コーヒーの出がらし 再利用。 簡単に作れる!?栄養満点のコーヒーかす肥料作り7ポイント

コーヒー・紅茶の出がらし再利用!捨てずにリサイクル

コーヒーの出がらし 再利用

コーヒーかすの再利用方法!• タバコの消臭、火消に使用• 肥料にする 私が経験した中でオススメなのはこちら。 1、タバコの消臭、火消に使用 こちらは昔からよく言われていますよね。 毎朝必ず珈琲を飲む私の実家では、四人分の コーヒーかすが毎日発生していました。 そしてヘビースモーカーの父親の灰皿に いつもコーヒーのかすが敷き詰められていました。 これは 乾燥させずにそのまま使うのがオススメ! コーヒーかすにタバコをさすと、 すぐに 火が消え臭いも消えます。 さらに、 コーヒーかすと共にそのまま生ごみとして 捨てることにより、 他のゴミに火が移って発火することを 防げるので安心安全! 2、肥料 こちらも鉄板ですが、肥料にするといいですよ。 ただし、 湿ったままそのあたりに撒いてしまうと、 カビが生えてしまうことがあります。 無農薬栽培をされている農家さんに聞いた話 なのですが、「無農薬栽培」と銘打って、 生ごみをそのまま土に混ぜて虫を発生 させてしまったり、カビを生えさせてしまったりする方が あとを絶たないそうです。 きちんと生ごみ処理機等で微生物が活動するように 醗酵(はっこう)をさせて から、 肥料にしてあげない植物にとっても良くないですから 気を付けて! ちょっとハードルは高いですが、きちんと微生物醗酵した コーヒーかすは植物にとっても良い栄養となり、 また、素晴らしいリサイクルですので、余裕のある方は 是非積極的にお試しください! 生ごみ処理機 コンポスト は段ボールでもできますよ! 紅茶を淹れた後の湿ったままの ティーバッグを冷やして、 日焼けした部分に パッティングするだけ。 また、朝起きてまぶたが腫れている時などにも この収れん効果は期待できます。 冷たく冷やしておけば、パッチリ目覚めることが できそうです! 2、脱臭剤 こちらも 定番です。 珈琲でもたばこの消臭効果についてご案内しましたが、 紅茶も負けず劣らず脱臭効果が高いんです。 珈琲はかなり香りが強いので、そのまま冷蔵庫に入れると 他の食材への影響が気になりますが、 紅茶の場合は そのまま入れても大丈夫! ただし、フレーバードティ アールグレイ等 のように着香(ちゃっこう)して いるものだと少し香りが気になるかもしれませんので ご注意を! つまり成分表に「香料」と書かれていないものですね。 こちらは日常使いにとても良い、昔から家に 1つはあったのではないか、というスタンダード な紅茶です。 デイリーに飲むにはとってもオススメ。 1と同様、ティーバッグならそのまま冷蔵庫に入れても良い ですし、リーフの場合はお茶パックに入れると良いでしょう。 個人的には乾燥させてから冷蔵庫に入れた方が 消臭効果は高いと思います。 乾燥させたものだと、そのまま靴の消臭にも使えます。 靴の中に直接入れたり、靴箱にいれても良いですね! 魚を切ったまな板に紅茶の出がらしを乗せて 少し置いておくと、生臭さも消えますよ。 是非お試しくださいませ! まとめ コーヒーと紅茶の出がらし再利用法というのは 実は他にも色々あるんです。 出がらし、と言ってもコーヒーも紅茶もお湯の中に すべての成分が出ているわけではありません。 出がらしに残っている成分を最後まで使う ことももっとできると思います。 ですが、コーヒーも紅茶もこよなく愛する私が毎日のように 飲んでいる中で、 簡単かつ、割と手間にならない再利用法を 厳選してご紹介しました。 再利用しようにも、すぐに思いつかないとか 面倒くさいじゃ続かないもんね。 リサイクル、と堅苦しく考えず、生ごみを減らして 有料ゴミ袋代を減らそう!くらいから再利用を してみたら、案外癖になるかもしれませんよ! 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

コーヒーかすの再利用15選!粉の消臭や肥料や虫除け以外の使い道は?

