シャンデラ 努力 値。 【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策

シャンデラの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

シャンデラ 努力 値

防御や特防の種族値は低くないため、HPに努力値を振ることでサブウェポンとして使われる弱点技や等倍ダメージであれば耐えられることが多く、返しで高い特攻で相手を倒しに行くことができます。 相手に応じて技を打ち分けられるようにしたい場合は「たつじんのおび」を、技が固定されたとしても火力を出せるようにしたい場合は「こだわりメガネ」を持たせるといいでしょう。 命中は不安定になるものの、タイプ一致の高火力技としては十分。 威力と命中のどちらも取れる炎技。 ただし特攻が2段階下がるため、その後の全体的な火力が落ちるのが難点。 技の有効な範囲がシャドーボールとかぶるため、ダイマックス技の特防ダウンを目的に使う。 こだわりメガネを持たせた場合の候補。 相手の行動を制限させられるため、こだわり系のアイテムとの相性は良好。 たつじんのおびを持たせる場合の候補。 物理アタッカーの動きを止めたり、交換を読んで出てきた相手に打てる。 性格をおくびょうにすると最速の「ドラパルト」も抜くことが出来るため、同じようにスカーフを持っている相手ではない限り、先に高火力を放ち圧倒することができます。 ダイマックス時のダイサイコで先制技を封じられるようになるのも利点。 技の有効な範囲がシャドーボールとかぶるため、ダイマックス技の特防ダウンを目的に使う。 命中重視の炎技。 だいもんじの命中率に不安を覚える場合の選択肢。 受けポケモンとして使われる「ヌオー」や「トリトドン」を確実に落としつつ、後から出てくるポケモンに対しても高火力で圧力をかけていきます。 上記にある特殊アタッカー型やスカーフ型は、アタッカーのエースとして運用できるのに対し、この型のシャンデラはエースが苦手としやすい受けポケモンの対応が目的となっています。 残りの努力値は、物理アタッカーが多い環境であることから防御に多めに割り振りつつ、努力値が無駄にならないようにしています。 物理環境のため使える場面は多い。 受けポケモンを倒した後の、物理アタッカーの能力低下に。 威力重視の炎技。 命中は不安定なものの、いのちのたまと組み合わせた高火力は受けポケモンを倒した後も戦いやすい。 シャンデラの役割と立ち回り トップクラスの特攻を持つアタッカー 全ポケモンの中でもトップクラスの特攻種族値を持つアタッカー向きのポケモンです。 覚えられる技のタイプは多いわけではないものの、等倍以上でダメージを与えられ、種族値と合わせて大ダメージを与えやすいという特徴があります。 受けポケモンが多い今作の環境に強い 現環境に多い受けポケモンに強く、「エナジーボール」を覚えていれば「ヌオー」や「トリトドン」と、「サイコキネシス」を覚えさせると「ドヒドイデ」と戦えるようになります。 サイコキネシスについては、「ダイサイコ」にすればサイコフィールドによって「シャンデラ」が苦手としている「かげうち」や「ふいうち」を封じることが出来るため、効果の恩恵を受けやすいのも利点です。 シャンデラの対策 弱点のタイプで攻める 攻撃能力は高い「シャンデラ」ですが、耐久能力は高いわけではないため弱点のタイプで攻めることが対策として有効です。 しかしサブウェポンで弱点を攻撃すると威力が足りない場合もあるため、注意が必要です。 シャンデラの攻撃を半減で受けられると、より安定して倒す事ができます。

