ポケモン 剣 盾 ギガナイト。 【ポケモン剣盾】【シングル/構築記事】ネギガナイト軸 【からにこもる杯(ポサシングルはい)1位】

ポケモン剣盾 ソロでマックスレイドのススメ(対サーナイト編)【ポケットモンスター ソード・シールド】

ポケモン 剣 盾 ギガナイト

001:• 002:• 003:• 004:• 005:• 006:• 007:• 008:• 009:• 010:• 011:• 012:• 013:• 014:• 015:• 016:• 017:• 018:• 019:• 020:• 021:• 022:• 023:• 024:• 025:• 026:• 027:• 028:• 029:• 030:• 031:• 032:• 033:• 034:• 035:• 036:• 037:• 038:• 039:• 040:• 041:• 042:• 043:• 044:• 045:• 046:• 047:• 048:• 049:• 050:• 051:• 052:• 053:• 054:• 055:• 056:• 057:• 058:• 059:• 060:• 061:• 062:• 063:• 064:• 065:• 066:• 067:• 068:• 069:• 070:• 071:• 072:• 073:• 074:• 075:• 076:• 077:• 078:• 079:• 080:• 081:• 082:• 083:• 084:• 085:• 086:• 087:• 088:• 089:• 090:• 091:• 092:• 093:• 094:• 095:• 096:• 097:• 098:• 099:• 100:• 101:• 102:• 103:• 104:• 105:• 106:• 107:• 108:• 109:• 110:• 111:• 112:• 113:• 114:• 115:• 116:• 117:• 118:• 119:• 120:• 121:• 122:• 123:• 124:• 125:• 126:• 127:• 128:• 129:• 130:• 131:• 132:• 133:• 134:• 135:• 136:• 137:• 138:• 139:• 140:• 141:• 142:• 143:• 144:• 145:• 146:• 147:• 148:• 149:• 150:• 151:• 152:• 153:• 154:• 154:• 155:• 155:• 156:• 157:• 158:• 159:• 160:• 161:• 162:• 163:• 164:• 165:• 166:• 167:• 168:• 169:• 170:• 171:• 172:• 173:• 174:• 175:• 176:• 177:• 178:• 179:• 180:• 181:• 182:• 182:• 183:• 184:• 185:• 186:• 187:• 188:• 189:• 190:• 191:• 191:• 191:• 191:• 192:• 192:• 192:• 192:• 193:• 194:• 195:• 196:• 197:• 198:• 199:• 200:• 201:• 202:• 203:• 204:• 205:• 206:• 207:• 208:• 209:• 209:• 210:• 211:• 212:• 213:• 214:• 215:• 216:• 217:• 218:• 219:• 220:• 221:• 222:• 223:• 224:• 225:• 226:• 227:• 228:• 229:• 230:• 231:• 232:• 233:• 234:• 235:• 236:• 237:• 238:• 239:• 240:• 241:• 242:• 243:• 244:• 245:• 246:• 247:• 248:• 249:• 250:• 251:• 252:• 253:• 254:• 255:• 256:• 257:• 258:• 259:• 260:• 261:• 262:• 263:• 264:• 265:• 266:• 267:• 268:• 269:• 270:• 271:• 272:• 273:• 274:• 275:• 276:• 277:• 278:• 279:• 280:• 281:• 282:• 283:• 284:• 285:• 286:• 287:• 288:• 289:• 290:• 291:• 292:• 293:• 294:• 295:• 296:• 297:• 298:• 299:• 300:• 301:• 302:• 303:• 304:• 305:• 306:• 307:• 308:• 309:• 310:• 311:• 311:• 312:• 313:• 314:• 315:• 316:• 317:• 318:• 319:• 320:• 321:• 322:• 323:• 324:• 325:• 326:• 327:• 327:• 328:• 329:• 330:• 331:• 332:• 332:• 333:• 334:• 335:• 336:• 337:• 337:• 338:• 339:• 340:• 341:• 342:• 343:• 344:• 345:• 346:• 347:• 348:• 349:• 350:• 351:• 352:• 353:• 354:• 355:• 356:• 357:• 358:• 359:• 360:• 361:• 362:• 363:• 364:• 365:• 365:• 366:• 367:• 368:• 368:• 369:• 370:• 370:• 371:• 372:• 372:• 372:• 372:• 372:• 372:• 373:• 374:• 375:• 376:• 377:• 378:• 379:• 380:• 381:• 382:• 383:• 384:• 385:• 386:• 387:• 388:• 389:• 390:• 391:• 392:• 393:• 394:• 395:• 396:• 397:• 398:• 398:• 399:• 399:• 400:• 400:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:•

