橋本環奈 永瀬廉。 キンプリ永瀬廉が橋本環奈を「環奈ちゃん」呼びもファンからは好意的な声|ニフティニュース

永瀬廉、橋本環奈、平野紫耀が三角関係!?|エンタMEGA

橋本環奈 永瀬廉

ぜひ多くの方にこの作品を広めていただければ!」 橋本さん「日程をずらすことなく公開されること、またこのようなキックオフイベントを開催させていただけることがとてもうれしいです。 ぜひたくさんの方にご覧いただきたい作品です」 坂東さん「秋葉原では撮影こそしましたが、個人的に駅を降りたのは初めてです。 少しの油断が大きな怪我や事故につながってしまう緊張感を常に保ちながらの撮影の日々は本当に辛かったようです...。 僕らの苦しい顔やしんどい顔は芝居の域を超えています。 永瀬さん「高校3年生のときに、友人と3人で千葉の海辺に行って、レジャーシートの上でゴロゴロしながらいろいろ話したりして朝まで過ごしたことがあります。 明け方雨が降ってきてしまい、シートを頭から被って駅まで走って帰りました」 伊藤さん「僕も高3で運転免許を取りたてのときに、今も仲よしの友達と一緒に海にふらっとドライブしてまっすぐ帰る... なんていう何でもないようなことが、今思い出すと青春でしたね」 橋本さん「私は高校生でこの仕事を始めたのですが、地元の福岡と東京をひたすら往復する日々が続いたときなど、友達の存在にとても助けられました。 1年生が撮影している間、3年生たちは余暇を利用してレンタカーで大阪に行って、たこ焼きを食べたりしていました。 そのとき俺ら撮影めっちゃ大変やったのに!!!」と悔しそう)3年生は絆を深めていた感じです」 柳さん「僕は男子校だったのですが、最後の1年間だけ女子校と合併して... ある日突然隣に女の子が座ったときのあのドキドキ感は今では味わえないですね... (感慨深げに)」 菅原さん「一週間くらい前に試写を観て、人が頑張っている姿を客観的に見て刺激されてしまい、今アボカドを育ててみているんです。 コンビニで傘買ったりしたよね、そのまま焼肉食べに行ったりした」 三木監督「僕は高校のとき、海で2歳年上の女子とチューしt」 永瀬さん「あの監督、マスコミいますから(笑)!!!」(そしてもれなく大いにウケる報道陣) 栁 俊太郎さん(巻島裕介役、ママチャリで登場した永瀬さんを、伊藤さんの後方からやさしく見守る栁さんの菩薩のような慈愛に満ちたまなざしが素敵すぎます) 奇しくも新型コロナ禍中のタイミングでの全国公開となるため、三木監督をはじめキャストのみなさまの本作に対する思い入れや意気込みには特別なものがあり、その熱意は締めくくりのメッセージにも現れていました。 三木監督「この『弱虫ペダル』は高校生がインターハイを目指すストーリーですが、新型コロナ禍の影響で今年のインターハイは中止となってしまいました... 多くの高校生が大変悔しい思いをしています。 このメンバーが必死に努力する姿を観て、彼らの未来から続く長い人生を歩もうとする背中を少しでも押してあげられるような作品になったらいいと思います」 永瀬さん「マスコミのみなさまの力をお借りして、少しでもいろいろな方に観ていただきたい。 僕たちも全身全霊で撮影に挑みました。 あることをきっかけに、自転車競技部に入部することになった坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を発揮することに... 誰かのために頑張ったり、頑張る誰かを応援したり... 最新刊は今年5月に発売された第67巻です。 最新情報は映画『弱虫ペダル』公式サイトにてご確認ください。

