牛肉 レシピ 吉野家。 牛丼レシピ【人気1位はつくれぽ10000以上】絶品の殿堂入りと簡単な作り方!

【吉野家の牛丼レシピ】家にあるもので簡単に再現!コツはたったの3つ

牛肉 レシピ 吉野家

吉野家の牛丼レシピ 吉野家の牛丼は国産ではなくアメリカ産の牛肉が使われているようです。 今回サクックではアメリカ産が売ってなかったので国産を使ってますが、アメリカ産の方がお安いので、スーパーで見かけたらアメリカ産をチョイス! 材料(2人前)• 牛バラ肉(アメリカ産) 300g• 玉ねぎ 1個 調味料• 牛ダシダ 小さじ5• 砂糖 小さじ3と2分の1• 醤油 35ml• ほんだし(鰹だし) 4g• 昆布 1枚• 白ワイン 50ml(コンビニの安ワインでOK!)• 紅生姜 好きなだけ 作り方• 牛肉をひたひたに水に浸し、1枚1枚ほぐすようにして浸しておく• 玉ねぎは輪切りにし、さらに4分の1にざく切りにする(厚目が決め手!)• 切った玉ねぎをほぐし、ボールにいれ軽くサランラップをしてレンジで3分• 鍋に白ワイン50mlを強火でかけ、そこに水300mlを加えて、昆布1枚を入れ沸騰させる• 砂糖小さじ3と2分の1、牛ダシダ小さじ5、醤油35ml、ほんだし4gを入れてかき混ぜながら沸騰させる• 昆布はこの時点で取り出しておく• そこに牛肉をパラパラとほぐしいれ、赤みがなくなったら中火で10分ほど煮詰めていく(あくは取らないでOK! 電子レンジでチンした玉ねぎを汁ごと加えてよく混ぜる• 弱火でさらに10分ほど煮詰める• 火を止めてふたを閉め1-2時間ほど放置する• 食べる前に再びあたため、白ご飯の上にたっぷり牛肉を盛り付け、お好みで紅生姜をのせて完成! 吉野家の牛丼を再現する決め手 1. 国産牛ではなくアメリカ産牛肉をチョイス! こってりと味が濃い国産牛肉ではなくあっさりしたアメリカ産牛肉をチョイスしましょう。 サクックではアメリカ産牛肉が売ってなかったので国産を使用しています。 酒じゃなくて白ワインを使え! 肉料理に欠かせない「酒」。 吉野家の牛丼では香り高い「白ワイン」を使うのが決め手です。 白ワインは調理用ではなくても構いません。 コンビニの350mlの白ワインで十分です。 甘めより辛めのタイプを選ぶと良いでしょう。 吉野家の牛丼に欠かせない牛ダシダ! 牛ダシダを使用していますが、実は中華出汁と鰹出汁で代用もできます。 どうしても見つからない、買う気が起きない人は、中華スープのもとと鰹出汁(ほんだし)で代用してくださいね! 牛ダシダ小さじ5杯のところを、中華スープのもと、鰹出汁のもとを半分ずつ入れると良いです。 玉ねぎは大きめにざっくり切り歯ごたえ残す! 動画にもありますが、玉ねぎは厚目の輪切りに切り、4分の1にカット。 ざっくざっくと切るのがおすすめです。 電子レンジで水分を出し、その汁ごと使用するのが決め手です。 歯ごたえを残しつつ、甘みのある玉ねぎをたっぷり使用するのが吉野家流。 一旦冷まし、再度温めるべし! 上記作り方の手順9「弱火で10分煮詰めた」あとは、そのまま放置するのがおすすめ。 この放置するので出汁がしっかり牛肉と玉ねぎにしみ込むので、味わい深い牛丼ができます。 時間のない方はそのままご飯にのせても美味しくいただけますが、放置する時間が長いほど美味しい牛丼ができることは伝えておきます。 牛ダシダとは 牛ダシダとは、 じっくり煮込んだ牛骨エキスに、玉ねぎ、ニンニクなどの野菜と薬味を配合した韓国料理には欠かせない粉末調味料のひとつ。 スープや煮物料理に使ったりチャーハンの隠し味に使用したり、様々な料理に使用できるので1袋買っておくと便利です。 吉野家の牛丼はこの「牛ダシダ」が決め手と言われており、興味のある方は通販で仕入れちゃおう! 200円〜400円くらいで帰るのでコスパも良いです。

