デリバリー サービス。 ネットの出前・宅配・デリバリーサービスが人気の理由は? 使えるおすすめアプリ4選

飲食店がデリバリーサービスを始めるときのポイント

デリバリー サービス

はじめに ここ数年で利用者数が増加傾向にあるフードデリバリーサービス。 「フードデリバリーサービス」という言葉を初めて聞いたという方もまだまだ多いのではないでしょうか? そこで今回は「フードデリバリーとはなにか?」という意味の説明に加えてgoogleの検索ボリュームデータを元に主要7社をランキング形式で紹介していこうと思います。 フードデリバリーサービスとは フードデリバリーサービスの意味がわからないという方向けに簡単に言葉の意味を説明します。 「フードデリバリーサービス」の言葉を分解してみると「フード」「デリバリー」「サービス」の3つに分解することができます。 フード…「食べ物」、「食品」 デリバリー…「配達」 はい!これでわかりましたね。 フードデリバリーサービスとは「食品宅配サービス」を意味する言葉になります。 昔で言うところの「出前」をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか? 似たような言葉で「ケータリングサービス」という言葉がありますが、こちらはパーティー会場に出張してお料理を提供したりパーティーのセッティングをするサービスを指すことが多いです。 フードデリバリーサービスの市場規模 市場規模としては年々増加しておりるエヌピーディー・ジャパン社の2018年の外食・中食の出前市場動向分析レポートによると前年比5. 3年前の2015年は3,564億円でしたので、3年で約500億円の成長していることがわかります。 フードデリバリーサービス人気ランキング それでは7位から順に見ていきましょう。 【7位】LINEデリマ google検索ボリューム:4,400 【6位】ごちクル google検索ボリューム:8,100 【5位】ファインダイン google検索ボリューム:14,800 【4位】dデリバリー google検索ボリューム:60,500 【3位】楽天デリバリー google検索ボリューム:74,000 【2位】Uber Eats (ウーバーイーツ) google検索ボリューム:165,000 【1位】出前館 google検索ボリューム:823,000 フードデリバリーアプリ アプリ提供なし LINEデリマ ごちクル アプリ提供あり ファインダイン dデリバリー 楽天デリバリー Uber Eats (ウーバーイーツ) 出前館 フードデリバリーを使うメリット・デメリット メリット ・自分で作れないような料理を食べることができる ・時間を節約できる ・料理及び買出し、片付けの負担を軽減できる デメリット ・経済的に自炊したほうが安い まとめ いかがでしたでしょうか? 各フードデリバリーサービス毎に提供されるサービスやエリア、利便性などが違いましたね。 ご自身のライフスタイルにあったサービスを使ってみてはいかがでしたでしょうか?.

