マンション 騒音 警察。 マンションのうるさい騒音が聞こえなくなる3つの対策

マンションの騒音トラブル5つの解決方法|騒音トラブル裁判事例|あなたの弁護士

マンション 騒音 警察

この記事の目次• マンションの騒音!本当に警察を呼んでもいいほどうるさい? マンションなどに住んでいると騒音で悩まされる事も多いと思います。 しかし、騒音と呼ばれるものはどのくらいの音からなのでしょうか? 騒音と認められるものは昼間で55デシベル以上で夜で45デシベル以上と言われています。 しかしこの55デシベルとはどのくらいの音なのかわからないですよね。 55デシベルというのは普通の人の話声やお風呂の配水の音くらいです。 また45デシベルはエアコンの風の音や木の風になびく音くらいです。 隣の家との間には壁があります。 それなのに、普通に話す声くらいの音がするという事はかなり大きな音を出しているに違いありません。 なので、普通に話しているくらいの音が聞こえるのであればうるさく思っている自分がおかしいのかっとは思う事はなく騒音に値するものと思われます。 この基準については、健康上被害が出ないレベルとされていて、この基準を超えると音が気になり寝れない、イライラするなどして健康上何かしらの問題が起こる可能性があるのです。 マンションの騒音!警察を呼ぶ前に出来る事! マンションなどの集合住宅にすんでいると騒音の問題に悩まされることもあると思います。 そんな時に警察に連絡をしようと思う人もいると思いますが、まずは管理会社や大家さんに相談してみましょう。 上下左右に部屋がある場合どこの部屋からの騒音なのかまで特定できない場合もあると思います。 そんな時でも管理会社や大家さんにまずは相談することがおすすめです。 連絡すると、管理会社や大家さんが騒音についての手紙を配ってくれたり、皆の目する場所に注意書きなどをしてくれると思います。 入居者全員にむけての手紙や注意書きになるのでどこからの苦情なのかまで特定される事は少ないでしょう。 このように苦情についての注意があると騒音を出している家は大抵注意するものです。 しかし、このように注意をしてもらっても効果がなかったり、その時は効果はあってもまた騒音が始まった場合は、もう一度管理会社や大家さんに連絡するようにしてください。 直接注意をしてくれると思います。 最初は注意書き程度のものでも改善されない場合は直接会っての注意になっていきます。 この時注意したいことは苦情を言った家をバレないようにしてほしいという事を管理会社や大家さんに伝えておきましょう。 マンションの騒音問題!警察に言う時に大切なこととは? マンションなどの騒音問題で苦情を言う場合、実際にどのような騒音に迷惑をしているかについて証拠を残すようにしましょう。 最近ではスマホなどで簡単に映像を残せるようになりました。 なので記録しておくのは簡単にできると思います。 ですが、この時に気をつけることが比較になる音を入れておくことです。 例えばテレビのです。 テレビの音量を映像に残しその音と騒音とを比較できるように動画を撮っておくと伝わりやすいと思います。 騒音だけを撮ってしまうと音の大きさが分かりにくくなるので音や映像で残す場合には注意してください。 また、時間帯も残すようにしましょう。 昼間は我慢できても夜には我慢できない事ってありますよね。 そのような時には時間もしっかり記録しておきましょう。 そして騒音計も用意できればより一層騒音について伝える事が出来ると思います。 しっかり記録して騒音について苦情をつたえるようにしましょう。 マンションの騒音で警察を呼んだのはなぜ?経験談をご紹介 騒音の問題で警察を呼んだことがある人はいるのでしょうか?経験談についてご紹介します。 私は一度騒音で警察を呼んだことがあります。 ですが、普段の生活ででる騒音ではなく喧嘩による騒音だったからです。 普段の生活音での騒音について警察を呼ぶのは大げさではないかと思っています。 生活音での騒音はまずは大家さんや管理会社に伝える方がいいと思います。 しかし、私が警察を呼んだ時の騒音は違いました。 夫婦喧嘩をしているようで言い合いもひどくそこの子供が「助けてー」っと叫んでいたのです。 このような危険のある時には警察をよんで良いと思いすぐに呼びました。 マンションなどの集合住宅では騒音はつきものです。 気になるような人は一戸建てに住むのが一番だと思っています。 マンションの騒音!警察は対応してくれるのか? 騒音で実際に警察を呼ぶ場合どのように対応してくれるのでしょうか? 警察を呼ぶには110番に電話をすることになります。 電話を掛けると、「事故」か「事件」かと聞かれます。 そこで「騒音」だという事を伝えましょう。 すると「どんな音なのか」「どんな音量なのか」を聞いて来ると思います。 そして住所をつたえることになります。 また名前も聞かれると思いますが、自分からの通報だとバレたくない場合には匿名でお願いしますでも大丈夫です。 絶対にバレたくない場合には公衆電話など外の電話から掛けるようにしましょう。 そして、名前を言った場合だけになると思いますがその後どうなったか知りたい場合は電話や直接会うなどして結果を聞くことが出来ます。 警察に電話をするときには緊張すると思いますが、相手は丁寧に対応してくれるので落ち着いて話すようにしましょう。

