くせ毛 活かす 髪型 女性。 もう悩まない!くせ毛を生かした髪型カタログ|ベリーショートからロングまで

【2020年最新版】くせ毛でもボブはオススメ!ボブに切る前に知りたいこと&くせ毛を生かしたボブヘアカタログ☆|ミディアム

くせ毛 活かす 髪型 女性

くせを取り除く• くせ毛を切ることでまとめる(収める)• くせ毛を活かす の3パターンです。 【くせを取り除く】というのは縮毛矯正やストレートなどですね。 当店でも一部くせ毛を伸ばして全体のフォルムを整えることもありますが、年配のお客様が多いため、縮毛矯正をかける女性は少数です。 当店で圧倒的に多いのがカットでくせ毛をまとめるというもの。 くせ毛のカットについて詳細に解説しましょう。 くせ毛をまとめるカットとは? くせ毛を切ることで収めるというのは くせの出方を見極めて カットによりまとまりの良い髪型に導くことです。 こちらのお客様は後頭部 赤線)でくせが内側に入りやすいのが分かります。 この長さを目安に段をつけることでまとまりが良くなることが想定されます。 襟足は内側にくるんと入っています。 このくせを活かして長さを決定します。 このように あなたのくせ毛がどのくらいの長さで内側に落ち着くかよく観察してみて下さい。 やり方は簡単。 まずあなたの髪の毛を自然に乾かしてみてください。 その際の くせ毛の動きをみてみましょう。 例えば鏡を正面に見た時に、サイドの長さがどのくらいの位置でお顔側 内巻き)に入っているかよく観察してみましょう。 例えばあごくらいで内側にはいってその先からハネている場合、あごくらいの長さがあなにとってくせ毛がまとまりやすい最適な長さです。 くせを活かすカットとは? カットだけでくせ毛がまとまる場合もあればまとまらない場合もあります。 例えばくせ毛の部分を切り落とすと短くなりすぎる場合などです。 例えば髪の表面の部分にうねりが強い場合などですね。 そういった場合は くせ毛をパーマに見立てて活かすというアプローチが可能です。 では先ほどのお客様のafterをご覧下さい。 襟足部分に段をつけることでくせが収まるカットを施しています。 サイドのくせも収まる長さに設定するためにグラデーションという段を前下がりに入れています。 お顔の輪郭とのバランス 似合わせ)も考慮して頭頂部にも高めの段 レイヤー)を入れています。 しかし後頭部から頭頂部にはウネリが残っていますよね? このくせ毛部分はカットで取り除くことは出来ません。 こういう場合は くせ毛を生かしてパーマのようにスタイリングするのもありですよ。 広がるくせ毛にショートカット 次のお客様をご紹介しましょう。 こちらのお客様のくせ毛は強いうねりは無いもののふわーっと広がるタイプのくせ毛です。 襟足を引き締めるカットでくせも落ち着かせています。 うねりが強いくせ毛で広がる まずはbeforeからご覧下さい。 こちらのお客様は 毛量が非常に多く強いくせ毛であるため髪の毛同士がぶつかり厚みが出やすい髪質です。 beforeはワンレングスという毛先に毛量が集まり厚みがでる髪型。 伸ばして結ぶこと前提であればありですが結べる長さになるまでシルエットはふくらみお手入れも大変です。 そこで段をつけてくせ毛が落ち着く長さに整えました。 afterの 赤丸部分が非常にすっきりしているのが分かると思います。 実は一般的なカットの場合ここの長さはオレンジ線くらいまで髪の長さが残ります。 しかしこちらのお客様の場合長さを残すとハネるため 特殊なカット技法でここを削っています。 またこちらのお客様のような髪質の場合 頭頂部の髪の毛を短くしすぎると余計にシルエットがふくらみ爆発してしまいます。 そこで 頭頂部の長さをやや長めに残しています。 毛量が多いのでかなり髪の毛を梳いていますが、重さで落ち着かせるため表面はやや重めに残しました。 顔回りはフィット感を出すためレイヤーをいれています。 このようにくせ毛のカットは髪質・輪郭・くせの出方によって調整しています。 くせ毛の髪型オーダー方法と注意点 では最後にくせ毛の髪型をオーダーする際の注意点をまとめていきます。 くせ毛は梳きすぎNGなの? くせ毛の場合重さを残しておくことでお手入れが楽になる場合があります。 まったく梳くなとは言いませんが全体を少し重めに整えてもらうことでお手入れも楽になりますよ。 くせ毛でボブはNGですか? ボブはふくらみを作るための段(グラデーション)をつける髪型です。 くせ毛で膨らむのが嫌な場合はボブはできるだけ避けた方が無難です。 一方でレイヤーという段はボリュームを無くす(削る)段です。 しかし髪の毛に動きやすくなるためくせ毛が逆に酷くなる場合もあります。 このようにくせ毛のカットはケースバイケースで判断しながらカットします。 最初にご説明したとおりくせ毛が落ち着く段の長さがボブであればあえてグラーデーションをつける場合もあります。 この辺は専門的なので美容師に相談すると良いでしょう。 くせ毛にワンレンはなし? 先ほども紹介したワンレングスですが頭頂部の髪の毛がすべてアウトライン一線に集まるので横広がりになりがちです。 くせ毛で広がるような場合はワンレンは避けましょう。 段をつけた方が整いやすいです。 ただし• 髪の毛を長めにして結びたい• ワンレンにして内側を梳いて軽くしたい という場合は例外です。

