松下奈緒。 松下奈緒は結婚してる? 現在の活躍や、妹に「かわいそう」と言われた理由は…

松下奈緒 「接吻」~黄金の画家クリムトとウィーン1900年~|BSフジ

松下奈緒

オフィシャルウェブサイトより引用 名前 松下奈緒 生年月日 1985年2月8日 出身地 兵庫県川西市 (出生地奈良県生駒市) 血液型 AB型 特技 クラシックピアノ 皆様ご存知の通り、『げげげの女房』からの大ブレイク! CMでもよく見かけますね JAバンクのCM、全部好きです。 松下奈緒さんの事でよくきくのは、 年より老けて見える という事なんですが、たぶん 落ち着きすぎてる!からだと思います! 一緒に仕事されているスタッフのウケもものすごくよくて 人を気遣う事が普通にできてるという事で、年齢より上に見られてしまうんですね。 そんな彼女も今年31歳。 そろそろ実年齢が追い付いてきたので、これから 逆にいつまでも若いと思われだすのでこれからも売れてくる予感です! 今回のベストドレッサー賞もそういった部分もあるのでは? 松下奈緒さんの家族 家族で鍋をつつくのが最高に幸せだという松下さん。 その家族は 父、母、妹の4人家族。 大阪におばあ様もいてるようです。 松下さん以外芸能関係のお仕事ではない ようで、個人情報だからかあまり有力な情報が出てません。 お父様のだけ、三井住友グループの社長につかれていることが公になってます。 お名前は松下隆史さん 阪大法学部を卒業後、住友銀行に入社。 ちゃくちゃくとキャリアを重ねて 銀行執行役員に。 そしてSMBCベンチャーキャピタル副社長に。 スーツ姿が似合うエリート紳士と評判だったそうです。 お写真ないですが、きっと威厳ある紳士なんでしょうね。 そして同グループの格上会社 アセットマネジメントの社長に抜擢。 こちらの抜擢、一部では玉突き人事と言われています。 前アセットマネジメント社長の横山氏が日本郵便の社長についたための後釜にすえられただけだと言われていたりするようです。 銀行業界筋の方の話によると、松下隆史さんはやり手タイプではなくコツコツ型であったと。 筆者が思うには、たとえ玉突き人事であったとしても現時点での ベスト人事が隆史さんであったという事実は変わりなく、また、 コツコツと実績を積み重ねていける堅実さを買っての采配ではないかと。 横山氏のリーダーシップに代わり、アセットマネジメントを引っ張っていく松下隆史さんの活躍も娘の奈緒さんともどもめがはなせませんね。 母 こちらはピアノの先生と言うことくらいしか情報ありません。 幼少の頃から娘の奈緒さんにも教えていたのでしょうね。 妹 これまた、情報すくないですね。 お名前が 『みお』さんである事。 カリフォルニア大学に在学していた事 身長が170センチ以上である事 後姿がオネェさんそっくりという事 今ネットで出ている情報は以上のようです。 日本には帰ってきていると思うのですが、ここまで情報が出てないところを見ると一般人としての生活を大事にされているようですね。 アメリカ留学してきているので、語学を活かされての仕事 なさっているんでしょうか? 祖母 大阪にいてて、偶に電話で話してるみたいです。 携帯メールなどがおばあ様は出来ないのでFAXでメールしたり。 これ、目からウロコでした。 そういう使い方があったとは!!(笑) 偶に会うと『おおきくなったねぇ、泣きそうになる』と言われたりしてるそうです。 どこのおばあちゃんも孫可愛いんですね。 しかも松下さんは 忙しい身なのでなかなか会えない。 TVで見るたびにお身体案じてらっしゃるのではないでしょうか? 時間見繕って会いに行ってあげて欲しいですね。 現在は川西ではなく都内に2億円とも言われている豪邸にお住まいの松下家 大阪のおばあさまは?ご一緒に住まわれているんでしょうかね?気になります。 松下家のルール こちらは今夜のしゃべくりで明かされるのですが、ネット上では お帰りメールする。 料理をしない 恋愛禁止 などが見受けられました。 他には幼少の頃のルールで 『ピアノの練習をする』というルールがあったようです。 遊びに行く前にノルマがあったようです。 しかも数時間(ひぃぃ) 幼い頃と言えば友達と外で遊びたいもの。 松下さんの住んでいた川西市は猪名川などそこそこ遊ぶ為のフィールドがまだ残っています。 そこで釣りしたり、裏山に散策にでかけてどんぐり拾ったり もしたでしょう。 それをする為には 松下家ルール ピアノレッスンを潜り抜けなければならなかったようです。 何度もやめたいと思ったそうですが、現在は音楽はなくてはならない物として受け止めてるようです。 対子供に対するルールですが、親とのルールってそんなものですよね。 筆者は悪い子だったのでルールは破る為にありましたが(笑) 以上、松下奈緒さんについてでした~ 松下さん、すごく派手ではないんですけど綺麗で 好きな女優さんです。 これからも頑張って欲しいですね。 最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

松下奈緒と恋人のSEX映像が流出していた!

