ふたば☆ちゃんねる ドラ えも。 ドラえも

ふたば☆ちゃんねる : definition of ふたば☆ちゃんねる and synonyms of ふたば☆ちゃんねる (Japanese)

ふたば☆ちゃんねる ドラ えも

::: 8 S-1皇 画像名: 3. 実はにを出してたことがあるんやで… がいよう なんだ ::: Ver. 画像名: 0064. 全て読むには返信を押してください。 全て読むには返信を押してください。 の画像・変• 「」「」「」といった定句• が「」とを叱る設定• の事を「」と呼ぶ• 画像しに対して画像を使う• のと界はでつながっている• (裏発祥)• ::: 猟友会 Ver. 画像名:. 全て読むには返信を押してください。 0008 del 2- 11 B 表示 【ふたそ】ED【】 ::: 「」 2 画像名: 04. 00009 del - 6 B 表示 くっ&ぷねお2 関連コミュニティができたッスよご主人〜 ::: ソナー・ション 画像名:.

次の

ふたば☆ちゃんねる : definition of ふたば☆ちゃんねる and synonyms of ふたば☆ちゃんねる (Japanese)

ふたば☆ちゃんねる ドラ えも

概要 作者名は非公表。 ドラえもんをベースとしているが、キャラクターが大幅に改変されているため非常にカオスである。 登場人物 主人公。 ただしテストはが多い テスト時間に寝てしまうため 、を応用したワイヤーアクションを使いこなす。 性格は冷静で結構ドライだが、時々天然。 相手に気付かれずに下着を脱がすという特技を持ち、また、それが許されてしまうイケメン。 原型ない人その一。 スタイルの良いショートヘアーでボーイッシュな美少女。 のび太をいじめることなく普通に遊んでいる。 のび太に好意を持っており、素直になれないポジション。 性格は基本的に男勝りだが、時々乙女。 料理と歌が破滅的に下手なのは原作通り。 将来はのび太の子を産むつもりらしい 原型ない人その二。。 のび太に好意を持つようになってからは、ほぼ不死身になり、マゾヒズムに目覚めた。 原作と違いレギュラーキャラになっており、のちにスネ夫と決闘して勝利し、スネ夫のポジションに収まった。 一度、王ドラの秘密道具で本物の女になったが外見的には何も変わらなかった。 二重人格で、少女らしい"表"と少年っぽい"裏"の人格がある。 ペロというにしか見えない犬を飼っている。 原作ヒロインのはずなのにジャイアンや出木杉を始めキャラの濃い美少女キャラが多い為か影が薄く、そのことを気にしている。 のび太に明確な好意を持っているが、中々上手く行かない。 のび太の母親。 冷徹な美人。 のび太を溺愛するあまり、息子以上の感情を抱いておりのび太をオカズにオナニーしたことを明かした。 作中では恐らく最強の人。 途中からのび太のクラスの担任になる。 のび太の父親。 割と常識人。 家庭内での立場は悪く、息子や妻からかなりぞんざいに扱われている。 初期は原作通りの外見をしていたが、途中からイケメンに変身した。 会社員だったが、ママがのび太のクラスの担任になった際、勝手に辞表を出され、現在は専業主夫となっている。 埃1つ落ちてない等、主夫スキルは十分超人。 原作の主人公。 だが出番が少ない。 道具を出さない。 シルエットは原作そのままだが、顔はかなり強烈で一度見たら忘れられないほど濃い。 本体が壊されて一時的に美少女とガチムチに分離したことがある。 出木杉の部屋に泊まった際、レイプ事件 ただし返り討ちにされた を起こしたせいで、以後ずっと庭に埋められている。 ジャイアンの弟 ポジション。 のび太の前では照れて挙動不審になるという危険な兆しが見られる。 ジャイアンの母ちゃん ガタイの良い超人。 娘をからかいつつも、その恋路を応援している。 