生理 きそうでこない こさせるツボ。 生理を早めたいときに知っておきたいこと

【生理早く来させる】薬以外の方法!ツボ押しの場所・おまじないの効果は?

生理 きそうでこない こさせるツボ

ツボ刺激は、自分でもできて、副作用の心配もなく、おススメのセルフケアです。 体にやさしい治療法と思われがちですが、押すとすぐトラブル改善に働く即効性の高いツボも多いので、不調を感じたら積極的に取り入れてほしいもの。 そこで、今回は婦人科系の不調に効果的なツボをご紹介します。 経絡のめぐりをよくするツボ押しのメカニズム そもそもツボとは何でしょうか。 中国の医学において、人の体の中には「気・血・水」という、人が生きる上で必要な流れがあるとされています。 気はエネルギー、血は血液、水は体液の流れ。 これら全身を巡る体内の流れを「経絡(けいらく)」と呼びます。 そしてこの経絡上にあり、気や血が出入りするポイントを「経穴(けいけつ)」といいます。 これが一般にいわれる「ツボ」なのです。 体内の臓器に直接手を触れることはできませんが、ツボを刺激することで、経絡を通じて体内の状態を改善するのがツボ治療なのです。 婦人科系のツボ「三陰交」 人間の体にあるツボの数は、WHO(世界保健機構)が認定しているものだけで現在、361あり、中医学で発見されたツボは1000以上あるともされています。 その中で、婦人科系の不調に効果的なのが「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボです。 三陰交は、足の内くるぶしの骨から指4本分上で、すねの骨のキワにあります。 ここに親指を当て、残りの指で足をつかむようにしましょう。 骨のキワに沿って、親指でそのあたりをまさぐると、痛みなどの刺激を感じるところがあります。 それが「三陰交」です。 三陰交には、肝・腎・脾の3つの経絡が交わっている場所という意味があります。 東洋医学で「肝」は、筋肉や血液をつかさどるところ。 また「腎」は生命力の根源とされ、水分代謝の役割をしているところとされています。 そして「脾」は消化器のことをいい、体に栄養を補給する重要な働きを担っているとされています。 この重要な3つの経絡が交わっているのが「三陰交」。 そのため、ここを押すだけで多くの不調の改善効果に働いてくれる、万能のツボといわれているのです。 ツボの押し方は、まず5秒くらいかけてゆっくりと息を吐きながら静かに押し、息を吸いながらゆっくり離していきます。 これを左右3回ずつ、毎日行うのがおすすめです。 万能のツボである三陰交は、冷えやむくみの改善、生理痛の緩和、骨盤内の血流アップ、陣痛促進など、女性に役立つさまざまな効果が期待できます。 不調のときはもちろん、ふだんからこのツボを刺激することで、悩みの解消に働いてくれるでしょう。 下腹部の重苦しさには「血海」のツボを 生理痛で腰や下腹部に重苦しい痛みを感じるという人に、もう1つお教えしたいツボがあります。 それが、「血海(けっかい)」と呼ばれるツボ。 血海は、ひざのお皿の内側から、指3本分上にあります。

次の

婦人科系の万能ツボ「三陰交」|Column|セルフモニタリングツール モニシア|コニカミノルタ

生理 きそうでこない こさせるツボ

血の流れが悪い、不足しているといった婦人科系の症状に効果的なツボで有名です。 子宮周辺の血流を改善する働きがあり、生理を早める作用が! 場所:膝のお皿の上、内側に人差し指をあてて、指3本分上がったところにあります。 太ももの内側辺りを探すように少し押してみて、ツーンと他と違った痛みがあるところが分かると思うのでそこを押してください。 「3秒押して3秒離す」といったゆっくりしたリズムで押してくださいね。 (10〜20回ほど)また生理がきたときの生理痛の緩和でも使えるツボなので、覚えておいて損はありません。 三陰交 足の内側にあるツボ「三陰交」も生理を早めるツボとして有名です。 特効です。 ここも強く押してもらうとけっこう痛いのですぐ分かると思います。 また冷え症改善にもいいツボなので、女性には嬉しいですね!冷えている人ほど痛いそうです。 場所:揃えた4本の手の指のひとさし指を内くるぶしの頂点に当てます。 小指の端が当たっているすねのくぼみに三陰交のツボがあります。 ここも血海と同じく、「3秒押して3秒離す」といったゆっくりしたリズムで押してくださいね。 心当たりのある方は、三陰交、血海のツボ押しは妊娠・胎児に影響を及ぼす可能性がありますのでご注意ください。 食べ物で生理が早く来る!?これを食べたら早くくる! 生理は女性ホルモンの働きによって起こります。 女性ホルモンには卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類があり生理を起こす女性ホルモンがエストロゲンです。 アロマオイルで生理が早まらせる!マッサージ アロマテラピーはただの「いい香り」にあらず。 芳香療法と言われ、本場のフランスでは薬として扱われている程、効果が高いのです。 実際にアロマテラピー検定では薬学に似たようなことまで学びます。 婦人科系に働きかける、有名で人による好き嫌いの少ない万人ウケするアロマをまとめてみました。 ・ラベンダー(超有名) ・クラリセージ(超有名) ・ローズオットー ・カモミール ・ゼラニウム これらは全て女性ホルモンの働きを整える作用があります。 良い香りでネガティブな感情やストレス、不安も和らげてくれますよ。 お店に行って自分の好きな香りを確かめてから買うのをオススメします。 アロマセラピストやお医者様に相談の上使用してください。 生理が来ないときのその他の対処法・おまじない おまじないなんて…と思う事なかれ。 自己暗示も立派な効果があります。 「こないこない」と言っていれば生理がこない現実を無意識的に身体が引き寄せてしまうのです。 念の力ってすごいですね。 もちろん効果があると断言できませんが、参考程度に。 妊娠の可能性は?チェッカーよりも婦人科にGO! 生理が予定よりも1週間以上遅れている場合は注意が必要です。 本当に妊娠していないか、少しでも心当たりがある方は予定日より1週間過ぎたのならチェッカーをしましょう。 筆者の友人も避妊したのに妊娠した子が何人もいます。 陰性で、それでも不安だったら早めに婦人科に行きましょう!妊娠じゃなくても病気の可能性もありますからね。 生理は女性にとっても長ーい付き合いです。

