黒 歴史 クリーナー 使え ない。 黒歴史クリーナーでも消えない場合: 黒歴史クリーナーで完全に恥ずかしい過去を消す使い方

黒歴史クリーナーの正しい使い方!ツイート3200以上の場合もOK!

黒 歴史 クリーナー 使え ない

黒歴史クリーナーの使い方 黒歴史クリーナーは、ツイートを一気に削除できるwebツールです。 2020年1月にも削除できたので、今でも問題なく使えます。 ここから先は使い方を解説します。 手順どおりやれば難しくありません。 黒歴史クリーナーのサイトへ行く まずは黒歴史クリーナーのサイトへアクセスします。 ツイートを削除したいアカウントでログインをする 黒歴史クリーナーにある「ツイッターでログイン」のボタンをクリックします。 ツイッターのログイン画面が出てくるので、ツイートを削除したいアカウントでログインをします。 ユーザー名とパスワードを入れたら、黒歴史クリーナーとツイッターアカウントとの連携を許可します。 「連携アプリを認証」を選択しましょう。 鍵垢 非公開アカウント でも問題なく利用できます。 何もツイートしたくない場合は空欄にしましょう。 「削除を開始する」をクリック 最後に、「削除を開始する」をクリックします。 「削除を開始する」をクリックすると、黒歴史クリーナーが作動し対象のツイートが削除されます。 「ツイート取得中」、となっていたら、削除している途中です。 「完了!」と表示されたら削除が終了 「完了!」と表示されたら削除は完了です。 結果を見るをタップすると、日時、処理時間、対象件数、削除件数などを見ることができます。 Twitterで自分のアカウントにアクセスしてツイートが消えているか確認 黒歴史クリーナーでの削除が終わったら、自分のアカウントにアクセスしてみてツイートが消えているか確認しましょう。 注意 黒歴史クリーナーはスマホでは最新3200件の投稿しか削除できません。 また、ツイート数が多いほど削除完了までにかかる時間は長くなります。 まとめ この記事では、黒歴史クリーナーの使い方をまとめました。

次の

過去のツイートを全削除できる黒歴史クリーナーの使い方

黒 歴史 クリーナー 使え ない

ツイートを全消しできるツール 過去のつぶやきを一括でツイ消しできるツールは、黒歴史クリーナーといいます。 このツールの特徴は 「とにかく大量のツイートを一括で削除できる」ことです。 他にも次のようなメリットがあります。 削除したい ツイートの期間を具体的に指定して削除できますし、リプライやふぁぼをもらったツイートを保護してそれ以外のツイートを削除することもできます。 削除したいツイートがいっぱいある人は黒歴史クリーナーを使って一括削除してすっきりしてしまいましょう。 メリットだけではなく、逆に次のようなデメリットや注意点もあるので気を付けましょう。 ツイートを全消しするにはアカウントにメールアドレスを登録しておく必要があります。 また、カウントされているツイート数と実際のツイートの表示にばらつきが生じます(実際に削除はされているので大丈夫です)。 一度削除したツイートの復元はできません。 一つのメールアドレスに対し一つのアカウントしか利用することができないため、複数のアカウントを持っている人はツイートを削除したいアカウントのメールアドレス登録が少々面倒になるかもしれません。 さらに詳しく 黒歴史クリーナーの使い方や危険性について知りたい場合は下記の記事を参考にしてください。 ツイートを選択削除したいならTwitools ツイートを全削除ではなく選択して削除したい場合もあります。 そんな時に公式ツイッターでは、毎回ツイートを選択し、削除を繰り返さなければならず、多くのツイートを削除したい場合に不便です。 そんなときに使いたいツールが 『Twitools』です。 このツールの特徴は次の点です。 ・多くのツイートを選択し、一括削除できる ・RTも選択削除できる 公式ツイッターのように毎回削除を選択する必要がなく、削除したいツイートを選択して「一括」で削除できることが最大の特徴です。 しかしやはり黒歴史クリーナーと同様に以下のように注意したい点もあるので気を付けましょう。 ・大量のツイートを削除したいときには手間がかかる ・削除したツイートは復元できない ツイートを選択する必要があるため大量のツイートを削除したいときにはその選択をするために手間がかかること、黒歴史クリーナーと同様に一度削除してしまったツイートは復元することができないので気を付けましょう。 Twitoolsの使い方 それでは具体的に Twitools の使い方を紹介します。 ログインして連携アプリを認証します 3. 「ツイート選択削除」を選択します 他にもいろいろな機能があるのでツイート削除が終わったら使ってみてもいいかもしれませんね。 削除したいツイートを選択します 5. 「削除」を選択します 6. 削除したことをフォロワーに伝えたいときにはその内容を記入し、「ツイートする」を選択します(伝える必要がないときには何もせずに大丈夫です) 以上がTwitoolsの紹介となります。 操作方法は簡単なので使いやすいツールではあります。 ツイートの削除は全消しと選択削除でツールを使い分ける 『黒歴史クリーナー』 と 『Twitools』 の特徴と使い方はお分かりいただけたでしょうか?最後にこの二つのツール、結局どっちを使ったらいいの?と思った方に向けて両者の使い分けの方法を説明します。 Twitterを自動ツイートしてフォロワーを増やす方法を以下の記事で紹介しています。 興味がある人はチェックしてください。

