ボンゴレビアンコ レシピ。 「プロが教える」アサリのパスタレシピ【ボンゴレロッソ】の作り方

缶詰でも美味しく作れる!ボンゴレビアンコ(あさりのパスタ)

ボンゴレビアンコ レシピ

オイル系ソースは乳化が決め手。 あさりの蒸し汁にオリーブオイルを加え混ぜ、写真のように白濁してとろみが出たらOK。 パスタを少し煮て味を含ませながら仕上げます。 これは春から初夏限定の味。 身がぷっくりふくらんでうまみの凝縮しただしが出る季節に作るのが一番美味しいパスタです。 2人前/調理時間:約15分 材料・調味料 分量 下準備 あさり 30個 砂出しをしておく EXVオリーブオイル 50ml にんにく 2かけ 芽を取り除き、4等分にスライス 赤とうがらし 1本 半分に切って種を抜く 白ワイン又は水 大さじ3 イタリアンパセリ 大さじ1 刻んでおく スパゲティ(1. 少し多め• 1 フライパンにEXVオリーブオイル 50ml とにんにくを入れて中火にかける。 フライパンを斜めにし、オイルでにんにくを揚げるようにすると良い。 2 にんにくがきつね色になってきたら弱火に。 泡が出てきたら一旦火から離し、余熱で火を通す。 串がすっと入るくらいやわらかくなったらOK。 3 再び弱火にかけ、とうがらし、イタリアンパセリ 大さじ1 を入れる。 香りが出たら、あさり、白ワイン(又は水)を加えてふたをし、中火で貝が開くまで軽く煮る。 4 あさりが開いたらふたを取り、あさりを一旦殻ごと皿に取り出しておく。 5 にんにく入りあさりの蒸し汁を中火にかけて煮詰め、フライパンを前後に動かし続けながらオリーブオイルを加えていき、水分と油分を混ぜることでソースを乳化させる。 6 白濁してとろみが出たら乳化完了。 ゆであがり30秒前にお湯から上げたパスタを、ソースに加える。 ここでほんの少し、30秒ほど煮込むことでパスタにソースを吸わせる。 7 あさりを戻して軽くまぜ合わせる。 お皿に盛りつけ、イタリアンパセリをふりかければ完成。 gnavi. フライパンを斜めにし、オイルでにんにくを揚げるようにすると良い。 STEP2:にんにくがきつね色になってきたら弱火に。 泡が出てきたら一旦火から離し、余熱で火を通す。 串がすっと入るくらいやわらかくなったらOK。 STEP3:再び弱火にかけ、とうがらし、イタリアンパセリ 大さじ1 を入れる。 香りが出たら、あさり、白ワイン(又は水)を加えてふたをし、中火で貝が開くまで軽く煮る。 STEP4:あさりが開いたらふたを取り、あさりを一旦殻ごと皿に取り出しておく。 STEP5:にんにく入りあさりの蒸し汁を中火にかけて煮詰め、フライパンを前後に動かし続けながらオリーブオイルを加えていき、水分と油分を混ぜることでソースを乳化させる。 STEP6:白濁してとろみが出たら乳化完了。 ゆであがり30秒前にお湯から上げたパスタを、ソースに加える。 ここでほんの少し、30秒ほど煮込むことでパスタにソースを吸わせる。 STEP7:あさりを戻して軽くまぜ合わせる。 お皿に盛りつけ、イタリアンパセリをふりかければ完成。 あさりの蒸し汁にオリーブオイルを加え混ぜ、写真のように白濁してとろみが出たらOK。 パスタを少し煮て味を含ませながら仕上げます。 これは春から初夏限定の味。 身がぷっくりふくらんでうまみの凝縮しただしが出る季節に作るのが一番美味しいパスタです。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の

ボンゴレ・ビアンコとは?レシピは?ボンゴレ・ロッソとは何が違う?