「たまには気まぐれで動きたい事だってある」と言った所、のび太のママから「気まぐれ以外で動いた事が無い」とツッコまれた。 ドラえもんの妹だが、彼とは似ても似つかない美少女。 のび太に惚れているが好意が空回りしている。 ヘタレだが、基本的には素直でいい子。 成り行きで剛田家に居候することになった。 失踪中。 メインキャラのはずがに出木杉に完全に出番を喰われてしまい、覆面をつけた狂人のような姿で登場する。 出番を取り戻す為、自分のポジションを奪った出木杉と決闘するが、自身の持っていた手榴弾のピンを抜かれて、自爆するという壮絶な最期を遂げる。 スネ夫がこのような扱いになったのは、「キャラ設定を諦めた」作者の都合。 なぜか幼女。 過去で犯罪を犯したが、のび太たちに解決され、その後成り行きで野比家の居候となった。 のび太に非常に懐いている。 ツチダマ ギガゾンビの部下で埴輪。 ギガゾンビを追っていたが色々あって野比家の庭に埋められた。 鉄人兵団の事件を解決しにやってきた美少女型ロボット。 解決後は何故かしずちゃんのベッドの下に居着いている。 無表情だが物騒で暴走しやすい性格。 のび太に好意を持っているが、しずちゃんにも変態的な行為をすることがある。 魔王を倒すためにやってきた魔法少女。 魔王が倒された後そのまま現代に居着いた。 夜になるとネコミミ幼女になる。 実はアホの子。 最近はどんどん扱いが可哀想になっている。 メジューサ 「のび太の魔界大冒険」に登場した魔女。 原作ではかなりおどろおどろしい外見をしていたが、作中では妖艶な美女。 魔王があっさり倒されてしまったため行き場を失い、現代に住むことになった。 後に美夜子の実の母親であることが発覚し、現在は同居している。 性格は天然。 ドラえもんの親友たち。 虐げられている 自業自得 ドラえもんを助けにきた。 仲間と共に数々の修羅場を潜り抜けてきた為、勘が働き、のび太のママ、ジャイアンの母ちゃん、メデューサを前にして凄まじい殺気に己の死を悟る。 その後、のび太のママにメイドとして雇われメデューサと共に一流のメイドを目指すことに。 原作通りカンフーの達人で礼儀正しいが男性に免疫が無い。 だがのび太のママによるとただの「むっつりスケベ」らしい。 成り行きで剛田家に住むことになり、ジャイアンの母ちゃんの計らいで転入生としてのび太のクラスにやってくる。 感情豊かだがポーカーフェイスな美少女。 毛糸に対して並みならぬ愛情とプライドを持つが、のび太の実力を前に完敗する。 ドラえもんの一件の後、行く当てが無かったが、キッドの助言で野比家の庭でテント暮らしをする事に。 出木杉に一目惚れしてしまい、出木杉の花婿の座を賭けてのび太に決闘を申し込む。 後にドラえもんから出木杉が男であると聞かされ驚愕するが、気持ちは変わらなかった。 基地外じみた言動の変態ヲタク。 出木杉が「男の娘」であることに異常にこだわる。 出木杉が王ドラの秘密道具で女に成ると、何処からともなく表れて男に戻そうとし、その度にマタドーラに粛清されている。 なぜかおネエだが作中、屈指の常識人。 ドラえもんの一件の後、出木杉の家に住むことに。 以後、のび太と出木杉の中を応援しつつ、暴走するドラリーニョを粛清している。 リンク ジオシティーズ終了に伴い消失 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 06:45:16• 2020-07-17 06:44:40• 2020-07-17 06:39:33• 2020-07-17 06:37:20• 2020-07-17 06:33:40 新しく作成された記事• 2020-07-17 06:44:05• 2020-07-17 04:28:37• 2020-07-17 04:29:48• 2020-07-17 03:16:27• 2020-07-17 01:30:20•