コーヒーの出がらし 再利用

ドリップコーヒーを淹れると必ず出てくるのが コーヒーかす。 おうちでコーヒーを楽しんだあとは、捨てている人が多いかと思います。 近年、大手メーカーなどではドリップ後のかすを再利用しているんです! 『スターバックス』では独自のリサイクル部門を設立し、肥料として再利用。 『セブンイレブン』では「セブンカフェ」で排出されるコーヒーかすを集め、全店舗で使用する消臭除菌剤へ再利用することを発表しています。 『AGF』ではバイオマス燃料としてコーヒーかすを再利用。 ただし、これらの例は大きな企業だからこそ出来る面もありますよね。 一個人が日常的に消費するコーヒーかすの量を考えると、上記の例は自宅で出来る『再利用』方法としては非現実的な部分も。 では、逆に少量だからこそ使い勝手の良い『再利用法』があるとすればいかがでしょうか? やってみたい! と思う方も居るのではないでしょうか。 そのためには「コーヒーかす」の持つ特性について知っておくことが大事です。 コーヒーかすに秘められたパワーって? 企業も注目している 『コーヒーかす』には、再利用に向いたどのような特性があるのでしょうか。 構造 まず、コーヒーかすは「多孔質構造」といい、細かな穴が沢山開いています。 これは広く消臭剤などに利用されている『活性炭』と同じ構造。 そのため、コーヒーかすにも消臭効果が期待できるというわけです。 さらにコーヒーかすは酸性のため、嫌なニオイの代表格であるアンモニア(アルカリ性)を吸着したあと中和も行います。 このことから、 アンモニア臭に対してコーヒーかすは活性炭のおよそ5倍に及ぶ消臭効果があると言われています。 他にも「多孔質構造」はコーヒーかすを肥料に使用する際に効果を発揮。 沢山の穴には土中の微生物がすみつき、それらが畑の栄養となるのです。 香り 続いて、私たちがコーヒーを楽しむ理由のひとつである香り。 この香りも、再利用するにあたって嬉しい効果をもたらしてくれるといいます。 それは『猫避け』効果。 人間にとっては良い香りも、猫にとっては忌避する香りとのこと。 猫だけでなく、使い方によっては蚊避け効果も得られるというのも嬉しいですよね。 カフェイン 女性におすすめしたいのが「カフェイン」の効能に注目した再利用法。 コーヒーに含まれるカフェインには 肌を柔らかく美しくするほか、脂肪燃焼を助けてくれる効果も期待できるそう。 この特性を利用して、コーヒーかすを美容目的で再利用することが出来るというのです。 さらに、カフェインだけでなくポリフェノールなどの抗酸化作用の期待できる成分が多いのも、コーヒーかすが美容目的に再利用される理由に。 女性必見の利用法ですね! おすすめの再利用法って? コーヒーかすの再利用が注目される理由はお分かりいただけたでしょうか? それではお待たせしました! 先ほど紹介した3つの特性を軸にした 家庭向けの再利用法を4つピックアップ! それぞれの詳細は、今後追加していきますのでこまめにチェックしてみてくださいね! 1:肥料 ガーデニングや家庭菜園を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか? そんな方にとって、 飲み終えた後のかすを肥料に出来たらとても経済的ですよね。 さらにコーヒーの香りによる防虫効果も期待できるということでまさに一石二鳥! ただし肥料として有効活用するためには『発酵』という手間を加える必要があるんです。 コーヒーかすをそのまま使用するわけではないため、注意が必要。 詳しい肥料の作り方は『』をご覧くださいね。 2:消臭剤 玄関やトイレ、キッチンなどおうちの中でニオイが気になる箇所は多いものです。 市販の消臭剤もいいですが、コーヒーかすを使った手作り消臭剤ならコストをぐっと抑えることが可能! 容器にこだわることにより、インテリアとしてもお洒落な消臭剤を作ることもできますよ。 また、 「食品」から出来ている天然の物なので冷蔵庫の中に使っても抵抗を感じることがありません。 消臭剤の詳しい作り方や、設置箇所別のポイントについては『』をご覧くださいね。 3:猫よけ お庭やガレージに野良猫が来て、困っている方に試して欲しいのがこちら。 コーヒーかすを撒くだけで猫が避けてくれるなんて便利ですよね。 さらに、使い方を工夫すると猫だけでなく虫避けの効果も期待できるんです。 コーヒーかすを使うので見た目にも分かり辛く、エクステリアの景観を損ねることがないのもおすすめポイント。 どのように使用するべきか、注意するポイントなど詳しくは『』をご覧ください! 4:美容 美肌やダイエット効果が期待できる『手作りコーヒースクラブ』がおすすめ。 このスクラブを使うことにより、二の腕や太ももの気になる「セルライト」を解消させることが出来るかも?! コーヒーの香りでリラックスしながら、自宅エステが楽しめるのはとても魅力的。 コーヒースクラブの作り方や、正しいマッサージ方法などは『』についてをご覧くださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? コーヒーかすの優れたポイントや、再利用について少しでも興味を持っていただけたなら嬉しいです。 おすすめの再利用法紹介でも触れていますが、次回以降に3つの再利用法について詳しく紹介していく予定です。 どれも見逃せない情報ばかりですので、次回更新を楽しみにしていてくださいね!.

