タイ 飛行時間。 タイから日本への飛行機・飛行時間・航空券

福岡⇔バンコク フライト時刻表

タイ 飛行時間

日本人の人気の海外旅行先の一つがタイですね、毎年タイには100万人近くの日本人旅行者が訪れるそうです。 そのタイでは現在2014年に起きた軍事クーデターによって軍事独裁政権が継続中のようです。 政情不安が囁かれていますが、それでも観光先としては人気は衰えず2015年には 138万人の日本人が訪れました。 そのタイ旅行の中で特に人気なのが、タイの南西部に位置する プーケット島のビーチですね。 日本人もそうですが、それ以上に欧米人もかなりいます。 今回はタイのプーケット島への行き方と、人気なビーチや海をいくつか紹介します。 これからタイを訪れてみようと考えている方はぜひ参考にしてください! スポンサーリンク タイのプーケットに関する基本情報まとめ まずはタイのプーケットについて基本的な情報をまとめます。 県庁所在地:ムアンプーケット群• 面積:576㎢(淡路島とほぼ同じ)• 人口:38万人• 年平均気温:25. 年間降水量:約2200mm• 旅行に最適な時期:11~3月の 乾季• 行政区:3群・17町・103村 プーケット島はそれ自体が一つの県にもなっていて、隣接する県は存在しませんが、北部にあるパンガー県とサラシン橋で繋がっています。 綺麗な海に囲まれていて風光明媚なこともあり、しばしば アンダマン海の真珠と例えられています。 1976年にはプーケット国際空港も開業してそれ以降は世界有数のリゾート地として発展しました。 ただし2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震の大津波に襲われた際には、多くの観光施設や住宅街が破壊されるなど壊滅的な被害を受けました。 その後の復興は国際社会の協力も得て急速に進み、タイ政府観光庁や航空会社によるキャンペーンも後押しして大津波以前の水準に回復しました。 スポンサーリンク 日本からプーケットへ行く方法・アクセスは? タイのプーケットに初めて行く方も多いと思うので、具体的にどうやって行けばいいのか解説します。 プーケットのタラーン群マイカーオ町には国際空港があるので基本的にここへの便が運行している空港なら大丈夫ということです。 しかし実は日本ではプーケットへ の直行便が運行されている空港はありません!現在日本で一番国際線が多い空港は成田空港になりますが、その成田空港ですらプーケットへの直行便はありません。 直行便がないので、日本からプーケットまで飛行機で行くには 経由便しかありません。 現状以下の2つの方法があります。 なお所要時間に関しては1のルートで、日本からバンコク(スワンナプーム)までで6時間30分、バンコクからプーケットまでだと1時間20分、合計で 7時間50分かかります。 対して2のルートでは、福岡から上海までが1時間45分、上海からプーケットまでが5時間、合計で 6時間45分とこちらの方が時間的には短くなります。 空のルートに関しては福岡空港から上海経由の方が時間的には1時間も短縮できます。 といっても九州以外に在住の方は福岡まで新幹線で行くのに時間もかかるのであまり意味がありません。 また福岡から上海までの便だと中国の航空会社の便しか運航していません、国内の航空会社であるJALでバンコクまで行きたいという方は成田・羽田・関空・中部の4空港だけしか運航されていないので注意してください!(昔はプーケットへの直行便はあったようです、今後もしかしたら復活するかも?) バンコクからプーケットまでのアクセスは? バンコクからプーケットまでの行き方として最もメジャーなのが飛行機です。 基本的にはスワンナプーム空港経由から約1時間30分でプーケット国際空港まで行くことになりますが、これ以外だと 長距離バスを利用して行くということもできます。 しかしこれはなかなか現実的ではないです。 確かに飛行機で行くより料金は安いですが、バンコクからプーケットまでは車で 10時間以上もかかります!時間に余裕があるという人だけどうぞ! おまけ:プーケットのビーチでおすすめは? プーケット島は南北約50km、東西約21kmと細長い島でやはり綺麗な海が評判で多くの観光客が訪れます。 その中で特に人気の高いビーチが何といっても パトンビーチです! パトンビーチはカトゥー群の西海岸にあるプーケット島最大のビーチで、長さが3kmもあります。 周辺にはたくさんのホテルもあって宿泊施設にも困りません、またマリンアクティビティも豊富で夜になっても多くの観光客で賑わいます。 ただし人気も高い分人も多くてなかなか静かな雰囲気を味わいにくいと思います、そういう人はやや人気が劣りますがパトンビーチから南にある カロンビーチがおすすめです。 パトンビーチと比べてやはり人は少ないですが、落ち着いた雰囲気の場所でただ海辺でのんびりと過ごしたいという方にはオススメできます。 またプーケットは 離島ツアーも人気のようです。 特に人気が高いのがプーケットから東に45kmのところにある ピピ島です。 美しい珊瑚礁が評判な綺麗な海と、ヤシの木に覆われていることもありまさに地上の楽園といった感じです、有数のダイビングスポットでもあるので訪れて損はないでしょう。 以上タイのプーケット島についての情報でした、これを機にタイのプーケットについて興味を持っていただければ幸いです。 こちらの記事もどうぞ! スポンサーリンク.