次の

『ポケモン 剣盾』DLCキャラのクララさん可愛い・・│SWITCH速報

ポケモン 剣 盾 ギガナイト

「リーフブレード」は物理受けとして使われやすい「ヌオー」や「トリトドン」を、技と持ち物の効果による確定急所で確実に倒すことができます。 ダイマックス時にダイジェットになり素早さがあげられるのも強み。 登場したターンでしか使えないものの、高火力の先制技。 攻撃を2段階あげられる積み技。 積めると強力だが耐久は高くないためチャンスは少ない。 フェアリータイプへの打点。 威力はそこそこあるのでサブウェポンの選択肢として。 リーフブレードと同じく、ながねぎによって確定急所が放てる悪技。 はたきおとすとの選択肢、一長一短なので好みやパーティに合わせること。 格闘技の選択肢、威力はこちらのほうが高いものの攻撃と防御が使用後下がる。 性格が控えめかつ「こだわりメガネ」を持つ「サザンドラ」や「ウォッシュロトム」などの攻撃を耐え、返しで倒していきます。 HPと防御に努力値を252振った、物理受けのロトムもインファイト2回で倒すことはできますが、「おにび」を持っているので注意が必要です。 威力はそこそこあるのでサブウェポンの選択肢として。 ダイマックス時のダイスチルで防御があげられる、フェアリーへの打点という意味では選択肢。 水や地面に対する打点。 威力はそれなりなのでサブウェポンの選択肢として。 先制技の選択肢。 であいがしらは出したターンのみ使用可能のため、先制技としての汎用性はこちらの方が上。 ただし威力の差がかなり大きい。 先制技の選択肢。 威力は落ちるものの優先度が高いため、かげうちやでんこうせっかなどの先制技よりも先に攻撃できる。 ネギガナイトの役割と立ち回り 特性でゴーストとも戦える物理アタッカー 「ネギガナイト」は特性「きもったま」によって、ゴーストタイプにも格闘やノーマル技を当てることが出来るアタッカーのポケモンです。 高めの攻撃の種族値で相手を圧倒することができます。 専用道具「ながねぎ」で高確率で急所に当たる 「ガラルカモネギ」と「ネギガナイト」の専用アイテムである「ながねぎ」は、急所の確率を上げてくれるアイテムです。 急所は相手の能力上昇を無視してダメージを与えることが出来るため、「てっぺき」や「のろい」を積む相手とも強気に戦う事ができます。 ネギガナイトの対策 耐久は高くないため弱点で押し切る 「ネギガナイト」は攻撃種族値は高いポケモンではあるものの、HPや防御といった耐久面はあまり高くありません。 素早さも低めのポケモンのため、先手を取って弱点で攻めると一気に倒し切る事ができます。 フェアリーや飛行タイプのポケモンで戦えると、有効打がないためより立ち回りやすいです。