次の

マンションの騒音で警察を呼んでもいい? 苦情が言えない時の対処法

マンション 騒音 警察

現在のマンションに引っ越して約3ヶ月程たったんですが、引っ越して一週間で管理会社から深夜に爆音で音楽やTVの音が聞こえるとのクレームがあったんですが身に覚えはありますかと電話連絡があり、引っ越してからほぼTVをつけていない事、時々PCでYouTubeを見る程度で、音量も30%程度で小さい音でしかPCも使っていない旨を説明しました。 その管理会社からの連絡があった更に一週間後、夜中の3時にいきなり玄関のチャイムが鳴り、50代とみられるすっぴんの女性がドアの外に立っていました。 夜中3時の見知らぬ50代女性の訪問者。 不気味なのでインターフォンで姿は確認しましたが、その時は居留守を使って玄関には出ませんでした。 ひとり暮らし歴10年以上で、物件もアパート・マンション合わせて4軒住んできましたが、騒音のクレームをつけられた事は今までに一度もなく驚いてしまって、元々家でTVを見ない人ですし、たまにPCでYouTube動画を見る程度でも昼夜問わず凄くビクビクして生活するようになりました。 今のマンションというのが、家賃の安い激安物件で築30年以上の古いおんぼろマンションです。 家賃が激安という事もあり、玄関のドアを閉めても機密性が低くすきま風や虫も入ってきてしまうような物件で、正直家賃の安さからいっても「それなり」の物件で高い防音を求められるような建物ではありません・・。 実際私も生活していて、お隣が掃除機をかける音や上下階のお部屋でブラインドを上げ下げする音、お隣のイビキなど、こちら側が無音の状態でいると聞こえてくる音はたくさんありますが、「それなり」の激安おんぼろマンションですし、まぁ聞こえるよねーという感じです。 私はその点理解してここに住んでいますが、お隣の女性は私の生活音全てが耐えられないのだとおもいますが、家でTVやPCも音の出る物を使うと「爆音で見ている、うるさい」とすぐにクレームをつけられます・・。 今まで他の物件で騒音クレームを受けた事はありませんでしたが、ここに引っ越して管理会社を通して騒音クレームを数回聞いてからは、洗濯機・ドライヤー・玄関の戸の開け閉め等ビクビク気を使って生活しています。 引越しから最初の一ヶ月で数回お隣さんが私の部屋がうるさいと管理会社にクレームを入れた後は、約1ヶ月半とくに何の連絡もなく過ごしていましたが、今日の夜中にいきなり警察が部屋に来ました。 その時私はもう寝る前で、もう部屋の電気も消してPCでYouTubeを見ているだけでした。 (PCの音量は30%、動画自体もかなり音は小さくして見ていました) 警察官は2人来て、「ちょっとTVの音やドアの開け閉めの音がうるさいと110番がきたので~・・ちょっと確認のために来たんです・・」と申し訳なさそうな感じで言われ、私ももうパジャマで寝る前の格好でいきなりの事でびっくりしていて、とりあえず名前と生年月日と電話番号だけ聞かれて、「もしかしたらここのお部屋からではないかもしれないんですが、部屋番号も指定しての110番だったので、一応来てみただけなのですが、そういう連絡があったという事だけ頭にいれていただいて~・・」と1~2分ですぐ帰って行きました。 部屋番号を指定して という事からも、私は何度も管理会社にクレームを入れたお隣のおばさんだろうなと思っています。 ですが、元々TVも見ない、時々PCでYouTubeを小さい音で見るだけの生活で、110番されはっきり言ってこれ以上もっとビクビクした生活・無音の生活を送るのは無理です。 