名探偵コナン夢小説短編集。 名探偵コナンの検索結果 フォレストページ

名探偵コナンのOVA一覧

名探偵コナン夢小説短編集

日本を代表する漫画家で、小学館・週刊少年サンデー連載の大人気コミック「名探偵コナン」の生みの親。 幼少の頃から推理ものが大好きだったらしく、シャーロック・ホームズや江戸川乱歩の少年探偵団シリーズなどに親しんでいました。 ちなみに小学校の卒業文集には自分には探偵になれるだけの体力がないことから、漫画家になって探偵の登場する漫画を描きたいという旨の記述を残しています。 鳥取県の大栄町(現北栄町)に生まれ、高校を卒業の後東京に出て、日本大学芸術学部に進学。 大学在学時には漫研に所属し、1986年、在学中に描いた作品「ちょっとまってて」で第19回小学館新人コミック大賞に入選を果たし、これをきっかけとして漫画家デビューを果たします。 それから1987年に小学館の少年サンデー増刊号にて「まじっく快斗」の連載を約1年こなし、1988年からはコミカルな剣術冒険活劇漫画の「YAIBA」を週刊少年サンデーにて連載。 この作品は1992年に第38回小学館漫画賞(児童漫画部門)を受賞し、翌1993年からアニメ化されるなど、最初のヒット作となりました。 そして1994年初頭、折からのミステリーブームを受けて幼少からの夢でもあった推理ものの漫画を書くことを打診されると、自身の敬愛するミステリー作家のコナン・ドイルと江戸川乱歩から名前を取った小学生探偵・江戸川コナンの活躍する「名探偵コナン」の連載を週刊少年サンデー第5号から開始。 この作品はたちまちサンデーを代表する人気作品となり、1996年1月からは毎週月曜夜7時30分の枠でTVアニメもスタートし、好視聴率を獲得し続けています。 また翌1997年には映画第1弾「時計じかけの摩天楼」が公開となり、以後も毎年ゴールデン・ウィークに合わせて新作が続々と公開され人気を呼んでいます。 その後も順調に作品を発表し続け、2001年にはその「名探偵コナン」で第46回小学館漫画賞(少年漫画部門)を受賞し、2003年には「名探偵コナンの」コミック総発行部数が1億冊を突破するなど、その快進撃は止まる所を知りません。

次の

コナン&快斗名変RanK

名探偵コナン夢小説短編集

日本を代表する漫画家で、小学館・週刊少年サンデー連載の大人気コミック「名探偵コナン」の生みの親。 幼少の頃から推理ものが大好きだったらしく、シャーロック・ホームズや江戸川乱歩の少年探偵団シリーズなどに親しんでいました。 ちなみに小学校の卒業文集には自分には探偵になれるだけの体力がないことから、漫画家になって探偵の登場する漫画を描きたいという旨の記述を残しています。 鳥取県の大栄町(現北栄町)に生まれ、高校を卒業の後東京に出て、日本大学芸術学部に進学。 大学在学時には漫研に所属し、1986年、在学中に描いた作品「ちょっとまってて」で第19回小学館新人コミック大賞に入選を果たし、これをきっかけとして漫画家デビューを果たします。 それから1987年に小学館の少年サンデー増刊号にて「まじっく快斗」の連載を約1年こなし、1988年からはコミカルな剣術冒険活劇漫画の「YAIBA」を週刊少年サンデーにて連載。 この作品は1992年に第38回小学館漫画賞(児童漫画部門)を受賞し、翌1993年からアニメ化されるなど、最初のヒット作となりました。 そして1994年初頭、折からのミステリーブームを受けて幼少からの夢でもあった推理ものの漫画を書くことを打診されると、自身の敬愛するミステリー作家のコナン・ドイルと江戸川乱歩から名前を取った小学生探偵・江戸川コナンの活躍する「名探偵コナン」の連載を週刊少年サンデー第5号から開始。 この作品はたちまちサンデーを代表する人気作品となり、1996年1月からは毎週月曜夜7時30分の枠でTVアニメもスタートし、好視聴率を獲得し続けています。 また翌1997年には映画第1弾「時計じかけの摩天楼」が公開となり、以後も毎年ゴールデン・ウィークに合わせて新作が続々と公開され人気を呼んでいます。 その後も順調に作品を発表し続け、2001年にはその「名探偵コナン」で第46回小学館漫画賞(少年漫画部門)を受賞し、2003年には「名探偵コナンの」コミック総発行部数が1億冊を突破するなど、その快進撃は止まる所を知りません。

