フライング ホヌ ファースト クラス。 ANA A380ハワイ便ファーストクラス搭乗記【成田→ホノルル】空飛ぶウミガメのサービスを全公開(2号機初フライト)

『フライングホヌ ビジネス&ファーストクラスで行く ホノルルマラソンの旅(前編)』ホノルル(ハワイ)の旅行記・ブログ by kobutaさん【フォートラベル】

フライング ホヌ ファースト クラス

しかし・・・! 2019年秋に、私たちは2度目の0円ハワイを達成!そして今回は• 飛行機:ANAファーストクラス(往復) 無料!• ホテル:5つ星ホテル「リッツカールトンワイキキ」など計8泊 無料! と、庶民の私たちには一生縁がないと思っていた超ラグジュアリーなハワイ旅行を体験することができました。 でも今回は・・・ 2019年5月から新たにエアバスA380機(通称:フライングホヌ)が導入されたということもあり、思い切って行っちゃいました、人生初の ファーストクラスで! フライングホヌ(エアバス A380機) ハワイ往復特典航空券の必要マイル数は、ビジネスクラスが一人65,000マイル、ファーストクラスは120,000マイルとなっています。 なんとファーストクラスの特典航空券に換えるためには ビジネスクラスの2倍近いマイルが必要なのです。 でも実は今だから言いますが、実際にファーストクラスを利用するまでは 「必要マイル数はだいぶ違うけれど、ファーストクラスもビジネスクラスも、それほど 大きな違いはないのでは?」 などと、おこがましくも思っていました。 それが今回、初めてファーストクラスを利用させていただき、そんなナメきった考えを持っていたことをANAさんに謝りたいくらいです。 「いやぁ~、凄すぎる・・・。 これはマジでヤバイでしょ!」 と、日ごろは割と冷静なヒデキが浮足立って連呼してしまうほど、それはそれは素晴らしすぎる体験だったのです。 ということで、今回から何度かに分けてANAファーストクラスでの体験をお伝えしたいと思います。 でもこれだけは最初に言っておきます。 マイル、絶対に貯めた方がいいですよ! 「Z屋敷」へようこそ さて出発当日、予定よりもかなり早めに成田空港に到着したパラ子&ヒデキは、早々にチェックインを済ませてラウンジでゆっくり休もう、ということになりました。 成田空港(第一ターミナル)の国際線出発ロビーには、A、B、C、D・・・というようにアルファベット順に各航空会社のチェックインカウンターが並んでいます。 エコノミー、プレエコ、ビジネスクラスについてはこれらのカウンターでチェックインの手続きを行います。 でもファーストクラス利用者(およびANA便を利用予定のANAダイヤモンドクラブメンバー)には、特別なチェックインカウンター「ANAスイートチェックイン(ANA SUITE CHECK-IN)」が用意されているんです。 それがこちらの Zカウンター、通称: Z屋敷です。 多くの人がせわしなく行き交う成田空港にありながら、まるで名家のお屋敷のような風格を漂わせているせいからか?いつしかそう呼ばれるようになったそうです。 笑 そして、これまではただ前を通り過ぎるだけだった私たちが、いよいよ緊張しながら足を踏み入れます。 ピッカピカの大理石の壁に囲われた通路を進むと、入り口の自動ドアがサーッっと開きました。 すると何人ものGS(グランドスタッフ)さんが「いらっしゃいませ」と、初心者丸出しの私たちを温かく出迎えてくれました。 Zカウンターの中は広々としていて、立派なソファがいくつも配置されています。 残念ながら待ち時間ゼロだったので座る機会はありませんでしたが・・・。 チェックイン手続きを行うカウンターでは、まず温かいおしぼりが提供されます。 このあたりのおもてなしもスゴイです! その後もスムーズに手続きが進み、もう終わりかというときに・・・ 「パラ子様、少し早いですがお誕生日おめでとうございます!!」 なんと、数日後に迫ったパラ子のン十回目の誕生日をサプライズで祝ってくれたのです! しかもプレゼントと直筆メッセージのバースデーカードをいただき、さらには記念写真の撮影まで・・・! まだ飛行機に乗ってもいないのに、このおもてなし!すでに泣きそうです。 恐らくこれが初めての(そして最後かもしれない)ファーストクラスということで気遣ってくださったのかもしれませんが、温かい心遣いが本当にうれしかったです。 そして「いってらっしゃいませ」とGSさんたちに見送られてZカウンターの奥にある出口へ進むと、今度は専用のセキュリティチェックレーンが用意されていました。 その後の出国審査こそ一般向けでしたが、まだ午前中ということもあってかガラガラで、あっという間にすべての手続きが完了しました! そして、ANAスイートラウンジへ! 空港での長い待ち時間を快適に過ごせる場所と言えば、やっぱりラウンジです。 ビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスではビジネスラウンジが利用できますが、ファーストクラスの場合は ANAスイートラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)というANAが提供する中で最上級のラウンジが使用できるようになります。 成田空港には第4サテライトと第5サテライトの2か所にANA スイートラウンジがあります。 出典: 「どうせ時間もたっぷりあるし、両方行ってみよう!」 ということになり、本当にANAスイートラウンジのハシゴをしてきました。 まずは第5サテライトのANAスイートラウンジへ まずは第5サテライトにあるANAスイートラウンジへ向かいます。 出国審査場を出て左側、50番台のゲートがある方面に進みます。 しばらくすると右手に見えてくる吹き抜けエリアにあるエスカレーターで上に行きます。 上った先にあるのがANAラウンジです。 用)も同じ場所なのですが、よくよく見ると右側のANA SUITE LOUNGE用の窓口には「レッドカーペット」が!笑 さぁ、いよいよANAスイートラウンジに初潜入です! 重厚感のあるエントランス まずは受付に行き、航空券とパスポートを提示します。 