ロイヤル ダッチ シェル 株価。 高配当な石油株ロイヤルダッチシェル【RDSB】コロナショックで株価急落

【RDSB】ロイヤルダッチシェルは買い時か?

ロイヤル ダッチ シェル 株価

現地時間3月9日の米国株式市場は新型コロナウイルスの世界的な拡大で景気や企業業績懸念が一段と高まる中、原油価格の急落が売りに拍車をかけダウ平均が急落、先週末比2013ドル安の2万3851ドルとなり下げ幅は過去最大を記録しました。 今回の暴落がいつまで続くのか、そしてどの程度続くのかは誰にもわかりません。 現時点ではいまだリーマン時の暴落までには至っていませんが、リーマン級、いやそれを超える暴落の可能性も否定できなくなってきました。 新型コロナウイルスという未知の病に対する恐怖が人々をパニックに陥れていることだけは間違いありません。 そして原油価格の大暴落。 年初には1バレル60ドルを超えていた原油価格(WTIベース)があっという間に30ドルとほぼ半減。 特に3月9日は1日で3割近い大暴落。 これを受けエネルギー銘柄(エクソン・モービル XOM 、ロイヤル・ダッチシェル RDSB 、シェブロン CVX ) の株価も大幅に値を下げて終えています。 今回の暴落で当方が思い出すのが2014年から2016年にかけての大暴落。 この時は2014年6月時点で1バレル100ドルを超えていた価格が急落、2016年の初めには30ドル割れまで下落したのです。 もちろんこの期間の上記銘柄の業績(売上・利益)も以下のとおり程度の差こそあれ大幅に悪化。 ではこの期間の配当はどうだったか? そう、悪化する業績の中でもどの銘柄も減配することはなかった。 それどころかエクソン・モービルとシェブロンに至っては増配していた。 「いやいや、確かに当時はそうだったかもしれないけど、今回の暴落は1日の下落幅で言ったら当時をはるかに上回っている。 同列に語るのはいかがなものか?」 と言われれば当方とてそれを否定することはできません。 最悪の事態、つまり減配となる可能性はゼロではありません。 しかし、我々は歴史に学ぶ必要がある。 未来永劫下落が続くことはない。 今回の嵐が去った後、これら銘柄が当たり前のように増配を再開することは間違いない。 と考えているのですが楽観的過ぎるでしょうか? (暴落時の投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。

