ミリポア フィルター。 カートリッジフィルターとは|製品概要|液体ろ過シリーズ|BJY Corporation

【通販モノタロウ】

ミリポア フィルター

英語版原本には日本語表記はありません。 リアルタイム更新ではありません。 【レポートの概要】 世界及び中国におけるミリポアフィルター市場について調査・分析したレポートで、ミリポアフィルターの世界市場動向、市場規模、主要企業情報などが含まれています。 The report provides key statistics on the market status of the Millipore Filter manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese Millipore Filter market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry including its definition, applications and manufacturing technology. The report explores the international and Chinese major industry players in detail. In this part, the report presents the company profile, product specifications, capacity, production value, and 2014-2019 market shares for each company. The report then estimates 2019-2024 market development trends of Millipore Filter industry. Analysis of upstream raw materials, downstream demand, and current market dynamics is also carried out. The report makes some important proposals for a new project of Millipore Filter Industry before evaluating its feasibility. For competitor segment, the report includes global key players of Millipore Filter as well as some small players. End users sre also listed. Any special requirements about this report, please let us know and we can provide custom report. Chapter One Introduction of Millipore Filter Industry 1. 1 Brief Introduction of Millipore Filter 1. 2 Development of Millipore Filter Industry 1. 3 Status of Millipore Filter Industry Chapter Two Manufacturing Technology of Millipore Filter 2. 1 Development of Millipore Filter Manufacturing Technology 2. 2 Analysis of Millipore Filter Manufacturing Technology 2. 3 Trends of Millipore Filter Manufacturing Technology Chapter Three Analysis of Global Key Manufacturers 3. 1 Asahi Kasei 3. 1 Company Profile 3. 2 Product Information 3. 3 2014-2019 Production Information 3. 4 Contact Information 3. 2 Toray 3. 1 Company Profile 3. 2 Product Information 3. 3 2014-2019 Production Information 3. 4 Contact Information 3. 3 Mitsubishi Rayon 3. 1 Company Profile 3. 2 Product Information 3. 3 2014-2019 Production Information 3. 4 Contact Information 3. 4 KMS 3. 1 Company Profile 3. 2 Product Information 3. 3 2014-2019 Production Information 3. 4 Contact Information 3. 1 Company Profile 3. 2 Product Information 3. 3 2014-2019 Production Information 3. 4 Contact Information 3. 6 Toyobo 3. 1 Company Profile 3. 2 Product Information 3. 3 2014-2019 Production Information 3. 4 Contact Information 3. 7 KUBOTA 3. 1 Company Profile 3. 2 Product Information 3. 3 2014-2019 Production Information 3. 4 Contact Information 3. 8 Company H 3. 1 Company Profile 3. 2 Product Information 3. 3 2014-2019 Production Information 3. 4 Contact Information …… …… Chapter Four 2014-2019 Global and Chinese Market of Millipore Filter 4. 1 2014-2019 Global Capacity, Production and Production Value of Millipore Filter Industry 4. 2 2014-2019 Global Cost and Profit of Millipore Filter Industry 4. 3 Market Comparison of Global and Chinese Millipore Filter Industry 4. 4 2014-2019 Global and Chinese Supply and Consumption of Millipore Filter 4. 5 2014-2019 Chinese Import and Export of Millipore Filter Chapter Five Market Status of Millipore Filter Industry 5. 1 Market Competition of Millipore Filter Industry by Company 5. 2 Market Competition of Millipore Filter Industry by Country USA, EU, Japan, Chinese etc. 1 2019-2024 Global and Chinese Capacity, Production, and Production Value of Millipore Filter 6. 2 2019-2024 Millipore Filter Industry Cost and Profit Estimation 6. 3 2019-2024 Global and Chinese Market Share of Millipore Filter 6. 4 2019-2024 Global and Chinese Supply and Consumption of Millipore Filter 6. 5 2019-2024 Chinese Import and Export of Millipore Filter Chapter Seven Analysis of Millipore Filter Industry Chain 7. 1 Industry Chain Structure 7. 2 Upstream Raw Materials 7. 3 Downstream Industry Chapter Eight Global and Chinese Economic Impact on Millipore Filter Industry 8. 1 Global and Chinese Macroeconomic Environment Analysis 8. 1 Global Macroeconomic Analysis 8. 2 Chinese Macroeconomic Analysis 8. 2 Global and Chinese Macroeconomic Environment Development Trend 8. 1 Global Macroeconomic Outlook 8. 2 Chinese Macroeconomic Outlook 8. 3 Effects to Millipore Filter Industry Chapter Nine Market Dynamics of Millipore Filter Industry 9. 1 Millipore Filter Industry News 9. 2 Millipore Filter Industry Development Challenges 9. 