次の

ツイートの一括削除にはツールが便利!全削除の注意点と削除できない場合の対応まで

黒 歴史 クリーナー 使え ない

規制対象について詳しく知りたい人は公式の開発ページ等を参照すればいいんだが、コトはそれほど単純ではない。 カオスすぎる。 凍結されないために最も安全な策は・・・・・・ ツイートをしないこと!!!!!!!!!!無理です 今回はツイートしたいけどアカウントは凍結されたくないよという人のために、過去のツイートを全て削除して凍結のリスクを少しでも減らす手法を紹介する。 画質荒いが文字だけで説明するより分かりやすいので画像ベースで説明する。 スクリーンショットした環境はとりあえずWindowsだが、Macでもできる。 Jump• 手順1 WEBブラウザでツイッターを開き、の右上にある自分のアイコンをクリックし、「設定とプライバシー」を開く。 手順2 「設定とプライバシー」ページを下に行くと「全ツイート履歴をリクエストする」ボタンがあるので、これをクリック。 すると、5分以内に登録してあるメールアドレスにツイッター運営からメールが届く。 手順3 メールの本文中に「ダウンロードする」ボタンがあるので、これをクリック。 手順4 ダウンロードボタンの先にまた「ダウンロード」とか書いてあるボタンがあるので、怒りながらクリック。 手順5 なんか数字と英語の圧縮フォルダみたいなデータがダウンロードできるので、一時的にデスクトップにでも置いておく。 手順6 黒歴史クリーナーを開き、「ツイッターでログイン」ボタンをクリック。 黒歴史クリーナー 手順7 ツイッターに飛んで連携アプリを認証するかどうか聞かれるので、「連携アプリを認証」ボタンをクリック。 手順8 連携すると黒歴史クリーナーのページに戻ってくるので、注意事項を呼んで問題無い場合は「削除設定ページへ」をクリック。 手順9 ツイートの取得方法を「タイムライン」から「全ツイート履歴」に切り替えると、全ツイート履歴「Upload」ボタンが出現する。 Uploadボタンをクリックして、手順5でデスクトップに置いたデータを指定、アップロードする。 手順10 ここでポイント。 通知設定は初期設定ではなく「 home 1」および「 home 2」にしておく。 これはアラート代わりのツイートを強制する機能なんだが、「 home」という実在しないアカウントにリプライする形に設定しておけばフォロワーに見られることはない。 自分にしか見えないのでオススメ。 あとは「削除を開始する」ボタンをクリックするだけぢゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!.

次の