き ょ だい まっ くす。 事業所詳細情報 いいわーくす

「だいあろぐぼっくす」に関連した英語例文の一覧と使い方

き ょ だい まっ くす

概要 [ ] 発売。 当初の製品名は「マックスコーヒー」。 のプライベートブランドである。 黄色とこげ茶色を用いたパッケージが特徴で、現行の商品は黄色の背景にこげ茶色の商品名とギザギザ模様が記されている。 原料のうち乳成分に多量のを使用しており、甘味が強い。 糖分量はとほぼ同じ 9. 原材料名の表記順も「加糖練乳、砂糖、コーヒー」である (通常、原材料は使用量が多い順に表記される)。 味わいはや既存のに似ており、さらに甘みを増したような味わいである。 ジョージアブランドになる前年のの売上実数では、利根コカ・コーラボトリング管内において、同社ブランドのジョージア全製品の合計が460万ケースだったのに対し、マックスコーヒーが430万ケースとほぼ拮抗しており、かなりの売れ筋商品であった。 かつては・・を中心とした地域で限定販売されていた商品で、これらの地域を代表する缶コーヒーであった(詳細はを参照)。 近年では関東近郊を中心として販売地域が広がっており、からは正式に全国販売が開始された。 なお、マックスコーヒーに関する登録商標は株式会社鈴木コーヒーが保有しており、株式会社鈴木コーヒーの使用許諾下で、製造・販売が行われている。 販売地域 [ ] 2014年1月現在の販売地域は以下の通り。 CCEJ()エリア:190g缶・250g缶・500ml PET• エリア:250g缶• エリア:170g缶 2006年7月から内をはじめとする内や、・・で販売が開始された(などの地区ではそれ以前から売られていた)。 2009年2月16日より正式に全国で発売されたが、取り扱いボトラー社はゆるやかに減少し、再び ローカル商品回帰の様相を呈している。 海外でも、およびにおいてマックスコーヒーが販売されている。 ただし、これらは社は関与しておらず、各国のコカ・コーラ社が独自に販売しているものである。 そのため、味については日本のマックスコーヒーとは大きく異なっている。 販売エリアの拡大については、略史を参照。 略史 [ ] 日本での飲料市場での缶コーヒーの伸張と製品開発を求めるに対して、や現地統括会社の社は、コーヒーを缶容器で飲むこと自体が理解できなかったため、また、自社のとの競合を恐れたため、缶コーヒーの開発や販売に消極的であった。 そのため、当時有力ボトラーであった利根コカ・コーラが独自ブランドを立ち上げて発売したといういきさつを持つ。 利根コカ・コーラボトリングの関連会社である利根ソフトドリンク(、に改称。 、利根コカ・コーラボトリングに吸収合併)が、()にて委託製造開始。 ブランドに関しては東京のスズキコーヒー店と交渉し、同店のコーヒーエキスを使用することを条件に「マックスコーヒー」の専用使用権を獲得した。 当初の販売エリアはとで、は当初除外された。 正確な時期は不明だが、利根ソフトドリンクの関連会社の北関東食販が埼玉県で製品の販売を開始したことで、の一部でも販売された。 販売地域がに広がる。 ビン入りマックスコーヒーを発売。 製造は富士ボトリング。 利根コカ・コーラ茨城工場に製造ラインを設置し製造開始。 利根コカ・コーラ千葉工場に製造ラインを設置し製造開始。 利根ソフトドリンク五霞工場竣工。 完全自社製造開始。 発売元が利根コカ・コーラボトリングに移り、それに伴いコカ・コーラの全国ブランド「ジョージア」に組み込まれ「ジョージア・マックスコーヒー」となる。 利根コカ・コーラが製造部門をコカ・コーライーストジャパンプロダクツへ譲渡する。 11月• デザインがリニューアルされる。 5種類の復刻バージョンが発売される。 繁華街を中心に東京都内での発売が始まる。 同年10月には缶デザインがリニューアルされ、ウェーブラインが復活。 11月には、千葉・栃木・茨城のと一部ので280mlペットボトル入りの「マックスコーヒーX」がホット専用商品として発売された。 5月 500mlペットボトル入り「マックスコーヒーX」が千葉・茨城・栃木の自動販売機や一般の小売店にて販売される。 10月 北海道内の一部コンビニエンスストアで再発売(北海道ではジョージア・ブランドになる前にも販売されていたが正確な時期は記録がない)。 5月 ・・・・のコンビニ等で流通が確認されている。 瀬戸内海と関門海峡も越えた。 