3 Millipore Filter Industry Development Opportunities Chapter Ten Proposals for New Project 10. 1 Market Entry Strategies 10. 2 Countermeasures of Economic Impact 10. 3 Marketing Channels 10. 4 Feasibility Studies of New Project Investment Chapter Eleven Research Conclusions of Global and Chinese Millipore Filter Industry Tables and Figures Figure Millipore Filter Product Picture Table Development of Millipore Filter Manufacturing Technology Figure Manufacturing Process of Millipore Filter Table Trends of Millipore Filter Manufacturing Technology Figure Millipore Filter Product and Specifications Table 2014-2019 Millipore Filter Product Capacity, Production, and Production Value etc. List Figure 2014-2019 Millipore Filter Capacity Production and Growth Rate Figure 2014-2019 Millipore Filter Production Global Market Share Figure Millipore Filter Product and Specifications Table 2014-2019 Millipore Filter Product Capacity, Production, and Production Value etc. List Figure 2014-2019 Millipore Filter Capacity Production and Growth Rate Figure 2014-2019 Millipore Filter Production Global Market Share Figure Millipore Filter Product and Specifications Table 2014-2019 Millipore Filter Product Capacity Production Price Cost Production Value List Figure 2014-2019 Millipore Filter Capacity Production and Growth Rate Figure 2014-2019 Millipore Filter Production Global Market Share Figure Millipore Filter Product and Specifications Table 2014-2019 Millipore Filter Product Capacity, Production, and Production Value etc. List Figure 2014-2019 Millipore Filter Capacity Production and Growth Rate Figure 2014-2019 Millipore Filter Production Global Market Share Figure Millipore Filter Product and Specifications Table 2014-2019 Millipore Filter Product Capacity Production Price Cost Production Value List Figure 2014-2019 Millipore Filter Capacity Production and Growth Rate Figure 2014-2019 Millipore Filter Production Global Market Share Figure Millipore Filter Product and Specifications Table 2014-2019 Millipore Filter Product Capacity, Production, and Production Value etc. List Figure 2014-2019 Millipore Filter Capacity Production and Growth Rate Figure 2014-2019 Millipore Filter Production Global Market Share Figure Millipore Filter Product and Specifications Table 2014-2019 Millipore Filter Product Capacity, Production, and Production Value etc. List Figure 2014-2019 Millipore Filter Capacity Production and Growth Rate Figure 2014-2019 Millipore Filter Production Global Market Share Figure Millipore Filter Product and Specifications Table 2014-2019 Millipore Filter Product Capacity, Production, and Production Value etc. 精密濾過フィルターカートリッジの種類別には、PPタイプ、PESタイプ、PTFEタイプ、その他に分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。 ・精密濾過フィルターカートリッジ産業の概要 ・精密濾過フィルターカートリッジの製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国の精密濾過フィルターカートリッジ市場 2014年-2019年 ・世界及び中国の精密濾過フィルターカートリッジ市場現状 ・企業別分析:Merck Millipore, Pall... Micro-filtration Filter Cartridges Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global Micro-filtration Filter Cartridges industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the Micro-filtration Filter Cartridges manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese Micro-filtration Filter Cartridges market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry... エアフィルター付属品におけるフィルターハウジングのタイプ別には、アセンブリ、カプセル、カートリッジ&エレメント、フィルターファンネル、フィルターホルダーに分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。 ・エアフィルター付属品におけるフィルターハウジング産業の概要 ・エアフィルター付属品におけるフィルターハウジングの製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国のエアフィルター付属品におけるフィルターハウジング市場 2014年-2019年 ・世界及び中国のエアフィルター付属品におけるフィルターハウジング市場現状 ・企業別分析:Headline Filters, PALL,... Filter Housings in Air Filter Accessories Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global Filter Housings in Air Filter Accessories industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the Filter Housings in Air Filter Accessories manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese Filter Housings in Air Filter Accessories market covering all important parameters. The key ponits... ・下大静脈フィルター(IVCフィルター)産業の概要 ・下大静脈フィルター(IVCフィルター)の製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国の下大静脈フィルター(IVCフィルター)市場 2014年-2019年 ・世界及び中国の下大静脈フィルター(IVCフィルター)市場現状 ・企業別分析:Medtronic PLC, Boston... Inferior Vena Cava Filter IVC Filter Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global Inferior Vena Cava Filter IVC Filter industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the Inferior Vena Cava Filter IVC Filter manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese Inferior Vena Cava Filter IVC Filter market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The... エミフィルの種類別には、ボードマウントエミフィル、パワーラインエミフィル、データラインエミフィルに分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。 ・エミフィル産業の概要 ・エミフィルの製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国のエミフィル市場 2014年-2019年 ・世界及び中国のエミフィル市場現状 ・企業別分析:Murata, Schaffner, NXP... EMI Filter Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global EMI Filter industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the EMI Filter manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese EMI Filter market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry including its definition, applications... フィルターの種類別には、ローパスフィルター、ハイパスフィルター、バンドパスフィルター、その他に分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。 ・フィルター産業の概要 ・フィルターの製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国のフィルター市場 2014年-2019年 ・世界及び中国のフィルター市場現状 ・企業別分析:Microwave Filter, Wainwright... Filter Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global Filter industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the Filter manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese Filter market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry including its definition, applications and manufacturing technology. The... UVフィルターのタイプ別には、ナチュラル、合成に分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。 ・UVフィルター産業の概要 ・UVフィルターの製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国のUVフィルター市場 2014年-2019年 ・世界及び中国のUVフィルター市場現状 ・企業別分析:BASF, Cytec, SABO,... UV Filter Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global UV Filter industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the UV Filter manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese UV Filter market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry including its definition, applications... ・EMCフィルター産業の概要 ・EMCフィルターの製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国のEMCフィルター市場 2014年-2019年 ・世界及び中国のEMCフィルター市場現状 ・企業別分析:TDK, Siemens, Schneider,... EMC Filter Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global EMC Filter industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the EMC Filter manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese EMC Filter market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry including its definition, applications... コーヒーフィルターの種類別には、パーマネントフィルター、ペーパーフィルターに分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。 ・コーヒーフィルター産業の概要 ・コーヒーフィルターの製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国のコーヒーフィルター市場 2014年-2019年 ・世界及び中国のコーヒーフィルター市場現状 ・企業別分析:Melitta, Hario, Mola,... Coffee Filter Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global Coffee Filter industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the Coffee Filter manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese Coffee Filter market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry including its definition, applications... フィルターコンデンサのタイプ別には、高電圧、低電圧に分けて分析し、地域別には、アメリカ、ヨーロッパ、日本、中国などに区分してまとめてあります。 ・フィルターコンデンサ産業の概要 ・フィルターコンデンサの製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国のフィルターコンデンサ市場 2014年-2019年 ・世界及び中国のフィルターコンデンサ市場現状 ・企業別分析:ABB, Schneider Electric,... Filter Capacitor Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global Filter Capacitor industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the Filter Capacitor manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese Filter Capacitor market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry including its definition, applications... ・フィルター蛍光計産業の概要 ・フィルター蛍光計の製造技術分析 ・主要企業分析:企業概要、製品情報、連絡先など ・世界及び中国のフィルター蛍光計市場 2014年-2019年 ・世界及び中国のフィルター蛍光計市場現状 ・企業別分析:HORIBA Scientific, ISS,... Filter Fluorometers Market Insights 2019, Global and Chinese Scenario is a professional and in-depth study on the current state of the global Filter Fluorometers industry with a focus on the Chinese market. The report provides key statistics on the market status of the Filter Fluorometers manufacturers and is a valuable source of guidance and direction for companies and individuals interested in the industry. Overall, the report provides an in-depth insight of 2014-2024 global and Chinese Filter Fluorometers market covering all important parameters. The key ponits of the report: 1. The report provides a basic overview of the industry including its definition, applications...