次の

タイのプーケットへの行き方と所要時間は? 直行便がない?

タイ 飛行時間

この記事の目次• 時差 日本とタイは2時間!! 東京からバンコクまでの距離は南に4,614km、時差は2時間です。 例えば日本が20時だったとすると、バンコクは18時です。 ちなみにタイのタイムゾーンは、インドシナ時間(ICT)で、 タイ国内は北から南までこのタイムゾーンの時間帯になります。 タイで体感する時間帯の違いは!? タイは日本と比べて夜がとても賑やかな国です。 そして、私たち外国人旅行者が訪れることの多いバンコクやパタヤ、プーケットなどは特に歓楽街が有名でしょう。 眠らない街と形容されるタイの歓楽街が本領を発揮するのは夜です。 夜から朝方まで多くの観光客を中心に盛り上がっています。 結果、どうしても夜型の生活になりがちでしょう。 日本で0時を過ぎれば普段は寝ている人もタイでは22時頃なので、一番盛り上がる時間帯です。 この時間から朝方まで飲み明かす観光客も多いのではないでしょうか? また、タイの繁華街は毎日賑わっているので、平日も週末も関係ありません。 加えて、タイ人は自宅で料理を作らない人が多いので、夜は家族や友人が集まって外食する文化もあります。 よって、日本よりも夜型の生活に慣れてしまう人が多いのではないでしょうか。 <関連記事はこちらからどうぞ> バンコクまでのフライト時間は? 東京からバンコクまでの飛行時間は約6時間半ほど、大阪からは約6時間でしょう。 帰りは1時間ほど早いです。 この6時間はもちろん直行便に搭乗したケースですが、航空券の値段が安い経由便もあります。 経由する経路によっては、10時間以上かかることもあるでしょう。 例えば東京からバンコクへは、日本航空など(レガシーキャリア)の直行便、エコノミークラスで約6万円〜7万円ほどです。 LCCでは直行便で3万円ほどから航空券を購入することができます。 また、LCCの経由便では2万円台から探すこともできますが、時間に余裕が必要でしょう。 <関連記事はこちからどうぞ> なぜ行きと帰りでフライト時間が違うの!? 私も長い間疑問に思っていたのですが、行きと帰りで飛行時間が違います。 帰りの方が約1時間ほど早く到着します。 この理由は、対空速度と対地速度の差です。 また、地球の自転によって生じる風の向きに由来します。 簡単に説明すると、生じる風が向かい風の場合は遅くなり、逆に追い風の場合は速くなるということです。 よって、バンコク発東京便はこの追い風に乗って飛行するため、飛行時間が速くなるということでした。 <関連記事はこちらからどうぞ> 意外と長い6時間のフライト!! このように2時間の時差の影響はほとんどありませんが、6時間以上のフライトは意外にも体力を使います。 特に日本人の短い休みの中では、このフライト時間は貴重な時間です。 また、この6時間の過ごし方次第でタイ観光やビジネスのスタートにも影響するでしょう。 