4 - 7月 応援缶(250g)を自販機、の売店等で発売。 販売エリアを全国へ展開することを発表。 全国発売を開始。 バニラ風味・ビタミン7種を添加した「マックスコーヒーV」を全国にて発売。 韓国版マックスコーヒー• 北海道にて期間限定で一部スーパーマーケットにて販売開始(500mlペットボトル)。 にて発売開始。 ジョージア・マックスコーヒーになった経緯 [ ] 当時、日本コカ・コーラ社は(現・)と新たな缶コーヒーブランドである「」を開発中であったが、実質的な開発はそのほとんどを北九州社が行っており、日本コカ・コーラ及び米コカ・コーラ社のほうでは、外国人幹部の「こんなもの 缶コーヒー が売れるわけがない」という意見が多数派を占めていて缶コーヒー市場への参入に否定的であった。 そこで利根コカ・コーラボトリングが、子会社である利根ソフトドリンクを通じて独自にマックスコーヒーを開発し、同年6月に発売した。 利根コカ・コーラボトリングが日本コカ・コーラと結んでいた基本契約では「コカ・コーラのマーク、車、自動販売機ではコカ・コーラ認定の商品しか扱ってはならない」 の一項があり、契約上はかなり不安定なものであったが、この時点では黙認されることになる。 マックスコーヒーの発売と時を同じくして日本コカ・コーラ社より「ジョージア」が発売されるが、利根地域ではマックスコーヒーが既に発売されていたため、全製品をジョージアに切り替えることは事実上不可能であった。 そのため茨城県・千葉県ではマックスコーヒー、栃木県ではジョージアを扱うという変則的な販売手法がとられることとなり、まで続くこととなった。 他にも「」などの他社ライセンス商品を抱えていた利根コカ・コーラボトリングには、契約更新ができるかの問題が差し迫っていた。 、社長(当時)の茂木克己がこの問題の解決に乗り出し、協議の末、にマックスコーヒーの意匠を一部残した「ジョージア・マックスコーヒー」という新製品として発売することとなった。 これによって、マックスコーヒーはジョージアの1ブランドとなり、コカ・コーラボトラー単独としての利根コカ・コーラボトリングの売上は全国17ボトラー中5位に上昇した。 マックスコーヒーと常総 [ ] 復刻バージョンを販売中の自動販売機。 にて () 先述のようにマックスコーヒーは販売エリアが限られていたため、・・などでその地域(主にと)を象徴するアイテムとして用いられることがある。 『』では主人公がヤマクラさんを千葉県の人であると断定しているシーンがある。 の一連の作品(『』、『』)でネタとして取り上げられている。 『』でどん太に扮するのセリフのなかに「甘いよマックスコーヒー」がある。 漫画『』では茨城県民である主人公の好物がマックスコーヒーという設定である(下記リンク「マックスコーヒー物語(茨城王 ~イバラキング~)」も参照)。 小説『』では千葉県在住の主人公・比企谷八幡の好物という設定。 やが展示会場を移動するなど、1989年に完成したが大規模イベントの会場となった(その後、コミックマーケットはに再びへと移動)こともあって、場内や周辺で売られていたマックスコーヒーが千葉の「名物」として広く認識されるきっかけともなった。 また利根コカ・コーラ自身も、マックスコーヒーを千葉県を象徴する商品として位置づけ、には千葉県の人口が600万人に達したことを記念した特別缶を発売するなどしている。 に開館した、3Fの『カワシマパン』にはコラボ商品として、マックスコーヒーのクリームが塗られたが売られている。 - の期間限定で、北館1Fにおいて『マックスコーヒーだけ』が設置された。 CM [ ] 1980年代にはでテレビコマーシャルを放送しており、が出演するもの(1986年頃)や「100円で買えるオアシス」のキャッチコピーのバージョンなどがあった。 1989年に開局したでもラジオコマーシャルを流しており、「MAX COFFEE BAY KIDS STREET」という冠スポンサー番組も存在した。 全国発売の開始と共に再び「マックスコーヒー」単独のCMも製作された。 内容は「F1の車に見立てた人間がレース中、ガソリン補給の代わりにストローでマックスコーヒーを飲まされる」というもの。 F1バージョンはで撮影が行われた。 また、公式サイトでは他のバージョンも視聴できる。 またによって Max My Rideという、同局が放映するのようにオーナーの乗り物をカスタムする番組も作られた。 脚注 [ ].