次の

ミリポア フィルターの販売特集【通販モノタロウ】

ミリポア フィルター

カートリッジフィルターとは|製品概要|液体ろ過シリーズ|BJY Corporation カートリッジフィルターとは• >>>カートリッジフィルターとは こちらのページは、カートリッジフィルターでのろ過を導入・検討されている方向けに書かれておりますので既に使用されている又は基本的な知識がある方は、概要が12種類ご確認頂ける弊社のページにお進み下さい。 カートリッジフィルター用のフィルターハウジングをお探しの場合は、サニタリータイプを含む1~7本まで装着出来るへお進み頂ければ8種類が、8本以上の大流量はへ、またバッグフィルター用を含む13種類の概要を比較されるにはへお進み下さい。 カートリッジフィルターとは、本体に容易に脱着できるフィルターの事で、昔万年質などのインクやカメラのフィルムを簡単に供給するための方式として考え出され、その方法自体がカートリッジ式と呼ばれ、正 式にはカートリッジ式フィルターというのが正しいと思われます。 ただ、フィルターの場合本体はフィルターハウジングと呼ばれる濾過器になり、カートリッジ=フィルターですので 何かを供給するのではなく逆に取り除く事になります。 形式としては、液体が加圧して流れる過程の間に濾過器(フィルターハウジング)を置き 中にカートリッジフィルターを装着しているだけですが、ろ過器の中ではカートリッジの片側主に外側から内側へ、又は内側から外側へ向かって液体が混ざらないように一方通行で流 れるような仕組みに作られています。 一般的には、大きさや形状に関係無く濾過器に簡単に脱着できる形式のフィルターシステムに使われるフィルター全てがカートリッジフィルター又は フィルターカートリッジと呼ぶことが可能で、様々な形式・ 寸法・材質によるカートリッジ式フィルターが世界中の会社で製造され存在しています。 しかし現在では、その中で円筒形状ちくわ形状の物で外径直径が約60~70程度長さが250~1000長の物を通常カートリッジフィルターの汎用タイプとして認識 され万国共通に流通・普及しています。 以下では、前出の汎用のカートリッジフィルターについて解説します。 カートリッジフィルターにはろ過する方法が主に3種類あります。 デブスフィルタータイプ(深層ろ過型) 一般名称 糸巻きフィルター・樹脂成型 熱溶着等 フィルター 対象 ろ過する異物が比較的大きい場合 特徴 フィルターの外側から内側に向かって段々狭くなる事で捕集する&精度を調節しているためにろ過面積が大きく捕集量が多い。 概要 カートリッジフィルターの中では一番一般的に普及している物で、粗ろ過・普通ろ過に適しており、プレフィルター 一次フィルター とも呼ばれています。 価格もサーフェスタイプに比べ安価です。 また樹脂成型フィルターの場合は使用温度帯は狭いですが流量が多く化学薬品等のろ過に最適です。 サーフェスフィルタータイプ 表面ろ過型 一般名称 プリーツフィルター・メンブレンフィルター 対象 ろ過する対象の異物が比較的小さい場合 特徴 濾材の目の細かさを通り抜けることによって捕集するのでろ過面積が狭いため捕集量が少ないが、プリーツ状にしてろ過面積を増やしている。 概要 カートリッジフィルターの中では一番工業用として普及している物で、精度は0. 主にポリプロピレン製が多く普及しているが、各材質 PES・PTFE・ナイロン他 のメンブレン 膜 を使用したメンブレンフィルターと呼ばれている製品もあり、多種多様な薬品用途に対応した精密ろ過が行えるようになったが非常に高価な商品でもあるが、その代わりファイナルフィルターとしても使用できる。 また、ステンレス製の金属フィルターなどもあり、一般的には腐食性流体用として使用されるが、薬品以外に使用すれば洗浄して繰り返し使用が可能である。 吸着・交換フィルタータイプ 一般名称 活性炭フィルター・イオン交換樹脂フィルター 対象 ろ過(交換)する対象の異物が極小の場合 特徴 目に見えない化学物質などを、活性炭は炭の微細な孔が化学物質を吸着し、交換樹脂は溶けているイオンと樹脂が持つイオンを交換するこ 概要 特殊な用途に使用される機能性フィルターで、サーフェスフィルター又はデブスフィルターと併用される場合が多く、基本的にはろ過ではなく広い表面積で吸着又は交換を行う。 活性炭の場合は一般的には塩素又は地下水等に含まれる化学物質除去、工業用としては純水製造時の各種ミネラルやメッキ液の不純物除去に使われ、吸着スピードの速い繊維活性炭が高価だが用いられ、イオン交換樹脂の場合は主に硬水の軟化処理や脱塩などに使用される。 