夜の時間帯は音に気をつけるという常識はもちろんわかっていますし、正直このレベルの音量で110番するのはお隣が異常だと思うくらい、小さい音しか室内で鳴らしていません。 ドアの開け閉めの音がうるさいから110番・・そんなに強くドアを閉めたりしていません・・。 この場合、私は今後も何度も通報されなければならないのでしょうか? お隣に対し、どう対応していけばよいのでしょうか 補足 管理会社から初回の騒音クレームの連絡を受けた時は、「常識の範囲内で生活してますしTVもほとんど見ませんが、もっと音には気をつけますね」と答えましたが、その次からの騒音の連絡には「あれから更に音に気を使って生活しているし、大音量や爆音で何か音を出したりしていません」とハッキリ管理会社には伝えました。 おそらく、隣人のおばさんもそのように管理会社から説明を受け、管理会社に自分の言い分が通らないと思って今度は警察に110番したのでは・・と今日になって思うようになりました。 警察署に今日電話で確認してみたんですが、今後も同じような内容で110番されてしまうようならば、警官にその都度、そういった爆音での生活はしていない旨を説明してもらえれば、以後同一人物からの110番が続いた時にその内容をお話しますとは言われましたが・・正直我慢合戦で、お隣のおばさんが引っ越すか私がストレスで引っ越すかになりそうですね。 泣 今の自分の状況に近く、コメントさせて頂きます。 わかりやすいよう、こちらの状況も詳しく書きたいのですが、全て書こうとするとかなり長くなるので一つ思ったことを…。 ナイス: 2 引っ越して来て初めの頃だったら、騒音?騒音なのかな?でも、気を付けるか〜って思うけど。 それからも、何回も管理会社からからクレームが来たりして、今回みたいに警察まで来たら。 何なん!と思うので、騒音には注意するけど、別にお隣さんにビクビクしながらなんて生活する気はないので普通に生活して、また、管理会社からクレームが来たら。 悪いけど、私が出しているのが、クレームを付けるくらいの騒音なのか?証拠は?と言いますね。 それと、役所によるそれが騒音になるものなのかの判定で、役所からのこれは騒音になりますと言う判定の文章を持って来るように。 こっちも何回もクレームを付けられて、精神的に苦痛を受けてんの!さらには、騒音が酷いと警察が部屋まで来てんの! 証拠も、何回もクレームを付けるくらいな酷い騒音だと言う役所の判定もないなら、こっちにも考えがあると言って下さいと言う。 ナイス: 0 騒音トラブルは人によっても感じ方が違うし、そのうち感情的になり事件に発展する場合もあり、非常に難しい問題です。 住宅地の場合、日中は55dB以下、夜間は45dBという基準が一応設けられています(環境省) テレビをあまり観ないと言うようですが、そのPCから出ている音がどれくらいか分かりませんが、さほど出ていないんでしょうね……。 たぶん隣人はかなり神経質な方だと思います。 念の為、1週間ほど窮屈ですがイヤホンで生活してみてはどうでしょう? それでその間に苦情が入れば抗弁はできます。 または音量をモニタリングして数値化して管理会社などに提出して反論してみるのもいいかもしれません。 しかし、いずれにしても肩身の狭い生活を強いられるくらいなら気力体力ともに滅入ってしまうので、生活環境(引越し)変えてみるのもひとつの策かもしれません。 ナイス: 1.