次の

【RDS.B】ロイヤルダッチシェル

ロイヤル ダッチ シェル 株価

【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルは、イギリスロンドンに本社を置く、世界第2位の生産量を誇る民間石油企業です。 石油の採掘から、小売り、石油関連製品まで幅広く事業を手掛けています。 投資家目線では、高配当利回り5. 82%がRDS. Bの魅力ですが、原油価格が下落した2015年代は配当利回りが7%台になっていたこともあります。 僕は、XOMを少し保有していますが、現在のXOMの配当利回りは、4. 05%です。 【RDS. B】の方が2%弱配当利回りがイイ!! 以前から、【RDS. B】が欲しいと思っていたので、今日は詳細分析をしていきます。 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルはどんな事業をしている会社か? ロイヤルダッチシェルの事業を紹介する前に、国際メジャーについて少し理解していきたいと思います。 実は、世界の石油会社は、1970年代まで、7社で独占されていて、【RDS. B】ロイヤルダッチシェルはその中の一つです。 この7社を、「セブンシスターズ」と呼んでいます。 セブン・シスターズ• 1 スタンダードオイルニュージャージー(現在XOM)• 2 ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ60%、英国40% )• 3 アングロペルシャ石油会社(現在BP)• 4 スタンダードオイルニューヨーク(現在XOM)• 5 スタンダードオイルカリフォルニア(現在CVX)• 6 ガルフ石油(現在CVX、一部はBP)• 7 テキサコ(現在CVX) 1960年代アラブ諸国が力をつけてきてオイルショックが発生、【XOM】エクソン・モービル、【RDS. B】ロイヤルダッチシェル、【BP】ブリティッシュ・ペトロリアム、【CVX】シェブロンの4つに集約されました。 現在、ヨーロッパ最大のエネルギーグループ企業のRDS. Bは、145カ国で事業を行っていて、50以上の製油所と4万店舗以上ガソリンスタンドを展開しています。 探鉱 、精製、輸送、販売までの事業を一括でおこなっていて、裾野が広い事業形態が特徴です。 1990年代後半からは、サステナビリティなエネルギー分野に参入し、石油代替エネルギーに力を注ぎ、風力発電、太陽光発電 、海洋発電に積極的に投資をしています。 近年行った買収としては、2015年に天然ガス会社BGを500億ドルで買収したのが記憶に新しく、この買収で世界で最もLNGを生産する会社となりました。 RDS. AとRDS. Bがある理由 実は、ロイヤル・ダッチ・シェルには、RDS. AとRDS. Bがあって、お得なのは【RDS. B】です。 ロイヤル・ダッチ社はオランダ企業、シェル社はイギリス企業です。 オランダの外国株源泉徴収税は15%、イギリスは0%です。 RDS. Aがオランダ RDS. Bがイギリス の流れを受け継ぐので、 日本人が買うなら無駄な税金がかからないRDS. Bを購入すべきですね。 株式基本情報 ティッカー:RDS. B 本社:イギリス ロンドン 配当利回り:5. 配当利回りは、5. 82%。 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルの権利落ち日と配当支払日 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルの過去の 配当落ち日は、上表2列目になります。 配当落ち月は、 2月,5月,8月,11月で、 配当支払い月は 3月,6月,9月,12月の年4回です。 【RDS. ロイヤル・ダッチ・シェルは、配当利回りは高いですが、増配率は高くないので、株価も育ちにくく、当たり前ですが、安いところで買うということが投資成功の要です。 5年間の株価チャート(週足) 5年チャートを見ると2016年から、石油価格が下落から上昇に転じたのとともに株価が上昇しています。 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルの一株利益と一株配当 シェールオイル革命とチャイナショックの2015年大きくEPSが下がっていますが、現在は回復傾向にあります。 この間減配していないのは、RDS. Bの株主還元姿勢に好感が持てます。 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルの一株配当と増配率 DPS(一株当たり配当)は、2015年までは順調に上がっていましたが、2015年からは3. 76$で据え置かれています。 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルの一株配当と配当性向 原油価格が高値の2014年までは配当性向も健全な水準の80%以下でしたが、2015年に原油安になったとき、配当性向は700%まで超えました。 普通なら減配する水準ですが、配当を維持したことは好感が持てます。 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルのEPSとBPS BPSの単位はEURです。 (2012年のデータは0ではなく、MorningStarのデータが表示されないのが原因です。 ) 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルの売上と利益推移 原油価格とリンクして売上が上げ下げしています。 2015年は営業利益がマイナスとなっています。 営業利益率は10%以下と高くはありません。 資源価格とともにある事業です。 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルのキャッシュフロー 石油産業は投資キャッシュフローの割合が大きく、経営的には難しいと言わざる負えませんね。 2009年、2016年とフリーキャッシュフローがマイナスになっています。 僕は、フリーキャッシュフローが過去5年合計でマイナスになると経営的に問題があると考えますが、【RDS. B】はその点はクリアしています。 【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェル まとめ 2015年の原油安の影響から立ち直りつつある【RDS. B】ロイヤル・ダッチ・シェルは、【XON】、【BP】、【CVX】の中で最も高配当を維持しています。 しかも原油安のなか、配当を維持してきたことは我々株主にとってはありがたいことです。 市場経済と原油価格は相関関係があって、経済がしぼむと、原油が安くなり経済が冷え込むが、あるところまで原油が安くなると、経済が回復してくるというサイクルがあります。 【RDS. B】への投資はこのサイクルを見極めて、安いとこで仕込むか、原油安時にも配当を維持する【RDS. B】の経営方針を信じて長期で投資できる資金で持ち続けるのどちらかだと思います。 ADR銘柄なので、外国株源泉徴収税がかからないので、今の配当水準で、税引後配当利回りは、5. 8=4. 656%、100万円で年間4万6560円の配当増… 僕も、ホルダーにいつかなると思います。 新規購入記事を書くのが楽しみです。 関連記事 【XON】エクソン・モービルの記事です。 【BP】BPの記事です。 kakusala.

次の

高配当な石油株ロイヤルダッチシェル【RDSB】コロナショックで株価急落

ロイヤル ダッチ シェル 株価

2020年4月2日に売却しました。 原油価格に国際政治が大きく絡んでいてさきが見えないためです。 政治に一喜一憂したくないのと、優良株も下げているのだからそっちに資金を移そうって感じです! ロイヤルダッチシェル RDSB とは? ロイヤルダッチシェルは欧州最大のエネルギー会社で、1970年代まで世界の石油生産を独占していたセブンシスターズの一角です。 現在は大手石油会社が得意とする垂直統型のビジネスで、探鉱 、生産、輸送、精製、販売までの石油事業を一括して行っています。 RDSBはLNGにも力を入れていおり、2015年には世界のLNG需要のおよそ9%にあたる2260万トン(権益持分換算)のLNGをグローバル市場に供給。 また、2016年に英国営ガスを源流とした天然ガス開発大手BGグループを470億ポンド 8兆円 で買収。 石油価格が低迷するなかでの買収目的はグローバルNo. 1のLNG会社となることと言われています。 さらに、近年は代替エネルギーの太陽光発電 、風力発電、水素プロジェクトにも力を入れており、年間20億ドルを再生エネルギーに投資していくことを発表しています。 将来のエネルギーミックスの変化に対応する企業努力がみえますね。

次の