美女神アフロディーテ。 にゃんこ大戦争 アフロディーテ 評価

どこでも使える万能オススメ最強パーティ|ふたりで!にゃんこ大戦争(Switch版) 攻略のナノゲームス

美女神アフロディーテ

アフロディーテは愛と性を司るとされており、その美しさは数多く存在する女神の中でも一番だとされています。 アプロディーテーやアプロディタと呼ばれることもありますが、日本ではアフロディーテと訳されることが多いようです。 画像: 古代アジア民族が信仰していた「大地の女神」がアフロディーテのモデルで考えられています。 また、性を司る力は植物の繁殖が元になっているといわれています。 愛人である軍神アレスの影響で美の女神でありながら、「戦の女神」として信仰されることもあるようです。 この帯は身に着けることでアフロディーテの美しさを増幅させ、神々の心さえ支配することができました。 画像: また、アフロディーテは愛を操り、自身に対してだけでなく他の対象に対しても「恋」を発生させることができました。 全知全能の「天空神ゼウス」でさえ、アフロディーテの影響から多くの女性に恋をしたとされています。 ゼウスの妻「最高位の女神ヘラ」や、知恵と戦略を司る「知略の女神アテナ」とその美しさを競ったことにより「トロイア戦争」まで引き起こしたという逸話も存在しました。 また、ギリシア神話に登場する美少年「アドニス」をめぐって冥府の神ハデスの妻「ペルセポネ」と争うなど、他の女神たちと揉める機会も多かったようです。 画像: 愛を司る女神だったためか恋多き女神であることも知られており、「炎と鍛冶の神ヘパイストス」という夫がありながら、先述した「アドニス」や「軍神アレス」など多くの愛人が存在します。 また、恋愛においては「ルックス」を重要視しており、愛人たちは美しい男性(男神)ばかりで、浮気した理由も夫のヘパイストスが醜かったからというものでした。 アフロディーテは愛の女神でありながら男性の表面しか見ておらず、女性の敵も非常に多い女神だったのです。 そのきっかけは、宇宙の初代統率者でありゼウスの祖父あたる「天空神ウラノス」と、その息子「巨神族長クロノス」の争いでした。 クロノスは不意打ちでウラノスを襲い、万物を切り裂く「アダマスの鎌」でウラノスの男性器を切り落としてしまいます。 画像: この男性器が海を漂い、発生した泡から誕生したのが「アフロディーテ」だといわれています。 そのためアフロディーテは「泡の女神」という別名も持っています。 ちなみにウラノスの男性器が切り取られた際には、他にも「復讐の女神エリニュス」や、後に神々とのあいだに大戦争を引き起こす「巨人族ギガース」も誕生したとされています。 そのため、ウラノスを倒したクロノスとは兄妹であり、ゼウスの叔母にもあたります。 画像: しかし、アフロディーテはオリュンポス山を訪れた際にはその美しさからゼウスに気に入られ、彼の養子になっています。 アフロディーテはゼウスにとって、叔母でもあり娘でもあるという複雑な関係ということですが、神々はその程度のことは気にも止めないようです。 しかし、最も美しい女神とされるアフロディーテに対して、夫であるヘパイストスは醜い姿をしていることで有名な神でした。 一見すると美女と野獣にも見えるこの二人が結婚に至ったのにはある理由がありました。 画像: ヘパイストスは全知全能の神ゼウスと最高位の女神ヘラの息子として産まれました。 しかし、その姿が美しくなかったため母ヘラは産まれたばかりのヘパイストスを海に捨ててしまいます。 それでも生き延び、成長したヘパイストスはその実力から父や母が属する「オリュンポス十二神」に加えられます。 しかし、母ヘラはヘパイストスを冷遇し続けました。 そんな母に憤りを感じたヘパイストスは彼女に「黄金の椅子」を贈ります。 その椅子はとても美しくヘラは瞬く間に心を奪われました。 しかし、ヘラが腰を下ろした途端、椅子は拘束具と化し彼女の自由を奪ったのです。 画像: ヘパイストスは自由にして欲しければ自分を息子と認め、他の神々の前でそれを証明するように迫りました。 ヘラはこれに応じると約束しましたが、ヘパイストスは母親を信じることができません。 そこで、美しくヘラのお気に入りだった娘のアフロディーテと結婚させるように要求します。 ヘパイストスは母の軽口を戒めるつもりでしたが、ヘラは自分が助かりたい一心でこの要求を受け入れてしまいます。 こうしてアフロディーテはヘパイストスと結婚させられることになったのです。 美を司るアフロディーテはヘパイストスの醜い姿を嫌ったのです。 母親と同じく妻にも冷遇されることになったヘパイストスですが、愚直な彼は妻の冷たい態度も単に機嫌が悪いだけとしか考えませんでした。 そのため二人の関係は改善せず、夫婦生活は完全に冷え切ったものとなってしまったのです。 愛を司るアフロディーテがそんな生活に耐えられるはずもありません。 彼女は夫がいるにも関わらず多くの恋をすることになりました。 中でも有名なのが軍神アレスとアドニスとの逸話です。 画像: 軍神アレスはゼウスとヘラの子でありながら、血なまぐさい戦いを好み乱暴で粗野な性格だったため、他の神々から忌み嫌われる存在でした。 しかし、アフロディーテはそんなアレスに恋をします。 その理由はアレスが「最も美しい男神」だったからでした。 アレスはその残虐性に似合わず非常に美しい顔をした青年神だったのです。 愛と美の女神アフロディーテですが、愛人のアレスの影響からか戦争の場に姿を現すようになり、「戦の女神」とも呼ばれるようになりました。 しかし、夫であるヘパイストスに浮気がバレてしまい、神々の前で恥をかかされた挙句に離婚することになります。 アレスに至っては賠償責任を負わされました。 画像: アフロディーテは産まれたばかりの赤ん坊だった人間のアドニスにも一目惚れしています。 彼女は幼いアドニスを木箱に入れてそのまま連れ帰ってしまいます。 そして、その箱を冥府の神ハデスの妻で冥界の女王だったペルセポネに預けました。 そして、箱の中身を決して見ないようにと頼んだのです。 しかし、中身が気になったペルセポネが箱を開けると中にはとても美しい赤ん坊のアドニスが入っていました。 そして、ペルセポネまでもがその赤ん坊に恋をしてしまったのです。 画像: アドニスが少年になる頃、アフロディーテが迎えにやってきました。 しかし、アドニスを返したくないペルセポネはアフロディーテと争いになり、遂には神々の裁判にまで発展しました。 その結果、アドニスは一年のうち4か月をアフロディーテと過ごし、もう4か月はペルセポネと過ごすことになりました。 そして、残りの4か月はアドニス自身の希望により、アフロディーテと過ごすことになったのです。 画像: これに激怒したのはペルセポネでした。 ペルセポネはアフロディーテの愛人であるアレスに「アフロディーテはあなたよりも人間を選んだ」と告げ口しました。 アレスは怒りのままに「イノシシ」に変身し、狩りをしていたアドニスを殺してしまいます。 このときアドニス(一説にはアフロディーテ)が流した血から花が咲き、後に「アネモネ」と呼ばれるようになりました。 このため金星の英名には「ヴィーナス」の名が付けられており、ギリシアでは金星を「アフロディーテの星」と呼んでいます。 また、ヨーロッパでは金星を「ウェヌス」と読んでいます。 画像: 出典: いかがでしたか?恋に生きた美の女神アフロディーテについてご紹介しました。 アフロディーテやペルセポネなどの神々であっても、女性は怒らせない方が賢明なようです。