次の

紅茶の出し殻の再利用は注意が必要!効果的なのはコレ

コーヒーの出がらし 再利用

こんにちは、田舎センセイです! 私は大のコーヒー好きで、1日5杯は必ず飲んでいます。 少々飲み過ぎなのは自覚しているますが、自宅で仕事をしているとどうしても無くてはならず、どうせなら美味しいコーヒーを飲みたいのでそこそこ良いエスプレッソマシーンを使って仕事のお供にしています。 豆を挽いて飲むタイプのエスプレッソマシーンを使うとどうしても出てしまうのが「 コーヒーの出がらし コーヒーかす 」、試したがりの私はこのコーヒーの出がらしをそのまま捨てるのはもったいないと思って何かに再利用できないか考えていました。 特に本業の農業・園芸方面で肥料にできないかと思って調べてみると、「肥料・防虫・消臭効果がある」と書かれているものと「園芸での利用はしにくい」と書かれている情報が混在していました。 そこでコーヒーの出がらしにはどのような成分が含まれていて、園芸やガーデニング、農業に利用する場合の注意点にはどのようなものがあるのかを調べてみることにしました。 水分含量の多いコーヒーかすをそのまま用土に混ぜ込んだり、鉢植えの土にパラパラと巻いたりすると ほぼ確実に カビが生えます! またコーヒーかすに含まれる窒素分は微生物によって分解されにくい構造になっていて、そのまま土壌に混ぜ込むと発酵する過程で窒素を消費するので、逆に「 窒素飢餓」と呼ばれる窒素が不足する状態を引き起こすので逆効果になります。 さらに加えて言うと、 コーヒーかすに含まれる窒素成分の多くが難溶性で植物に利用されにくいというのも欠点のひとつです。 さらにさらに、 コーヒーかすには植物の生育を阻害する成分が含まれているので、そのまま使うと良いことなしですね。 コーヒーかすを使うメリットとしては、乾燥させたコーヒーかすであれば多孔質で酸性を示すので、アンモニアなどの臭いを吸着したり水分を保持してくれるため、堆肥として使ったり他の堆肥に混ぜ込むことでその構造上のメリットを生かせると思います。 コーヒーの出がらしを完全に乾燥させる• 風通しが良く雨が入らない場所に置き、定期的 2~3日に1回 に空気を入れるためにかき混ぜる• 3~6ヵ月かけて発酵させれば完成 コーヒーの出がらしを使った堆肥は、制作時期によって発酵にかかる期間は前後しますがおおよそ3~4か月で完成します。 コーヒーを飲むたびにでるコーヒーかすを追加することは可能ですが、必ず完全に乾燥させたものを追加するようにしましょう。 まとめ 本記事ではコーヒーを淹れた後に出る「出がらし」の園芸への再利用方法についてまとめました。 コーヒーかすはそのままでは肥料としては使えないどころか、カビや虫の温床になったり土壌中の窒素を奪ったり植物の生育を抑制したりと悪いことの方が多いことが分かっていただけたかと思います。 堆肥化することで悪臭の除去や保水力の向上に役立てることができるので、ただ捨てるだけではなくひと手間加えて再利用したいと考える人は、コーヒーかすは堆肥化して利用するのがおすすめですよ!.

次の