次の

「だいあろぐぼっくす」に関連した英語例文の一覧と使い方

き ょ だい まっ くす

概要 [ ] 発売。 当初の製品名は「マックスコーヒー」。 のプライベートブランドである。 黄色とこげ茶色を用いたパッケージが特徴で、現行の商品は黄色の背景にこげ茶色の商品名とギザギザ模様が記されている。 原料のうち乳成分に多量のを使用しており、甘味が強い。 糖分量はとほぼ同じ 9. 原材料名の表記順も「加糖練乳、砂糖、コーヒー」である (通常、原材料は使用量が多い順に表記される)。 味わいはや既存のに似ており、さらに甘みを増したような味わいである。 ジョージアブランドになる前年のの売上実数では、利根コカ・コーラボトリング管内において、同社ブランドのジョージア全製品の合計が460万ケースだったのに対し、マックスコーヒーが430万ケースとほぼ拮抗しており、かなりの売れ筋商品であった。 かつては・・を中心とした地域で限定販売されていた商品で、これらの地域を代表する缶コーヒーであった(詳細はを参照)。 近年では関東近郊を中心として販売地域が広がっており、からは正式に全国販売が開始された。 なお、マックスコーヒーに関する登録商標は株式会社鈴木コーヒーが保有しており、株式会社鈴木コーヒーの使用許諾下で、製造・販売が行われている。 販売地域 [ ] 2014年1月現在の販売地域は以下の通り。 CCEJ()エリア:190g缶・250g缶・500ml PET• エリア:250g缶• エリア:170g缶 2006年7月から内をはじめとする内や、・・で販売が開始された(などの地区ではそれ以前から売られていた)。 2009年2月16日より正式に全国で発売されたが、取り扱いボトラー社はゆるやかに減少し、再び ローカル商品回帰の様相を呈している。 海外でも、およびにおいてマックスコーヒーが販売されている。 ただし、これらは社は関与しておらず、各国のコカ・コーラ社が独自に販売しているものである。 そのため、味については日本のマックスコーヒーとは大きく異なっている。 販売エリアの拡大については、略史を参照。 略史 [ ] 日本での飲料市場での缶コーヒーの伸張と製品開発を求めるに対して、や現地統括会社の社は、コーヒーを缶容器で飲むこと自体が理解できなかったため、また、自社のとの競合を恐れたため、缶コーヒーの開発や販売に消極的であった。 そのため、当時有力ボトラーであった利根コカ・コーラが独自ブランドを立ち上げて発売したといういきさつを持つ。 利根コカ・コーラボトリングの関連会社である利根ソフトドリンク(、に改称。 、利根コカ・コーラボトリングに吸収合併)が、()にて委託製造開始。 ブランドに関しては東京のスズキコーヒー店と交渉し、同店のコーヒーエキスを使用することを条件に「マックスコーヒー」の専用使用権を獲得した。 当初の販売エリアはとで、は当初除外された。 正確な時期は不明だが、利根ソフトドリンクの関連会社の北関東食販が埼玉県で製品の販売を開始したことで、の一部でも販売された。 販売地域がに広がる。 ビン入りマックスコーヒーを発売。 製造は富士ボトリング。 利根コカ・コーラ茨城工場に製造ラインを設置し製造開始。 利根コカ・コーラ千葉工場に製造ラインを設置し製造開始。 利根ソフトドリンク五霞工場竣工。 完全自社製造開始。 発売元が利根コカ・コーラボトリングに移り、それに伴いコカ・コーラの全国ブランド「ジョージア」に組み込まれ「ジョージア・マックスコーヒー」となる。 利根コカ・コーラが製造部門をコカ・コーライーストジャパンプロダクツへ譲渡する。 11月• デザインがリニューアルされる。 5種類の復刻バージョンが発売される。 繁華街を中心に東京都内での発売が始まる。 同年10月には缶デザインがリニューアルされ、ウェーブラインが復活。 11月には、千葉・栃木・茨城のと一部ので280mlペットボトル入りの「マックスコーヒーX」がホット専用商品として発売された。 5月 500mlペットボトル入り「マックスコーヒーX」が千葉・茨城・栃木の自動販売機や一般の小売店にて販売される。 10月 北海道内の一部コンビニエンスストアで再発売(北海道ではジョージア・ブランドになる前にも販売されていたが正確な時期は記録がない)。 5月 ・・・・のコンビニ等で流通が確認されている。 瀬戸内海と関門海峡も越えた。 4 - 7月 応援缶(250g)を自販機、の売店等で発売。 