荷物が多い場合はここで預かってもらうことも可能です。 用)になっています。 今回は初めて右側のANAスイートラウンジ側へ進みます! ANAスイートラウンジのエントランスは、ここもまた大理石の壁に囲われた重厚感のあるシックなデザインとなっています。 ラウンジ自体は窓の多い設計となっており、上品で洗練されていながらも開放感がある空間が広がっています。 まだ午前中で利用者がほとんどいないため、どこでも好きなところに座りたい放題です! 「お好きな席へどうぞ」とご案内いただいたので、私たちは飛行機が一番よく見える、大きな窓に面したシートへ。 まずは旅の無事を祈って乾杯 席に着くと間もなくGSさんがおしぼりを持ってきてくれて(本日二度目のおしぼり!)、最初の飲み物のオーダーを聞いてくれました。 初心者はやっぱり王道のシャンパンで乾杯です!笑 お願いすればカクテルも作ってくださるようなので、2杯目はシャンパンとカシスリキュールで作るキールロワイヤルをお願いしてみました。 ANAスイートラウンジのフード ANAラウンジもそうですが、ANAスイートラウンジも基本はビュッフェ形式でフードが提供されています。 以前利用したANAラウンジよりもはるかにフードメニューは多く、そしてどれもが本当に美味しそうで、「全部食べたいけれど胃のキャパシティの問題で食べられない」という葛藤と闘いながら選びました。 このときほど大食いチャンピオンみたいな方がうらやましい!と思ったことはありません。 笑 まずはオードブルです。 上から「ノアフィッセル サーモン&クリームチーズ&グリーンカール」、「デニッシュ タコミート&レタス&チェリートマト」「ドライトマトのブルスケッタ」です。 簡単に言うとサーモンやらタコミート(タコスの中身)やらがパンに載っているヤツが3種類ありました。 こちらもオードブルとなります。 名前はもう省略しますが、美味しそうな見た目のとおりホントに美味しかったです! サラダバーもあります。 中央のかぼちゃのサラダが特に美味しかった~ こちらは日本人の心、おにぎりと太巻き、お稲荷さんです。 これからしばらくは洋食中心の生活になるはずなので、食べたいのはヤマヤマだったのですが、炭水化物はお腹にたまるのでグッと我慢しました。 やっぱりANAのラウンジと言えばヌードルバー ANAラウンジと言えば、そば・うどん・カレーを注文できるヌードルバーが有名です。 ANAスイートラウンジにもヌードルバーがあり「きつねそば・うどん」「とろろわかめそば・うどん」「かき揚げそば・うどん」「カレーそば・うどん」「ANAオリジナルチキンカレー」「とんこつラーメン」から選んでオーダーできます。 本当なら、これから洋食が続くだろうからとそばやうどんを頼みそうなものですが、パラ子のチョイスはこちら、とんこつラーメンです。 あれ?これも炭水化物なのでは?というツッコミ、お待ちしています。 笑 でも丼が小さいのでそんなに大きなインパクトはありませんでした。 食べられる方はいくつか選んでもいいと思いますよ! ヌードルバーではさらに、ANAラウンジでは見かけなかった「生パスタ クリーミーボロネーゼ」「ビーフバーガー」「グラタン」「海鮮丼」「牛丼」もありました。 もやはちょっとしたレストランです。 そしてヒデキが選んだのが、こちらのボロネーゼです。 このボロネーゼが、イタリアンレストラン顔負けのおいしさだったんです!! 近所でこれが食べられるなら、たぶん通っちゃうよ!と思うレベルでした。 このように、自分の好きな温かいメニューが食べられるところが本当にポイント高かったです! いよいよデザート! そしてお待ちかねのデザートです! こちらはあえて名前も紹介しますが、左から「なめらかパンプキンプリン」「マロンショートケーキ」「和菓子 紅葉」「抹茶と洋梨のタルト」です。 「和菓子 紅葉」には白いんげん豆が使われていました。 ハーゲンダッツ専用の冷蔵庫もありました。 あぁ、こんなのが自分の家にもあったらいいのに(妄想中)・・・・・はい、メタボ一直線ですね。 そしてANAスイートラウンジ、やっぱりさすがだなぁ!と思ったのは、すべてのフードメニューにカロリーと食品アレルギー表示がされていたことです。 これから飛行機に乗るわけですし、食品アレルギーを持つ方にはこういった表示はいつも以上に本当に大切ですよね。 ドリンクメニューの紹介 人によっては、フードよりもむしろ「ドリンクメニューの方が気になる~!」ということもあるかと思いますので、そちらもご紹介してまいります。 まずは生ビールからです。 プレミアムモルツのサーバーがありました。 続いてリキュールやらワインやら焼酎やらもいろいろありました。 自分でカクテルを作ることもできそうですね。 そして冷蔵庫の中にも大吟醸などがありました。 暑い日なら冷酒も美味しそうです。 もちろんソフトドリンクもあります。 お茶(綾鷹)、炭酸水、トニックウォーター、ジンジャーエール、コカ・コーラ、ミニッツメイドオレンジジュースとグレープフルーツジュースがありました。 紅茶やお茶のティーバッグもいっぱいあります。 )のもので、キラキラ光って目立っていました。 コーヒー類は、こちらのマシンでコーヒー、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノ、アイスコーヒー、アメリカーノ、アイスラテが作れます。 私はカフェラテを作って、シナモンアーモンドサブレを添えてみたところ、なんだかオシャレなカフェにいるような雰囲気になりました。 ここでもまたANAスイートラウンジすごい!と思ったのがこちらのグラス棚です。 これからグラスハープの演奏でもするの?というくらいたくさんのグラスが整然と並べられているんです! これだけでもすごいのですが、さすがスイートラウンジ!だと思ったのは、私がグラスを取ってオレンジジュースを席に持ち帰り、次に別のフードを取りに行ったときには、すでに空いたスペースにグラスが補充されていたところです。 一流ってこういうことなんだなぁと思いました。 それ以外のサービスもいろいろ ANAスイートラウンジではほかにもさまざまなサービスが提供されています。 