松下奈緒

が主演を務め、が出演する木曜劇場『』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)が3月19日に最終回を迎える。 これに先駆け、松下と木村がこれまでを振り返りながら、ドラマの見どころについて語った。 本作は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科(メディカル・オンコロジー)を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱ったメディカル・ヒューマンドラマ。 医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の恩田心(松下)と外科医の梶山薫(木村)という2人の医師を中心に、腫瘍内科の研修医である結城涼()、同じく研修医の夏樹奈海()、腫瘍内科医の光野守男()、腫瘍内科部長の阿久津晃()ら、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描いてきた。 そして物語はいよいよクライマックス。 心と薫は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いていた。 最終回では薫のがんが再発。 抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと望む薫に、心は2人で乗り越えようと誓い合う。 一方、心は薫のこともあり、国立がん医療センターへの移籍の話を決断できずにいた。 変革と旅立ちのときが迫る2人の女性医師と、それぞれの医師たち。 生きる意味と明日を生きる希望を示してきた物語のラストをしっかりと見届けたい。 今回は、心役の松下と薫役の木村が、最終回を前にストーリーをプレイバック。 2人の関係や印象に残ったシーンなどをたっぷりと語った。 松下:心として患者さんを診ていると刻々と患者さんを取り巻く状況が変化していることに気がつきます。 その中で、どんな状況でも仕事に対してブレてはいけない心を演じるのは難しくもありました。 命と向き合う作品なので、患者さんに対しての言い方はこれで正しいのか? などを常に考えながら演じてきました。 木村:私は、放送が始まってから買い物に出かけた時などに「放送見ていますよ。 実は私の親戚もがんを患っていて……」と、話しかけられたりすることが多くなりました。 がんという病気がみなさんの身近にあり、『アライブ』が忠実に描いていることを実感できます。 そう言った意味でも、演じ甲斐のある骨太な作品に参加出来て良かったです。 松下:夫の匠()の死をきっかけに、結果的に心を救うことになった薫。 そして、最終回に向けては心が薫を救おうとしています。 2人の出会いは作られたものでしたが、信頼関係が育まれたことはうそじゃないな、と。 木村:心も薫も波瀾万丈な人生を歩んでいると思います。 薫は医療過誤の責任を感じてから人生が変わりましたし。 薫が幸運なのは、いつも心先生が側で支えてくれることです。 心と薫は前世では夫婦だったんじゃないかな? 松下:私もそう思います! いつの間にかお互いが必要になっているという関係性は夫婦みたいですよね。 どちらかが弱っている時は、必ずどちらかが寄り添っていますから。 松下:私は2 話で薫先生が乳がん患者の莉子ちゃん()に、自分もがんサバイバーだと告げるシーンです。 外科医としての患者さんへのアプローチが、腫瘍内科医の心とは違うのかもしれませんが、あの時の薫先生はカッコ良かったです。 あのシーンはこのドラマの象徴的なシーンのひとつだと思いました。 薫先生の勇気と姿勢に心を打たれた方も多かったのではないでしょうか。 2 話は女性の高野(舞)監督の撮影で、女性の感覚がすごく伝わるシーンだと思いました。 木村:外科医の薫より、腫瘍内科医の心先生は患者さんとより精神的な部分で深く関わっていきます。 そういう心先生の患者への思いが、物語が進むごとに演じている奈緒ちゃん自身に深くなっていると、客観的に見ていて感じています。 9話は特に思いました。 民代さん()への悲しみを乗り越えて、静さん()に寄り添って行こうとする心の姿勢は、それまでと違った印象が残ります。 実際に撮影が始まって、心を演じているとやはりつらいなと感じる時もありました。 でも、その感情を抑えて、毎日お芝居を続けなくてはいけません。 そんな時、佳乃さんに元気な「おはよー!」の挨拶をいただくと、「今日も佳乃さんがいてくれる!」と、すごく支えになりました。 心として抱え込まなければいけないことが多い中で、いつも変わらない佳乃さんが現場にいて下さるのはとてもありがたかったです。 今回コンビを組ませていただけて本当に良かったです! 最終回目前にして改めて感じています(笑)。 木村:薫は心先生に近づくために、チラシを配ったり心の自転車をパンクさせたり、最初は危険だったもんね!(笑)私は最初から奈緒ちゃんを支えていこうと思っていました。 私の方が年上ですし、とにかく奈緒ちゃんには、私がいる時は少しでも気持ちを楽に過ごしてもらいたいです。 松下:最終回は、私としては心が薫先生をどう支えていくのか? を見て頂きたいです。 心にとって家族と同じように失いたくない大切な存在です。 そんな薫先生の病にどうやって向き合っていくのか? 心だけでなく、腫瘍内科チームも薫先生に寄り添っていきます。 患者さんとともに医師も成長していく姿が描かれてきましたが、最終回は薫先生が医師であると同時に患者さんの立場になります。 実際に私ぐらいの年齢の方でがんを患っていらっしゃる方は多く、私の周囲にもいらっしゃいます。 明るい方、悲観される方と受け取り方はさまざまですが、正解ということはないと思います。 恐らく、私は医師として病気を知っている薫は、根治ではなくがんと共存していこうと考えていると思います。 心先生と一緒に仕事をして行きたいと願う薫は、そのためにどうしたら良いのかを考えている。 一方で、心先生には他の病院への移籍の話が持ちかけられているんですよね……。 松下:心と薫が何を選択してどのように生きていくのか、最終回でぜひご覧下さい。