次の

【にゃんこ大戦争】美女神アフロディーテの評価と使い道|ゲームエイト

美女神アフロディーテ

誇り高き愛と美と性をつかさどる女神 美の神器「黄金の弓」は近距離攻撃出来ないが超射程を持ち、 エイリアンに超ダメージを与える(範囲攻撃) 概要 にゃんこガチャの超激レア枠のキャラクター。 主に「究極降臨ギガントゼウス」にて入手できる。 モデルはの・。 読み方は「びめがみ」でなく「びじょしん」。 初めて遠方範囲攻撃の特性を搭載された大型遠距離ユニットの花形的存在。 広い感知射程、ちょうど良い移動速度、そして生産性やコストもまずまずといったほぼ非の打ち所がないパラメーターに仕上がっている。 そのため登場からだいぶ期間は経っているが現在でも通用するユニット、そのビジュアル面も相まって人気が高いキャラの一人である。 ただ最近では波動持ちのキャラ、等アフロディーテ以上の射程キャラ、また広い射程を潜り抜けてくるゾンビキャラなど苦手とするキャラも増えてきてたのでその汎用性を過信するのは禁物である。 では三度目のコラボイベントから登場。 名前は 「アフロディテ」。 ですわ口調で、曰く恋愛至上主義者で自分の考えを他人に押し付けるタイプとされる。 関連イラスト.