ボンゴレビアンコ レシピ

【材料】(2人分)• あさり(塩抜きしたもの)…150g• 鷹の爪…半分~1本• にんにくチューブ…2cm• パスタ…160g• ネギ…2本• オリーブオイル…大さじ1• 水…300cc• 白ワイン(酒)…大さじ2• 塩・胡椒…適量 【手順】• あさりはよく洗い、砂抜きします。 鷹の爪の種を取って輪切りにします。 ネギは小口切りにします。 たっぷりの水に塩を加え、パスタを茹でます。 フライパンにオリーブオイル、鷹の爪を加えて熱し、香りが出るまで炒めます。 あさりを少し炒めて酒を加え、蓋をして蒸し焼きにします。 水、固形コンソメスープを入れて煮込みます。 沸騰したらにんにくチューブを入れて混ぜます。 パスタを入れてスープと絡めます。 塩・胡椒を入れて味を整えます。 【材料】(2人分)• あさり…10個• パスタ…160g• オリーブオイル…大さじ1• おろしにんにく…小さじ1• 白ワイン…100ml• 水…300ml• スナップエンドウ…5個• プチトマト…8個• 薄口醤油…小さじ1• 塩・胡椒…少々 【手順】• フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて熱し、香りが出るまで炒めます。 水と白ワインと塩を加えてパスタとスナップエンドウを入れ、表記時間茹でます。 1分前にスナップエンドウを取り除きます。 茹でやすく切り込みを入れたトマトとあさりを入れて煮込みます。 煮汁が半分くらいに減ったらパスタと絡め合わせます。 スナップエンドウを戻し、醤油、塩・胡椒で味をつけて完成です。 【材料】(2人分)• パスタ…150g• あさり…12個• オリーブオイル…大さじ3• 鷹の爪…1本• 日本酒…100cc• 小ネギ…1束• ミツバ…1束• 醤油…小さじ1• 刻みニンニク…小さじ1 【手順】• パスタは水に1~2時間浸けておきます。 ミツバの茎と葉にわけて刻みます。 ネギを小口切りにします。 小鍋にオリーブオイル、バター、ニンニク、鷹の爪を入れて熱し、香りを出します。 あさりと日本酒を、ネギを入れて蓋をし、蒸し焼きにします。 殻が開いたアサリから取り出します。 ミツバの芯を入れ、醤油で味付けします。 パスタを少量のお湯で茹で、ソースの小鍋に入れます。 ソースを絡めながら煮込み、味がなじんだら器に盛り付けます。 あさりを乗せ、仕上げにミツバ、ネギを乗せます。

次の

ボンゴレビアンコの基本レシピ!美味しく作るコツとアレンジも!

ボンゴレビアンコ レシピ

出張料理人・缶詰料理王のガッキーです。 今回は、前回の続編と言いましょうか。 あさりを使ったトマトソースパスタ「ボンゴレロッソ」を作っていきます。 今回はそのトマトバージョンです。 ボンゴレロッソとは? 白ワインでアサリなどの二枚貝を蒸して、トマトを加えて作ったパスタのことを言います。 イタリア料理です。 イタリア語で• 「ボンゴレビアンコ」と「ボンゴレロッソ」の違い ロッソが赤ということは、ビアンコはひょっとして色? と思った方! 大正解! ビアンコ bianco はイタリア語で白を意味します。 ボンゴレロッソはトマトソースのアサリパスタ。 ボンゴレビアンコはオイルベースで白ワインを使ったアサリのパスタ。 を意味しています。 ビアンコが白ワインを使っているので、ロッソは赤ワインを使う、というわけではないので注意しましょう。 あくまで、トマトを使い、赤い色のパスタになるということです。 それでは今回は「ボンゴレロッソ」です。 せっかく美味しいパスタでも、じゃりっとしたらテンション下がります。 もし計るのめんどくさいという方は、スープとして飲める濃さにしてください。 茹で汁の味が8割そのパスタの味になります。 ニンニクが少しきつね色になり、いい香りがしてきたら、玉ねぎをいれます。 玉ねぎがしんなりしてきたら、あさりをいれて強火にします。 白ワインをいれて蓋をして、1〜2分ほどアサリの殻が開くまで蒸し焼きにします。 アサリが開いたら、トマト缶をいれて火を止めます。 茹で上がったら、パスタ、茹で汁をお玉1杯いれて強火で沸騰させます。 しっかりとアサリの旨味が詰まったソースをパスタに絡めていきます。 水分がなくなり、パスタにソースがしっかり絡まったら味見をします。 薄ければ、塩、コショウで調整して盛り付けて完成です。 彩りでパセリなどあれば刻んで飾りましょう。 「ボンゴレロッソ」のポイント ソースとパスタをしっかり絡める 強火でソースを煮詰めながらパスタに絡めていき、しっかりと味を凝縮させます。 水分が多いとスープパスタのようになり、パスタに絡まず薄い味わいになってしまいます。 食べてみましょう それでは 恒例の実食!.

次の