次の

原点の「牛肉」に立ち戻れ 吉野家復活へキーマンの秘策:朝日新聞デジタル

牛肉 レシピ 吉野家

吉野家の牛丼レシピ 吉野家の牛丼は国産ではなくアメリカ産の牛肉が使われているようです。 今回サクックではアメリカ産が売ってなかったので国産を使ってますが、アメリカ産の方がお安いので、スーパーで見かけたらアメリカ産をチョイス! 材料(2人前)• 牛バラ肉(アメリカ産) 300g• 玉ねぎ 1個 調味料• 牛ダシダ 小さじ5• 砂糖 小さじ3と2分の1• 醤油 35ml• ほんだし(鰹だし) 4g• 昆布 1枚• 白ワイン 50ml(コンビニの安ワインでOK!)• 紅生姜 好きなだけ 作り方• 牛肉をひたひたに水に浸し、1枚1枚ほぐすようにして浸しておく• 玉ねぎは輪切りにし、さらに4分の1にざく切りにする(厚目が決め手!)• 切った玉ねぎをほぐし、ボールにいれ軽くサランラップをしてレンジで3分• 鍋に白ワイン50mlを強火でかけ、そこに水300mlを加えて、昆布1枚を入れ沸騰させる• 砂糖小さじ3と2分の1、牛ダシダ小さじ5、醤油35ml、ほんだし4gを入れてかき混ぜながら沸騰させる• 昆布はこの時点で取り出しておく• そこに牛肉をパラパラとほぐしいれ、赤みがなくなったら中火で10分ほど煮詰めていく(あくは取らないでOK! 電子レンジでチンした玉ねぎを汁ごと加えてよく混ぜる• 弱火でさらに10分ほど煮詰める• 火を止めてふたを閉め1-2時間ほど放置する• 食べる前に再びあたため、白ご飯の上にたっぷり牛肉を盛り付け、お好みで紅生姜をのせて完成! 吉野家の牛丼を再現する決め手 1. 国産牛ではなくアメリカ産牛肉をチョイス! こってりと味が濃い国産牛肉ではなくあっさりしたアメリカ産牛肉をチョイスしましょう。 サクックではアメリカ産牛肉が売ってなかったので国産を使用しています。 酒じゃなくて白ワインを使え! 肉料理に欠かせない「酒」。 吉野家の牛丼では香り高い「白ワイン」を使うのが決め手です。 白ワインは調理用ではなくても構いません。 コンビニの350mlの白ワインで十分です。 甘めより辛めのタイプを選ぶと良いでしょう。 吉野家の牛丼に欠かせない牛ダシダ! 牛ダシダを使用していますが、実は中華出汁と鰹出汁で代用もできます。 どうしても見つからない、買う気が起きない人は、中華スープのもとと鰹出汁(ほんだし)で代用してくださいね! 牛ダシダ小さじ5杯のところを、中華スープのもと、鰹出汁のもとを半分ずつ入れると良いです。 玉ねぎは大きめにざっくり切り歯ごたえ残す! 動画にもありますが、玉ねぎは厚目の輪切りに切り、4分の1にカット。 ざっくざっくと切るのがおすすめです。 電子レンジで水分を出し、その汁ごと使用するのが決め手です。 歯ごたえを残しつつ、甘みのある玉ねぎをたっぷり使用するのが吉野家流。 一旦冷まし、再度温めるべし! 上記作り方の手順9「弱火で10分煮詰めた」あとは、そのまま放置するのがおすすめ。 この放置するので出汁がしっかり牛肉と玉ねぎにしみ込むので、味わい深い牛丼ができます。 時間のない方はそのままご飯にのせても美味しくいただけますが、放置する時間が長いほど美味しい牛丼ができることは伝えておきます。 牛ダシダとは 牛ダシダとは、 じっくり煮込んだ牛骨エキスに、玉ねぎ、ニンニクなどの野菜と薬味を配合した韓国料理には欠かせない粉末調味料のひとつ。 スープや煮物料理に使ったりチャーハンの隠し味に使用したり、様々な料理に使用できるので1袋買っておくと便利です。 吉野家の牛丼はこの「牛ダシダ」が決め手と言われており、興味のある方は通販で仕入れちゃおう! 200円〜400円くらいで帰るのでコスパも良いです。

次の

【吉野家の牛丼レシピ】家にあるもので簡単に再現!コツはたったの3つ

牛肉 レシピ 吉野家

こんにちは。 食べることと節約が大好きな「再現レシピ研究家」ヨムーノライター稲垣飛鳥です。 巣ごもり中は、毎日、三食の食事やおやつの準備に追われがちですが、どうせ作るなら、「楽しく、おいしく、簡単に」できたら嬉しいですよね。 そこで今回、おうちで「あの味」を!ということで、再現レシピを紹介します。 材料たった2つだけ!あとは調味料だけなのでぜひ試してみてください。 2、1の火加減を極弱火にして、牛肉を1枚ずつ広げながら しゃぶしゃぶするようにやさしく火を通していく。 3、仕上げにめんつゆとしょうがのすりおろしを入れて完成。 そのまま冷蔵庫で1日おくと、味がよく染み込みます。 自分史上No. 1!吉野家に「激似系」 吉野家の牛丼の再現レシピは、今まで数回改良していて、今回ご紹介するのが 最新版で初だしです! ぜひとも、おうちでつゆだくし放題で食べてみてくださいね。

次の