機内では機内食を食べたり、映画を見たり読書をする人も多いと思います。 しかし、一番快適な過ごし方は間違いなく寝ることです。 私も以前羽田を離陸直後に爆睡してしまいバンコクに着陸したドンという音で起きたことがあります。 それでは飛行機の中で快適に寝るため、睡眠をとるためにはどのような方法があるでしょうか? 考えてみることにしました。 <関連記事はこちらからどうぞ> 便利な深夜便を利用しよう!! 最近は深夜発の飛行機が便利です。 私は主に羽田発のJAL便を利用することが多いですが、日本時間の0時半頃に出発し、バンコクにはタイ時間の5時頃に到着します。 日常生活で寝ている時間帯に飛行機に乗っているため、自然と眠ることができます。 時には機内食にも気づかない時があるほどです。 また、飛行機に乗る前に少しだけビールを飲んでアルコールの力を借りるとさらに熟睡することができます。 しかし、空の上は通常よりもお酒が周りやすいので、飲み過ぎには注意が必要です。 <関連記事はこちらからどうぞ> リラックスできる服装がベスト!! 飛行機の中ではリラックス出来る服装で過ごすのがベストでしょう。 中には深夜便にも関わらず上下スーツのビジネスマンの姿も見かけます。 もちろん目的によっては仕方がありませんが、できれば飛行機に乗っている時間くらいはスウェットなどの快適な洋服を着ている方がリラックス出来るでしょう。 また、空の上は意外に寒いです。 バンコク行きは軽装の人が多いですが、一枚上に羽織れるニットなどを持っているとさらに便利でしょう。 <関連記事はこちらからどうぞ> そうだ バンコクに行こう!! 評判が良く、安心して購入することができる Surprice! (サプライス) で、お得に航空券を予約しましょう。 サプライスは、信頼できる日本のHISが運営している旅行サイトです。 リーズナブルな値段、サイトの使いやすさ、親切なアフターサポートなど、全てにおいてバランスが良く、 積極的に利用をおすすめできる予約サイトです。 <人気の予約サイト Surprice! (サプライス)はこちらからどうぞ> ホテル予約はエクスペディアに決まり!! ホテル予約は、圧倒的な知名度とシェアを誇るエクスペディア(Expedia)がおすすめです。 エクスペディアでは、世界中の人気ホテルをとてもお得に予約することができます。 掲載数の多さ、リーズナブルな料金、安心のアフターサポート、充実の会員プログラムに加え、お得なポイントサービスもあります。 ホテル予約はエクスペディアに決まりでしょう。 <エクスペディア(Expedia)ホテル予約はこちらからどうぞ> さいごに 東京とタイの時差は2時間、フライト時間は6時間ほどです。 意外にも長い6時間をどう過ごすかで旅行のスタートが変わるでしょう。 そして、眠らない街バンコクでは深夜まで賑やかなので、どうしても朝方まで遊んでしまい時差ボケ状態になってしまうことも多いので、適度に注意をしましょう。 <関連記事はこちらからどうぞ>.

