ガソリン 消費 税。 8割の人が間違える「軽油」・消費税の仕訳-間違えた場合のリスクと対処方法

ガソリン税の仕訳と使い道は?│車の綺麗を求めて

ガソリン 消費 税

ガソリンの場合はガソリン税及び石油税も含めた130円全体に消費税がかかるため、本体価格を固定して考えると、増税前と増税後の値上率は消費税増税による値上率(1. 08)と一致します。 灯油にかかる消費税の計算方法 例えば、18リットルあたり税抜1,500円で灯油を販売しているガソリンスタンドがあったとすると、灯油にかかる消費税は、増税前と増税後でそれぞれ次のように計算します。 灯油の場合は石油税も含めた1,500円全体に消費税がかかるため、本体価格を固定して考えると、増税前と増税後の値上率は消費税増税による値上率(1. 08)と一致します。 軽油にかかる消費税の計算方法 例えば、1リットルあたり税抜115円でガソリンを販売しているガソリンスタンドがあったとすると、ガソリンにかかる消費税は、増税前と増税後でそれぞれ次のように計算します。 軽油引取税には原則として消費税がかからないため、税抜本体価格から軽油引取税の金額を引いた82. 9円に消費税がかかります。 軽油の場合は、本体価格を固定して考えると、増税前と増税後の値上率は消費税増税による値上率(1. 08)より低くなります。 ガソリン税や石油税に消費税がかかり、軽油引取税に消費税がかからない理由 なぜガソリン税や石油税には消費税がかかり、軽油引取税には消費税がかからないのでしょうか? この点について、消費税法基本通達10-1-11には以下のような記載があります。 (個別消費税の取扱い) 法第28条第1項《課税標準》に規定する課税資産の譲渡等の対価の額には、酒税、たばこ税、揮発油税、石油石炭税、石油ガス税等が含まれるが、軽油引取税、ゴルフ場利用税及び入湯税は、利用者等が納税義務者となっているのであるから対価の額に含まれないことに留意する。 ただし、その税額に相当する金額について明確に区分されていない場合は、対価の額に含むものとする。 ガソリン税・石油税については、販売者(ガソリンスタンド等)が納税資金を確保するためにガソリン税・石油税相当額を販売価格に上乗せしてお客さんから収受しているにすぎないため、資産の譲渡等の対価の額に含まれることとなります。 したがって、ガソリン税・石油税相当額には消費税がかかります。 一方、軽油引取税の納税義務者は軽油の購入者(お客さん)であるため、販売者(ガソリンスタンド等)は、お客さんが納付すべき軽油引取税をお客さんの代わりに納付するために預かっているだけにすぎないため、軽油引取税相当額は資産の譲渡等の対価には含まれません。 したがって、軽油引取税には消費税はかからないことになります。 ただし、この取扱いは、販売者(ガソリンスタンド等)が特別徴収義務者である場合に限ります。 (参考)販売者が特別徴収義務者でない場合、軽油引取税にも消費税がかかる 販売者(ガソリンスタンド等)が軽油引取税の特別徴収義務者でない場合は、軽油引取税相当額にも消費税がかかります。 詳しくは、以下の記事をご参照ください。 営業用車両(ディーゼル車)に給油するために、税込123. 5円、石油税70円)を支払った。 購入先のガソリンスタンドは軽油引取税の特別徴収義務者である。 軽油引取税は消費税の課税仕入れとならないため、不課税仕入れとして処理します。 なお、802. 5円のように、小数点以下の金額がある場合は、不課税仕入れとなる金額(軽油引取税相当額)を小数点以下切捨てをして計上します。 軽油を購入した場合の仕訳は以下のようになります。 なお、「車両費」でなく「旅費交通費」や「燃料費」などの他の勘定科目で処理しても構いません。 軽油引取税相当額だけ「租税公課」として計上しても構いませんが、軽油引取税も含めた金額が全体の軽油代なので、本体価格と同じ勘定科目で処理する方が良いでしょう。 まとめ ガソリン税と石油税には消費税がかかりますが、軽油引取税は原則として消費税はかかりません。 特に軽油代については購入金額の全額を課税仕入れとしてしまうミスが多く、税務調査でも指摘されやすいところなので注意しましょう。 関連するアプリの問題 消費税法 無敵の一問一答 問題番号 タイトル 648 ガソリン代 消費税率判定トレーニング 問題番号 タイトル GS001 レギュラーガソリン GS003 軽油の本体価格 GS004 軽油の購入金額のうち、 軽油引取税に相当する金額.

