大分 ヤクザ。 石井一家

会社概要

大分 ヤクザ

大分市のN不動産でマンションを借りていました。 N不動産が大家で、仲介業者です。 先月そこから引っ越す際のことです。 引越業者が来る直前に、 「今から引越作業をします。 終わったら電話しますので、 部屋を見に来てください」 と、事務所まで挨拶に行きました。 すると奥から社長が出てきて、 「終わったらそっちからここに来い! それが筋というもんだ。 ちゃんと筋を通せ! いいか? 絶対に来いよ!」 という意味のことを、2~3分ほど、ものすごい大声、命令口調で恫喝されました。 当方はむろん一度の滞納もありません。 24日には翌月の家賃を入れていました。 迷惑行為などもいっさいなく、クレームをつけられたこともありません。 契約が終了する1ヶ月以上前に、退居の連絡をしました。 こちらには何一つ落ち度がないのです。 なのになぜ恫喝されなければいけないのでしょうか? 結局他の社員の方が対応してくださり、無事に転居は終わったのですが、 社長(大家)の態度には納得できませんでした。 「筋を通せ」というのは、ヤクザくらいしか使わない言葉のような気がします。 少なくとも、お客に使う言葉ではないと思います。 社長の声が録音できなかったのが残念ですが、人を恫喝する、というのは罪にはならないのでしょうか?.

次の

元・組員に聞いた!「こいつヤクザだな」って男の特徴9つ【1/3】

大分 ヤクザ

宮城県警暴力団対策課などは15日、新型コロナウイルス対策として休業要請に応じた事業者に協力金を支払う制度で、支給対象外の暴力団組員ではないと偽り30万円をだまし取ろうとしたとして、指定暴力団・系「九代目」傘下「六代目」幹部で居酒屋経営、容疑者(68)=同県角田市=を詐欺未遂容疑で逮捕した。 大槻容疑者は5月中旬、角田市が支給する協力金の申込書に暴力団排除条項があるのに、組員ではないと偽って書類を提出し、30万円を自分名義の口座に入金させようとした疑い。 大槻容疑者は「組員として積極的に活動していない」と一部否認しているという。 県内の自治体に提出された約2万件の協力金などの申込書を照会した結果、発覚した。 新型コロナの協力金で、暴力団排除条項に基づく詐欺容疑での摘発は全国初。 事件の一部始終をドライブレコーダーが捉えていた。 菊川容疑者は自宅マンションの駐車場から車で市道に出ようとした際、信号待ちのトラックが進路を塞いでいたことに激高。 数百メートルにわたってトラックを追いかけ、クラクションを鳴らしたり、車間距離を詰めたりしたという。 菊川容疑者は、「何もしゃべることはありません」と供述している。 県警は2人の認否を明らかにしていない。 現場を調べる捜査員 2人の再逮捕容疑は、5月30日午後2時35分ごろ、事務所付近の路上で若頭を銃撃した後、現場にいた組員(62)ら3人に向けて回転式拳銃を1発発射。 車で逃走する際に助手席に乗り込んできた組員を振り落として転倒させ殺害しようとした疑い。 組員は鎖骨を折る重傷。 ほかの2人の組員にけがはなかった。 事件では、若頭の腹部に銃弾1発が命中し、幹部は3カ月以上の重傷を負った。 岡山地検は13日、若頭に対する殺人未遂と銃刀法違反(発射)の罪で岸本容疑者を追起訴。 共謀したとして逮捕された山根容疑者は処分保留とした。 事件のあった現場 この事件では組員(35)も共謀したとして逮捕されたが、岡山地検は処分保留にしている。 起訴状によると岸本被告は5月30日、岡山市北区田町の本部事務所の駐車場で若頭を銃撃し、大けがをさせた罪に問われている。 岡山地検は岸本被告の認否について明らかにしていない。 また岡山県警はこの事件で、の62歳の組員ら別の3人も被害に遭っていたとして、この3人に対する殺人未遂などの疑いで岸本被告ら2人を再逮捕した。

次の

四代目石井一家(よんだいめいしいいっか)|大分県【六代目山口組】

大分 ヤクザ

5ch. gif 東京都の休業要請が緩和されていく段階で起こった、不測の事態だった。 東洋一の繁華街、新宿・歌舞伎町で、「闇の住人」同士による、きわめて深刻な暴力事件が発生していたのだ。 「おいコラ、コラァッ! 」 ドスの効いた声が威嚇する方向にスマホのカメラが向けられると、体格のいい4、5人の男が、1人の男性を取り囲んでいた。 すでに小突き回されていたのだろう、どうにかして逃れようと体をよじるが、その刹那、「バチィッ! 」という大きな音とともに、男性の左側頭部に拳が命中。 そしてすぐさま、反対側にいた別の男から右肩付近にさらなる一撃が。 被害男性は顔を伏せ、よろけるようにカメラからフレームアウトしていった。 これは6月に入った最初の週末に、アウトローたちの間で一気に拡散した動画である。 歌舞伎町のアンダーグラウンドに詳しいライターが解説する。 「事件が起きたのは6日の金曜日から、翌土曜日にかけての深夜帯のことでした。 あるヤクザ組織の組員たちが歌舞伎町に大挙押しかけ、路上で女性に声がけするスカウトの男たちを襲撃したのです。 ヤクザ側は少なく見積もっても100人ぐらいはいた。 歌舞伎町近辺だけでなく、JR新宿駅の周辺や、 西新宿あたりにも繰り出し、20人から30人くらいで通りを闊歩して、スカウトを見つけては取り囲んで暴力を振るう。 その瞬間を押さえた別の動画もあります」 暴行の瞬間を目撃した歌舞伎町の飲食店経営者が証言する。 ヒートアップしたヤクザ側が、問答無用で関係のないホストらを殴ってしまうケースまであった。 いったいNとはどんな組織で、ヤクザとの間でいかなるイザコザがあったのか。 先の飲食店経営者が続ける。 「Nは10年ほど前から勢力を伸ばしてきたスカウト会社で、登録人数でいえば700~800人は下らない、最も勢いのあるスカウト集団です。 Kというコワモテの双子の兄弟がトップで、ひと言でいえば『行儀の悪い』スカウトを多数抱えて、トラブルが絶えない連中でした」 スカウトを無視する女性に対して悪態をついたり、対立する別のスカウト会社とのケンカ沙汰は日常茶飯事だったという。 さらに、キャバクラや風俗店に未成年のキャストを送り込むことも少なくなく、それで店が潰れる事態すらあったというのだ。 こうしたグレーゾーンの集団はトラブル解決のため、いわゆる『ケツ持ち』としてヤクザと密な関係を築いている。 戦慄の「スカウト狩り」を決行したのは、まさしくその、ケツ持ちのヤクザだったのだ。 Nのケツ持ちは、関東でも最大規模を誇る広域団体の傘下組織「A」だった。 協力関係にあったはずの両者が決裂した理由だが、 歌舞伎町に「ヤクザ100人」大集結!「スカウト狩り」の全真相 人気の記事 最も訪問者が多かった記事 50 件 過去 7 日間• 1165• 585• 226• 182• 162• 162• 155• 145• 111• 111• 109• 109• 107• 105• 105• 100• 100•

次の