次の

2016年女性のくせ毛を活かす髪型!ショートヘアーのアレンジを紹介!

くせ毛 活かす 髪型 女性

こんにちは、原宿一人経営美容師MAX戸来です。 今回はくせ毛でお悩みの方に向けて、癖やうねりを活かす髪型について解説します。 くせ毛だと「髪が爆発してしまうからダウンスタイルにできなくて、いつも結んでいる」や「どうしようもないから縮毛矯正をかけ続けている」という方も少なくないと思います。 でもくせ毛をきれいに見せられる髪型にすれば、縮毛矯正をしなくてもダウンスタイルを楽しむことができるようになりますよ! くせ毛で長年悩んでいた方は、ぜひこの記事を最後まで読んでください。 美容院でのオーダーのコツや、くせ毛のためのおすすめホームケアもご紹介させていただきます。 くせ毛を活かすためには、とにかくカットが重要です! 正しくカットすることで、扱いにくいと言われているくせ毛も、素敵なスタイルに仕上げることができるんです。 【くせ毛を活かすためのカットのポイント】• まとまりを重視したデザインや重めスタイルはNG• レイヤーや段を上手く入れて毛量を調節する• ただし梳きすぎるとスカスカになるので注意 癖があって髪が広がりやすい方は、重めのデザインにして広がりを抑えようとしているかもしれません。 でも重めのデザインやまとまりを重視したスタイルは、くせ毛の方にはあまりおすすめできないんです。 なぜかというと、野暮ったい印象になってしまいやすいから。 さらにくせ毛の方が重めのスタイルにするとゴワゴワしてしまって、頭が大きく見えやすいというデメリットもあります。 くせ毛を活かすなら、適度に軽さを出した、パーマ風スタイルにするのがおすすめです! 毛量が多い場合には、レイヤーを入れたり適度に梳いたりして、軽くすることも重要。 ただし梳きすぎてしまったり梳き方を間違えてしまうと、スカスカになってしまうので注意が必要です。 くせ毛を活かせる髪型【ショート編】 それでは具体的に、おすすめの髪型をご紹介します。 まずはショートヘアから。 ショートヘアは軽さを出しやすい上に癖も活かしやすいため、くせ毛の方にはかなりおすすめです。 ですが、ごわつく髪だってショートにできますよ! 毛量が多いので量もしっかり調節しています。 量を調節した上で長さも短くすれば、量が多くごわごわしがちな髪でも、かなりすっきりした印象になります。 また前下がりデザインの髪型にすると重心が高くなるので、頭の形もきれいに見えるんですよ。 前下がりショートは、くせ毛の方にも直毛の方にもおすすめですね。 全体のデザインはもちろん、前髪や毛先の感じでも雰囲気を変えることができます。 量を調節して、すっきりとした印象の髪型に仕上げています。 女性らしく見えるように、 サイドを長めに残しているところもポイントです。 また襟足に生え癖があるため「襟足の髪が浮いたりハネたりしてしまう」というお悩みも。 襟足は、あえてハネるのを活かしています。 「襟足や毛先がハネる=真っ直ぐにしないといけない」という固定観念は捨ててしまいましょう。 活かしてしまえばチャームポイントになります。 このように個性を活かした髪型にしてあげると、自分らしさも出すことができるんです! くせ毛でお悩みのお客様には全員プリュムワックスをつけています。 ワックスにも色々ありますが、パリパリに固めないソフトタイプのものが普段使いにはおすめです。 ちなみに上の写真で使用しているのは、 くせ毛の方向けに開発したMAXオリジナルのプリュムワックスです。 まとまる上にツヤも出るので、パサパサ感が気になるくせ毛の方も、ぜひ使ってみてください。 くせ毛が強い方や剛毛、ダメージが酷い方の場合には「プリュムヘアオイル」とセットでお使いになることをオススメします! くせ毛を活かせる髪型【ショートボブ&ボブ編】 次にくせ毛の方におすすめのショートボブ&ボブスタイルをご紹介します。 「短くしてみたいけど、ショートヘアにする勇気はちょっとない……」という方にも、おすすめの長さですね。 なのでうねりを活かして、パーマ風のスタイルにすることに。 