こちらは半個室になったパーソナルスペースです。 写真には写っていませんが、イスの正面には大きなTVもありました。 別のパーソナルスペースにはマッサージ機もあります。 ヒデキはここで爆睡してました。 笑 新聞ラックには日経や毎日といった日本の新聞のほかに、ニューヨークタイムズなどもありました。 外貨両替機もあります。 携帯電話の通話ブースです。 実際に使っている方も見かけました。 ほかにも、とても清潔なお手洗い、喫煙所、シャワールーム(ANAラウンジと共用)などもありました。 シャワールームについては、私たちは第4サテライト側のものを使いましたので、そちらで詳しくご紹介します。 お次は第4サテライトのANAスイートラウンジへ さて第5サテライトのANAスイートラウンジを満喫したパラ子&ヒデキは、続いて第4サテライトのANAスイートラウンジへ。 なんて贅沢なハシゴなのでしょう!笑 第5サテライトのラウンジから第4サテライトのラウンジまでは、行きに来たルートを戻って行こうとするとぐるーっと回らなければならないため、恐らく歩いて10分くらいかかるのではないかと思います。 でも、実は第5サテライトから第4サテライトまではワープすることができるんです! これが秘密のワープだ! 第5サテライトから第4サテライトのワープ(短縮ルートともいう)は、動く歩道のトンネルとなっています。 もちろん、第4サテライト側から第5サテライト側に抜けることもできます。 別に秘密でもなんでもない、誰でも通れるルートなのですが、利用者があまりいないので秘密基地的な雰囲気がたっぷりなんです。 出口がはるか彼方チラッと見えるだけの長~いトンネルなのですが。 このちょっと近未来的な雰囲気が、宇宙基地にでも入り込んだかのように感じてしまい、ちょっとワクワクしてしまうんです。 笑 ちなみに所要時間は、適度に歩きながらで3分半でした。 第4サテライトのANAスイートラウンジ さてワープを抜けると、第4サテライトに側に到着です。 こちらのエレベーターの4階がANAスイートラウンジになっています。 入り口は相変わらずの洗練された雰囲気ですが、そろそろこういった自動ドアを通るのも慣れてきました。 受付を済ませて中に入ると、第5の方よりもだいぶコンパクトな作りになっています。 午後になりお客さんが増えてきているため、あまり客席の写真が撮れませんでしたが、こんな感じです。 パーソナルスペースもありますが、こちらも小ぢんまりとしています。 ただ窓に面しているので明るい雰囲気が好みの方にはいいかもしれません。 フード&ドリンクはほぼ同じ 第4サテライトのANAスイートラウンジのフード&ドリンクは、第5サテライトのそれとほとんど同じでした。 あ、でもひとつ気づいたことがあります。 第5が生ビールがプレモルだったのに対し、こちらはエビスでした! シャワールームを使ってみた この時期(10月)、飛行機でおよそ6. 5時間後に到着するホノルルは、まだ朝です。 次に浴びられるのは15時間以上も先ですので、ここで一度シャワーを浴びてサッパリしておきました。 まずは端末で申し込む シャワールームを使う場合は、ラウンジの中ほどにあるこちらの端末で申し込みます。 現在、待っている方の人数が表示されます。 自分の携帯電話の番号を入力して端末からの申し込みが済むと、予約票がプリントアウトされます。 この番号と同じシャワールームを使用します。 シャワールームの様子 シャワールームはそこそこの広さがあり、アメニティも充実しています。 こういった場所のシャワールームでは、ちょこんと置いてある時計がとても便利です。 アメニティは、歯ブラシ、シャワーキャップ、ブラシ、カミソリ、シェービングフォームなどがありました。 タオルも大中小3つありました。 使い捨てのスリッパがあったのですが、シャワーを浴びた直度などは自分の靴を履きたくないので、これがとても便利でした。 シャワールームには洗面所とトイレがあり、その奥にシャワーブースがあります。 シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは「THANN(タン)」のものです。 THANNはハワイのシェラトンワイキキなどでも採用されているタイ生まれのナチュラルスキンケアブランドです。 ちょっと独特のスパイシーな香りなので、好みが分かれるかもしれません。 シャワー後に使えるボディ&フェイスケア用品は、コーセーの雪肌精と、THANNのものでした。 ドライヤーはダイソンです。 初めて使いましたが、乾きやすいだけでなく髪がふんわり&しなやかに乾きました。 やっぱりいいものなんですね! ということでとても快適なシャワータイムでした! なにしろ午前中から成田空港に居たので、この時間にシャワールームが使えるのは本当にありがたかったです。 まったりくつろいでいると・・・ シャワーも浴び終わって、あとは搭乗時刻を待つだけ・・・というときに、不意にGSさんが 「失礼ですが、パラ子様ですか?」 とパラ子&ヒデキのところに近づいて来てました。 (なんで分かったんだろう?) そして、 「パラ子様、お誕生日おめでとうございます!」 と、こちらの素敵なケーキを届けてくれたのです! 実はロウソクも立っていて、何年かぶりに「フーッ!」と吹き消す儀式をやってしまいました。 近くの席にいた外国の方も手をサムズアップで「いいね!」をしてくれました。 しかもANAの可愛らしいステッカーと、またまたメッセージカードまでいただき、ホントにまだ飛行機に乗ってないのに、どれだけ人を喜ばせたら気が済むのーーーー! という感じでした。 さて、長々とANAスイートラウンジのご紹介をしてまいりきましたが、いやー本当に快適でした。 なんなら、住みたいくらい!笑 あっ!でも、ひとつだけ覚えておいた方が良いことがあります。 それは、ANAラウンジの方で17時から時間限定で提供される握り寿司は、ANAスイートラウンジの方にはない、ということです。 まぁそれ以外に食べるものが豊富なので、なくてもゼンゼン構わないのですが、もしどうしても食べたければANAラウンジに行って食べる、という方法もあります。 そこまでガツガツしなくても十分美味しいものがいただけるのですが。 以上、セレブの世界をちょっぴり垣間見た庶民のレポートでした。 笑 次はいよいよ「フライングホヌ」ファーストクラス搭乗記 次回はいよいよ飛行機に乗ります! 人生初の フライングホヌ(エアバスA380機)、そしての人生初の ファーストクラスの搭乗記となります。

