、本来立場が上の方から下の者に対して「わかった」「わかりました」ということを伝える場合に使います。 そのため、立場が下の者から上の方に対して使うと失礼になります。 口頭でもメールなどの文章内でも基本的に「了解しました」は使いません。 特にビジネスの場では、相手が同僚などであっても社会人として相応しい表現とは言いにくい風潮があります。 「かしこまりました」「承知しました」などを上手く使って、ビジネス感のある受け答えを意識しておくと良いでしょう。 ビジネスで「分かった」を表す敬語 「理解しました・理解できました」で安心感を ビジネスの場では「かしこまりました」「承知いたしました」以外の「分かりました」に似た表現を使いたくなることがあります。 自分が「今話している、この件のこの部分についてピンポイントで明確に理解している」という状況です。 その場合は「理解しました」「理解できました」などを使うと、相手に安心感を持たせることができます。 「承知しました」「かしこまりました」という言葉は、とてもきれいな言葉ですし、敬語としても十分な働きをします。 しかし、場面によっては相手が「本当にわかっているのかな」と不安になることもあります。 それは「承知しました」「かしこまりました」という言葉が、全体的な大枠での理解を表すニュアンスによるものです。 「理解しました」「理解できました」という言葉はややストレートな表現ですが、相手に対して「話について行けています」「同じ目線で理解しています」という自身の状況を伝えることができます。 相手に対して使う「分かった?」の敬語 会話の中では、自分が「理解」を示す場面だけではありません。 状況によっては、相手に対して「分かりましたか?」「理解してますか?」ということを問いかける必要があります。 しかし、相手に対して「分かりましたか?」と直接的に聞いてしまうと、相手の理解力を下に見ているように思われてしまいます。 「お分かりいただけましたでしょうか」「何かご質問はございませんでしょうか」「分かりにくい点はございませんでしょうか」など、「言葉」ではなく「文章」を意識して問いかけると良いでしょう。 先生宛や就活でも使えるメール例文• 「試験日程についてご連絡いただき誠にありがとうございました。 試験実施候補日について承知いたしました。 直ちに予定を確認し、ご連絡させていただきます」• 「採用試験一次合格のご連絡をいただき誠にありがとうございました。 二次試験には面接時に必要な資料を持参とのこと、かしこまりました」• 「ご返信いただきありがとうございました。 会食にご参加いただけるとのこと、かしこまりました。 追って詳細についてご連絡申し上げます」• 「ご希望の日程は〇月〇日とのこと、承知いたしました。 再度調整の上ご連絡させていただきます」 まとめ 敬語は自分のために使うのではなく、相手のために使うものです。 「わかりました」という、深く考えなければすぐに使える言葉を、敢えて使わず相手のことを考えて違う言葉を選ぶ、というところに、敬語以上の敬意を込めることができます。 難しく考えずに「相手のために敬意を持って言葉を選ぶ」という視点で考えてみましょう。

次の