女 同士 とか ありえない でしょ と 言い張る 女の子 を 百 日間 で 徹底 的 に 落とす 百合 の お話。 女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話の通販/みかみてれん/雪子 GA文庫

女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話|SBクリエイティブ

女 同士 とか ありえない でしょ と 言い張る 女の子 を 百 日間 で 徹底 的 に 落とす 百合 の お話

GA文庫 新刊・既刊一覧|ラノベリスト. 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵: [ 1 | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ] || script written by kenji.

次の

女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話 (みかみてれん/著)

女 同士 とか ありえない でしょ と 言い張る 女の子 を 百 日間 で 徹底 的 に 落とす 百合 の お話

GA文庫 新刊・既刊一覧|ラノベリスト. 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵:• 著: 絵: [ 1 | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | ] || script written by kenji.

次の

女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話2|みかみてれん, 雪子|キミラノ

女 同士 とか ありえない でしょ と 言い張る 女の子 を 百 日間 で 徹底 的 に 落とす 百合 の お話

ありえないでしょ• 百日間• 徹底的に落とす• 百合 人を引き寄せる単語をいくつも使われているのが特徴的。 「ありえないでしょ」の一体どこに人を引き寄せるかというと、否定の言葉が使われている点です。 人は否定的な意味合いの言葉に目を惹く傾向があります。 「百日間」は物語のスタートからゴールに達するまでの時間を表します。 数字や時間というのも人を引き寄せるもの。 数字と聞くと、SNS上で話題になった『100日後に死ぬワニ』が頭に浮かびます。 その他にも有名なホラー映画『リング』の場合、「13日後に死ぬ」「7日後に死ぬ」など数字や時間を活かして登場人物や見る者の恐怖を煽るだけでなく、最後の結末がどうなるのか興味を持たせるようにしています。 『ありおと』も同様に100日間、それも1日1日限られた時間内でいかに絢が鞠佳を落としていくのか楽しめるようになっているのが特徴的。 数字や時間を使えば、物語の進行具合を時系列で整理しやすい感じもしますね。 「徹底的に落とす」というのも強い言葉です。 絢が鞠佳を徹底的に落としていくわけですが、「徹底的にって一体どんなことをするんだ?」「どういう風に鞠佳にアプローチしていくんだ」と読み手の興味を惹かせています。 「百合」という言葉を用いることで百合が好きな人・興味のある人にアプローチしているのもポイントです。 タイトルを解体していくと、人の目を惹くさまざまな言葉が使われているのが分かります。 そう考えると、タイトルの重要性が何となく分かった気がしないでも。 目を惹く表紙 ラノベや漫画、どのような本においても最初の数ページが大事な感じがします。 もちろん、どの本も最初から最後までが重要なのですが、最後まで読むかどうかという点においては最初の数ページが勝負になってくるのかなと。 『ありおと』の場合、最初の数ページは雪子先生の描く漫画になっていて、作品のイメージが掴みやすいものになっています。 数ページで作品のイメージや世界観を掴ませるのは思っている以上に難しい気がします。 最初のカラーページで話の大まかな流れを伝えることは『ありおと』に限らず、ラノベ全般に言えるのかなと。 もちろん、イメージが掴みやすいと感じるかどうかは個人差があります。 当然中身もキチンと勝負している 『ありおと』と同時期にとあるラノベが発売されました。 通称『わたなれ』と呼ばれているこの作品はみかみてれん先生と竹嶋えく先生のタッグから生まれたラノベです。 コミカライズ版も出ており、そちらはむっしゅ先生が携わっています。 ストーリーはれな子という女の子が学校のスーパースターである真唯と恋人関係になるか、友人関係でいるか勝負するというもの。 発売時期をほぼ同じ時期に持ってくることで百合やラノベに興味のある方に注目してもらうというのも多くの人に作品を手に取ってもらうための工夫ではないかと解釈しています。 キャンペーンを利用して鉄を熱い内に打つ.

次の