次の

ANAファーストクラス(A380)搭乗記(1)|成田空港でのチェックイン、スイートラウンジを徹底紹介 | パラ子とヒデキのハワイ旅行備忘録

フライング ホヌ ファースト クラス

しかし・・・! 2019年秋に、私たちは2度目の0円ハワイを達成!そして今回は• 飛行機:ANAファーストクラス(往復) 無料!• ホテル:5つ星ホテル「リッツカールトンワイキキ」など計8泊 無料! と、庶民の私たちには一生縁がないと思っていた超ラグジュアリーなハワイ旅行を体験することができました。 でも今回は・・・ 2019年5月から新たにエアバスA380機(通称:フライングホヌ)が導入されたということもあり、思い切って行っちゃいました、人生初の ファーストクラスで! フライングホヌ(エアバス A380機) ハワイ往復特典航空券の必要マイル数は、ビジネスクラスが一人65,000マイル、ファーストクラスは120,000マイルとなっています。 なんとファーストクラスの特典航空券に換えるためには ビジネスクラスの2倍近いマイルが必要なのです。 でも実は今だから言いますが、実際にファーストクラスを利用するまでは 「必要マイル数はだいぶ違うけれど、ファーストクラスもビジネスクラスも、それほど 大きな違いはないのでは?」 などと、おこがましくも思っていました。 それが今回、初めてファーストクラスを利用させていただき、そんなナメきった考えを持っていたことをANAさんに謝りたいくらいです。 「いやぁ~、凄すぎる・・・。 これはマジでヤバイでしょ!」 と、日ごろは割と冷静なヒデキが浮足立って連呼してしまうほど、それはそれは素晴らしすぎる体験だったのです。 ということで、今回から何度かに分けてANAファーストクラスでの体験をお伝えしたいと思います。 でもこれだけは最初に言っておきます。 マイル、絶対に貯めた方がいいですよ! 「Z屋敷」へようこそ さて出発当日、予定よりもかなり早めに成田空港に到着したパラ子&ヒデキは、早々にチェックインを済ませてラウンジでゆっくり休もう、ということになりました。 成田空港(第一ターミナル)の国際線出発ロビーには、A、B、C、D・・・というようにアルファベット順に各航空会社のチェックインカウンターが並んでいます。 エコノミー、プレエコ、ビジネスクラスについてはこれらのカウンターでチェックインの手続きを行います。 でもファーストクラス利用者(およびANA便を利用予定のANAダイヤモンドクラブメンバー)には、特別なチェックインカウンター「ANAスイートチェックイン(ANA SUITE CHECK-IN)」が用意されているんです。 それがこちらの Zカウンター、通称: Z屋敷です。 多くの人がせわしなく行き交う成田空港にありながら、まるで名家のお屋敷のような風格を漂わせているせいからか?いつしかそう呼ばれるようになったそうです。 笑 そして、これまではただ前を通り過ぎるだけだった私たちが、いよいよ緊張しながら足を踏み入れます。 ピッカピカの大理石の壁に囲われた通路を進むと、入り口の自動ドアがサーッっと開きました。 すると何人ものGS(グランドスタッフ)さんが「いらっしゃいませ」と、初心者丸出しの私たちを温かく出迎えてくれました。 Zカウンターの中は広々としていて、立派なソファがいくつも配置されています。 残念ながら待ち時間ゼロだったので座る機会はありませんでしたが・・・。 チェックイン手続きを行うカウンターでは、まず温かいおしぼりが提供されます。 このあたりのおもてなしもスゴイです! その後もスムーズに手続きが進み、もう終わりかというときに・・・ 「パラ子様、少し早いですがお誕生日おめでとうございます!!」 なんと、数日後に迫ったパラ子のン十回目の誕生日をサプライズで祝ってくれたのです! しかもプレゼントと直筆メッセージのバースデーカードをいただき、さらには記念写真の撮影まで・・・! まだ飛行機に乗ってもいないのに、このおもてなし!すでに泣きそうです。 恐らくこれが初めての(そして最後かもしれない)ファーストクラスということで気遣ってくださったのかもしれませんが、温かい心遣いが本当にうれしかったです。 そして「いってらっしゃいませ」とGSさんたちに見送られてZカウンターの奥にある出口へ進むと、今度は専用のセキュリティチェックレーンが用意されていました。 その後の出国審査こそ一般向けでしたが、まだ午前中ということもあってかガラガラで、あっという間にすべての手続きが完了しました! そして、ANAスイートラウンジへ! 空港での長い待ち時間を快適に過ごせる場所と言えば、やっぱりラウンジです。 ビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスではビジネスラウンジが利用できますが、ファーストクラスの場合は ANAスイートラウンジ(ANA SUITE LOUNGE)というANAが提供する中で最上級のラウンジが使用できるようになります。 成田空港には第4サテライトと第5サテライトの2か所にANA スイートラウンジがあります。 出典: 「どうせ時間もたっぷりあるし、両方行ってみよう!」 ということになり、本当にANAスイートラウンジのハシゴをしてきました。 まずは第5サテライトのANAスイートラウンジへ まずは第5サテライトにあるANAスイートラウンジへ向かいます。 出国審査場を出て左側、50番台のゲートがある方面に進みます。 しばらくすると右手に見えてくる吹き抜けエリアにあるエスカレーターで上に行きます。 上った先にあるのがANAラウンジです。 用)も同じ場所なのですが、よくよく見ると右側のANA SUITE LOUNGE用の窓口には「レッドカーペット」が!笑 さぁ、いよいよANAスイートラウンジに初潜入です! 