次の

松下奈緒と木村佳乃が『アライブ』最終回を前に心境を告白「前世では夫婦だったのかも」

松下奈緒

松下奈緒が迫る魅惑の芸術都市ウィーンへの旅 第二弾! オーストリアの首都ウィーンを舞台に花開いたウィーン世紀末芸術。 その代表的傑作「接吻」を描いた天才画家クリムトと仲間の天才たちの豊かな創造の秘密を解き明かす。 松下奈緒 「接吻」 ~黄金の画家クリムトとウィーン1900年~ 愛の名画「接吻」は、日本の美から生まれた! 2017年6月4日 日 19:00~20:55 ヨーロッパを代表する芸術の都ウィーン。 19世紀末この都を中心に花開いた新たな芸術の波は驚きと共に世界を魅了した。 その中心にいたのが「愛の画家」「黄金の画家」と呼ばれた天才グスタフ・クリムトと仲間の天才たち、建築家ワーグナーや作曲家マーラー、後輩エゴン・シーレだった。 番組では、世紀末美術の世界に革命をもたらしたクリムトの華麗な作品を軸に芸術の都ウィーンを旅し、美術・音楽だけでなく建築や工芸等様々に幅広い分野へと広がるウィーン世紀末芸術の豊かな魅力を紹介する。 実は「分離派(ゼセッション)」「アール・ヌーヴォー」とも呼ばれるウィーン世紀末芸術には、意外な日本との関わりもあった。 それが当時ヨーロッパを席巻していた日本趣味「ジャポニスム」。 クリムトが傑作に忍ばせた様々な日本のデザイン・意匠や、自身が集めた驚くべき日本の美のコレクションを発掘し紹介する。 また、遺族に受け継がれた未公開ヌードデッサン群も日本初紹介する。 さらに、クリムトを慕う若き天才エゴン・シーレの壮大な傑作群を、大コレクションを保有するレオポルド美術館の協力を得て紹介。 クリムトとシーレ、ウィーン芸術の頂点に立つ二人の天才画家の主要作品が一時に鑑賞できる特別な機会となる。 旅人である松下奈緒にとっては音楽の都ウィーンは特別な場所で、長年の憧れ。 本シリーズ「ミュシャ幻の大壁画公開」「光の画家モネと旅するセーヌ」等で取り組んできたヨーロッパにおけるジャポニスムがテーマにもなる。 松下は番組の音楽も担当。 取材後にテーマ曲として書き上げた大作ピアノ協奏曲が、マーラーの交響曲と共に番組全編を彩る。 意欲的に進化し続ける女優・アーティスト松下奈緒ならではの目線と感動。 「世界で最も有名な愛の画」と呼ばれるクリムトの傑作『接吻』の前に立つ時、松下に押し寄せる特別な感情とは? 第1弾モーツァルトに続き、BSフジから、知的好奇心と堂々たる美に溢れたスペシャルプログラムをお届けする。 グスタフ・クリムト 1862. 14 - 1918. 6 オーストリアの画家。 1883年弟のエルンストらとともにアトリエを開設し、劇場などに壁画や天井画を制作。 官能的なテーマを描き、 自己の様式を確立。 1887年ワーグナー一派ら若い建築家・画家・デザイナーたちと新たな芸術運動ウィーン分離派を結成する。 松下 奈緒 1985. 8 - 女優・歌手・作曲家、ピアニスト。 2007年、日本フィルハーモニー交響楽団とモーツァルトの「ピアノ協奏曲第20番」を共演。 2016年フジテレビ『早子先生、結婚するって本当ですか? 』主演等、数々のドラマ・映画で主演を務める。 また、昨年アーティストデビュー10周年を迎え、12月にニューアルバムをリリースし、今年2月〜4月まで、全国コンサートツアーを行なった。

次の