販売エリアを全国へ展開することを発表。 全国発売を開始。 バニラ風味・ビタミン7種を添加した「マックスコーヒーV」を全国にて発売。 韓国版マックスコーヒー• 北海道にて期間限定で一部スーパーマーケットにて販売開始(500mlペットボトル)。 にて発売開始。 ジョージア・マックスコーヒーになった経緯 [ ] 当時、日本コカ・コーラ社は(現・)と新たな缶コーヒーブランドである「」を開発中であったが、実質的な開発はそのほとんどを北九州社が行っており、日本コカ・コーラ及び米コカ・コーラ社のほうでは、外国人幹部の「こんなもの 缶コーヒー が売れるわけがない」という意見が多数派を占めていて缶コーヒー市場への参入に否定的であった。 そこで利根コカ・コーラボトリングが、子会社である利根ソフトドリンクを通じて独自にマックスコーヒーを開発し、同年6月に発売した。 利根コカ・コーラボトリングが日本コカ・コーラと結んでいた基本契約では「コカ・コーラのマーク、車、自動販売機ではコカ・コーラ認定の商品しか扱ってはならない」 の一項があり、契約上はかなり不安定なものであったが、この時点では黙認されることになる。 マックスコーヒーの発売と時を同じくして日本コカ・コーラ社より「ジョージア」が発売されるが、利根地域ではマックスコーヒーが既に発売されていたため、全製品をジョージアに切り替えることは事実上不可能であった。 そのため茨城県・千葉県ではマックスコーヒー、栃木県ではジョージアを扱うという変則的な販売手法がとられることとなり、まで続くこととなった。 他にも「」などの他社ライセンス商品を抱えていた利根コカ・コーラボトリングには、契約更新ができるかの問題が差し迫っていた。 、社長(当時)の茂木克己がこの問題の解決に乗り出し、協議の末、にマックスコーヒーの意匠を一部残した「ジョージア・マックスコーヒー」という新製品として発売することとなった。 これによって、マックスコーヒーはジョージアの1ブランドとなり、コカ・コーラボトラー単独としての利根コカ・コーラボトリングの売上は全国17ボトラー中5位に上昇した。 マックスコーヒーと常総 [ ] 復刻バージョンを販売中の自動販売機。 にて () 先述のようにマックスコーヒーは販売エリアが限られていたため、・・などでその地域(主にと)を象徴するアイテムとして用いられることがある。 『』では主人公がヤマクラさんを千葉県の人であると断定しているシーンがある。 の一連の作品(『』、『』)でネタとして取り上げられている。 『』でどん太に扮するのセリフのなかに「甘いよマックスコーヒー」がある。 漫画『』では茨城県民である主人公の好物がマックスコーヒーという設定である(下記リンク「マックスコーヒー物語(茨城王 ~イバラキング~)」も参照)。 小説『』では千葉県在住の主人公・比企谷八幡の好物という設定。 やが展示会場を移動するなど、1989年に完成したが大規模イベントの会場となった(その後、コミックマーケットはに再びへと移動)こともあって、場内や周辺で売られていたマックスコーヒーが千葉の「名物」として広く認識されるきっかけともなった。 また利根コカ・コーラ自身も、マックスコーヒーを千葉県を象徴する商品として位置づけ、には千葉県の人口が600万人に達したことを記念した特別缶を発売するなどしている。 に開館した、3Fの『カワシマパン』にはコラボ商品として、マックスコーヒーのクリームが塗られたが売られている。 - の期間限定で、北館1Fにおいて『マックスコーヒーだけ』が設置された。 CM [ ] 1980年代にはでテレビコマーシャルを放送しており、が出演するもの(1986年頃)や「100円で買えるオアシス」のキャッチコピーのバージョンなどがあった。 1989年に開局したでもラジオコマーシャルを流しており、「MAX COFFEE BAY KIDS STREET」という冠スポンサー番組も存在した。 全国発売の開始と共に再び「マックスコーヒー」単独のCMも製作された。 内容は「F1の車に見立てた人間がレース中、ガソリン補給の代わりにストローでマックスコーヒーを飲まされる」というもの。 F1バージョンはで撮影が行われた。 また、公式サイトでは他のバージョンも視聴できる。 またによって Max My Rideという、同局が放映するのようにオーナーの乗り物をカスタムする番組も作られた。 脚注 [ ].