次の

マックデリバリー

デリバリー サービス

コロナウイルスの影響で需要が高まる出前・デリバリーサービス まずは、出前・デリバリーサービスの概要やメリット・デメリット、現在需要が高まっている理由などについてみていきましょう。 出前・デリバリーサービスとは? 出前・デリバリーサービスとは、 飲食店の料理や飲み物を指定された場所に届けるサービスのことをいいます。 出前とデリバリーはほぼ同じ意味で使われますが、一般的に「 出前」は蕎麦やラーメン、お寿司などに対して使われます。 それに対し、ピザやお弁当、サンドイッチなどには「 デリバリー」という言葉が使われます。 出前・デリバリーのメリットやデメリット 出前・デリバリーの大きなメリットは、自分で食事を用意する必要がないことが挙げられます。 電話やインターネット、アプリなどから注文するだけで食事が届くので、 家事をする時間が取れない人や料理が苦手な人にとっては非常に便利だといえるでしょう。 また、自分では作らない料理も出前やデリバリーを利用すれば簡単に食べることができます。 栄養も偏りにくくなるといえるのではないでしょうか。 デメリットとしては、 お店で食べるよりも割高になる場合があることが挙げられますが、購入金額などによって配送料が安くなったり、キャンペーンなども併用すれば費用を抑えられることもあります。 コロナウイルスの影響で需要が高まっている理由 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには、人と人の接触を減らすこと、いわゆる「 3密を避けること」が何よりも大切です。 そのため、レストランやカフェでの飲食はできる限り避けなければいけません。 出前・デリバリーサービスの需要が高まっているのは、 外食できなくてもお店の料理を必要としている人が多いことの現れなのではないでしょうか。 出前・デリバリーサービスをお得に利用するには? ここからは、出前・デリバリーサービスをお得に利用する方法をご紹介します!新型コロナウイルスの影響で利用する機会が増えているからこそ、ぜひチェックしてみてください。 貯めているポイントの提携先を利用する ポイントの提携先である飲食店を利用することで、注文するたびに ポイントを貯めることができます。 例えば ご自身が現在Tポイントを貯めているのであれば、Tポイントの提携先となっている飲食店を選ぶといいでしょう。 ポイントサイトを利用する ポイントサイトとは、 広告案件を利用することによってポイントがもらえるサイトのことです。 出前・デリバリーサービスの中には、ポイントサイトに広告案件を掲載している店舗もあり、ポイントサイトを経由して注文するだけで、ポイントサイト内のポイントを貯めることができます。 出典:出前館公式 【概要】 出前館は、国内最大級の出前・デリバリーサービスです。 会計方法は現金、クレジットカード、各種ペイメント、スマホキャリア決済です。 【特徴】 掲載店舗数が多く、出前やデリバリーを行っているチェーン店のほとんどが掲載されています。 ピザやお寿司、カレー、焼き肉、お弁当、ファストフードなど、そのときに食べたいものを注文することができます。 【おすすめポイント】 口コミを参考に、人気のあるお店を探すことができます。 簡単なアカウント登録だけでTポイントを貯めたり使ったりできるので、Tポイントを貯めている人におすすめです。 日本では、2016年からサービスがスタートしました。 【特徴】 配達員が今どこにいるのかをアプリ上で確認することができます。 ポイント対応はしていませんが、世界のUberで利用できるUber Cashが貯まります。 【おすすめポイント】 社員やバイトではなく配達パートナーが配達を行うため、他のデリバリーサービスでは注文できないカフェのメニューなどに対応していることがあります。 デリバリーを行っていない中小の飲食店の料理を注文したいときにおすすめです。 会計方法は現金、クレジットカード、請求書、dポイントです。 【特徴】 NTTドコモが運営しているサービスのため、dポイントに対応しています。 貯まったdポイントは、docomoのスマホの支払いやdocomo関連サービスで利用できます。 【おすすめポイント】 月替わりクーポンの発行やキャンペーンの開催が頻繁に行われているのが魅力です。 dデリバリーを利用するときには、キャンペーンタブからお得な情報をチェックするようにしましょう。 会計方法は現金、クレジットカード、請求書、楽天ポイントです。 【特徴】 楽天のサービスのため、利用することで楽天ポイントを貯められます。 検索しやすいインターフェースになっているのも大きな特徴です。 【おすすめポイント】 0時以降に配達を行っている飲食店も探すことができます。 夜食を注文することが多い人にとっては特に便利な出前・デリバリーサービスだといえます。 その他に、お米やパスタ、レトルト、カップ麺、缶詰、スナック菓子なども取り扱っています。 【特徴】 当日配送可能エリアと全国宅配があり、首都圏および大阪の一部では当日配達が可能です。 支払方法は代金引換、クレジットカード、e-コレクトの3種類で、一部を除いて4,700円以上なら送料無料となります。 【おすすめポイント】 自宅に配達してもらえるのはもちろんのこと、屋外配達にも対応しています。 ピクニックなどを行う場合にも利用できます。 家で過ごすことが多い今だからこそ、ぜひ出前・デリバリーサービスを試してみてはいかがでしょうか。

次の

【新型コロナ】飲食店集客・売上対策に宅配・デリバリー代行サービスを導入!

デリバリー サービス

急な来客が来た時、病気で料理ができない時、デリバリーサービスは強い味方になってくれます。 そもそもデリバリーサービスとは、自宅まで来てくれて何かサービスをしてくれるビジネスモデルです。 しかし最も有名なデリバリーサービスは、やはりフード関係といえるでしょう。 長寿庵の出前そばも、来々軒の出前ラーメンも、広い意味ではデリバリーサービスといえるでしょう。 知らないうちに、私たちもデリバリーサービスを活用しているのです。 デリバリーサービスのメリット デリバリーサービスは数多くのメリットが有ります。 最大のメリットは、手間がかからないことでしょう。 そもそも、電話一本でオーダーすることができます。 自宅まで来てくれ、その場で現金で精算するわけです。 出かける必要は全くありません。 料理を作る時間が取れない方にとって、デリバリーサービスは大きなメリットになります。 急な来客で時間がない場合もあるでしょう。 しかしデリバリーサービスなら電話一本で配達してくれます。 来客にも失礼のない対応ができることはメリットといえるでしょう。 フード関係のデリバリーの場合は、後片付けの必要がないメリットもあげられます。 自宅で料理した場合には、使用した食器を洗ったり、拭いたりする必要があります。 しかしデリバリーサービスを活用すれば、その時間が不要になります。 デメリット ただしデリバリーサービスにはデメリットもあります。 フード関係のデリバリーサービスの場合、配達に少々時間がかかる場合があります。 つまり、出来たてを食べることができないのです。 ラーメンやそばなどの麺類であれば、少し伸びてしまうのは仕方ないかもしれません。 またお値段が少し高めに設定されていることもデメリットと言えます。 食材の材料費に加えて、配達の人件費やバイクの維持費もかかるわけですから、コストが高くなるのは仕方のないところでしょう。 様々なデリバリーサービス さてここまでフード宅配サービスのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、デリバリーサービスはフード宅配サービスだけではありません。

次の