次の

交通費に消費税は含む?実費精算やガソリン代など請求のルールとは

ガソリン 消費 税

電車やバスなどの交通機関を利用する際、お金を支払います。 しかし、支払金額は通常の買い物をするのとは異なり、消費税についての表示や記述がありません。 今回は、交通費には消費税が含まれているのか、また、実費精算やガソリン代の請求ルールを解説します。 交通費に消費税は含まれている? 見積書などを作成する機会がない限り、交通費に消費税が課税されるか否かを考える人は少ないでしょう。 公共機関は内税として含まれている 普段、何気なく使っている交通機関でも、もちろん消費税が掛かっています。 しかし、買い物をするとき、あらかじめ商品に税込みか税別かが記載されていますが、交通費にはありません。 実は、切符代の中にすでに消費税が課税されているのです。 商品代金に消費税が組み込まれていることを、「内税」と呼びます。 ガソリン代やタクシーも消費税を含む 電車のように内税の交通は他にもあります。 最も分かりやすい例はタクシーでしょう。 タクシーは、走行距離が長くなるにつれ料金が上がっていきますが、この料金にはすでに消費税が含まれているのです。 このほか、ガソリン代も内税という方式をとっています。 立替の経費はまとめて出張費でいい? 仕事で出張した際に掛かるのが出張費です。 立て替えた場合、それぞれの出費に加算される消費税に注意しましょう。 交通費と報酬をまとめた請求が多い 業務を円滑にするため、仕事では交通費と報酬をまとめてしまうことが多いです。 しかし、これには落とし穴があります。 それは、上述した「交通費は内税である」という点です。 交通費と報酬を加算した後、そのトータル金額に税率を掛けてしまうと、交通費に2重の消費税が課されることになります。 請求書を出す会社のルールを確認 請求書等で交通費の表記に迷った場合は、送り先の会社のフォーマットに従うことが肝要です。 交通費含めたトータルの請求金額に消費税を掛けてしまうと、交通費に2重に消費税が掛かることになる、と説明しました。 本来ならば、交通費に消費税を2重で掛けてしまうと正しい数字ではなくなってしまいます。 しかし、大多数の会社では、業務の円滑を図るため、1枚の請求書で済ませてしまっているのが現状です。 見積書の交通費の消費税も同じ 見積りを出す場合も、交通費に2重で消費税を掛ける可能性があります。 そのようなことがないために、それぞれの内訳を消費税抜きで記入し、トータル金額に消費税を掛ける、という方法を取っている会社もあります。 日当は国内なら課税対象 日雇いのアルバイトの日当も課税対象となります。 非課税の対象となるのは、海外での仕事です。 日当はもちろんのこと、交通費、宿泊費などが非課税になります。 交通費の実費計算時のルール 交通費を支給する場合、計算方法がいくつかあります。 今回は、実費支給の場合に限って解説します。 公共交通機関の交通費は最短経路計算 会社によって交通費の実費計算時のルールが異なります。 ここでは、最もポピュラーな実費計算時のルールを解説します。 電車やバスなど公共機関の交通費は、最短経路を利用した場合を仮定して計算されることが多いです。 実費計算だからと言って、実際に掛かった金額を請求できるわけではないことに注意しましょう。 車やバイクは1キロ当たりの金額で 車やバイク通勤の場合は上記と異なることに注意しましょう。 車やバイクは、1キロ当たりいくら、と金額があらかじめ定められており、それに応じた交通費が支給されるのです。 しかし、ほとんどの場合、制限がついています。 走行距離で計算してしまうと、余計な回り道をして交通費をかさ増しすることが可能になってしまうからです。 交通費が非課税になる場合は? 車通勤の場合に限定して、交通費が非課税になる場合を解説します。 車通勤は2キロ以内だと全額課税 2キロ未満と少ない距離である場合、その交通費が全額課税となります。 車通勤の非課税範囲は走行距離と比例するということです。 少ない距離であればそれだけ税金が取られてしまいます。 2キロ以上の車通勤は月の限度額がある 2キロ以上の距離を走行する場合、その走行距離に応じて月の非課税額が変動します。 例えば、2キロメートル以上10キロメートル未満の場合、非課税となる対象額は4,200円です。 10キロメートル以上15キロメートル未満の場合、非課税額はさらに増えて7,100円となります。 走行距離に応じた非課税対象金額は国税庁のホームページでチェックすることができます。 まとめ 交通費は内税という仕組みを使っています。 内税とは、商品価格の中にすでに消費税が加算されていることです。 つまり、普段払っている交通費にはすでに消費税が含まれているということになります。 請求書等を作成する際は、交通費と消費税の扱いに注意しましょう。

次の

【間違いやすい】軽油やガソリンにおける消費税の考え方を解説|中古車なら【グーネット】

ガソリン 消費 税

ガソリン代の勘定科目はなんだっていいです 「えっ、そうなの!?」と言われそうですが、ガソリン代の勘定科目はなんだっていいです。 でもルールはあります。 一度決めた勘定科目は変えないこと• 消費税の区分を間違えないようにすること 一度決めた勘定科目は変えないこと 一度決めた勘定科目はできるかぎり変えないようにしましょう。 専門的なことをいえば、企業会計原則に「 継続性の原則 」が規定されているからです。 たとえば今期のガソリン代を旅費交通費で処理したのに、来期のガソリン代を車両費で処理するのはよくないということです。 なので継続性の原則に従って、一度決めた勘定科目はできるかぎり変えないようにしましょう。 消費税の区分を間違えないようにすること 消費税の区分は重要で、間違えがあると消費税の納税額にすぐ影響してしまいます。 なので、消費税の区分は間違いのないよう、よくチェックしてほしいです。 たとえばガソリン代の消費税は課税ですが、これを非課税で処理してしまうと、消費税の納税額は増えます…。 くわしい消費税の計算方法は、「」を参照してください。 ようは、消費税の区分だけが大事で、勘定科目はどうでもいいんですよね。 継続性の原則も大事ですが、支払う税金に影響を与えないので間違えたってかまわないです。 でも消費税の区分を間違えると、納税額が変わってしまうのでこれはダメです。 ちなみに消費税の確定申告が必要ない方は、消費税の区分をする必要なしですのでご安心くださいww ガソリン代の消費税に注意!軽油取引税は不課税です 話しの流れで説明しておくと、軽油代を払ったときは、軽油取引税が含まれているので注意してください。 軽油を給油したときのレシートをよく見てみると、軽油本体価格と軽油取引税が記載されており、このうち軽油取引税は消費税がかからないんです。 たとえば軽油本体価格1000円、軽油取引税200円の場合、仕訳にするとこうなります。 借方 金額 貸方 金額 摘要 旅費交通費 課税 1,000 現金 1,200 軽油本体価格 旅費交通費 不課税 200 - - 軽油取引税 軽油取引税を課税にしてしまうと、消費税を多く申告してしまうので、一番良くないまちがえになってしまいます…気をつけましょう.

次の