重厚感のあるエントランス まずは受付に行き、航空券とパスポートを提示します。 荷物が多い場合はここで預かってもらうことも可能です。 用)になっています。 今回は初めて右側のANAスイートラウンジ側へ進みます! ANAスイートラウンジのエントランスは、ここもまた大理石の壁に囲われた重厚感のあるシックなデザインとなっています。 ラウンジ自体は窓の多い設計となっており、上品で洗練されていながらも開放感がある空間が広がっています。 まだ午前中で利用者がほとんどいないため、どこでも好きなところに座りたい放題です! 「お好きな席へどうぞ」とご案内いただいたので、私たちは飛行機が一番よく見える、大きな窓に面したシートへ。 まずは旅の無事を祈って乾杯 席に着くと間もなくGSさんがおしぼりを持ってきてくれて(本日二度目のおしぼり!)、最初の飲み物のオーダーを聞いてくれました。 初心者はやっぱり王道のシャンパンで乾杯です!笑 お願いすればカクテルも作ってくださるようなので、2杯目はシャンパンとカシスリキュールで作るキールロワイヤルをお願いしてみました。 ANAスイートラウンジのフード ANAラウンジもそうですが、ANAスイートラウンジも基本はビュッフェ形式でフードが提供されています。 以前利用したANAラウンジよりもはるかにフードメニューは多く、そしてどれもが本当に美味しそうで、「全部食べたいけれど胃のキャパシティの問題で食べられない」という葛藤と闘いながら選びました。 このときほど大食いチャンピオンみたいな方がうらやましい!と思ったことはありません。 笑 まずはオードブルです。 上から「ノアフィッセル サーモン&クリームチーズ&グリーンカール」、「デニッシュ タコミート&レタス&チェリートマト」「ドライトマトのブルスケッタ」です。 簡単に言うとサーモンやらタコミート(タコスの中身)やらがパンに載っているヤツが3種類ありました。 こちらもオードブルとなります。 名前はもう省略しますが、美味しそうな見た目のとおりホントに美味しかったです! サラダバーもあります。 中央のかぼちゃのサラダが特に美味しかった~ こちらは日本人の心、おにぎりと太巻き、お稲荷さんです。 これからしばらくは洋食中心の生活になるはずなので、食べたいのはヤマヤマだったのですが、炭水化物はお腹にたまるのでグッと我慢しました。 やっぱりANAのラウンジと言えばヌードルバー ANAラウンジと言えば、そば・うどん・カレーを注文できるヌードルバーが有名です。 ANAスイートラウンジにもヌードルバーがあり「きつねそば・うどん」「とろろわかめそば・うどん」「かき揚げそば・うどん」「カレーそば・うどん」「ANAオリジナルチキンカレー」「とんこつラーメン」から選んでオーダーできます。 本当なら、これから洋食が続くだろうからとそばやうどんを頼みそうなものですが、パラ子のチョイスはこちら、とんこつラーメンです。 あれ?これも炭水化物なのでは?というツッコミ、お待ちしています。 笑 でも丼が小さいのでそんなに大きなインパクトはありませんでした。 食べられる方はいくつか選んでもいいと思いますよ! ヌードルバーではさらに、ANAラウンジでは見かけなかった「生パスタ クリーミーボロネーゼ」「ビーフバーガー」「グラタン」「海鮮丼」「牛丼」もありました。 もやはちょっとしたレストランです。 そしてヒデキが選んだのが、こちらのボロネーゼです。 このボロネーゼが、イタリアンレストラン顔負けのおいしさだったんです!! 近所でこれが食べられるなら、たぶん通っちゃうよ!と思うレベルでした。 このように、自分の好きな温かいメニューが食べられるところが本当にポイント高かったです! いよいよデザート! そしてお待ちかねのデザートです! こちらはあえて名前も紹介しますが、左から「なめらかパンプキンプリン」「マロンショートケーキ」「和菓子 紅葉」「抹茶と洋梨のタルト」です。 「和菓子 紅葉」には白いんげん豆が使われていました。 ハーゲンダッツ専用の冷蔵庫もありました。 あぁ、こんなのが自分の家にもあったらいいのに(妄想中)・・・・・はい、メタボ一直線ですね。 そしてANAスイートラウンジ、やっぱりさすがだなぁ!と思ったのは、すべてのフードメニューにカロリーと食品アレルギー表示がされていたことです。 これから飛行機に乗るわけですし、食品アレルギーを持つ方にはこういった表示はいつも以上に本当に大切ですよね。 ドリンクメニューの紹介 人によっては、フードよりもむしろ「ドリンクメニューの方が気になる~!」ということもあるかと思いますので、そちらもご紹介してまいります。 まずは生ビールからです。 プレミアムモルツのサーバーがありました。 続いてリキュールやらワインやら焼酎やらもいろいろありました。 自分でカクテルを作ることもできそうですね。 そして冷蔵庫の中にも大吟醸などがありました。 暑い日なら冷酒も美味しそうです。 もちろんソフトドリンクもあります。 お茶(綾鷹)、炭酸水、トニックウォーター、ジンジャーエール、コカ・コーラ、ミニッツメイドオレンジジュースとグレープフルーツジュースがありました。 紅茶やお茶のティーバッグもいっぱいあります。 )のもので、キラキラ光って目立っていました。 コーヒー類は、こちらのマシンでコーヒー、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノ、アイスコーヒー、アメリカーノ、アイスラテが作れます。 私はカフェラテを作って、シナモンアーモンドサブレを添えてみたところ、なんだかオシャレなカフェにいるような雰囲気になりました。 ここでもまたANAスイートラウンジすごい!と思ったのがこちらのグラス棚です。 これからグラスハープの演奏でもするの?というくらいたくさんのグラスが整然と並べられているんです! これだけでもすごいのですが、さすがスイートラウンジ!だと思ったのは、私がグラスを取ってオレンジジュースを席に持ち帰り、次に別のフードを取りに行ったときには、すでに空いたスペースにグラスが補充されていたところです。 一流ってこういうことなんだなぁと思いました。 