エースバーン 相性補完。 エースバーン

エースバーン対策メモ

エースバーン 相性補完

【はじめに】 S7お疲れさまでした!今期はエースバーンの隠れ特性:リベロが解禁され環境が大きく変化したシーズンでしたね。 わたしの今期の最終順位は、サブロムのBakerが266位 1993 、メインロムのアンダーソンが706位 1905 と、両ロム3桁の結果となりました。 個人的には悔しかったですが、割と適正な順位と思っています。 自分でも使い方が難しかった笑 何かの参考になれば幸いです、ゆっくり見ていただくと嬉しいです! 追記: 実践編として、S7構築用動画を作りましたので記事を見る際にでも参考になれば幸いです。 サイクル展開にしたい為、とんぼがえり採用からスタート。 元々ドラパルト以外であれば高い素早さで抜けるので火力重視のこだわりハチマキを採用。 かえんボールは、優秀な炎技なので確定。 相手のダイジェットによる抜き性能に対応できるふいうちも確定。 他は選択。 2, エース枠にじしんかじょうギャラドス、そのサポートが抜群なエルフーンを同時採用 今期のエース枠はいかくギャラドスの流行りを利用して、じしんかじょうギャラドスを使用することを決めていた。 この構築は相手から見て、持ち物判別がつきにくいように仕組んでいる。 一番ギャラドスを活躍させられるサポートを探した結果、エルフーンのおいかぜとがむしゃらだった。 一番力を入れたのがエルフーンの努力値調整で、HB寄りおよびSをサザンドラ抜き調整にしている。 ミミッキュ意識も 通常のおいかぜサポートは、CS振りなどが主流だが、耐久に振ることで、みがわりをした際に、がむしゃらが一見無いように動かしている。 耐久振りはやどりぎの種+みがわりコンボが有名どころ。 この錯覚のおかげでみがわりをすればほとんどダイマをしてこないので、がむしゃらが通りやすかった。 3, 詰め枠のゴーストダイブミミッキュ採用 おいかぜエルフ+ギャラドス展開をすると相手より先にダイマックスを消費してしまうので、その遅れを取り戻せるポケモンで対面性能が高いのはやはりミミッキュ。 はじめは、チイラのみ+みがわりのクッションで使用していたが、最後の詰めに甘く火力負けが多かったので、のろいのおふだミミッキュに落ち着いた。 ゴーストダイブがダイマを切るおよびラプラスの壁ターン消費に大事だった。 4, エースバーンとのサイクル相性補完枠にサザンドラ ドラパルトを上から牽制でき、火力が高いポケモン、エースバーンとのサイクル相性の良さを考えた結果、スカーフサザンドラに行き着いた。 元々ミミッキュの枠を、ギルガルドにし、サザンガルドの有名サイクルで崩そうと実行したが、天敵エースバーンに適応しきれず、ミミッキュの採用へと流れた。 ただサザンドラは、ロトム系統に強いのが採用価値有。 5, 今期のカバギャラ対策として、S5最終20位時に活躍したヒートロトムを採用 今期はグラススライダーゴリランダーも流行り、ゴリランダーxドヒドイデの並びに対応でき、カバギャラにも牽制できるラムのみ最速ヒトムが安定していた。 しかし、エースバーン、ドラパルトがきついのでエルフ+ギャラドスのサポートが必要。 選出率はS5に比べたら、かなり低かった。 これもやはりエースバーンの影響。 エースバーンめ... サイクル用に作った技構成が肝。 この構築の軸がエルフ+ギャラなので、基本的にラスト選出。 相手のダイマが残る確率が高いことを想定し、素早さが勝っていれば最後にダイマより火力が出る、鉢巻補整ギガインパクトを打ち込める。 初手に選出し、ダイマを切らないといけない場合 リザードンやトゲキッス は素早さ関係が大切。 かえんボールは優秀な高火力炎技なので確定。 ふいうちはラスト場面で素早さが負けている場合に切り返せるため、必要だった。 とんぼがえりを一度見せてしまったことで、こだわりを意識され、ラストにふいうちが通らなかったりした点は課題だった。 選出率高め。 一番の選出率、ほぼ毎回選出笑。 基本的に初手展開し、がむしゃらまたはおいかぜでギャラドスのサポートをこなす子。 きあいのタスキの理由は確実に仕事をこなすため必要だった。 耐久振りにした理由は、がむしゃらが読まれないようにするため。 みがわりは、ダイマを切らすこともできるので非常に使いやすく、がむしゃらとのシナジーもあったので欠かせない。 ほんとにS7で欠かせない存在になってしまった。 ありがとう。 エルフーンとセットで選出率が圧倒的に高いポケモン。 エルフーンが襷つぶしおよびおいかぜでサポートしてくれてるので、ギャラドスのじしんかじょうとシナジー抜群。 ダイマするかどうかは相手の選出次第。 ミミッキュを倒してさえいれば、裏のポケモンにとびはねるなどでダメージを与え、後続のミミッキュまたはエースバーンにつなげることができるのでアイアンヘッド採用は勝つために必要だった。 ピクシー入りにも活躍ができた。 じしんを採用した理由は、ドヒドイデ意識。 ドヒドイデ入りには、ヒトムを採用するのだが、ヒトムがきついドラパルトおよびエースバーンがいるのでギャラドスからの打点も不可欠だった。 相手の選出にドラパミミ以外にフェアリーがいない状況は初手に繰り出した。 ミミッキュが初手に来たとしても、とんぼがえりがあるのでサイクル展開しやすくしている。 だいもんじは、相手のスカーフヒヒダルマに勝てるので採用。 エルフギャラで詰めれないところにゴーストダイブミミッキュが一番有効だった。 この枠はいろいろ試している。 耐久振りゴーストダイブドラパルトや、チイラのみミミッキュ、アッキのみミミッキュの型を試したが一番有用だったのが上記だったため採用。 ラスト場面がエースバーンだとどうしても勝てないのが難点。 それ以外であれば比較的勝てる。 ただ最終日は、ラストにエースバーンが多かったので、最終日の選出は控えめだった。 じゃれつくは、ダイフェアリーの恩恵が大事+ドラパルトやパッチラゴンに対応できるため確定。 読みがあたれば、このポケモンで3タテもよくあった。 しかし、エースバーンの登場でS5に比べたら選出率が激減。 もしかしたら今期はほかのポケモンで対応したほうが無難だったかもしれない。 上記メタに初手くりだし、エースバーンが初手だったときはほぼ負けていたので、その点が難しい。 【構築の難】 てんねんアッキのみピクシー ギャラドスで詰めれないので厳しい ピクシードヒドドラパ 確実に勝てない泣 ウインディニンフ かなりきつかった サニーゴ ヒトムにあくのはどうがないので、基本的にきつい 【おわりに】 最後まで見ていただいてありがとうございました!そしてシーズン7お疲れさまでした。 最終の順位やレンタルパのIDはTwitterの アンダーソン awesome211016 で公開しているので覗きにきてください!フォローもいただいたら嬉しい限りです。 最終日の感想ですが、3桁前半までは結構いけても、勝ちきれないことが多かったので構築の見直しが必要でした。 悔しい戦いの記憶が後を絶ちませんが笑、来期は環境が大幅に変わるので対応できるように頑張りたいです。 以上です。 ありがとうございました。 anderson21.