次の

タイへの飛行時間と所要時間、日本からの直行便

タイ 飛行時間

日本人の人気の海外旅行先の一つがタイですね、毎年タイには100万人近くの日本人旅行者が訪れるそうです。 そのタイでは現在2014年に起きた軍事クーデターによって軍事独裁政権が継続中のようです。 政情不安が囁かれていますが、それでも観光先としては人気は衰えず2015年には 138万人の日本人が訪れました。 そのタイ旅行の中で特に人気なのが、タイの南西部に位置する プーケット島のビーチですね。 日本人もそうですが、それ以上に欧米人もかなりいます。 今回はタイのプーケット島への行き方と、人気なビーチや海をいくつか紹介します。 これからタイを訪れてみようと考えている方はぜひ参考にしてください! スポンサーリンク タイのプーケットに関する基本情報まとめ まずはタイのプーケットについて基本的な情報をまとめます。 県庁所在地:ムアンプーケット群• 面積:576㎢(淡路島とほぼ同じ)• 人口:38万人• 年平均気温:25. 年間降水量:約2200mm• 旅行に最適な時期:11~3月の 乾季• 行政区:3群・17町・103村 プーケット島はそれ自体が一つの県にもなっていて、隣接する県は存在しませんが、北部にあるパンガー県とサラシン橋で繋がっています。 綺麗な海に囲まれていて風光明媚なこともあり、しばしば アンダマン海の真珠と例えられています。 1976年にはプーケット国際空港も開業してそれ以降は世界有数のリゾート地として発展しました。 ただし2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震の大津波に襲われた際には、多くの観光施設や住宅街が破壊されるなど壊滅的な被害を受けました。 その後の復興は国際社会の協力も得て急速に進み、タイ政府観光庁や航空会社によるキャンペーンも後押しして大津波以前の水準に回復しました。 スポンサーリンク 日本からプーケットへ行く方法・アクセスは? タイのプーケットに初めて行く方も多いと思うので、具体的にどうやって行けばいいのか解説します。 プーケットのタラーン群マイカーオ町には国際空港があるので基本的にここへの便が運行している空港なら大丈夫ということです。 しかし実は日本ではプーケットへ の直行便が運行されている空港はありません!現在日本で一番国際線が多い空港は成田空港になりますが、その成田空港ですらプーケットへの直行便はありません。 直行便がないので、日本からプーケットまで飛行機で行くには 経由便しかありません。 現状以下の2つの方法があります。 なお所要時間に関しては1のルートで、日本からバンコク(スワンナプーム)までで6時間30分、バンコクからプーケットまでだと1時間20分、合計で 7時間50分かかります。 対して2のルートでは、福岡から上海までが1時間45分、上海からプーケットまでが5時間、合計で 6時間45分とこちらの方が時間的には短くなります。 空のルートに関しては福岡空港から上海経由の方が時間的には1時間も短縮できます。 といっても九州以外に在住の方は福岡まで新幹線で行くのに時間もかかるのであまり意味がありません。 また福岡から上海までの便だと中国の航空会社の便しか運航していません、国内の航空会社であるJALでバンコクまで行きたいという方は成田・羽田・関空・中部の4空港だけしか運航されていないので注意してください!(昔はプーケットへの直行便はあったようです、今後もしかしたら復活するかも?) バンコクからプーケットまでのアクセスは? バンコクからプーケットまでの行き方として最もメジャーなのが飛行機です。 基本的にはスワンナプーム空港経由から約1時間30分でプーケット国際空港まで行くことになりますが、これ以外だと 長距離バスを利用して行くということもできます。 しかしこれはなかなか現実的ではないです。 確かに飛行機で行くより料金は安いですが、バンコクからプーケットまでは車で 10時間以上もかかります!時間に余裕があるという人だけどうぞ! おまけ:プーケットのビーチでおすすめは? プーケット島は南北約50km、東西約21kmと細長い島でやはり綺麗な海が評判で多くの観光客が訪れます。 その中で特に人気の高いビーチが何といっても パトンビーチです! パトンビーチはカトゥー群の西海岸にあるプーケット島最大のビーチで、長さが3kmもあります。 周辺にはたくさんのホテルもあって宿泊施設にも困りません、またマリンアクティビティも豊富で夜になっても多くの観光客で賑わいます。 ただし人気も高い分人も多くてなかなか静かな雰囲気を味わいにくいと思います、そういう人はやや人気が劣りますがパトンビーチから南にある カロンビーチがおすすめです。 パトンビーチと比べてやはり人は少ないですが、落ち着いた雰囲気の場所でただ海辺でのんびりと過ごしたいという方にはオススメできます。 またプーケットは 離島ツアーも人気のようです。 特に人気が高いのがプーケットから東に45kmのところにある ピピ島です。 美しい珊瑚礁が評判な綺麗な海と、ヤシの木に覆われていることもありまさに地上の楽園といった感じです、有数のダイビングスポットでもあるので訪れて損はないでしょう。 以上タイのプーケット島についての情報でした、これを機にタイのプーケットについて興味を持っていただければ幸いです。 こちらの記事もどうぞ! スポンサーリンク.

次の