それ以外のサービスもいろいろ ANAスイートラウンジではほかにもさまざまなサービスが提供されています。 こちらは半個室になったパーソナルスペースです。 写真には写っていませんが、イスの正面には大きなTVもありました。 別のパーソナルスペースにはマッサージ機もあります。 ヒデキはここで爆睡してました。 笑 新聞ラックには日経や毎日といった日本の新聞のほかに、ニューヨークタイムズなどもありました。 外貨両替機もあります。 携帯電話の通話ブースです。 実際に使っている方も見かけました。 ほかにも、とても清潔なお手洗い、喫煙所、シャワールーム(ANAラウンジと共用)などもありました。 シャワールームについては、私たちは第4サテライト側のものを使いましたので、そちらで詳しくご紹介します。 お次は第4サテライトのANAスイートラウンジへ さて第5サテライトのANAスイートラウンジを満喫したパラ子&ヒデキは、続いて第4サテライトのANAスイートラウンジへ。 なんて贅沢なハシゴなのでしょう!笑 第5サテライトのラウンジから第4サテライトのラウンジまでは、行きに来たルートを戻って行こうとするとぐるーっと回らなければならないため、恐らく歩いて10分くらいかかるのではないかと思います。 でも、実は第5サテライトから第4サテライトまではワープすることができるんです! これが秘密のワープだ! 第5サテライトから第4サテライトのワープ(短縮ルートともいう)は、動く歩道のトンネルとなっています。 もちろん、第4サテライト側から第5サテライト側に抜けることもできます。 別に秘密でもなんでもない、誰でも通れるルートなのですが、利用者があまりいないので秘密基地的な雰囲気がたっぷりなんです。 出口がはるか彼方チラッと見えるだけの長~いトンネルなのですが。 このちょっと近未来的な雰囲気が、宇宙基地にでも入り込んだかのように感じてしまい、ちょっとワクワクしてしまうんです。 笑 ちなみに所要時間は、適度に歩きながらで3分半でした。 第4サテライトのANAスイートラウンジ さてワープを抜けると、第4サテライトに側に到着です。 こちらのエレベーターの4階がANAスイートラウンジになっています。 入り口は相変わらずの洗練された雰囲気ですが、そろそろこういった自動ドアを通るのも慣れてきました。 受付を済ませて中に入ると、第5の方よりもだいぶコンパクトな作りになっています。 午後になりお客さんが増えてきているため、あまり客席の写真が撮れませんでしたが、こんな感じです。 パーソナルスペースもありますが、こちらも小ぢんまりとしています。 ただ窓に面しているので明るい雰囲気が好みの方にはいいかもしれません。 フード&ドリンクはほぼ同じ 第4サテライトのANAスイートラウンジのフード&ドリンクは、第5サテライトのそれとほとんど同じでした。 あ、でもひとつ気づいたことがあります。 第5が生ビールがプレモルだったのに対し、こちらはエビスでした! シャワールームを使ってみた この時期(10月)、飛行機でおよそ6. 5時間後に到着するホノルルは、まだ朝です。 次に浴びられるのは15時間以上も先ですので、ここで一度シャワーを浴びてサッパリしておきました。 まずは端末で申し込む シャワールームを使う場合は、ラウンジの中ほどにあるこちらの端末で申し込みます。 現在、待っている方の人数が表示されます。 自分の携帯電話の番号を入力して端末からの申し込みが済むと、予約票がプリントアウトされます。 この番号と同じシャワールームを使用します。 シャワールームの様子 シャワールームはそこそこの広さがあり、アメニティも充実しています。 こういった場所のシャワールームでは、ちょこんと置いてある時計がとても便利です。 アメニティは、歯ブラシ、シャワーキャップ、ブラシ、カミソリ、シェービングフォームなどがありました。 タオルも大中小3つありました。 使い捨てのスリッパがあったのですが、シャワーを浴びた直度などは自分の靴を履きたくないので、これがとても便利でした。 シャワールームには洗面所とトイレがあり、その奥にシャワーブースがあります。 シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは「THANN(タン)」のものです。 THANNはハワイのシェラトンワイキキなどでも採用されているタイ生まれのナチュラルスキンケアブランドです。 ちょっと独特のスパイシーな香りなので、好みが分かれるかもしれません。 シャワー後に使えるボディ&フェイスケア用品は、コーセーの雪肌精と、THANNのものでした。 ドライヤーはダイソンです。 初めて使いましたが、乾きやすいだけでなく髪がふんわり&しなやかに乾きました。 やっぱりいいものなんですね! ということでとても快適なシャワータイムでした! なにしろ午前中から成田空港に居たので、この時間にシャワールームが使えるのは本当にありがたかったです。 まったりくつろいでいると・・・ シャワーも浴び終わって、あとは搭乗時刻を待つだけ・・・というときに、不意にGSさんが 「失礼ですが、パラ子様ですか?」 とパラ子&ヒデキのところに近づいて来てました。 (なんで分かったんだろう?) そして、 「パラ子様、お誕生日おめでとうございます!」 と、こちらの素敵なケーキを届けてくれたのです! 実はロウソクも立っていて、何年かぶりに「フーッ!」と吹き消す儀式をやってしまいました。 近くの席にいた外国の方も手をサムズアップで「いいね!」をしてくれました。 しかもANAの可愛らしいステッカーと、またまたメッセージカードまでいただき、ホントにまだ飛行機に乗ってないのに、どれだけ人を喜ばせたら気が済むのーーーー! という感じでした。 さて、長々とANAスイートラウンジのご紹介をしてまいりきましたが、いやー本当に快適でした。 なんなら、住みたいくらい!笑 あっ!でも、ひとつだけ覚えておいた方が良いことがあります。 それは、ANAラウンジの方で17時から時間限定で提供される握り寿司は、ANAスイートラウンジの方にはない、ということです。 まぁそれ以外に食べるものが豊富なので、なくてもゼンゼン構わないのですが、もしどうしても食べたければANAラウンジに行って食べる、という方法もあります。 そこまでガツガツしなくても十分美味しいものがいただけるのですが。 以上、セレブの世界をちょっぴり垣間見た庶民のレポートでした。 笑 次はいよいよ「フライングホヌ」ファーストクラス搭乗記 次回はいよいよ飛行機に乗ります! 人生初の フライングホヌ(エアバスA380機)、そしての人生初の ファーストクラスの搭乗記となります。