次の

美女神アフロディーテ (びじょしんあふろでぃーて)とは【ピクシブ百科事典】

美女神アフロディーテ

今回は、ニャンコ大戦争のガチャ開催予定と狙うべき当たりキャラクターについてご紹介していきます! ニャンコ大戦争では毎月のガチャの予定が予め決められて発表されています。 公式のwikiに予定が記載されているため、特別なことが無い限りズレることはありません。 ニャンコ大戦争では、これから開催されるガチャが判明しているのでどのタイミングで『ネコカン』を使うのかということを前もって決めることができます。 どのガチャを引けばいいのか?ということを未然に知ることができるので、回収作業なども行いやすいと思います。 それでは、ニャンコ大戦争のガチャ開催予定と狙うべき当たりキャラクターについてお届けしていきますので、お見逃しなく! Contents• なので、1月のガチャ開催スケジュールから2月のガチャ開催予定を予想してみたいと思います。 毎月大体同じ日付でガチャは開催されるので、1月のガチャ予定から大体の開催日を予測することが出来ます。 単発のイベント系は予想が難しいですが、毎月開催されているようなガチャイベントはほとんど一緒ですよ! 1月のガチャスケジュール• ドラゴンエンペラーズ:2019年1月9日 11:00〜2019年1月11日 10:59• 極ネコ祭:2019年1月11日 11:00〜2019年1月14日 10:59• エレメンタルピクシーズ:2019年1月14日 11:00〜2019年1月16日 10:59• アイアンウォーズ:2019年1月16日 11:00〜2019年1月18日 10:59• 超激ダイナマイツ:2019年1月18日 11:00〜2019年1月21日 10:59• レッドバスターズ:2019年1月21日 11:00〜2019年1月23日 10:59• 伝説のネコルガ族:2019年1月23日 11:00〜2019年1月25日 10:59• ギガントゼウス:2019年1月25日 11:00〜2019年1月27日 10:59• ダークヒーローズ:2019年1月27日 11:00〜2019年1月29日 10:59• 確定枠はツル — ケリ姫にゃんこ kerihimenyannko エアバスターズのキャラは浮いている敵に特化した性能を持つため、浮いている敵の処理に困っている場合にはおすすめのガチャとなっています。 どちらの敵も序盤から頻繁に出現するため、活躍できるステージはかなり多く優秀と言えます。 また、キャットマンダディは形態を変更することで、特性対象を『エイリアン、天使、浮いてる敵、古代種』から選ぶ事が可能です。 単体で様々な属性の敵に対応できるため、超激レアの中でも特に高い汎用性を兼ね備えたキャラといえるでしょう そして、キャットマンダディは、全てのステータスが高水準で纏まっているのです。 癖がなく使いやすいため、特性を抜きにしても汎用性の高いキャラといえるでしょう。 召し豚のカイ 召し豚のカイの強い点は、浮いてる敵に対する非常に高い耐久性能となっています。 また、召し豚のカイは、高耐久と高火力をを併せ持っているのです。 とにかく第一形態の召し豚のカイの時点でも体力が高く、そうやすやすとは倒されることはありません。 攻撃力は第三形態まで進化することで目立ちはじめますが、極端に高いDPSを生み出すこともできます。 そして、召し豚のカイは生産コストも安くなっており、再生産も速いため、場に溜めるのが容易なキャラといえるでしょう。 『ギガントゼウス』では汎用性の高い大型のアタッカーが手に入るので、特に初心者の方にはリセマラのタイミングとしてもおすすめしたいタイミングといえるでしょう。 特にエイリアンには超ダメージで攻撃可能であり、アフロディーテは前線さえ維持できていれば、範囲攻撃でまとまった敵を一気に蹴散らしてくれる優秀な遠距離アタッカーといえるでしょう。 