次の

グラスメイカーゴリランダー【第八世代】

エースバーン 相性補完

これが今のポケモンか・・・😳 正直カプ環境や ガル環境よりは楽しいと思う😆 エースバーンは どうあがいても強いので 育成してない方は最優先に育成するべき。 — だいちゃん 1日1記事 Daichanblog 特性のリベロが強く、 ダイマックス環境との相性が良すぎです。 特にダイジェットで弱点だった地面技をすかす動きが強い。 今回はそんな、 エースバーンの対策ポケモンを思いつく限り記載してみます。 エースバーン対策 ・カバルドン エースバーン対策として今最も流行っているポケモン。 HB特化すれば火炎ボールも2耐えする耐久の持ち主。 ステルスロック、あくび、じしんと厄介な技を使えるので 相手に不利な択を迫れる。 ラム持ちには一方的にボコられたり 珠持ちの火炎ボールは2耐えしなかったりするので注意。 ・ミミッキュ 特性を利用したトリックルーム展開+のろいで退場する型なら エースバーン対策になる。 選出しておくだけで とびひざやダイナックルをすかせるので プレッシャーにもなる。 ・ウオノラゴン スカーフエラがみやトリックルームエラがみで倒す。 エースバーン側からの有効打はカウンター以外ないのも強み。 ・パルシェン 超物理耐久でとびひざもギリ耐えられます。 返しのシェルブレードで乱数一発。 ハイドロポンプなら確定一発。 対面からでしか勝てないので後出しは不可能。 ・ギャラドス 威嚇ギャラドスならワンチャンあり。 格闘技や炎技を半減で受けられる強みもある。 とはいえダイジェットに後出しすると半分以上入ってしまうため ダイマックスを切るしかなくなる。 ・ドサイドン こいつが最強の対策だと思う。 物理耐久がかなり高い上に 火炎ボールやダイジェットを半減で受けられる。 とび膝蹴りもHぶっぱするだけで半分入りません。 まとめ エースバーンの対策はどんな形であれ 考えておかないとランク対戦に行けません。 例として上記対策を試すのもあり。 以上、参考になれば幸いです。

次の

【育成論】エースバーンの調整と対策方法(ポケモン剣盾)