次の

「弱虫ペダル」実写映画化、主演はキンプリ永瀬廉、橋本環奈らと共演!コメント全文

橋本環奈 永瀬廉

ぜひ多くの方にこの作品を広めていただければ!」 橋本さん「日程をずらすことなく公開されること、またこのようなキックオフイベントを開催させていただけることがとてもうれしいです。 ぜひたくさんの方にご覧いただきたい作品です」 坂東さん「秋葉原では撮影こそしましたが、個人的に駅を降りたのは初めてです。 少しの油断が大きな怪我や事故につながってしまう緊張感を常に保ちながらの撮影の日々は本当に辛かったようです...。 僕らの苦しい顔やしんどい顔は芝居の域を超えています。 永瀬さん「高校3年生のときに、友人と3人で千葉の海辺に行って、レジャーシートの上でゴロゴロしながらいろいろ話したりして朝まで過ごしたことがあります。 明け方雨が降ってきてしまい、シートを頭から被って駅まで走って帰りました」 伊藤さん「僕も高3で運転免許を取りたてのときに、今も仲よしの友達と一緒に海にふらっとドライブしてまっすぐ帰る... なんていう何でもないようなことが、今思い出すと青春でしたね」 橋本さん「私は高校生でこの仕事を始めたのですが、地元の福岡と東京をひたすら往復する日々が続いたときなど、友達の存在にとても助けられました。 1年生が撮影している間、3年生たちは余暇を利用してレンタカーで大阪に行って、たこ焼きを食べたりしていました。 そのとき俺ら撮影めっちゃ大変やったのに!!!」と悔しそう)3年生は絆を深めていた感じです」 柳さん「僕は男子校だったのですが、最後の1年間だけ女子校と合併して... ある日突然隣に女の子が座ったときのあのドキドキ感は今では味わえないですね... (感慨深げに)」 菅原さん「一週間くらい前に試写を観て、人が頑張っている姿を客観的に見て刺激されてしまい、今アボカドを育ててみているんです。 コンビニで傘買ったりしたよね、そのまま焼肉食べに行ったりした」 三木監督「僕は高校のとき、海で2歳年上の女子とチューしt」 永瀬さん「あの監督、マスコミいますから(笑)!!!」(そしてもれなく大いにウケる報道陣) 栁 俊太郎さん(巻島裕介役、ママチャリで登場した永瀬さんを、伊藤さんの後方からやさしく見守る栁さんの菩薩のような慈愛に満ちたまなざしが素敵すぎます) 奇しくも新型コロナ禍中のタイミングでの全国公開となるため、三木監督をはじめキャストのみなさまの本作に対する思い入れや意気込みには特別なものがあり、その熱意は締めくくりのメッセージにも現れていました。 三木監督「この『弱虫ペダル』は高校生がインターハイを目指すストーリーですが、新型コロナ禍の影響で今年のインターハイは中止となってしまいました... 多くの高校生が大変悔しい思いをしています。 このメンバーが必死に努力する姿を観て、彼らの未来から続く長い人生を歩もうとする背中を少しでも押してあげられるような作品になったらいいと思います」 永瀬さん「マスコミのみなさまの力をお借りして、少しでもいろいろな方に観ていただきたい。 僕たちも全身全霊で撮影に挑みました。 あることをきっかけに、自転車競技部に入部することになった坂道は、自転車選手としての思わぬ才能を発揮することに... 誰かのために頑張ったり、頑張る誰かを応援したり... 最新刊は今年5月に発売された第67巻です。 最新情報は映画『弱虫ペダル』公式サイトにてご確認ください。

次の

King & Prince永瀬廉:橋本環奈の存在に感謝 「和んだしテンション上がった」

橋本環奈 永瀬廉

『弱虫ペダル』は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が、あることをきっかけに自転車競技部に入部することになり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのためにレースでの勝利を目指す青春ストーリー。 イベントでは、そんな坂道役の永瀬さんが、劇中で使用していたママチャリに乗って颯爽と登場し「坂道に戻った気分になりました」と、久々の愛車との再会を喜んだ。 チーム総北再集結となった本イベント。 自転車競技初挑戦について永瀬さんは「やるしかないと思いました。 暑かったり、寒かったり、雨が降る中だったりとさまざまな状況での撮影は過酷でしたが、みなさんの協力で作品が完成して今は安心感があります」とふり返り、一年生エース・今泉役の伊藤さんも「体力というよりも気持ちでどれだけ行けるかという状況でした。 苦しい表情もあると思いますが、それもお芝居の域を超えたものなのでぜひ観ていただきたいです」とアピール。 マネージャー・幹を演じた橋本さんは「近くで見ていてとても過酷だなと感じました。 本当に急な坂を上っていて、過酷すぎて胸が痛む思いをしました」と語ると、すかさず三木康一郎監督が「あなたは楽しんでたよね」とツッコミ。 さらに「それは監督ですよね!みんなきつそうだよねって笑ってました」と橋本さんが反論し会場も沸く。 そんなハードな撮影について三木監督は「最初はCGを使った撮影をしようとしたのですが、全員にやってもらおうと思い直しました」と告白。 伊藤さんは監督から「本気できついからマジで練習しなよ」と言われたそうで、永瀬さんは「CGという案があったことすら知らなかった」と驚いていた。 また永瀬さんが、伊藤さんや坂東龍汰と1年生チームで神社へ参拝したエピソードを披露する一幕も。 「恋みくじをひいたら、(永瀬は)『大吉』が出て」と切り出すと、坂東さんが「自分は『小吉』だった」と続け、伊藤さんが「2人の真ん中だったので『中吉』だな」と息ぴったりな掛け合いに。 そして永瀬さんが「その後にコンビニで傘買ったり、焼き肉いったり…。 あれは青春でした」と撮影中の思い出を明かす。 イベント最後には、永瀬さんが「全力で自転車に挑んで、ロードレースの疾走感を大事にしました。 青春の尊さやがんばろうという気持ちを思い出させてくれる作品になっていると思うので、みなさんぜひ観てください」と締めくくった。 『弱虫ペダル』は8月14日(金)より全国にて公開。 《cinemacafe. net》.

次の