まるでパーマをかけたかのように見えませんか? でも実際は、 元々の癖を活かしたスタイルにカット&スタイリングしただけなんですよ。 くせ毛の方の中には縮毛矯正をかけている方も多いですが、縮毛矯正には「髪が傷む」「繰り返しかけないといけないので手間」「明るい髪色にできないなど制限がある」等々、デメリットもあるんですよね。 なので大人になってから卒業される方も多いです。 縮毛矯正をやめる場合は、縮毛矯正済みの部分と根元に近いくせ毛部分が、自然に馴染むような髪型にする必要があります。 縮毛矯正をやめる場合は、このように一度短くしてしまうのが最も手っ取り早いですよ! ショートボブ&ボブのセットのコツ ショートボブやボブの場合もショートヘアと同様に、ワックスを使ってセットしましょう。 ショートボブ&ボブはふんわりしたシルエットになると素敵なので、 毛先を軽くコテで巻いてあげるのもおすすめです。 特に「毛先に縮毛矯正が残っている」という方は、毛先を巻くと、くせ毛部分により自然に馴染むようになりますよ! また、残っている縮毛矯正部分が傷んでパサパサする方の場合、髪を乾かす前やコテを使う前には「プリュムヘアオイル」を馴染ませるのがベスト。 浸透した成分が髪の損傷を修復&保護する働きをしてくれるため、ワックスで仕上げのセットをしたときに驚くような違いが出ますよ! くせ毛を活かせる髪型【ミディアム編】 続いて、くせ毛を活かすことができるミディアムヘアをご紹介します。 ミディアムはアレンジもできる長さなので「ヘアアレンジが好きなので、まとめ髪ができる長さキープしたい」という方にもおすすめです。 また ミディアムは中途半端な長さなので一般的には扱いにくいと言われていますが、実際はケースバイケースです。 その人のライフスタイルや髪質によります。 その場合は、 トップがふんわりするようにレイヤーを入れたデザインにすると良いですね。 ですが、デジタルパーマのダメージにより、髪がキシキシしてしまっていました。 カットをしてプリュムワックスをつけただけですが、ニュアンス感のあるおしゃれなスタイルに仕上がりました。 また毛量が多めだったので、それなりに梳いて調節をしています。 ですが短くするのに抵抗がある場合は、このようにミディアムヘアでも大丈夫です。 毛先に縮毛矯正をかけた部分が残っている場合は、コテで毛先にワンカールつけてあげれば、くせ毛の部分と良い感じに馴染みますよ! ミディアムのセットのコツ ミディアムヘアのセットは、 「どのようなスタイルにしたいか」によって方法が変わってきます。 「とにかく簡単なセットが良い!」というのであれば、ワックスを馴染ませてコームで梳かすだけでもOKです。 「動きを出したニュアンス感のある髪型にしたい」のであれば、ワックスをつけたあとコテで軽く巻きましょう。 ただしきつく巻いてしまうとボリュームが出すぎてしまったり、一昔前の髪型っぽくなってしまうので注意! コテで巻くときは、ゆるめにふんわりカールをつけてあげることが大切です。 くせ毛を活かせる髪型【セミロング&ロング編】 最後にセミロングとロングヘアをご紹介します。 くせ毛の方が長めの髪型に場合は、広がりすぎるケースがあるので気を付けなくてはいけません。 ボリュームが出すぎないように、毛量をしっかり調節しましょう。 また きれいに伸ばしていくためには、定期的に毛先をカットしてあげることも大事ですよ。 そこで特にパサつきが強かった毛先を揃えるようにカットし、カラーを。 その後 乾かす前にプリュムヘアオイルをつけて、ツヤが足りない部分にプリュムワックスを馴染ませました。 特に毛先~中間の癖が強めなので、それを活かせるデザインにカット。 ブローやコテ巻きはしていませんが、ふんわりとした巻き髪のような仕上がりになっていますよね。 パーマをかけたり巻いたりしなくてもカールヘアが作れるのは、くせ毛の特権ですよ! ロングのセットのコツ ロングヘアの場合は、ヘアオイルとワックスを併用するのがおすすめですね。 ヘアオイルで髪全体をサラサラ&ツヤツヤの状態にした後、まとまり感やツヤ感が足りない部分に少量ワックスをつけてください。 