用途 各種薬品のろ過 石油化学・化学・塗料・染料・インキ及び印刷・メッキ・電子・写真 、純水製造時の一次ろ過、冷却水・洗浄水等のろ過、機械の切削水・研磨水のろ過、各種給排水のろ過、プール・温浴施設でのろ過、井戸水や地下水のろ過等各種様々な用途で使用されますが、基本的には中規模から小規模ろ過用となります。 しかしプールなどでは500トン以上も有る水を毎分6トン近く24時間ろ過するのですからある程度の大規模でも使用可能です。 寸法 全長は250mm単位で長くなり、500・750・1000mmの4種類の長さが一般的ですが、1L2Lと表示したり10インチ・20インチと表示する会社もある。 1Lと表示するのは250mm単位で表記しLongの略、インチの場合だと厳密には254mmになるのですが、日本で流通している物はだいたい250mmなのでそう呼ばれているようです。 しかしながら、アジア・ヨーロッパ圏ではmm単位ですがアメリカ圏ではインチサイズとなり、長くなればそれだけ差が出ます。 250mmの場合はたった4mmですが、それでも設置出来なくなる場合が有り、1000mmの場合だと16mm違ってきますが、ハウジング側で調節又は許容できる範囲であれば問題はありません。 直径(外径)は60~70mmがほとんどで、この範囲内であれば装着及び使用には問題ありませんが、太い場合は周りのフィルターやハウジングに干渉して過能力が落ちる場合が有ります。 内径直径は28mm又は30mmが標準規格となりますが、フィルターハウジング(濾過器)への装着方法によっては装着できない場合が有ります。 形状 一般的にはDOE ダブルオープンエンド と呼ばれるフィルターの両端が開いているちくわ形状が標準で、装着には片側をキャップなどで塞ぐか又はフィルターハウジングで塞ぐような形になるように装着し、ほとんどがフィルターの外側から内側に濾過されて開いた方向に液体が流れます。 ただし、イオン交換樹脂のような特殊なフィルターの場合は、両端の一方から水が入り反対側に流れ出るようなタイプもあり、装着するフィルターハウジングが限定される場合があります。 またDOEでもフィルターの内径にあるネジ山でハウジングにねじ込んで装着する場合はネジ山の直径や形状についても確認が必要となります。 その他にSOE(シングルオープンエンド)という形状もありますが、この場合は片側が既に塞がっていますので、一般的DOEと同様フィルターの外側から内側に濾過されて開いた方向に液体が流れフィルタの上下があります。 ただし設置出来るのはサニタリー仕様の専用又は対応フィルターハウジングだけです。 DOEでも形状による装着の可否がまれにあります。 大別すると 1) フィルターの上下を挟み込むようにする場合 2) 心棒又は筒などに差し込んで片側から締め付ける場合 3) フィルターに先の尖ったジョイントを付けて差す 4) フィルターのコア内径にあるネジ山を使って締めこむ の4種類です。 1)の場合が一番汎用的で大体の物が装着可能、 B は心棒より短ければ大丈夫でしょう、C とD はジョイントを取り付ける内径寸法とネジ山の形状の確認が必要です。 まれにフィルターハウジングメーカー独自の規格(内径の寸法や装着方法など)を作って、一般に普及しているカートリッジフィルターが装着出来ないようにしている会社も有るようです。 DOE形状 プリーツタイプ 2-222形状 プリーツタイプ 2-226形状 プリーツタイプ 精度 ろ過精度には『公称ろ過精度』と『絶対ろ過精度』2種類が有り、各フィルターメーカーで表示されているのはほとんど公称ろ過精度になります。 これは各社独自の手法により決められた値になりますが、概ね近い数値であり違いが出るのは1ランク程度でしょう。 ですので表示されている孔径値の粒子を100%除去するものではありません。 『絶対ろ過精度』は、表示してある孔径値の粒子を約99%以上除去するのを意味しますが、代わりに同じ精度表示されている『公称ろ過精度』より使用期間が短くなりますので選択される場合注意が必要です。 弊社でもろ過精度の表示は公称ろ過精度になります。 ただし流体の性質や使用したい温度帯などによって様々な材質の商品が有ります。 樹脂成型型の場合は、ポリオレフィンやポリエステル PE ・ナイロンといった材質が有りますし、糸巻きフィルターの場合はコットン糸やグラスファイバー GF 糸があります。 