エースバーン 相性補完

2回目の投稿です。 1回目は俺の言葉遣いが悪くて消されてしまったので、しょうがないから過激な表現をなるべく抑えて投稿しますね。 ・調べれば分かることに関しては一切書きません。 例えばなぜHPが10n-1なのかは書きませんが、HD方面の努力値の理由などには言及します。 なぜなら調べても出てこないから。 ・コメントに関して、ポケモンの内容に言及がなければスルーさせていただきます。 ・このポケモンはシングルレートを想定しています。 ・フォント等一切使いません。 なるべく平易な文章を心掛けますが、それでも読解できなければコメントにて質問をお願いします。 ・初心者の方で疑問に思うことがあればなんでもきいてください。 ガルド ポリ2 クレセ ムドー ゲンガー ラティ兄妹 俺がこのポケモンを考えたのはグロス軸PTを作る際に鬱陶しい、ギルガルドやポリ2入りのサイクルを崩す手段を探していたときでした。 これを含め採用理由を列挙させてもらいます。 対ギルガルドポリ2性能 2. 威嚇環境 ランドギャラ 、ギルガルドにおけるまけんきの有用性 3. 一致おいふいの広い縛り性能 特に差別化対象として挙げるポケモンは思いつかないです。 この中でキリキザンが上から叩きたいのはニョロトノだけです。 ムドーも上から叩く理由がないので抜く必要はないと判断しました。 ・Aぶっぱについて 後続の先制技持ちの範囲に入れるようなプレイングをする際に役立ってきます。 Dにもうちょい割くのもアリかもしれませんが、ここでは言及しません。 ・おいうち ふいうち キザンの代名詞。 ある程度読めるPSが必要。 ・はたきおとす コンセプトでもあるので。 ポリ2の石、クレセムドーの残飯、ドヒドイデのヘドロなどに刺さる。 ・アイアンヘッド 鋼一致。 対妖に。 選択技の検討はしていません。 何かあったらコメ欄で。 必要最低限のだけ載せます。 HB特化ポリ2 はたきおとす 31. 2〜37. 7〜52. HB特化ムドー はたきおとす 25. 5〜31. 3〜40. 1〜76. 6〜250. 鬼火メガゲンの場合は突っ張ってきますが鬼火が入ってもふいうちで73. 3〜87. 滅びゲンガーの場合は滅びのタイミングではたきおとすおとすでH振りまでは確定1発。 つまりキリキザンゲンガー対面で、 1. 相手がキリキザンに有利なポケモン等に引いても後出しから処理できると判断した場合ははたきおとす 2. まあ外すこともあるんですけど... 被ダメ C特化テテフ ムンフォ 67. 4〜79. 3〜102. 9〜106. ふいうちのダメージは各自計算してください。 無振りならそこそこ持ってくんで。 ポリ2クレセムドーの道具をはたいて裏を通しやすくする。 大抵のガルドには後出しが効く。 グロス。 リザの一貫鬱陶しいけど、選出誘導になってるので問題ない。 浮いてるやつ2体入れるとマジで相手地震を打ってこない。 グロス構築でレート2050超えたんでオススメ。 ルカリオ まじで何もできない。 でもキリキザンの方がかっこいい。 バシャ 剣舞起点にされたりバトンされたりもうやりたい放題される。 ミミロップ こいつのひざの命中率とバシャのひざの命中率が同じに思えない。 ランドロス 上二枚に比べればまだマシ。 じしんとかほとんど打ってこないからドヤ顔はたきおとすでチョッキゴツメきのみ落として裏で処理が効く。 まけんき美味いし。 ラッキー きせき落としても小さくなるとかいう犯罪やめろ。 リザードン XとかYとか関係ねえ ミミッキュ かげうちとふいうちの読み合いになるので安定はしない。 一応特化ミミッキュZは耐える。 ガッサ ローブシンがいなくなったんだからお前も帰れよ。 受けルを崩す一手として有用。 エース補完にどうぞ。 メガメタグロス使いたかったので参考にさせていただきます。 選択肢に剣舞入りませんか?・・・まあそうすると他の論と全く同じ技構成なんですけどね。 グロス メガ ラティアス 超Z ランドロス ラム ミミッキュ 襷 コケコ スカーフ です。 入らないです。 入ると考えた理由をお願いします。 しかし、それだと役割が抜きか補完か不明確な上、すばやさが無振りなのが気になります。 こっからは個人的な意見です 剣舞を舞って抜いていくのはエースの特徴の一つでありますが、そのポケモンは止まりづらいポケモンでないといけないと俺は考えています。 環境上位のルカリオやバシャですぐ止まることを考えると足の遅いこいつがふいうちという不安技で抜くために1舞するより、有利対面を逃さず狩れるおいうちの方がこの努力値振りにマッチしています。 他に相性が良いのはルカリオ、スカーフテテフ ふいうちとの相性は微妙 など、ギルガルドで止まるエースの補完に使えます。 体裁というのはフォントなどでしょうか。 めんどくさいので今後も多分フォントは使いません。

次の