次の

ポケモン剣盾 ソロでマックスレイドのススメ(対サーナイト編)【ポケットモンスター ソード・シールド】

ポケモン 剣 盾 ギガナイト

どうも うくす と申すものです。 今回、私はランクバトルシングルルールS3準拠の仲間大会、「からにこもる杯」で 一位という好成績を残すことができたので人生はじめての構築記事を書くことにきめました。 ランク戦でも使用しており、対戦回数はそちらのほうが圧倒的に多いため、ランク戦での使い心地も含めて解説していきたいと思っています。 軸にしたポケモン この構築を考え出したのはS3のレギュレーションが発表されたあとのことでした。 新ルールにおいて新しく解禁されたキョダイマックスのポケモンは数あれど、最も注目され、対策が必須だと私が考えたのが ラプラス でした。 キョダイマックスラプラス の厄介な点はその専用技、 キョダイセンリツ にあります。 この技は相手に大ダメージを与えつつ、5ターンの間、ほぼすべての技の威力を一方的に半分にすることができる オーロラベール状態にすることができる点が強力です。 この技の効果で展開された オーロラベールの効果は仮に ラプラスが突破されたとしても残るため、後続のポケモンが戦いやすくなります。 このポケモンの対策として パッチラゴン の でんげきくちばし のような高火力技で一撃で倒す、 技、かわらわり で オーロラベール状態を解除する 特性すりぬけによって オーロラベール を無視して攻撃する などの方法が考えられますが、私が注目したのはこのポケモン ネギガナイト でした。 ネギガナイト は専用の持ち物【ながねぎ】をもたせることで 急所ランク が常に2上がった状態で戦うことができます。 これは攻撃が50%の確率で急所に当たる、ということを意味しています。 ご存じの方もいらっしゃることと思いますが、 攻撃を急所に当てると オーロラベール を無視して攻撃することができます!!! この事実に気づいた私は ネギガナイト を軸にしたパーティを組むことに決めました。 ネギガナイトを活躍させるには みなさんは ネギガナイト がどのようなポケモンかご存じでしょうか 魅力の高い攻撃力と心もとないその他のステータス、なんともいえない技範囲… それが私の最初に抱いた印象でした。 ドラパルトというポケモン自体、型が多いため、選出誘導能力も高かったです。 数が増えている パッチラゴン 相手に強く出れる点も大きな強みです。 物理受けのポケモンですがダイマックスしたギャラドスに勝つことが難しかった印象です。 相性補完がすこぶるいいのでいれていますが要検討が必要だと感じています。 ほうでんは、まひ状態にしてすばやさ関係を逆転させて上からボルトチェンジを打つ流れがサイクルをするさいに強力だと考えたためもともと採用していた10まんボルトと変えました。 役割対象に対して仕事できたのはもちろん、まひやひるみで期待以上の働きをしてくれました。 パーティ的にタスキが警戒されやすく、ほかの抜群技で早々に退場することはほとんどなかったです。 初見ではほぼ読まれないです。 ダイマックスしたポケモンにタスキを盾にあくびを決めるのがすごく強かったです。 おもにネギガナイトにつなぐための枠ですが、もちろん本人がダイマックスする選択肢もあり、 ミミッキュ にダイフェアリーをうたれるなどあくびがケアされる上に、ネギガナイトでは解決できない場面ができた場合に切ることも多かったです。 すばやさはダイジェット後に100族抜き。 中途半端なステータスは丁寧なお膳立て、ダイマックスによる体力上昇、ダイ技による(A,B,Sの)ランク上昇、運などによって補うことができます。 きもったまによってゴーストタイプにも格闘技が通ることも無視できない長所でしょう。 ドリュウズとトゲキッスで起点を作ってネギガナイトにつなぎます。 ラプラスやカビゴン入りのパーティにはこの選出で強く出ることができます。 型の読まれにくさにくわえ、ドリュウズのつのドリルやトゲキッスのエアスラッシュによる6割ひるみ、ネギガナイトの5割急所などの運要素で多少きついポケモンはごまかすことができます。 それでもきついポケモンが ギャラドスです。 ラムのみを持っていることが多いため、あくびで対策することもできません。 おわりに 最後になりますが、はじめはネギガナイトを活躍させよう!ということで作ったパーティだったわけですが、いつのまにか運要素がかなり強い構築ができてしまったきがしています。 ・やることが決まっている ・運さえよければ勝てる おもにこの二点からポケモンが強くない私にでも使いやすいパーティであったと感じています。 レンタルパーティを用意したので、 シングルバトルが苦手な方や運ゲーを楽しみたい方はぜひランクバトルや身内戦で使ってみてください! 質問などあればDMやリプライなどで気軽にどうぞ! ukusukun.

次の