次の

ANA 10月上旬 成田発券サンフランシスコ往復 ホノルルまでフライングホヌ ファーストクラス

フライング ホヌ ファースト クラス

こんにちは、Enjoy mile life のテルです。 ついに、ついにとってしまいました!! ファーストクラスのチケット。 しかも大人気のハワイ便です。 しかも、しかも2019年5月24日にデビューの最新総2階建ての巨大航空機 「A380」です。 ラグジュアリー感ありすぎのファーストクラス。 1年前からマイルを本格的に貯めはじめ、 ついにこのときがやってきました。 マイルじゃなきゃきっと、縁のなかった座席です。 この記事を書いている現在はまだ搭乗こそしていませんが、自分のワクワクのためと、 これからこの「ハワイ・ホノルル路線」を乗りたい方へのためにA380のシミュレーションをまとめてみたいと思います。 よろしくお付き合いください。 ファーストクラスって何?からはじまったマイル生活 そもそも私がマイルを貯めはじめた理由や これまでマイルを使ってできたことなどは、 こちらの記事に書いてありますので、目を通していただけるとありがたいですが、 もともと 家計のお財布的にも時間的にも「海外旅行」なんて夢のまた夢だったんです。 それが、マイルを貯めはじめ、 国内線の家族旅行からはじまり、 海外へ行くようになり、 ついにはビジネスクラス、 ファーストクラスまで乗れるようになりました。 今回のハワイ行きの前に タイ航空のファーストクラスも体験することができました。 今でこそ、「最新機種だ。 わ~~い。 」なんて喜んでいたり、 「ビジネスクラス」「ファーストクラス」という 言葉も覚え、使っていますが、 マイルを貯めはじめた頃は、 そんな言葉があるということすら知らなかったのです。 飛行機に乗れるのが嬉しくて、空からの景色が大好きで、 飛行機に乗れるということだけで満足だったのです。 それが「 マイルを貯め始めてから世界観が変わってきました」。 私は、いわゆる飛行機に乗らずに マイルを貯める「陸マイラー」ですが、 本当にこれまで「マイル」には素晴らしい経験をさせてもらいました。 「マイル」を貯めていなかったらきっと経験できなかったことばかりです。 「マイル」の貯め方について詳しく知りたいかたはでステップバイステップで説明していますので、登録してみてくださいね。 ANA ハワイ便のファーストクラス 航空券の価格は? それでは、最新機種「A380」の航空券の価格はいくらでしょうか? 私がファーストクラスを取得したのは、 「レギュラーシーズン」ですが、このような価格になっていました。 ひゃ、ひゃ、ひゃくまん超えです!! 運賃だけでも150万円!! 正確に言うと「Basic」と「Full Flex」というものに運賃体系が分かれていまして、この価格は「Full Flex」の価格です。 「Basic」なら往復でも50万円前後で取得できそうです。 それでも50万円ってすごいですね!! 私も現金で搭乗するということならば、 これまた「ファーストクラス」は遠い夢の世界だったと思います。 そんな私ですが、今回は「親孝行をしよう!!」ということで 母の分も含めチケットを取りました。 正規で取ると、このような感じです。 これは、すごすぎる!! 一度の飛行機搭乗で車が買えちゃいますね。 同じファーストクラスにどんな方が乗っていらっしゃるのか、 しっかりと見てこようと思います。 気になる特典航空券の枠は何席? このハワイ・ホノルル便「A380」でのファーストクラスの座席は8席ありますが、 そのうちの3席がマイルで取得できる「特別航空券」に開放されているようです。 他の陸マイラーさんの見立てでは、「特別航空券」つまりマイルで座席を取ることのできる枠は、 ・ファーストクラスで 3席 ・ビジネスクラスは 4席 ・プレミアムエコノミーは 9席 ・エコノミークラスは 9席 の開放枠となっているようです。 ANA HAWAI A380 特典航空券大放出キャンペーンを活用しよう 今回、このA380ハワイイ・ホノルル就航を記念して、 太っ腹なキャンペーンがされています。 2019年5月24日(金)~2019年7月11日(木)までは、 エコノミークラス・プレミアムエコノミークラスには、 空席がある限り「特典航空券」が利用できるそうです。 私が予約をしたときには、まだ空きがありました。 実は、今回のファーストクラスですが 「行き」はファーストクラスでとれたのですが、 「帰り」はファーストクラスのチケットがなく、 「プレミアムエコノミークラス」で特典航空券を取りました。 そのため、マイル数も少なくてすみました。 母と二人分なので、「178,000マイル」ですが、 一人分なら 「89,000マイル」ですみますね。 往復とも「ファーストクラス」に搭乗したい気持ちもありますが、 「プレミアムエコノミークラス」も初めてなのでよしとします。 この「ファーストクラスとプレミアムエコノミーの往復」の組み合わせでも実は、 「大人二人分」のチケットを購入すると、 240万円近くになります。 プレミアムエコノミーといったって「15万円」はしますので、 大人二人ですと30万円を超えます。 「マイル」って本当にありがたいです。 ちなみにこういったクレジットカードの新規入会キャンペーンを 利用すると一気にポイント(マイル)を貯めることができます。 それでは「A380」についてもっと詳しく見ていきましょう。 画像の出典はすべてANA公式ホームページから引用させていただいています。 2019年春就航のハワイ・ホノルル線専用のA380は2階建ての巨大飛行機!! 私も飛行機が好きで、空の景色が好きで、 そして新しい体験をすることが大好きで、 すっかりと「陸マイラー」になっていますが、やっぱり大きい飛行機は魅力的です。 