次の

ふたば☆ちゃんねる

ふたば☆ちゃんねる ドラ えも

概要 作者名は非公表。 ドラえもんをベースとしているが、キャラクターが大幅に改変されているため非常にカオスである。 登場人物 主人公。 ただしテストはが多い テスト時間に寝てしまうため 、を応用したワイヤーアクションを使いこなす。 性格は冷静で結構ドライだが、時々天然。 相手に気付かれずに下着を脱がすという特技を持ち、また、それが許されてしまうイケメン。 原型ない人その一。 スタイルの良いショートヘアーでボーイッシュな美少女。 のび太をいじめることなく普通に遊んでいる。 のび太に好意を持っており、素直になれないポジション。 性格は基本的に男勝りだが、時々乙女。 料理と歌が破滅的に下手なのは原作通り。 将来はのび太の子を産むつもりらしい 原型ない人その二。。 のび太に好意を持つようになってからは、ほぼ不死身になり、マゾヒズムに目覚めた。 原作と違いレギュラーキャラになっており、のちにスネ夫と決闘して勝利し、スネ夫のポジションに収まった。 一度、王ドラの秘密道具で本物の女になったが外見的には何も変わらなかった。 二重人格で、少女らしい"表"と少年っぽい"裏"の人格がある。 ペロというにしか見えない犬を飼っている。 原作ヒロインのはずなのにジャイアンや出木杉を始めキャラの濃い美少女キャラが多い為か影が薄く、そのことを気にしている。 のび太に明確な好意を持っているが、中々上手く行かない。 のび太の母親。 冷徹な美人。 のび太を溺愛するあまり、息子以上の感情を抱いておりのび太をオカズにオナニーしたことを明かした。 作中では恐らく最強の人。 途中からのび太のクラスの担任になる。 のび太の父親。 割と常識人。 家庭内での立場は悪く、息子や妻からかなりぞんざいに扱われている。 初期は原作通りの外見をしていたが、途中からイケメンに変身した。 会社員だったが、ママがのび太のクラスの担任になった際、勝手に辞表を出され、現在は専業主夫となっている。 埃1つ落ちてない等、主夫スキルは十分超人。 原作の主人公。 だが出番が少ない。 道具を出さない。 シルエットは原作そのままだが、顔はかなり強烈で一度見たら忘れられないほど濃い。 本体が壊されて一時的に美少女とガチムチに分離したことがある。 出木杉の部屋に泊まった際、レイプ事件 ただし返り討ちにされた を起こしたせいで、以後ずっと庭に埋められている。 ジャイアンの弟 ポジション。 のび太の前では照れて挙動不審になるという危険な兆しが見られる。 ジャイアンの母ちゃん ガタイの良い超人。 娘をからかいつつも、その恋路を応援している。 「たまには気まぐれで動きたい事だってある」と言った所、のび太のママから「気まぐれ以外で動いた事が無い」とツッコまれた。 ドラえもんの妹だが、彼とは似ても似つかない美少女。 のび太に惚れているが好意が空回りしている。 ヘタレだが、基本的には素直でいい子。 成り行きで剛田家に居候することになった。 失踪中。 メインキャラのはずがに出木杉に完全に出番を喰われてしまい、覆面をつけた狂人のような姿で登場する。 出番を取り戻す為、自分のポジションを奪った出木杉と決闘するが、自身の持っていた手榴弾のピンを抜かれて、自爆するという壮絶な最期を遂げる。 スネ夫がこのような扱いになったのは、「キャラ設定を諦めた」作者の都合。 なぜか幼女。 過去で犯罪を犯したが、のび太たちに解決され、その後成り行きで野比家の居候となった。 のび太に非常に懐いている。 ツチダマ ギガゾンビの部下で埴輪。 ギガゾンビを追っていたが色々あって野比家の庭に埋められた。 鉄人兵団の事件を解決しにやってきた美少女型ロボット。 解決後は何故かしずちゃんのベッドの下に居着いている。 無表情だが物騒で暴走しやすい性格。 のび太に好意を持っているが、しずちゃんにも変態的な行為をすることがある。 魔王を倒すためにやってきた魔法少女。 魔王が倒された後そのまま現代に居着いた。 夜になるとネコミミ幼女になる。 実はアホの子。 最近はどんどん扱いが可哀想になっている。 メジューサ 「のび太の魔界大冒険」に登場した魔女。 原作ではかなりおどろおどろしい外見をしていたが、作中では妖艶な美女。 魔王があっさり倒されてしまったため行き場を失い、現代に住むことになった。 後に美夜子の実の母親であることが発覚し、現在は同居している。 性格は天然。 ドラえもんの親友たち。 虐げられている 自業自得 ドラえもんを助けにきた。 仲間と共に数々の修羅場を潜り抜けてきた為、勘が働き、のび太のママ、ジャイアンの母ちゃん、メデューサを前にして凄まじい殺気に己の死を悟る。 その後、のび太のママにメイドとして雇われメデューサと共に一流のメイドを目指すことに。 原作通りカンフーの達人で礼儀正しいが男性に免疫が無い。 だがのび太のママによるとただの「むっつりスケベ」らしい。 成り行きで剛田家に住むことになり、ジャイアンの母ちゃんの計らいで転入生としてのび太のクラスにやってくる。 感情豊かだがポーカーフェイスな美少女。 毛糸に対して並みならぬ愛情とプライドを持つが、のび太の実力を前に完敗する。 ドラえもんの一件の後、行く当てが無かったが、キッドの助言で野比家の庭でテント暮らしをする事に。 出木杉に一目惚れしてしまい、出木杉の花婿の座を賭けてのび太に決闘を申し込む。 後にドラえもんから出木杉が男であると聞かされ驚愕するが、気持ちは変わらなかった。 基地外じみた言動の変態ヲタク。 出木杉が「男の娘」であることに異常にこだわる。 出木杉が王ドラの秘密道具で女に成ると、何処からともなく表れて男に戻そうとし、その度にマタドーラに粛清されている。 なぜかおネエだが作中、屈指の常識人。 ドラえもんの一件の後、出木杉の家に住むことに。 以後、のび太と出木杉の中を応援しつつ、暴走するドラリーニョを粛清している。 リンク ジオシティーズ終了に伴い消失 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 06:45:16• 2020-07-17 06:44:40• 2020-07-17 06:39:33• 2020-07-17 06:37:20• 2020-07-17 06:33:40 新しく作成された記事• 2020-07-17 06:44:05• 2020-07-17 04:28:37• 2020-07-17 04:29:48• 2020-07-17 03:16:27• 2020-07-17 01:30:20•

次の