次の

【 新規様 値下げ中 】夢手紙・夢小説承ります

名探偵コナン夢小説短編集

青山剛昌短編集 ジャンル 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 少年サンデーコミックス 少年サンデーブックス 小学館文庫 巻数 全1巻 その他 少年サンデーブックスおよび小学館文庫版は 『青山剛昌短編集 4番サード』として刊行。 OVA:青山剛昌短編集 原作 青山剛昌 監督 キャラクターデザイン アニメーション制作 製作 小学館、、 発売日 1999年3月17日 話数 全3話 OVA:青山剛昌短編集2 原作 青山剛昌 監督 鍋島修 キャラクターデザイン アニメーション制作 東京ムービー 製作 小学館、ポリドール、キョクイチ 発売日 1999年12月22日 話数 全3話 - 『 青山剛昌短編集』(あおやまごうしょうたんぺんしゅう)は、の初期の短編漫画を収録したコミックス。 また、収録された漫画を原作とした。 概要 [ ] 少年サンデーコミックスにおいては、読み切り作品を中心に収録。 少年サンデーブックス版と小学館文庫版では、全6話の『』と雑誌未掲載作品『さりげなくルパン』を加えた『青山剛昌短編集 4番サード』として発売された。 なお、文庫版には最後にによる寄稿エッセイが載せられている。 原作者・青山剛昌の代表作である『』の大ヒットにより、のスタッフとキャストでが制作された。 収録作品 [ ]• 名探偵登場! 氷の国の怪物• I AM A DENTIST• プレイ イット アゲイン• 夏のサンタクロース• (少年サンデーブックス版および小学館文庫版にのみ収録)• Tell Me A Lie 〜私にウソをついて〜(新装版にのみ収録) 各作品の概要 [ ] 個別記事があるものについてはそちらを参照。 プレイ イット アゲイン [ ] 週刊少年サンデー昭和63年5月増刊号に掲載、全24ページ。 「」の原型。 剣三十郎はかつて剣豪といわれていたがもうすぐ80歳。 孫娘・ 道子にも負けてしまい、くやしい思いをする。 若さが欲しいと思った三十郎はある日、自宅の庭に咲いている桜の巨木の力で十代の姿に若返る。 そして、道子の高校の先輩である剣道部の 仲代と会い、剣道で対決することになる。 剣三十郎は『』及び『』でが演じた三十郎が由来。 夏のサンタクロース [ ] 週刊少年サンデー昭和62年3月15日号に掲載、全30ページ。 1999年の夏、千川高校2年B組の高校生・ 佳祐が核兵器を作動させてしまったことに端を発する、青春ラブストーリーとパニック要素、コメディ要素が入り交じった物語である。 OVA [ ] 青山剛昌短編集(あおやまごうしょうたんぺんしゅう)はにで放送されたスペシャルアニメ。 にが発売。 同年には続編の「 青山剛昌短編集2」(あおやまごうしょうたんぺんしゅう2)が発売された。 解説 [ ] テレビアニメ『』のスタッフを中心に制作され、声優陣も『コナン』のレギュラーメンバーが多数出演している。 両作品とも構成は若き日の優作と有希子の物語であり、1は若き日の2人が観た映画で、2は優作が書いた小説である。 そのため、第1話と第3話では構成が繋がるオリジナルストーリーが加えられている。 いわば『名探偵コナン 外伝』というべき作品である。 なお2はアニメに加えて『コナン』のメイキングも収録されている。 青山剛昌短編集 [ ] 収録作品 [ ]• 夏のサンタクロース キャスト• 原佳祐 -• 安斎明日香 -• グレイ -• ホワイト -• シルバー -• ヨーコ -• 院長 -• 男 -• 機長 -• 戦闘員 -• 司令室 -• コンピューター -• 女子学生 - スタッフ [ ]• 原作 -• 監督 -• 脚本 -• 絵コンテ - 鍋島修、松園公• キャラクターデザイン、総作画監督 -• デザインワークス - 、、• 作画監督 - 清水義治、糸島雅彦、石野聡• 美術監督 - 板倉佐賀子• 撮影監督 - 野村隆• 編集 - 岡田輝満• 音響監督 -• 音楽 -• プロデューサー -• アニメーション制作 -• 夜空に飛び立つ10個の惑星 ビデオオリジナルの『名探偵コナン』外伝作品。 主人公は、『名探偵コナン』の主人公・(工藤新一)の母・工藤有希子。 ストーリーは、暗号を残して締め切り前に姿をくらました夫・工藤優作を探す物語。 コナンは赤ん坊時代の新一として脇役登場。 キャスト• 工藤優作 -• 工藤有希子 -• 工藤新一 -• 入口の係員 -• 編集者 - 、、、、• プレイ イット アゲイン キャスト• 剣三十郎 -• 桜三十郎 -• 剣道子 -• 仲代達也 -• 取手 -• 巻田 -• 春江 -• かおる -• 玲奈 -• 先生 -• 生徒 - 、• 名探偵コナン7分間スペシャル 謎の殺人計画 少年探偵団の3人がアニメの制作過程を調査するお話。 実写とアニメーションがミックスした映像となっており、アフレコ中の担当声優や、当時のアニメ制作スタッフが出演している。 キャスト• - スタッフ [ ]• 原作 - 青山剛昌• 監督、絵コンテ、演出 - 鍋島修• 脚本 - 古内一成• キャラクター設定、作画監督 -• デザインワークス - 森木靖泰• 美術監督 - 長谷川弘行• 色彩設計 - 横山さよ子• 撮影監督 - 野村隆• 編集 - 岡田輝満• 音響監督 - 小林克良• 音楽 - 松尾早人• プロデューサー - 吉岡昌仁• アニメーション制作 - 東京ムービー• 少年サンデーコミックス 1994年2月15日発行• 少年サンデーブックス 2000年1月15日発行• 小学館文庫 2003年10月発行•

次の