またプリーツフィルターの場合は精密ろ過に適しているため、耐薬品性に優れたPES ポリエーテルサルフォン ・PTFE ポリテトラフルオロエチレン ・PVDF ポリフッ化ビニリデン ・ナイロン・グラスファイバーや、飲料用に珪藻土などがありますがとっても高価な商品となります。 外装やコアについてはほとんどがポチプロピレンですが、ポリウレタンやポリオレフィン、鉄やステンレス SUS もあります。 基本的には薬品や温度対応のために選択されます。 パッキンやO-リングについては、EPDM・NBR・シリコン・バイトン・テフロンなどが主流ですが、いずれも耐薬品性や温度に対する対応の問題だけです。 下記に精度と捕集量についてポジショニンググラフにしてありますので参考にご確認下さい。 汎用のカートリッジフィルターではありませんがバッグフィルター(袋タイプ)も参考に記載して有ります。 流量 時間あたりに流れる液体の量を表し、1時間又は1分間のどちらかの単位で表示されます。 主に精度に左右され、精度が低い方が流れる量が少なく高い方が多くなります。 また、アブソルートが高い方が少なく低い方が多く、サーフェスタイプよりデブスタイプの方が多く流れるのが一般的な考え方です。 ただし、加圧すればするほど多く流れますが、無理やり流すのですから精度は落ちてしまうことになりますので、各フィルターには精度に応じた標準流量又は使用圧力値が設定されていますが、概ね同じフィルターの同じ精度なら同程度の標準流量になります。 だだし、メーカー各社様々な業界用や使用溶液による効率の良い製品を出しており、流量を倍に増やした商品などが出ておりますが価格も1. 5倍します。 下記に精度と捕集量についてポジショニンググラフにしてありますので参考にご確認下さい。 汎用のカートリッジフィルターではありませんがバッグフィルター(袋タイプ)も参考に記載して有ります。 圧力 使用圧力は標準的な商品の場合概ね0. 07~0. 25MPaとなりますが、糸巻きフィルターは低くプリーツフィルターは高めの値となり、基本的にフィルター毎に使用レンジが有ります。 一部透明な物も有りますがほとんどのハウジングは中(使用中のフィルター)が見えないので、使用開始した圧力値からどれだけ値が上がったによって交換時期を判断します。 もちろん目詰まりしてくれば流量が落ちるので流量だけ見ていれば交換時期が判りますが、ほとんどのハウジングには圧力計を設置する場所が用意されています。 ただし、圧力をかければかける程流量が多くなりますが、適正な圧力範囲内で使用しないと逆にフィルターから除去したい対象物質が漏れてしまうので注意が必要です。 フィルターハウジング カートリッジフィルターを使用する場合、フィルターを装着するフィルターハウジング又はハウジングと呼ばれる濾過器が必要になります。 一般的にはステンレス(SUS)製又は樹脂製が使用されており、ステンレス製には一般的なSUS304やより耐久性の高いSUS316・SUS316Lなどの種類が有り、樹脂製にもPP(ポリプロピレン)やUPVC(ポリ塩化ビニール)・FRP製などが主な材質となります。 基本的には流体の種類によって選定されますが、ステンレス製が耐久性や価格など総合的に安価で使いやすいと思います。 その他にチタン製などもあります。 また装着本数は、1本用のシングルタイプと2本以上のマルチタイプがあり、必要な流量・装着フィルターの種類・交換頻度などによって決められます。 ハウジングの種類としては、標準仕様の他に少々価格が高くなりますが分解清掃が簡単なサニタリー仕様や高圧力や高温に対応した仕様、化学薬品専用のPTFEライニング仕様などがあります。 また、大型のハウジングの場合には蓋の開閉が簡単な仕様や、流出入口の場所が選べる仕様などが有ります。 弊社取扱いの商品はをご確認ください。 その他カートリッジフィルター その他少量のろ過をご要望される場合は、簡単に使える 濾紙ロール をご確認下さい。 また、下記に各フィルターとハウジングのリンク等をお知らせしますのでご参照下さい。 疑問や質問があれば遠慮なくお問合せ下さい。 BJY Corporation• Tel : 050-8000-9644• お問合せ 09:00~16:00 土日祝休• Fax : 045-951-5745• Copyright c 2007-2017 BJY Corporation, All Rights Reserved.