次の

【ポケモン剣盾】シャンデラの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

シャンデラ 努力 値

全国 No. 609 イッシュ No. 0 m 重さ : 34. 5倍になる。 手持ちにいると、通常の半分の孵化歩数でタマゴが孵化する。 隠れ特性 夢特性 かげふみ バトルで相手のポケモンが逃げたり、入れ替えできなくなる。 シャンデラのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 シャンデラの特徴 【良いところ】• 特攻が高く、特殊エースとして期待できます。 強力な炎技に加えて「エナジーボール」を習得でき、攻撃範囲が広いです。 「エナジーボール」ではドサイドンなどの岩タイプ・ラグラージなどの水タイプの牽制をすることができます。 炎技読みで出て来る岩・水タイプには「シャドーボール」で等倍ダメージを与えることもできます。 夢特性「かげふみ」が解禁されれば、ヘラクロスやメタグロスなどの有利な相手に交代出しして逃がさずに狩ることができます。 また見せ合いありルールでは、これらのポケモンの選出を牽制することができます。 【悪いところ】• 夢特性「かげふみ」が注目されていますが、「かげふみ」を持つポケモンには他にソーナンスがいます。 ソーナンスはスターミー・ラティオスなどの特殊エースやガブリアス@こだわりスカーフなど、バトル終盤に残しておくと厄介な相手を序盤で狩ってしまうことができます。 シャンデラはこれらの相手に交代出しができないため、彼らを狩ることができません。 シャンデラを交代出しして狩れる相手は、メタグロスやヘラクロスなどの素早さが高くない相手が中心となります。 これらの相手はタイマン戦には強くないため、バトル終盤に残ってしまったとしてもさほど脅威にはなりません。 「かげふみ」を使ってまで狩る価値のある相手であるかは疑問が残ります。 ノーマル・格闘技に対して無償降臨でき、カビゴン・ヘラクロス・ルカリオなどの物理アタッカーに強いです。 カビゴンに対して有効打はありませんが、シャンデラは「おにび」を持つため相手を流すことも不可能ではありません。 しかしカビゴンは「じしん」・ヘラクロスは「ストーンエッジ」を持つため、交代際に弱点を突かれる危険があります。 またヘラクロスやルカリオはシャンデラよりも素早さが高いため、先制で「ストーンエッジ」「かみくだく」を使われてしまいます。 シャンデラがこれらの相手に交代出しできるのは、ヘラクロスが拘りである・ルカリオが「かみくだく」を持っていないなどの条件を満たすときに限られます。 有利な相手を確実に倒せる「かげふみ」は強力ですが、夢特性が解禁される予定は今のところありません。 素早さは激戦区であり、調整をかけたいところです。 調整先は、仮想敵のメタグロス抜きがオススメです。 ヘラクロスは元からシャンデラよりも素早さが高い上、調整をかけていることが多いため抜くことは難しいです。 こだわりメガネ : 交代先の相手に大ダメージを与えます。 ひのたまプレート : 無難アイテムです。 技が縛られないため、ピンポイント読みで流されにくくなります。 オボンのみ : 交代出しできる回数を増やすことができます。 たべのこし : 役割の安定に役立ちます。 だいもんじ : 安定のメインウェポンです。 「オーバーヒート」と異なり、特攻が下がらないので連打できるのが強みです。 技を連打することを前提とするなら素早さ調整をしておきたいところ。 オーバーヒート : 相手の交代先に大ダメージを与えます。 使うと特攻が下がってしまうため、「こだわりメガネ」と併用しての撃ち逃げがオススメです。 特性が「かげふみ」の場合は相手はそもそも交代できないため、「だいもんじ」で目の前の相手の弱点を突いた方が効率がよいです。 シャドーボール : 炎技に耐性がある水・岩・ドラゴンなどの相手に等倍ダメージを与えることができます。 また、炎技読みで出て来るラティオスの牽制にもなります。 エナジーボール : 炎技に耐性がある水や岩タイプに対して効果抜群です。 いたみわけ : HPの高いハピナスやカビゴンに交代読みで撃ち逃げするとおいしい技です。 おにび : 苦手なバンギラスやカビゴンへの牽制になります。 「おにび」があれば逆にカビゴンを流すことも無理ではありません。 めざめるパワー : 威力が低く範囲も狭いので、できるだけ使いたくない技です。 サザンドラやカビゴンの弱点を突くこともできます。 おきみやげ : 相手の火力を落とし、味方の後続エースを無償降臨させて積み技を使う隙をつくります。 パーティとの相談で。 役割関係.

次の

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論

シャンデラ 努力 値

シャンデラの基本情報 タイプ・特性 タイプ ゴースト、ほのお 特性 もらいび ほのお技のダメージを無効化し、 ほのお技を受けると攻撃と特攻が1. 残りの努力値は特攻に252は確定で、余った20は無駄になりにくいHPに振るといいでしょう。 努力値を素早さに252振ると実数値が217になり、ほとんどのポケモンを抜くことができるので、自分の用途によって変更していくのもありです。 命中をとるならかえんほうしゃ、威力をとるならだいもんじを選ぶようにしましょう。 (両方採用するのもありです)。 よりダメージを与えたい場合はオーバーヒートもありですが、自分の特攻が2段階下がる点は留意しておきましょう。 シャドーボール タイプ一致技として採用。 相手の特防を下げる効果も優秀です。 エナジーボール みず、じめん、いわに対応することができます。 サイコキネシス かくとうやどくタイプに対応することができます。 与ダメージ計算 シャドーボール Cが252のシャンデラがシャドーボールを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 かえんほうしゃ Cが252のシャンデラがかえんほうしゃを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。

次の