そして、美女神アフロディーテは、使い方次第で本来の射程外の敵も攻撃するも可能です。 攻撃は着弾点周辺の敵を広い範囲で巻き込んで攻撃するため、自身よりリーチが長くて本来戦いにくい相手とも戦うことができると言えます。 また、美女神アフロディーテはノックバック回数が多く、場持ちが良いのも特徴でです。 攻撃を受けて後方に下がることができるため、前線に近づき過ぎても自身でしっかりカバーすることができるといえるでしょう。 時空神クロノス 時空神クロノスは特性により、白以外全ての敵の動きを止める事が可能です。 抜群の汎用性を持つうえ妨害も確定なので、どんな敵に対しても安定した活躍をすることがでキルと言えます。 また、時空神クロノスは、3連続で攻撃を繰り出す事が可能です。 攻撃全てに妨害の効果が乗るため、攻撃が全ヒットすれば最大で3秒間敵の動きを止める事もできるのです。 そして、時空神クロノスは、素の状態で『ネコムート』並の射程となっています。 さらに遠方範囲攻撃の特性を持つため、実際の射程よりも遠くの敵まで攻撃することが可能といえるでしょう。 天空神ゼウス 天空神ゼウスの強い点は、全てにおいて高い水準の能力を持っているというポイントです。 補足として、ゼウスの射程は長いと言いましたが、どれくらい長いかというとほぼ全てのキャラを一方的に攻撃できるほレベルなのです。 ゼウスより長い射程で攻撃してくるのは悪の帝王ニャンダムなどのニャンダム系とマンボーグ鈴木程度ですが、マンボーグ鈴木は天使なので実質的に苦手な相手ニャンダム系くらいといえるでしょう。 また、進化前の天空神ゼウスに限り、にゃんコンボを発動することが可能となっています。 排出キャラは『キャットマンダディ』を筆頭とし、エイリアン以外に対応できるものも多く、総じてパワーが高いものが多いといえるでしょう。 どちらの敵も序盤から頻繁に出現するため、活躍できるステージはかなり多く優秀と言えます。 また、キャットマンダディは形態を変更することで、特性対象を『エイリアン、天使、浮いてる敵、古代種』から選ぶ事が可能です。 単体で様々な属性の敵に対応できるため、超激レアの中でも特に高い汎用性を兼ね備えたキャラといえるでしょう そして、キャットマンダディは、全てのステータスが高水準で纏まっているのです。 癖がなく使いやすいため、特性を抜きにしても汎用性の高いキャラといえるでしょう。 ホワイトラビット ホワイトラビットはエイリアンと赤い敵を必ず遅延させる事ができるため、上記の2体が出現するステージでは優秀な妨害役として立ち回ることが可能です ホワイトラビットを複数体溜める事ができれば、突破力のある敵の進行も遅く出来るので、イノシャシの様な厄介な敵相手に非常に活躍すると言えます。 そして、ホワイトラビットはノックバック数が6で体力もそこそこもあるため、意外と長時間生き残ることもできます。 また、ホワイトラビットは形態によって性能が変化するため、ステージによって使い分けることが可能です。 妨害役が欲しい時はホワイトラビットを、火力役が欲しい時は第二形態のブラックキャットをそれぞれ使うようにしましょう。 まとめ 超ネコ祭にてダルターニャ — ラーメン定食 RMO8BY5MIXU4yg7 今回は、ニャンコ大戦争のガチャ開催予定と狙うべき当たりキャラクターについてご紹介してきましたが、如何でしたか? 今回紹介した中で一番おススメのガチャは『超ネコ祭』ですね。 出来れば超ネコ祭りまで、ネコカンを貯めておきましょう。 その方が強いキャラを入手することができると思います。 限られたネコカンですから 、欲しいキャラ、最強キャラを狙って有効に使えるようにしておきましょう! 毎月予定が公式で発表されるので、公式サイトをチェックして最新情報を集めてくださいね!.

次の