次の

マックスコーヒー

き ょ だい まっ くす

来歴 [ ] 生まれ。 卒業後、2年間の浪人生活を経て、に入学。 、を卒業し、に入行。 のにから公認で出馬。 のに敗れたが、していたで復活し、初当選した。 のにも福岡5区から出馬するが、再び原田に敗れ、もならず落選した。 2006年12月19日、が長選挙に出馬するため議員辞職したので、同年12月27日、比例九州ブロック次点の楠田がした。 のでは福岡5区で原田を破り、初めて選挙区で当選した。 選挙後に発足したでに任命され、まで務めた。 のではの推薦人に名を連ねたが、鹿野は1回目の投票で4位になり、鹿野陣営は決選投票でを支持し野田が代表に選出された。 のでは、福岡5区で前回総選挙から9万票以上の票を減らし、自民党元職のに約6万票の大差をつけられ、もできず落選した。 、民主党を離党する意向を表明。 のに際し、民主党に復党し同党から出馬したが、福岡5区で再び自民党の原田に敗れ、比例復活もできず落選した。 のに際し、民進党代表が、民進党を事実上解党し、からの立候補を容認する方針を表明。 、楠田もから出馬する意向を表明し 、同党の公認を受けて福岡5区から出馬。 公示から7日後の、自身のに「希望の党は、排除発言や踏み絵問題で野党を突然バラバラにした結果、多くの候補者が混乱し、最終的に有権者の選択も迷わすことになっている」と投稿し、離党も辞さない覚悟であると公言した。 この投稿の真意を問うの取材に対しては「警鐘を鳴らしたかった。 民進党の支持者やスタッフも不満を持っている。 危機感の中で出た発言だ」と釈明し、選挙期間中の離党については「公認候補であり、責任放棄になるのであり得ない」と否定した。 福岡5区で前回よりも得票を伸ばしたものの、自民党の原田に敗れ、比例復活もできず落選した。 、議会が市長に対し、同年10月に続き2度目のを可決し、の規定により芦刈は失職。 芦刈は失職に伴う市長選に出馬の意向を示していたが、に開催された立候補予定者の討論会の席上で突如、不出馬を表明した。 その際、「市民派の私と楠田氏の一本化で木村氏(前太宰府市教育長)への勝機を見いだしたいと思い、決断した」「若い楠田氏に期待したい」と述べ、楠田への支持を表明したが、楠田自身は「芦刈氏と選挙協力の話は全くしていない」と強調し、「選挙戦は混乱を招いた当事者と、当事者でなかった私が争う構図で、2人になっても変わらない」とした。 に太宰府市長選が投開票され、自民・両党の推薦を受けた前太宰府市を破り、楠田が当選した。 、太宰府市役所に初登庁した。 政策・主張 [ ]• を含むのに賛成。 へのの創設に賛成。 で隣接する県を一つの選挙区にする「合区」をなくすための憲法改正に賛成。 を評価しない。 日本のについて「当面は必要だが、将来的には廃止すべき」としている。 の解禁に反対。 の「持ち込ませず」の部分について「議論すべき」としている。 人物 [ ] 学生時代はKBC「PAO~N」を聴いていたが現在は東京FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」を聴いている 脚注 [ ]• 2006年12月19日. 2018年5月2日閲覧。 2011年8月29日. 2018年5月2日閲覧。 2018年5月2日閲覧。 2013年12月18日. 2018年5月2日閲覧。 2018年5月2日閲覧。 2017年9月28日. 2017年11月23日閲覧。 2017年9月30日. 2018年5月2日閲覧。 2017年10月4日. 2018年5月2日閲覧。 2017年10月18日. 2018年5月2日閲覧。 2018年5月2日閲覧。 2017年12月12日. 2018年5月2日閲覧。 2018年1月14日. 2018年5月2日閲覧。 2018年1月14日. 2018年5月2日閲覧。 2018年1月29日. 2018年5月2日閲覧。 2018年1月29日. 2018年5月2日閲覧。 2018年1月30日. 2018年5月2日閲覧。 2018年5月2日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公職 先代: と共同 2009年 - 2010年 次代: 先代: 第11代:2018年 - 次代: (現職).

次の