大前提として、施術前にカウンセリングの時間を十分にとってくれる美容師に担当してもらいましょう。 その上で、美容師に伝えてほしいことは以下の内容になります。 【オーダーするときに美容師に伝えてほしいこと】• 髪の毛の特徴や悩み(ハネやすい・うねる・乾燥する・ゴワゴワする・ボリュームがでない等)• 今までの施術履歴(縮毛矯正やパーマ、カラー、ブリーチなどをいつ頃したのか等)• どうなりたいのか(セットが楽な髪型にしたい・くせ毛を活かしたい・縮毛矯正をやめたい・若く見せたい・顔型をカバーしたい等)• 髪型や髪色などの詳細(参考写真があると特に良い)• NGなこと(縮毛矯正はしたくない・セットが難しい髪型は嫌・梳きすぎないでほしい等) できるだけ詳しく伝えた方が、失敗しにくくなります。 ご参考までに! くせ毛をきれいに見せるために大事なホームケアについて くせ毛を活かすにはまずカットが大事ですが、ホームケアも重要です。 カットが完璧だったとしても、間違ったケアをしていると、パサパサしたりボサボサになったりしてしまうからです。 【ホームケアのポイント】• 洗い流さないトリートメント プリュムヘアオイル をドライヤー前に使う(熱ダメージから髪を守る)• 朝のセットのときにワックスを使って髪をコーティングする(摩擦ダメージを予防)• 髪の乾かし方に気を付ける(濡れたままの髪で寝ない) なかでも、 プリュムヘアオイルでのアウトバストリートメントと、ワックスによるコーティングのWケアは僕がおすすめしているヘアケア方法のひとつ。 みなさんご存知の通り、くせ毛という髪質は、乾燥しやすく傷んで見えやすい性質があります。 しかし、プリュムヘアオイルを乾かす前に半~1プッシュ程度馴染ませてドライヤーをかけ・・・ 最後にプリュムワックスを少量つけただけでこの通り!! 配合成分と「熱の力」によって髪の質感改善ができるよう、「美容師である僕が計算し尽くしたヘアケアの組み合わせ」なんです。 もちろんセットの仕上げには、顔のお化粧と同じように「よりキレイに見せる」という目的のため、ワックスをご使用くださいね。 スキンケアで例えるなら、ヘアオイルが美容液。 そして、ワックスはファンデーションのような役割だと思って頂けるとわかりやすいかと思います。 正しいホームケアを行うだけで・・・ ここまで髪の毛が若々しい印象に変わるんです!! Afterは、思わず触れたくなるような美しい質感が魅力的ですよね。 お肌のお手入れだけではなく、髪のケアも毎日行ってあげるのが 「 キレイな女性の新常識」だと僕は考えています。 よろしければご覧ください。 まとめ 今回は くせ毛を活かすことができるヘアスタイルを、長さ別にご紹介させていただきました。 どんな髪型にするかはもちろん大切ですが、毎日自宅で行えるヘアケアを取り入れていくと「くせ毛ってイイかも!」と思える日が必ず来るはずですよ。 少しでも、くせ毛でお悩みの方の参考になれば幸いです。 くせ毛を活かした髪型もたくさん載せています。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

くせ毛を活かす髪型で素敵に変身する方法『女性編』

くせ毛 活かす 髪型 女性

マガジン• サロンの記事• スタイリストの記事• ヘアスタイルの記事• ムービーの記事• 体験レポートの記事• スタイリスト• 得意なレングス• 得意なテイスト• 所属しているエリア• 東京都• 神奈川県• サロン• 東京都• 神奈川県• ヘアスタイル• レングス• テイスト• ムービー• レングス• シーン• くせ毛の人が美容室でよく言われる【短いと扱いにくくなる】という言葉。 しかし現実は、短めのレングスの方が上手にクセを生かすことができるのは説明したところ。 実はミディアムが一番くせ毛の人にとって扱いが難しいレングスと言われているんですよ! クセを生かすと広がってしまったり、上手に広がらないように切ってもらったとしてもカットが複雑で自分できちんとセットできない!と言う風になったら元も子もありません。

次の