次の

アパートの騒音で警察に通報!解決?隣人トラブルのいろはとは?

マンション 騒音 警察

マンションの騒音に悩んだら管理会社に連絡する マンションなどの集合住宅に住んでいると、隣近所の方の生活音が聞こえてくるものですよね。 洗濯機や掃除機の音などある程度の生活音は仕方のないものですが、我慢の限界というものもあります。 騒音で睡眠などの日常生活を妨げられた場合は、まずは管理会社に連絡をしましょう。 騒音には受忍限度がある マンションなどの住居での騒音には、受忍限度というものがあります。 これは、 隣近所の生活音はお互いさまなのである程度は我慢しましょうというものです。 受忍限度の明確な定義はありませんが、環境省では騒音を以下のように記載しています。 表から、マンションなどでは 日中55db デシベル 以上、夜間は45db以上で騒音と判断できます。 また、通常の生活音の数値は以下の通りです。 人の話し声が約50db〜61dbとされていますので、隣近所の家の中の話し声が丸聞こえの状態であると考えてよいでしょう。 マンションの騒音トラブル解決方法 マンションの騒音トラブルは、できるだけ 当事者同士で交渉しないようにしましょう。 お互い感情的になってしまい、解決するどころか、余計なトラブルを招きかねません。 マンションの騒音トラブルを解決するには、 管理会社などの第三者を巻き込むことが重要です。 また、相談をする際には、騒音がそのような状況であるかを記録に残しておくとスムーズに話を進めることができます。 騒音トラブルは証拠を残しておくと有効 騒音トラブルを相談する際は、騒音の証拠を残しておくと有効です。 騒音が起きた日付や時間、どんな音がしたかなどをメモしておくことで相談の際にスムーズに話を進めることができます。 また、騒音トラブルを訴える際は騒音を測定する場合もあります。 管理会社に連絡する 騒音トラブルはまず管理会社に相談します。 管理会社はオーナーや管理組合に管理業務を委託されているため、入居者の管理も行う責任があるのです。 管理会社に相談する際は、どのような状況で騒音に困っているかということを伝えると同時に、 管理会社がいつまでにどのような対応をするかということを確認しておきましょう。 管理組合がある場合は総会などで提議する マンションなどでは入居者で運営されている管理組合が組織されていることがあります。 管理組合がある場合は、隣近所の入居者にも騒音の相談をして総会などで該当住居の騒音を提議してみましょう。 長期に及ぶ騒音に悩まされたら弁護士に相談する 管理会社が取り合ってくれなかったり騒音が長期化してあなた自身に損害が発生したりする場合は、騒音トラブルを弁護士に相談することも考えてください。 騒音トラブルは裁判に発展することもあり、その場合は弁護士の力が必要不可欠になります。 また、弁護士は裁判だけでなく、騒音の差し止め要求などの交渉を行うこともできます。 騒音トラブルは当事者間だけで解決しようとすると、やり方によっては、相 手から名誉毀損などで損害賠償請求を起こされることもあります。 弁護士はあなたの力になります。 信頼できる相談先として利用すべきでしょう。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 悪質な騒音や身の危険を感じたら警察に通報 怒鳴り声や、耐えきれないほどの騒音などで困った場合は警察に相談することもできます。 警察は原則、民事不介入ですが騒音が執拗なものであったり、身の危険を感じたりする場合は、刑事事件に発展する恐れも否定できないため、口頭注意などを行なってくれます。 マンションの騒音トラブルは裁判に発展することもある マンションの騒音トラブルは裁判に発展することもあります。 騒音に困っている側が 不眠症などの健康被害や損害が発生した場合には、損害賠償請求をすることができます。 今回は、実際に起こった騒音トラブル裁判の事例をご紹介します。 上階住人による50~65dBの騒音で損害賠償請求|事例 <平成19年10月3日 東京地裁> マンションに住むA氏夫婦は、上の階に住むB氏一家の騒音に悩まされていた。 B氏一家には、夫婦とその子供の幼児が1人いた。 B氏一家の幼児が家の中を走り回る音が、下の階にあるA氏夫婦の住居に響き渡っていた。 A氏夫婦は、管理会社への連絡やB氏一家への直接交渉も行なっていたが、騒音は改善されることはなかった。 この期間にA氏夫婦は騒音により不眠症になった。 そのため、A氏夫婦はB氏一家に対し民事調停での解決を図ったが、B氏一家が調停を拒んだため、慰謝料200万円及び弁護士費用40万円の損害賠償を請求した。 参考: 上階住人による50~65dBの騒音で損害賠償請求|判決 B氏一家には慰謝料として、36万円の慰謝料の支払いが命じられた。 マンションの床材は、遮音機能が一般的水準よりも劣り、また、マンション自体がファミリー向けのため子供が住むことも考えられるため請求額は一部容認という形となった。 しかし、B氏一家からは毎日50db〜65dbという騒音が発せられていたことなどから慰謝料が認められることになった。 健康を害すなど損害が発生した騒音は弁護士に相談する 『上階住人による50~65dBの騒音で損害賠償請求』では、夫婦が騒音により不眠症などの健康被害にあいました。 騒音トラブルは、騒音を立てている側には悪気がなくても、騒音に困っている側からすると苦痛を強いられる問題です。 健康を害すなどの、損害が発生しているという場合は、早い段階で弁護士に相談することもひとつです。 弁護士は、裁判だけでなく騒音の差し止め要求などの交渉をあなたに代わって行うことができます。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 騒音トラブルは「お互いさま」であることを念頭におく マンションだけでなく住宅が密集している地域では、騒音トラブルはよく起きることです。 そうはいっても騒音に困っている側からすると、たまったものではありませんよね。 しかし、騒音が聞こえるということは、あなたの家の生活音も聞こえている可能性もあるということです。 同じ建物で暮らしているので 『お互いさま』の精神を念頭に置いて、冷静に解決法を考えていきましょう。 まとめ マンションの騒音トラブルは当事者間で解決しようとせず、管理会社や弁護士などの第三者を巻き込むことが重要です。 また、悪質な騒音トラブルは警察に相談することも可能なので状況に応じて、周囲を巻き込んでいきましょう。 この記事が、騒音に悩んでいる方にとって解決の糸口となれば幸いです。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の