キャベツ みじん切り 料理。 キャベツ みじん切り 料理

超簡単!キャベツのみじん切りの仕方

キャベツ みじん切り 料理

これでみじん切りをするとあっという間にできます。 しかも床にこぼれず、シンクの中も余り汚れないので掃除の手間が省けます。 やり方は簡単(餃子の場合) ・ざく切りにしたキャベツをミキサーに入れる。 ・水を7分目ぐらいまで入れる。 ・スイッチを入れる。 ・みじん切り完成 同じように玉ねぎ・ニラもミキサーでみじん切りにします。 手順は先ほどのキャベツと同じ ・ざく切りにした玉ねぎ・ニラをミキサーに入れる。 ・水を7分目ぐらいまで入れる。 ・スイッチを入れる。 ・みじん切り完成 こんな感じで一気に仕上げることが出来ます。 あまりやりすぎると野菜ジュースになるので気を付けてください。 ただしこのやり方にも欠点があります。 野菜に大量の水が含まれる。 はい、水を利用して野菜を刻むので 出来上がったみじん切りには大量の水が含まれています。 そのため、かなり念入りな水切りが必要になります。 別の手間がかかるため、注意が必要です。 私は「みじん切りが必要な調理」の時は このやり方でしかみじん切りにしません。 餃子を作る場合この後、野菜に塩を振って 水切りするので余り問題にはなりませんし 玉ねぎなどはザルを振れば水切りできます。 特に離乳食を作る際の野菜のみじん切りには重宝しました。 多少水分が多くても、刻んだ時の水と一緒に煮て 出汁で味付けするだけでしたから。 とても簡単に離乳食を作ることが出来ました。

次の

キャベツの切り方|料理で使える4種類!短冊切りってなに?

キャベツ みじん切り 料理

【材料】• キャベツ……100g• 山芋……………70g• ねぎ……………10g• 小麦粉…………45g• 水…………………50cc• 天かす…………少量• 塩…………………少々• 豚バラ…………1枚 たくさんの数を作らねばいけなかったので小さめサイズで作っています。 【注意点】 味についての感想は 海斗の独断と偏見になります。 ご了承くださいませ。 みじん切りの感想・特徴 みじん切りのサイズはけっこう細か目。 こちらがみじん切りのキャベツでできたお好み焼きです。 キャベツの食間はゼロ。 ふわふわでとろけるようなお好み焼きが出来上がります。 お箸で簡単にきれて、小さな子供でも食べやすそうですね。 THE粉もの!って感じで 粉や粉に混ぜた山芋の味がしっかり感じられますよ。 粗みじん切りの感想・特徴 粗みじん切りの サイズは3~5ミリ四方サイズです。 多少のばらつきがあっても気にしない…。 こちらが粗みじん切りのキャベツでできたお好み焼きです。 粗みじん切りだと食べていると たまにキャベツのシャキッと感が楽しめます。 まぁまぁふんわりした出来栄えで粉もの感が強くなっています。 お腹もちはまぁまぁ良いですね。 箸で食べようと思うと切り分ける際にちょっと汚くなってしまいます。 千切りの感想・特徴 千切りは 普通の千切りでOKです。 包丁が面倒な方はスライサーを使うのもありですね。 こちらが千切りキャベツでできたお好み焼きです。 食べていると 常にキャベツのシャキシャキの繊維を感じることが出来ます。 けっこう ふんわりとした出来で軽めの食感だけど キャベツのアクセントが美味しいです。 お腹にまぁまぁたまる感じですね。 箸で切り分けるとちょっと汚くなってしまいます。 ざく切りの感想・特徴 ざく切りはサイズとしては 2~3センチ程度のサイズです。 粗みじん切りの4倍程度のサイズですね。 ざく切りキャベツで作ったお好み焼きの写真を撮り忘れました…。 キャベツの存在感ばっちりです。 ふわふわ感はかなり低めで常にしゃきしゃきした感じです。 お腹もちはかなり良いですね。 箸で切り分けようとするとかなり汚くなってしまいます…。 一番美味しいのは〇〇切り! ぶっちゃけ個人的に 1番美味しいのは「千切り」です。 フォロワーの皆様にも人気だった千切り…流石の美味しさでした。 お好み焼き自体もふんわりしており、 ふんわり感とシャキシャキ感のハーモニーがたまりません。 お好み焼きをするならば 千切りキャベツがおすすめですよ! と、言いたいところですが、人によってはふわふわ感を重視するか、シャキシャキ感を重視するかは人によって違いますよね。 なので、 食感や腹持ちなどについて、どの切り方がおすすめかまとめておきますね。 皆様の好きなお好み焼きを作る指標にしてみて下さいね。

次の

キャベツや玉ねぎ等のみじん切りについて

キャベツ みじん切り 料理

野菜だけなら さっと水で洗い流して自然乾燥するだけなんだよ みじんぎりチョッパーで、ひもの中が乾きにくいという口コミを見かけますが蓋の裏側だけをさっと流すようにしてひもの中に水を入れないようにして洗うと乾きも早いです。 蓋の裏側 軽くて出し入れも簡単です。 電動の調理カッターを持っていますが重くて、洗うのが面倒なのでお蔵入りになっています。 3・ひき肉料理を良く作るようになった みじん切りが必要な料理、ハンバーグや餃子、ロールキャベツなどの回数が増えました。 はこちら レバーが大きく 引っ張りやすい 他の手動チョッパーに比べて蓋の内側に沿って入っているレバーが大きく持ちやすいです。 耐久性がある 他にもっと安いみじん切りチョッパーもありますが、壊れやすいなどの口コミがありました。 この商品はここ数年使用していますが壊れることなく使い続けているでおすすめな商品です。 他にも容器の裏にゴムストッパーが付いていて3段刃です。 (容器を裏返しした上に刃を乗せたところ) デメリット カッターの上に着けるパーツがはめにくいことです。 このパーツを刃に取り付けて蓋を閉める順番です。 パーツをはめたところ それ以外は快適です。 おすすめなお料理 ハンバーグ 2人前 材料• 合いびき肉250g• 卵小1個• パン粉大2• 塩コショウ 作り方• 玉ねぎをみじん切りチョッパーでみじん切り• 玉ねぎを耐熱容器に入れてレンジで4分位チン• 玉ねぎが冷めたらビニール袋に玉ねぎと他の材料を入れてこねます• フライパンで焼きお皿に取り出します• ハンバーグにかけて完成 餃子 大判40枚分 餃子はキャベツのみじん切りに苦戦していましたがそれがなくなりましたので助かります。 クックパッド の作り方を参考に大体1. 5倍量の具材と調味料で、大判の皮40個作っています。 キャベツ200g位• 豚ひき肉270位• 餃子の皮 大判40枚• 餃子をチョッパーでみじん切りにします• にら、長ネギは包丁でみじん切りにしています• 具材を皮に詰めるときは、ボウルの具材を大まかに4当分してそれをさらに2当分してそれを5枚で詰め切るようにして使うと具材を残さず均等に詰めることが出来ます。 餃子を作ったら食べる分だけ残して冷凍します。 キャベツやニラ、ひき肉の売り出しに合わせて買うときはすぐに食べないので全て冷凍します。 開いた牛乳パックの上に並べて冷凍するとバラバラに冷凍できます。 それからジップロックの袋に入れて冷凍しています。

次の