ウミガメをモチーフにしたこの「A380」は3種類のカラーからの搭乗の予定です。 ana. 毎週日・火・金曜日は1日に2便にその他の曜日は週に1便の運航です。 さらにお盆や年末年始の時期だけはさらに増便する予定のようです。 いや~~楽しみですね!!ますますハワイとの距離が近くなるようです。 A380 2階建て巨大飛行機のシートマップや特徴は? なんと言っても2階建て、ゆとりのある520席です。 ・ファーストクラス8席 ・ビジネスクラス56席 ・プレミアムエコノミー73席 ・エコノミークラス383席 です。 大きいですね!!とてもゆったりしていますね!! ファーストクラスはANAホノルル線では初のファーストクラスです。 ドア付きの個室型シートですので、飛行機の中でも一人の空間を味わえそうです。 私自身はファーストクラスで楽しみなのは、 「ファーストクラス」ならではのおもてなしとお料理やお酒、 そしてファーストクラスから見る空の風景です。 きっと寝てしまったり、映画を観たりするのはもったいなさすぎて、 ずっと空の上の極上の旅を楽しんでいると思います。 ビジネスクラスもフルフラットシートですので、ゆったりとできそうですね。 どの席からも直接通路に出ることができるってすごく嬉しいですね。 だいたいいつも窓際の席を予約してしまう私にとっては、 トイレに行く時などは、いつも隣の人を起こしてしまったりすると申し訳ないなって思うので。。。 これが、今回私達が帰り便で使わせていただくプレミアムエコノミー席です。 ゆったりとできそうで嬉しいです。 エコノミークラスも何やらとても薄い感じの席ですね。 座り心地はいかに? 家族で来るときには、エコノミークラスかなあーーなんて思いつつ。 今回はファーストクラスを堪能させてもらうつもりです。 下記の記事は実際にファーストクラスに乗ったあとのものです。 ホノルルに新設されるANA空港ラウンジも楽しみ 2019年春より、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧:ホノルル空港)に新設されるラウンジ。 こちらも楽しみです。 残念ながら復路は「プレミアムエコノミークラス」ですので 「ファーストクラス」の方が使える「ANA SUITE LOUNGE」は使うことができませんが、 「ANA LOUNGE」の方は使用できますので、寄ってきてみたいと思います。 ANA SUITE LOUNGE 対象となるのは、 ですね。 ファーストクラスやダイヤモンドクラスの方たちが使う特別な空間です。 ANA LOUNGE こちらの対象となりますのは、 これらの対象の方です。 プレミアムエコノミーも入っていますので、しっかりと楽しんで来たいと思います。 ラウンジは、このようなイメージのようですね。 子どもが遊べることのできる空間もたくさん用意されているようです。 こちらも使ってみての感想を載せています。 ファーストクラスのアメニティはグローブトロッターのポーチ 見てください!! この可愛らしいおしゃれなアメニティポーチ。 あの 「グローブ・トロッター」です。 大人気になりそうです!プレミアム化しそうですね。 中身は「ザ・ギンザ エッセンスエンパワリングセット」になるとのことです。 ファーストクラスの寝具は西川の羽毛のコンファーターとシーツマット 私がファーストクラスで楽しみにしているひとつにこの西川のふとんがあります。 (ふとんと呼んでいいのでしょうか?笑) 飛行機の中でパジャマに着替え寝るって、どんな体験なのでしょう。 多分、 おそらく、 興奮して、楽しみ過ぎて、寝ないとは思いますが、 しっかりとパジャマに着替え寝る準備をして ファーストクラスならではのこの体験を楽しみたいと思います。 きっとファーストクラスにこれから乗ることがあっても 「初めて」のときが一番楽しめると思います。 ファーストクラス一番の楽しみは機内食 空飛ぶ高級レストランと言われるファーストクラスの機内食。 8月31日まではFour Seasonsのレストラン「Noe」とのコラボレーションらしいです。 Four Seasonsも泊まってみたいホテルです。 成田空港でのラウンジでの食事はそこそこにしておこうと思います。 ANA ハワイ便 ファーストクラスのマイル数はどれくらい必要か? マイラーさんには気になるハワイまでのマイル数ですが、以下のようになります。 ローシーズンですと、 ・エコノミークラス 35,000マイル ・プレミアムエコノミークラス 53,000マイル ・ビジネスクラス 60,000マイル ・ファーストクラス 120,000マイル レギュラーシーズンは、 ・エコノミークラス 40,000マイル ・プレミアムエコノミークラス 58,000マイル ・ビジネスクラス 65,000マイル ・ファーストクラス 120,000マイル ハイシーズンは、 ・エコノミークラス 43,000マイル ・プレミアムエコノミークラス 61,000マイル ・ビジネスクラス 68,000マイル ・ファーストクラス 129,000マイル です。 35,000マイルからハワイに行けるのは、素晴らしいですね。 35,000マイルなら数ヶ月、 10万マイルなら1年間普段の生活にちょっと工夫を重ねるだけで、 到達するマイル数です。 普段の生活の中で仕組みをつくり、 マイルを貯められるようになると、 1年や2年でファーストクラスに乗れるようなマイル数が貯まります。 往復で100万超えのファーストクラスです。 この数字は約1年間で貯めたマイル数なのですが、 今は70万マイルを超えました。 (もう使っちゃったけど。 マイルで行く2回目のハワイを楽しんで来ようと思います。 以前はANAそしてハワイアン航空でマウイ島に行きました。 あっ、そうそう今回のハワイ滞在では飛行機代だけではなく ホテル代も無料にしてみようと考えています。 その様子なども「マイルの無料講座」で報告しますね!!お楽しみに!! 年間10万マイルを貯める無料講座 初心者さんでも10万マイル貯まるように順番にお伝えしています。

次の