次の

1

ミリポア フィルター

最終フィルターとPODPak 極微量の微生物由来の不純物に影響されるバイオ実験や高感度化、多項目化する分析などの用途に、メルクミリポアでは採水直前の使用点に装着するピューリファイヤー PODPakを取りそろえています。 最終フィルターとPODPak• 一般的な実験:• バイオ実験:• 環境ホルモン、微量化学物質の分析: 精密濾過膜(メンブレンフィルター、MF膜) 超純水処理を行うためにイオン交換樹脂を通過した水は極微量ですが、微生物や微粒子を含んでいます。 それを使用点の前で最終的に濾過するためのフィルターです。 孔径は最小の微生物も濾過できる 0. 超純水の水質を維持するために、低溶出の材質を選択することも重要な要素です。 限外濾過膜(UF膜) 限外濾過膜(UF膜)は、精密濾過膜よりもさらに目が細かく、分子の大きさに応じて不純物を補足することができます。 そのため孔のサイズではなく分画分子量という表現を用い、膜のサイズを表現します。 メルクミリポアの PODPakに使用されるUF膜の分画分子量は 13,000で超純水中の極微量のエンドトキシンや RNaseなどを除去し、バイオ実験に求められる水を供給でき、従来 DEPC処理水を使用していた試験を完全に置き換えることができます。 マカロニのように細長い糸の真ん中に水の通り道があるフィルターの構造を中空糸(ちゅうくうし)といいます。 メルクミリポアの中空糸は、外から内に水が通り抜ける外圧型です。 通り抜けた水は集められ、膜モジュールの二次側に膜の外と内、二重に濾材となるスキン層があるので分画分子量を高い精度で長期間にわたり維持できます。 活性炭フィルター 分析機器の発達や高感度化や法令の整備に伴い、環境ホルモンや VOCのような微量化学物質を分析するためのブランク水を含む分析用水の重要性は近年ますます高まっています。 このような超微量を求められるような分析で、わずかでも信頼性に疑問を抱くようなことがあれば、ブランク水としては失格です。 しかしブランク水を得るために手間やコストを犠牲にすることもあってはならないことです。 バリデートされた活性炭フィルターを最終処理に用いることで分析用水の信頼性を確保し、しかも通常の採水と同じ簡単さで環境ホルモン用の超純水の採水ができます。 メルクミリポアの PODPak用活性炭フィルター EDSPakは繊維状活性炭を採用しています。 極微量の低分子有機物も吸着可能なミクロポア主体の活性炭構造を持ち、形状が繊維状なので表面積を大きく確保できることと併せて、小さなフィルターでも十分な吸着能力を有します。 また超純水を汚さない低溶出素材であることも重要な要素です。 EDSPakに採用されている活性炭フィルターは、ほとんどの項目で旧来使用されていた球状活性炭を大きく上回る吸着性能を示しています。 メルク ライフサイエンス ラボウォーター事業部• On-Lineフォーム:• TEL(営業):03-4531-3939• 実際の価格は弊社製品取扱販売店へご確認ください。 なお、品目、製品情報、価格等は予告なく変更される場合がございます。 予めご了承ください。 doubleclick.

次の