次の

生理を早めたいときに知っておきたいこと

生理 きそうでこない こさせるツボ

累計6万件施術。 妊産婦さんは年間3500件施術。 柔道整復師(国家資格)取得後、大学院にて研究を行い、整形外科勤務を経て整体院開院。 施術したアスリートが世界一や日本一に輝き、現在はマタニティを専門としな... 女性なら少なからず、「自分で生理のタイミングをコントロールできたらいいのに」と思ったことはありますよね。 旅行やイベントなどがあるときは特に、そう思いませんか?トイレにも困りますし、生理痛で調子が悪いと嫌なので、楽しみにしている予定に生理日は重なってほしくないもの。 「生理が早く来てほしい」という人に、今回は、生理を早めるツボとその他の方法をご紹介します。 生理を早めるには? 生理を早めるためには、まずは自分の生理周期を把握し、安定させることが大前提です。 個人差はありますが、正常であれば25~38日周期で生理が来ます。 生理の周期が人によって異なるのは、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンの分泌期間と量に違いがあるからです。 また、ホルモンバランスは体調や環境の変化などで左右されやすく、特に異常はなくとも生理が数日遅れることはあります。 まずはホルモンバランスを整えて生理周期を安定させることができれば、生理不順で遅れがちな生理を早く呼び寄せることができるのです。 関連記事 生理を早めるツボがあるって、本当? 生理を早める方法として、効果が期待できるものの一つに「ツボ押し」があります。 人間の体には様々なツボがありますが、なかには、血のめぐりを促すことで、子宮や卵巣の機能を整えるツボもあります。 ここでは、生理を早めることが期待できるツボについて、代表的な2つをご紹介します。 血海(けっかい) 子宮周辺の血流を改善する働きがあるツボ、「血海」。 膝のお皿の上に人差し指をあてて、指3本分上がったところにあります。 ちょうど太ももの内側辺りです。 ツボの押し方 太ももに対し、上から垂直にツボを押しましょう。 「3秒押して3秒離す」を20回ほど繰り返します。 生理痛のときは、左の血海にしこりが生じやすくなり、押すと響く感覚が起こることもあります。 その場合は、重点的にほぐすようにしてください。 関連記事 三陰交(さんいんこう) 女性にとって万能のツボといわれている「三陰交」は、生理痛などにも効果的です。 足の内くるぶしから指4本分くらい上のあたりで、すねの内側の少しくぼんだ部分(骨と筋肉の境目辺り)にありますよ。 三陰交は、三陰(足の太陰脾経、足の少陰腎経、足の厥陰肝経)の三つが交わるツボです。 婦人の三里ともいわれ、生理痛、生理不順、不妊、更年期障害、冷え性など女性特有の症状を改善してくれるツボですよ。 ツボの押し方 ツボを刺激するときは、両手の親指を重ねてツボに当て、痛すぎない程度に深く押してください。 押し込みが浅いと効果があまり得られません。 1セット10~20回くらいを、できれば朝晩やりましょう。 三陰交を少し硬めのブラシなどでこすったり、温めるのもいいですよ。 関連記事 ツボ押し以外でも、生理が早める方法は? ツボ押しは、子宮まわりの血流を良くすることで遅れがちな生理を早めたり、生理周期を安定的に保つ効果があるといわれています。 体が冷えてしまうと、血流が悪くなりホルモンの分泌が乱れて、生理周期が整いにくくなります。 ツボ押しに加えて、体を温める習慣をつけることで、よりその効果を高めましょう。 体を内側から温める まずは、食べ物に注意して、内臓から体を温めてあげてください。 血行を良くしてくれるといわれるにんじん、レンコン、ゴボウ、ショウガなどを摂取するのがおすすめです。 体を外側から温める 外から体を温めることも重要です。 カイロや腹巻、半身浴などで骨盤周辺を温めるようにし、体を冷やさない服装を心掛けるようにしましょう。

次の